「なめてた相手が殺人マシーンだった」
僕が映画を観る上で大事なファクター。

そしたら、なめてた地球人が!!

『24』のシーズン1や他の映画を観て
エリック・バルフォーさんなる俳優さんが
好きになり(ブレイクせず)
彼が出てる映画を追いかけてたんですよ。
そして2011年に観た『スカイライン 征服』
うぎゃ、読みかえしてみると
今と変わってない!ブレてない!

そして、その後を描いた続編
『スカイライン 奪還』
できるなんて!



しかも今回は、
「なめてた相手が」
インドネシアの武術シラットの達人!!!

dakkan_01

岡田准一もさ、侍や軍人ばかりじゃなく
こういう映画に出て
そのアクションを見せて欲しいのに!
(もうなんなら半裸で!)

でもジャニーズ、それこそ日本映画界が
許さないか?!

って、観てて、もうこれを
まともな大人?社会人が作ってると思ったら
ワクワクしちゃった。


そして、この映画を観ている自分って
幸せ〜って。

このくらいの年齢になると
映画を観ても、年数本。
それはディズニーだったり
アクション大作だったり
アカデミー賞受賞や候補作が
多くなっちゃうじゃん。
でも、そのどれでもないめちゃくちゃな映画を
観てる時こそ、
僕って時間もお金も自由!て
多幸感
に包まれるのだ。


ハチャメチャなのって
やっぱり大好き!さらなる続編希望だよ!