ブログ作りたてなんで、無性に書きたい書きたい。

ああ、なんたる「自己愛」。

訪ねてきてくださった人、本当にありがとう☆


ちょっと「オネエキャラ」作りすぎなんじゃないの?

と早速「文句メール」してきた女友達・・・( ゚д゚)、ペッ 

・・・ありがとう・・・徐々に徐々に「等身大」にしていきますんで。

あっ、でもそいつがメールで一緒に送ってきた「カラー占い」

http://www.walkerplus.com/uranai/soul-uranai/
結構当たってたよ。

うんとね、シンキングが「レッド」、スリーピング、ムービングが「オレンジ」。

こういう性格ですが(↑って、そのサイトに「性格判断」が出てるの。)

よろしくお願いします。


で、今日は会社の女友達と「Standard deli」でカフェ飯。

ここは居心地もいいんだけど、何がいいって上のフロアに行くのに

外の非常階段を上るの。

で、今日とかトレンチコートを着ている時に、非常階段を上ると

なぜか一段飛ばしとかで、駆け上がって、

「ちょっと、待ちなさい!」なんて叫んで。

そう!自分が「犯人を追いかけてる女刑事」になった気がするんだよね~。

もう気分は篠原涼子(『アンフェア』)。

トレンチコート+非常階段=女刑事。

「ちっ。」なんて足がもつれて転んだふりして、

そしたらコートの中からピストル出して

「止まりなさい!止まらないと撃つわよ!」って・・・ひと芝居。

たった1フロア分の非常階段で妄想どっぷり


ああーーー妄想で話が逸れた。

ブログぽいことしたくて、何か「おススメ」とか書こうとしたのに。

で、映画。安直だな~。

結構観るんだよ。土日大した用がないから テヘヘッ(*゚ー゚)>


でね、「どんなのが好きなの?」って聞かれた時に

答えるパターンのひとつが(人によって使い分けます)「ガールズ・ムービー」。

「なんじゃ?そりゃ?50字以内で説明せよ」と問われたら、答えられないんだけど

まあ、女の子たちが、チマチマ恋だ、人生だと驀進していく話ですよ。はい。

良識ある大人から見たら「飯のタネにもならない」ことに、

若さと不屈の精神でぶつかっていく話。

はいはい、「自分自身」を何とか正当化してもらおうと、

映画に救いを求めてるんですよ。


そんななかでも、何人かの女友達に「あんたと似てる・・・」と言われたのが

リース・ウィザスプーン(アゴ勇)主演の『キューティー・ブロンド』。

これは大好き!大好き!自分でも「おお、同志よ!」と思ったもん。

これ観てボストンのハーヴァード大学行っちゃったもんね、エルになりたくて。

生協でお土産買ってきただけだけど。


あとはキルスティン・ダンストの『チアーズ』とか。

この映画を観終わった後は、友達の前で「自分がチアガールだったら・・・」と

チアガール独特の雄たけびあげて、

足上げて踊ったんだよね。。。西新宿の交差点で。

もうね、妄想と現実の区別つかないんですよ。年取ると。


で、2005年のガールズムービー!!

リンジー・ローハン(激ヤセ)主演の『ミーン・ガールズ』!!

これはね、観た人にとって「女友達とはなにか」を試されますよーーー。

いや、分からない人には「くだらない女の子の話」なんだろうけど、

もうね、膝叩いたもん。これ!これ!これ!って。

リンジー演じるアフリカから転校してきた女の子が、LAのハイスクールで

学園の「セレブ」グループに目をかけられ、仲間になって・・・ってお話なんだけど

その中で「学園の女王」を演じたレイチェル・マクアダムスがね、最高にいいの!

はじめて「脇役に感情移入」しちゃった!

顔から何まで意地悪で。でも「きれい」なの。「女王様なの」、

ええ、自分を投影しましたとも。

『きみに読む物語』で泣いた「心優しいあなた」、そう主役を演じた女の子です。

まあ、自分からしたら、あの映画だって

「わがまま娘の放蕩人生」にしか思えないんだけどね・・・。

泣いてたよ・・・『きみ読む』。映画館で、たくさんのカップルが。

しかも男が。おえっーー。


日本では、まだまだ知名度低いけど、レイチェル・マクアダムス

彼女は、この先クルよーーー絶対!先物買いチェック!

ジュリア・ロバーツ以来じゃないかな?こんなに性格の悪さが滲み出てくる女優って

ジュリア・ロバーツもスゴクない?

「昔の男の結婚を邪魔にしに来たり」(『ベストフレンズ・ウェディング』)

「あんたの玉(袋)なんてピーナッツ程度じゃない!」って啖呵切る大女優だったり

(『ノッティングヒルの恋人』)

一番最近の『クローサー』なんて

「あの男の精子の方が甘かったわ」なんて言う女の役だよ(言ってみたい・・・素敵)。

どう考えても「嫌なやつ」ばかり演じるのに、そんな役で映画を大ヒットさせちゃうんだもん。

ハリウッドの女王だもん。

彼女が性格のいい役を演ると『アメリカン・スウィートハート』然り『モナリザ・スマイル』といい

あんまりヒットしないんだよ。みんな潜在的に分かるんだよ、彼女の性格の悪さ(笑)

もう大好き!ジュリア・ロバーツ。あっ、また話が逸れた。

ミーン・ガールズ』。

ぜひ、TSUTAYAなりどこかで借りて観て!

そして自分の「女の子意地悪度」を確認してください(したくないか)。