雪が止んだ日曜日、

負け犬3人(とん1号、2号、みゆ)と中目黒でおしゃべり三昧。

お世話になった(居座りつづけ迷惑をかけた)お店を紹介。


まずは一軒目。雑誌とかでもよく紹介されている「giggle cafe

ここはあたしら負け犬だけでなく、ホントのお犬様も入店可。

「おたくのワンちゃんはおいくつですか?」

「うちのルルちゃんは7歳になりました」なんて、

綱吉以来の「お犬様もご家族」の世界。

ただし、柴犬の「ジロー」みたいな犬はおりません。


次は「cha ca poo」なる一軒家を改造したご飯やさん。

2階が、テーブルの部屋、座敷と、

友達のお家にお邪魔したような感覚で、いつのまにか長居。


そして女同士が集まったら、どんなに食事を取っても

甘いものは「別腹」

中目黒在住の友達に

教えてもらったBISTRO「MOTHER MOON

中目黒ーーー!って感じの客層。

ここはコストパーフォーマンス良し!

あとは何がいいって、キャンドルの灯りなので

お互いのシワやシミが見えない!30代には優しいお店。


中目黒は前述のお友達に教えてもらった「BEL AMER

チョコレートショップなので、ここのチョコレートケーキはおいしい!


まあ、場所が変わっても、壁紙が変わるだけで

女(?)が4人集まれば、しゃべる!しゃべる!しゃべる!

そして中身は「世界のために一銭もならない」話ばかり。


で、この4人ではよく会うんだけど、前回、いや前回は鍋か。

前々回、いつものように締めで

恵比寿のウエスティンホテルでお茶してたらね

なんと、そこにルールルル、ルルルルルールル

(ルー―ル――ルルルは由紀さおり。姉との「トルコ行進曲」は

トルルン、トルルルン♪「ル」って文字はどこか間抜け)

そう!徹子!黒柳徹子!!徹子の登場!!


思わず「あっ!徹子!」と大声で叫んで本人に睨まれちゃったよ。

でも「全日本妄想組合」の人は分かってくれると思うけど

この30年ちょっとの妄想人生、一番語り合ってきたのは

そう徹子!黒柳徹子さんに他ならないの。

だから、自分の中では、誰よりも知っている人、

誰よりも「自分」を語ってきた人(脳内世界で)。


20歳の時には1月15日(その頃は15日でフィックス)

日は、めでたく成人式を迎えられました・・・・」と紹介されて

徹子の部屋」に登場。

「ザ・ベストテン」でも毎週お会いしているから、気心も知れたもの。

あっ、アイドル時代に「徹子の部屋」は初登場しているしね。


主演映画を撮った時は、宣伝も兼ねて「徹子の部屋

病気を回復した時は、

「ホントに良かったわね良かったわね、ごめんなさいコマーシャル」と

徹子の涙を誘いつつ、ご報告出演。

時には、松田聖子出演時の

「ほんとっに、アメリカに行くたびにキレイになって・・・」発言のような

徹子のブラックジョーク爆弾を浴びながら、

笑顔でルールルルルルルー。


もちろんお昼のテレビ朝日だけではありません。

当時のTBS看板番組「ザ・ベストテン」にも妄想出演中

アイドルのお決まり、りんごの皮むき競争に備えて練習。

料理はまったく出来ないのに、いまだに、りんごのカツラむきは得意。

荻野目洋子になんて負けられない。

徹子の水中ヨガには苦笑い。

忙しすぎて、新幹線名古屋駅から「おっかけマン中継」。

10代の時「なにしてたか?」って聞かれたら

「ザ・ベストテンに出演」(妄想)してたことしか覚えてない。

そう、アイドルのスケジュールは分刻みなの。


三越(あれ?日本橋高島屋?)でやった「徹子の部屋」展。

もちろん行きました。お嬢(ひばり)や裕次郎、亡き大物と

徹子の対談。どんな大物でも、ポッと出のアイドルでも

徹子は徹子。揺ぎない立ち(座り)位置。

人を肩書きで判断しちゃいけない姿、徹子に教わりました。

あとアフリカの情勢もね。


徹子とともに、過ごした30年あまり。

思いは通じるのですね~。「会いたい」と思う人に願えば会えるのですよ。


徹子が引き連れてた若いオトコ。徹子も美形好きでした。