結婚 寿退職したいよっーーー ウワァァァンヽ(´Д` )ノ

いや、結婚したからって“幸せ”になるかは、周囲の人見てて

大いに疑問なんすが。

もう春だよ!三人の日と書いて春だよっ!

そういえば、これを歌った石野真子は、不倫相手の男性が癌になって

彼の奥さんと3人で暮らして看取ったんだよね。

ああっ春なのに、春なのにお別れですかっ♪

って暗いネタしか書けない!

3月は一年の中でも、記念すべき月!そうあたしの生まれ月。

いいのか、こんな出だしで。生誕月は会社で人間ドッグ行かなきゃいけんだよ。

検便は、まだしも「“痰”を持ってきてください」・・・って (||゚Д゚)ヒィィィィ

うううっーーー( ゚д゚)、ペッ  ってやつでしょ。そんなのあたしができんわいっ。

毎日長文を更新しているので、

上司のお茶碗をトイレ掃除したぞうきんで拭いているような

お気楽OLと思われてるかもしれないけど、

実は“働きマン”(@安野モヨコ大先生)なのですよ。えへへ。

自分で言うな。

学生のバイトくんたちが「卒業旅行」に行っているんだけど

彼らは、これから始めるんだよね、社会人。恐ろしいっ~。

ちなみにあたしの卒業旅行は、メキシコ→マイアミ→ジャマイカ。

今考えると、バカなアメリカ人が 台湾→東京→香港を旅するみたいな感じか。

というより、この戦い続ける日々はいつ終わるの?

いつか穏やかな日は来るのでしょうか。

って無理だよね~、戦うの好きなんだもん。きっと。

だけど先日『ジャーヘッド』観たら、どうなのアメリカ軍。

戦い続ける先に、何があるの?

そもそも誰が敵?なにが戦利品?

それは、あたしの人生にも言えること、なんだか禅問答みたい。

この映画の見所は、ジェイク・ギレンホール がいつのまに

凛々しくなっていたこと。骸骨女(キルティン・ダンスト)と早く別れちまえい。

ただ、ずーーっと男女共学だったんで、男子校(しかも寄宿学校)とか

軍隊とか憧れるな~。紅一点になりたい。

性の道具になってもいい。←いやなりたい。はい!はい!ヘ(゚◇゚、)/ 立候補!

あたしは「彼らを照らす太陽になるの!」@白夜行。

ジェイク・ギレンホールの映画で大好きなのは

『遠い空の向こうに』

炭鉱町に住む少年が、炭坑夫である父親の望む道を振り切り

ロケット作りに励み、大学進学の夢を叶えていくという

NASAの科学者の実話をベースにした感動作。

ラストの自作ロケット打上げのシーンなんて、あたしゃ、

スクリーンに映る10月の青空(原題はOCTOBER SKY)に

手を差し伸べちゃったよ。いい迷惑。

空を見上げて、新鮮な空気を吸い込むように生きていきたい。

花粉症の人はきついか。←ならないのは鈍感だから?

そして、あたしは明日も生きていくのだ!