人生で最後に食べたいものは?

死や老いが現実味を帯びてくると
「消化にいいものが…」
「ちゃんと噛み砕けるものが…」

考えてしまう。

でも、最近、海外に行くと
帰りの飛行機の中では
「あぁ、セブンイレブンのおこわの
おむすびが食べたい!」


安室のライブにいつも一緒に行ってくれてた
16歳下の会社のAちゃんが、
(彼女は、幼稚園、小学生の時に
安室を聴いていたらしいんだけど('д` ;))
イタリアに移住したんですよ。
で、去年も会いに行ったんだけど
それから1年。
その彼女の同期のBちゃんが
「年末年始、Aに会いに
一緒に行きませんか?」


と。

「へっ???」

Bちゃんとは、会議で同席することはあっても
一緒のフロアで働いたりはしたこともなく
Aちゃんが帰国した時に、
3人で一緒に飲んだことがあるくらいだったの。

社交辞令かなぁ、って思ってた矢先に

「Aのところに行った後、
パリに行ってもいいですか?」


(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?現地集合、現地解散じゃないんだ?!

「 安いチケットが残り3席です!
取っていいですか?」

(゚ロ゚;)エェッ!?行き帰り、飛行機もずっと一緒なんだ?!
って言うか、マジで行くんか!

もちろんそれは「イヤ」だからではなく
こんなおっさんと四六時中一緒でいいの?
飛行機なんて、至近距離、
加齢臭とか大丈夫かしらん?

ランチ1時間ならごまかせるけど
2時間以上はヤバい!
「こいつ、底が浅い、面白くない」って
バレてしまうε=ε=(;´Д`)


そしてBちゃんは若いだけでなく
社内でも有名なくらい可愛くて
みんなの人気者。

そんな彼女に、こっちから図々しいかな?
思いつつ、こちらから

「ねぇ、部屋は別でいい?」

って、Bちゃんは
「当たり前だろ!お前から言うな!」って
もしかしたら心の中で思ってたかもしれないけど
ニコニコと「もちろんいいですよ!」っと

やっぱり可愛くて、愛されて
育ってきた子は、屈折したものがないのかなぁ。

社内の人にも、僕との旅を
「楽しみと」吹聴してたんだけど…

それを聞いた会社の人誰一人として
「二人は、付き合ってるの?」なんて
邪推してこない…


社内の45歳のおじさんとアラサーの女性が
ふたりで旅すると言うのに!!

そして、そっからは年末の忙しさもあって
何も決めずに、イツノマニカ ミラノ!!

IMG_7464
IMG_7472


でも、本当楽チンだった!!!
イタリア語もペラペラになっている
Aちゃんのアテンドで
次から次へと地元で人気のレストランへ。

なので、日本人観光客にも全然会わないし
メニューも細かく訳してくれるからバッチシ!
通訳とガイドさんがいるようなもん。

IMG_7374
IMG_7379

イタリアのティラミスって
なんでこんなに美味しいの?


IMG_7467

イタリアの生ハムって
なんでこんなに美味しいの?

IMG_7489
IMG_7492

甘いもの大好きで良かった!!

あと自転車が大好きなBちゃんが
行きたい!と自転車で有名なブランド
(僕は初めて知った)
ビアンキ(Bianchi)
カフェがめちゃくちゃ良かった!
(ミラノに行く人はぜひ!!)

IMG_7497
IMG_7499
IMG_7504
IMG_7505
IMG_7506

お皿も自転車柄!

そして、そして、3度目の正直!!!
今まで「予約」でいっぱいで行けなかったんで
(1回目は「予約」しなきゃいけないことさえ
知らなかった)
今回は、手数料を払って、現地の旅行会社(?)に
取ってもらった
『最後の晩餐』

15分ごとの人数、閲覧制限

幾つものガラスの扉を通り過ぎて
「どんだけ、厳重なんだ!」と
神妙な気持ちで3人で絵のある部屋に入ったら


(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?
エエエエエェェェェェェ(゚Д゚)ェェェェェェエエエ

グループの他の皆さん
カメラでパシャパシャ、スマホでパシャパシャ
部屋で待機している警備さんたちからの
お咎めもないし、壁には「フラッシュ禁止」と
書いてるのみ。

IMG_7439
IMG_7432

エエエエエェェェェェェ(゚Д゚)ェェェェェェエエエ

こんな有名な壁画を、写真撮り放題なんだ!

今回、職場の、すごい年下の子との旅。
「人生、生きてると、働いていると
思ってもみないことがあるなぁ」
と。
そして、そんなアラサー女子との旅ができるなんて
ゲイで良かったなぁ、と少し思ったり。