ミス・ペニンシュラだか
ペニシュリンだか、ペニスバンドだか
(最後のワンワードを書きたかっただけ)
 はやぶさって意味らしいですね。
『ミス・ペレグリンと
奇妙なこどもたち』 


もうね、もうね、ティム・バートンの世界に
ジョニー・デップ出なくてもいいんじゃないの?!
彼の作品で好きなのは
『バットマン・リターンズ』
『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』 
『スリーピー・ホロウ』
なんですけど
あっ!最後の作品はジョニデ出てますね、はい。

あぁ、この世界大好き。
設定もキャラクター―も衣装や美術も。
あぁ、あぁ、あーーー天城ごぇっーーー。
絶頂ですよ。


263943606-origin-1440555753

この髪型がもうティム・バートンぽい。

13423910_920111658097369_1357777169048532970_n

双子って怖い。しかも助清的なマスク!
友だちの出身(国立)中高校が
研究かなんかで?
双子が多いらしいんだけど
それを聞くだけで怖いもん。

異能の子どもたち。
閉じ込められた島。
子どもたちを探し続ける超能力集団
(彼らが狙う子どもの部位が
和田慎二先生のホラー漫画彷彿で
さらにGOOD!)
そんなモンスターを狩るハンターの血筋。
こういう異能バトル大好きっ!!!
古くは『幻魔大戦』から『SPEC』まで
(神木隆之介作品ハズレなし!)
45歳(もうすぐ46歳になる)の今でも
なにかとてつもない怒りや悲しみに
心の許容量がオーバーヒートした時

炎の少女チャーリーみたいに
手から自火発電(パイロキネシス)能力が
発揮できるのではないか?

(右手で自家発電ではなく。
本日2度目の下ネタ)
スティーブ・キングまでいかなくても
矢田亜希子の『クロスファイア』
いやいや宮部みゆきまでいかなくても
斉藤ともこが土曜ワイド劇場でやった
『怪奇!金色の眼の少女』でもいい!!
自分の中に抑えきれない特殊な力が
眠っているのでは?!

いまだに思うんですよ。
(まったく目覚めねぇ!)

頭痛がしたら
「兄さん、頭が痛いよ、兄さん!」
って脳内「NIGHTHEAD」状態。

人の心を読める能力は怖くていいや。
大人は怖い、怖い。
「透明人間」になるのは
すでに、温泉やジムのロッカールームが
そういう力発揮してる状態
だからなぁ。
3時間の睡眠でも、10時間寝た状態に
なれる力が欲しいなぁ。
(水素カプセル買え!)

ただ、今回、空気を自由に操れる女の子が
吹いた息で攻撃すると

敵役が「息がくさい!息がくさい!」て
言うんですよ。
もし僕がその役の女優さんだったら
清水富美加ちゃんのように
「心が追いつかない」って出家しますよ。


正直、タイムリープとか
同じ日を永遠に繰り返す場所「ループ」とか
もうその辺になると、
今いちルールが分からなかったんだけど

(ジュディ・デンチ先生が
あんな役で一瞬出演するのも訳わからん)

人を脅かす望まない力
人とは違うことで迫害される悲しみ。
そしてブサかわいい子どもたち。

怖くて残酷で美しくて幻想的な
ティム・バートンの
イマジネーション

(神木くん主演で映画撮ってくんないかなぁ)
話はイマイチだけど(イマイチなんかい!)
その世界観は大好きでした!!

アメリカもトランプ大統領になったことで
ブッシュのときのように
この手のマイノリティが立ち上がって
戦う作品たくさん出てくるだろうなぁ。