訳あって、今日は早く寝なければ!!
なのに、なんで、なんで、観ちゃうの?
先日「僕の仕事は、原作のキャラクターに
似ている人ではなくて
“役をちゃんと演じられる人”を
選ばせていただいた」
「倫子役を吉高さんにしたくて
30歳の設定に」

他にも業界のリアルを追求にするために
設定を変更したとか。
プロデューサーさんのインタビュー
メラメラと怒りで
その雑誌を軽く握りしめてしまい
お買い上げですよ。


「こんなに豪華な性能がついてるんですよ!
買いませんか?」

「いや、いや、要りませんよ!!」
「えっ?!どうしてですか?
この性能は素晴らしいんですよ!」

「だって無駄だし、古い型じゃないですか?!
それに、少し前に問題起こしましたよね?」

「お客さん、わかってませんね!
このセンスを」

「センスとかどうでもいいんですよ。
こっちは、あの新しい性能が欲しいんですよ」

「それはありません」
「どうしてですか?」
「それは、他のお客様から
クレームがつく可能性があるんで
つけてないんですよ」

「いやいやいや、そこを多くの人は
求めてると思うんですけど」

「だったら、買わなきゃいいじゃないですか!
もう、お客さん全然わかってないですよね!
うちの社内では、この製品、評判いいんですよ!」

「えっ?!買わなきゃいい、って逆ギレ?
買いませんか?って言ってきたのあなたの方でしょ!
社内でどうかより、消費者が求めるもの売らなきゃ
誰も買わないでしょ!」


家電やクルマの営業マンで
こんな無茶苦茶な売り方したら、売れないのに
なんでだろ、ドラマでもバラエティでも
テレビからの、この押し売り商法は。


もこみちは、かっこいいのに
なんでか、倫子への恋慕を全く感じない(笑)
あれ?原作の奥田って、
もっともっと熱さとウザさがあったような。
『ダークナイト』が好きってセリフは
この先、出てくるのかなぁ。
「アメリに憧れておかっぱ?」て
セリフに
「明菜のDESIREに憧れてのボブです」
って吉高由里子の代わりに答えちゃった。
一人、東京の部屋の片隅で。てへ。

このヒロイン3人の恋の行方より
(いくら田中圭くんが相手でも
あの不倫は不幸になれ〜不幸になれ〜)
最近CMで見かけまくる
チェリッシュおふたりの
紙おむつリリーフの方が気になる!!

♪あなたと私の夢の国
森の小さな教会で
結婚式をあげました♪
その夢の国の先には、
「紙おむつ」の未来も待ってるわけで。
そっちの人生の方が長いわけで。