斜め前に座っていた男性が
すごい前のめりで観てたから
角度的に字幕が全部読めないっ!
(TOHOシネマズ日劇のあの背もたれの
低さ
はどうにかしてほしいっ!
いや、その前に、キャラクターバトルとか
誰が得すんの?!予告が長過ぎっ!

もう、こりゃ、英語を聞いて
理解するしかねぇなぁ
、と
気合い入れたら、
僕の小学生並みの英語力でもOK(b^ー゚)!
っていうか、セリフ聞いてなくても
関係ないし!ストーリー分かるし!

だから、世界中で大大大ヒットしてるのか?!

『ワイルド・スピード
ICE BREAK』

ザックリ書くと
「あちき子供欲しいなぁ、なんてね(๑´ڡ`๑)」と
誰よりチ●コでかそうな彼女レティと
キューバでイチャイチャしてた
このシリーズの主人公ドミニクの前に、
いつものように血も涙もない役柄の
シャーリーズ・セロンが現れて、
(シャリ子さんの母親が、彼女を守るために
DVの父親を射殺したのは有名な話だけど
そんな母親の血と共に、彼女の中には
暴力的な父親の血も確実に流れてるハズ!!
だからこそ、こういう役ばかり引き受けて
映画で、鎮めてるんだろうな)
なぜか仲間を裏切るドミニク
「彼が裏切るはずはない!!
何か理由があるのよ!」

叫ぶレティと
「そりゃ、理由あるでしょ!」と
誰もが思っている世界中の観客。


そっからはテロリストだった(ハズの)
ジェイソン・ステイサム
捜査官のドウェイン・ジョンソン
いきなし手を組んで
主役のヴィン・ディーゼルとで
ハゲ✖️ハゲ✖️ハゲの三つ巴!!

車だけじゃなく、潜水艦も登場しての
アクセル ガーーー
ブレーキ キュィーーーン

爆破!ドカーーン

そして、「仲間マンセー
俺たちはファミリーだ!!!

♪東京生まれHIPHOP育ち!
悪そなヤツはだいたいトモダチ♪


ヤンキーの思考って、
万国共通なんだなぁ、って
結論
に達します。

彼なんて、その日の夜に
今日なんの映画観たか、忘れてた(((( ;゚д゚)))


僕ね、免許とって、20何年?27年?
最後に運転してから、10年経ってる
老人ドライバー以上の危険分子ですよ。

10年乗ってないって書いたけど
そもそもその前も、何回ハンドル握ったのか?
違うものは握ってるけどね!
(無駄な情報)
大学に近い桜上水の自動車教習所が、
人生で一番運転した場所なのは
疑いの余地もない。

だって、当時は、セリカ、スープラ
レガシー、インテグラ
誰も彼もが、車を持っていて
僕は、ちょこんと助手席に座って微笑んで
彼らが作った「マイフェバリットソング
ウィンター編」とかカセットテープを
聴いていれば良かったんだもんっ!!

♪どうして、どうして僕たちは
出会ってしまったんだろう♪

いや、僕が車で出かけるようなもんなら
どんなに遅くなっても
両親が寝ないで、待ってるんですよ!

そして、帰ってくるのが分かると
外に出てきて、駐車場に入れるのを
チェックしてるの。
「ハンドル回せ!戻せ!」って。
もう、うるせぇーーーーっ(*`Д')


そもそも、僕は教習所の時から
あぁ、勉強もスポーツもそれなりにできたのに
ボウリング(平均スコアはアンダー50)
車の運転は、なんで
人並みにできないんだろう…。・゚(゚`Д)゙
って
教習所の送迎車にも乗らず、
泣きながら、帰り道を歩いてましたから。

シートベルトの締め方も分からず
第一段階から、オーバー。

白線でブレーキを踏んだら、
実際どの辺に止まってるか
「外に出て、見に来い」という
教官の手招きを「前進しろ」と勘違いして
アクセルを思いっきり踏んで、
横から二輪教習で走ってきた
バイク教官を撥ねてしまったあの日

「脱輪した、直せ」という不機嫌な教官に
「ダツリンってなに?脱輪?
輪が抜けたの?!」とタイヤが外れたと思い
外に出たら、
「持ち上げるつもりか!」と教官に怒られ
「(タイヤは)はめ込み式ですか?」と
トンチンカンだったあの日


坂道発進が最後までできなくて
「親にオートマを買ってもらうからいいんです!」と
半べそをかきながら、ハンコを切望したあの日
(マニュアル講習しかない時代だった)

サンダルで路上講習を受けていたら
運転中に突然脱げてしまい、
環状8号線(カンナ8号線!!)で
走りながらエンストを起こし、
急ブレーキをかけた教官に
「俺まで殺す気か!」と怒鳴られた日


あんなに泣いた日々も
なかったよな
。・゚・(ノД`;)・゚・

その割に毎日通って、ひと月半で免許取った!

まぁ、取ってからも
うちの駐車場には、ハンドルを切る目印の
赤いテープがないっ!

サイドミラーがボタンを押さなきゃ
開かないのを知らず
後ろが見えないっ!!死ぬヘ(||′囗`*)ノ゙ 
なに?なに?フロントガラスが曇って
前が見えないっ!!どうしたらいいの?!
死ぬ!!! Σ(||゚Д゚)ヒィィィ

何よりも、バックミラーに映る車が
どんくらい離れてるか分からない!
車線変更ができないっ!!!!
右折ができない!

ただただまっすぐ走るだけ。
目的地につかない!!!

自分が事故るだけじゃなく
誰かを巻き込んで、人生を狂わせたら大変!

そして、十数回乗っただけで
僕のドライバー人生は終わったのです。

一度は夢見た芸能人のマネージャー
車が運転できないよっ!って断念したもの。

いつか親を病院に連れて行くとかで
乗る日がやってくるんだろうか?!

その時は「ワイルド・スピード」シリーズを
見返して、復習して、気分をあげていかなきゃ!