成都から10時間ドイツへ。
ほとんど寝てた。あの狭いエコノミー席で
僕は足を抱えて、体育座りして
足の裏を前の席にくっつけると眠れるの。
書いてる意味わからないよね?
一緒に旅する友だちや彼が
マネしようとしてもできないって。
気づいたら、フランクフルト朝の7時。
アレ?(つд⊂)ゴシゴシ 6時着の予定じゃ?
次の乗り継ぎ便は、7時半発。
7時搭乗開始。アレ?!
∑(゚∇゚|||)はぁうっ!
もう走ったーーー!!
しかもフラントフルト空港大きくて
僕のゲートまで30〜40minとか書いてあるし。
荷物検査も、EUの出入国も
英語で叫んで(こういう時なんで喋れる?)
係員の人に優先的に通過させてもらった。
並んでる人に、「ソーリー!ダンケ!
ペルドン!グラツィエ!メルシーボク!!」
もうめちゃくちゃにお礼言って、謝って。
走った!!歯が抜けそうな痛みで走った。
ハーフパンツにサンダルのアラフィフの
おじさん、世界陸上並みに走ったよ。

ゲート前では、係員の人が待っててくれたけど
僕の後に、家族づれも何組かいたしセーフ!

一緒に海外に行った友だちが
旅行の感想を他の人に聞かれて
「(僕は)信号が点滅すると、走る」って
言ってて、うわっ!申し訳ない!
悪かったなぁと気になってて
彼に聞いたら
「旅行中、いや、人生、いっつも走ってる。
忙(せわ)しない
って。
あちゃー('д` ;)
あぁ、こういうところが、彼や人を
一緒にいて安堵させないのかなぁ
、と。

フランクフルトから向かったの
フランスの南部のトゥールーズ
(フランス第4の都市らしい、
2番と3番がわからんけど)

実は、「行った国の数を増やせる!」
いいチャンスだ!
空港から出ているバスに3時間乗って
アンドラ公国に行こうと思ってたんですよ。
そんで、バスに乗ろうと運転手さんに
「このまま行って、すぐに夕方の便に乗って
トゥールーズに帰るから、
往復チケットちょうだい!」て
そしたら、ドライバーさん
フランス語でスマホに文字を打ち込むと、
わざわざ英語に変換してくれて
出てきたのが「インポッシブル」
「不可能」
でした。
交通事故が遭ったらしく、道も混んでて
着いたと同時に、帰らなくちゃいけない
そんなの無謀だ!と。

あぁ、猛省。もっとゆっくり旅を楽しまねば。
僕って、日本人が忌み嫌う
日本人旅行者の典型的な人間なんですよね。
有名どころ、世界遺産、観光地を
「回らなきゃ!記念写真撮らなきゃ!
もう二度と来られないかもしれない!」
って。
どんなに旅しても、ダメな旅行者なの。

立ち寄りのためだけと思っていた
トゥールーズ(目的地はまだ先)
それがそれが、一日いて良かったーーーー!!!
ガイドブックさえ持ってないので
ホテルの人に、色々教えてもらって
「スミレ」の花が有名らしいんだけど
街自体は赤レンガで作られ
「バラ色の街」として有名なんだって。

IMG_8262
IMG_8238

市庁舎の中が、天井が
こんななんだよ!

IMG_8241
IMG_8242
IMG_8245
IMG_8247

こっからは写真で!

まずは腹ごしらえ。
常盤貴子さんがやってたNHKの
「フランス語会話」
なんども出てきて食べたかった
鴨のコンフィ!!

IMG_8271

時間もあったので「ゆっくり」
運河クルーズもしちゃった。

IMG_8283
IMG_8274
IMG_8276

午前中はまだ涼しく、
(日中は暑いけど)
バラというより、木漏れ日の街。

大都市という殺伐としたビジネス的な感じはなく
すごい「平和な時間」が流れてるんだけど
銃を持った兵士(?)の見回りは多く
あぁ、テロが多いフランスの側面をかいま見たよ。

IMG_8288


でも、今は日没が夜の9時なんで
明るいし、安全!

IMG_8292
IMG_8299

そしたら!!!!!
「バラ色の街」の意味
本当はこっちにあるんじゃないか?!


IMG_8308
IMG_8310