えっと、一応法学部出身なんで
裁判モノ大好きなんですよ。
あっ、いろんな映画のネタバレしてるし
この映画を未見の人
観て「良かった!」って人はこの先読まないで!

ルーキーの弁護士に突然任された事件
有罪決定のルーティン作業かと思いきや
その裏に隠された陰謀!
人生に絶望した被告人とともに
よみがえる仕事への熱意と誇り
しかし明るみになる新事実!
もう絶体絶命で迎える最終弁論
勝利を確信する相手側をだまし討ちしての
大逆転で勝ち取る無罪!!!
沸き立つ報道陣、その中をガッチリ握手する
弁護士と被告人!!!!!


みたいなジョン・グリシャムが描くような
法廷サスペンスが好きなんですよ!!!

『ニューオリンズ・トライアル』

舞台劇を映画化して、
ジャック・ニコルソンが
「You can't handle the truth!」
おまえなんかに真実は分からん!と
トム・クルーズの挑発に乗って
自分が暴力的制裁命令を出して
殺したことを認めた
『ア・フュー・グッドメン』とか。



もう全身から鳥肌!!うぉーーーー!!ですよ。


でも、一番好きなのは
自分が履いている靴について
「プラダの新作なんて見せびらかして嫌みな女!」と
ディスってきた男を
「あいつはゲイよ!!だから妻の情夫なんて
ありえない!!」

容疑を晴らす『キューティ・ブロンド』
エル(リース・ウィザスプーン)



そして、なんていっても
「あんたみたいな嘘つきを
刑務所では、ちんころって言うんでしょぉ」

桃井かおり×岩下志麻の
『疑惑』!!!!



で。是枝監督が新境地を開いたという
『三度目の殺人』観てきました~。

観ながらずっと思ってたのは
キムタク大丈夫かいな。
いや、来年?ニノと共演する映画
『検察側の罪人』で
ベテラン検事をやるんでしょ?!

昔の映画スターなら、どんな役をやっても
「ひばりちゃん」「裕次郎」でいいけど。
『HERО』みたいにザ・キムタクで
貫き通すのも大変
いつもと違うことしても
「なにやってもキムタク」って
また言われちゃうんじゃないかなぁ。

だってこの映画も、
何をやっても福山雅治だったから。
勝利しか求めてない敏腕弁護士が
ある殺人事件の容疑者に会って
自分の信念が揺らいでいくってお話
なんだけど
もうね、最初から「イイ人」にしか
「かっこいい人」にしか見えないもん!

横顔のアップが多いんだけど
彼の鼻の高さ!!!女性アイドルや女優が
鼻を整形するのが分かったよ!
鼻の形で、こんなに美しい生き物になるのね…。

だからか、役所広司さんが
「見ろや!俺の実力!!」って
鬼気迫る演技
に(カナリアが見えた!
ガラス越しの手が怖い!!!)
食らいついてたのが、広瀬すずちゃんだけ、という。
(実は僕は『チア☆ダン』も泣けた!
すずちゃん好きなのか?!)
是枝さんはこの先ずっと
すずちゃんの成長期を映画におさめていくのかな。
柳楽優弥くんも追ってほしいのに。

満島真之介くんは好きだけど
あれだけバラエティに出てて
「頭のいい弁護士」役は無理だよ~。
吉田綱太郎さんは「レンタルおじさん」だし。

そして、余韻の残るエンディング
真実は観客に委ねるパターン。

その割に、事件は、またいつものアレ。
もう好きだよね~
ここ10年映画や推理小説の犯人の動機って
こればっかじゃね?!

「これは観る人を選ぶ映画だな」
「単純な勧善懲悪ものが好きな人には
分からないだろうなぁ」
「考えさせられる」
って
(でもさ、法曹界に生きてないフツーの人が
考えたってしようもないことじゃん!)
映画を熟考したい人、映画好きな人には
すんごいおススメの、いい映画だと思う。

僕はやっぱり、司法を問う濃厚な作品よりも
女同士、ワインをかけあったりする方が…
映画をたくさん観ても
全然映画のセンスが磨かれない
映画を語れないおじさんが、ここにいるよーーー。

あっ!そういえば
この景色どこかで見たことある!!!と
エンドクレジットを凝視してたら
やっぱり!実家近くにある高校がロケ地だったよ。
(向井理の母校)
それだけで、わーい!わーい!!