妄想特急999

ブレーキ壊れた妄想特急ε=ε=ε= ヾ(*~▽~)ノ止まるときは何かにぶつかる時。MOVIE!BOOK!COMIC!TRAVEL!「欲望」という名の列車に乗って日々加速中!

2006年11月

ブログのネタにしちゃって、不謹慎なんですがm(u_u)m

なんかもう我が家では、そのことで持ちきりなんで。

母の友人のムスメさんの失踪続報デス。


ネットで「身元不明のなんたら~」ってニュースが

流れるたんびにドキドキ((゚m゚;)しちゃってますよ。

「あたしなんて、世の中に必要とされてない」って思っている方がいたら

ぜってっーーーそんなことないよ!

そのムスメさんに一度も会ったことのないあたしだって

心にずーーーっとひっかかってるもん。

この世に生きてる限り、絶対誰かと繋がってるよ。


その後、母と、その友人は

ムスメさん携帯電話の通知記録を調べに行ったんだけど

(↑これは失踪した知人がいるあたしの友人からのアドバイス

あたしの交友関係って・・・(*゚ー゚)ゞ)


また、お給料が振り込まれる別の銀行の

引き落とし記録を照会してもらおうとしたんだけど


結果は、どちらも「否」

母親が、「ムスメの命が関わってるかもしれないので

教えてくださいっ!」って嘆願しても・・・「否」


“個人情報保護法”が執行されてから

肉親の方でも教えることは出来ませんっ!」って。


追いうちをかけるように、警察では

「もし見つかっても、本人が会いたくないと言えば

見つかったことは報告しません、個人情報ですから・・・」って。


気丈だった、その母の友人も

「親が、どんなに心配しても、法律に負けるのか」

いきなりガックシしちゃったみたい。

自民党が「情だ、なんだ」と復党させるのと違うでしょ、親子の情は。


ついでに、多額にお金があると、そのまま逃亡しちゃうから

(本人、もしくは誰かが引き落とししちゃうから)

ボーナスを振り込まないでほしい(お金は母親が少しずつ振り込むつもり)と

会社にお願いしたところ、「それは個人の問題なんで、無理です」

そりゃあ、そうだけどさぁ~ヽ(`Д´)ノ


まあ、会社の同僚たちも「自分がいけないんじゃないか」って

自責の念にかられちゃってるみたいで。

でも、この先「ゆとり教育」で育ってきた、若い子たちが

魑魅魍魎がウヨウヨいる“会社”って組織の中で

ちゃんとやっていけるんだろうか?

会社は回っていくのだろうか?

軽く(あたしなりに)怒ったつもりが

「親にも叱られたことないのに!傷つきました!」って

会社辞められたり、病気になっちゃったらどうしよう?


結局、対応してくれた警察の人が

銀行の方を調べてくれたんだけど

次の引き落とし先は、なんと「仙台」!!


家に残っていた貯金通帳から

四国で引き落としされてることが分かって

「お遍路してるんじゃないか?」って

話をしてたらしいんだけど、

北陸→四国→ときて、一気に北上ですよ。


探してる本人たちは真剣そのものなんだけど

「仙台?」と警察から聞いて、

「バレーボールを見に行ったんじゃないか?」


「今日の試合、みんなで観客席を探したの・・・」って母から。

「バレー好きなの?」「ううん、聞いたことないって」・・・。

いやぁ~、バレーボールはないんじゃないかぁ?

しかも試合のTV中継で観客が判別できるのか?

人は、真剣になるほど、傍から見たら「えっ?」って思うような

行動に出るよね。


こんな風にブログで書いちゃってるけど

当の親御さんは、心配で心配でいてもたってもいられないのよ。

早く、無事に帰ってきてほしい。


そして、このブログを読んでくださってる方のなかに

「あたしなんて消えちゃっても・・・」って思っている人がいたら

絶対、誰かに連絡してから消えてほしい(消えていいのか?)

そして、気が落ち着いたら、すぐに戻ってきてほしい。


あんなダメ男の『ガンダム』のアムロだって

「ララァ、ごめんよ、僕には帰る場所があるんだ」って言ってたじゃない。

誰にだって、帰る場所もあるし、待つ人はいるのよ。


あっ!補足ですが、警察の人によると

「(いなくなった)お子さんは、どんなお子さんでしたか?」って

聞いたときに「マジメな子です」って形容された子は

結果、ほとんど出てこないらしいっす。

「迷惑かけちゃった、どうしよう」って気持ちで、

今までの生活を全部捨てれちゃうそうです。

みなさん、適度に息抜きを。ヒーヒー!フー!

ちょっとちょっと福士くんたら、ぽぉっーーーと顔を赤らめ

のだめにトキメいちゃってるよヽ(`Д´)ノ

まあ、原作の黒木くんがそうだから仕様がないんだけど。

『のだめカンタービレ』

マンガから抜け出たように、「のだめ」まんまで

演じる上野樹里ちゃんも好きなんだけど

なぜか?なぜか?TVで観る「のだめ」ウザいんだよね~。

だって篠原ともえじゃんっ?!

いや、今は個人的に、水川あさみちゃん、上原美佐ちゃん、サエコが

(サエコって芸名どうなの?いっつも“サセ子”って思っちゃう)

上野樹里に勧誘されて「沢尻会」に加入したのかが気になる~。

            _, ,_  
もしくは標的?川 `ー´ 川y-~~ エリカさま~。壁|]ロ゚;)))ガタガタ!!


R☆Sオーケストラで、みんなでひとつの「音」を作り上げようとする

峰(瑛太)と千秋(玉木)だけど、

試験を控えてるメンバーの気持ちは、音は、バラバラで。


そんな音楽で、ひとつにまとまっていくチーム

観終わった後、うきゃぁっーーーと叫びたくなるほど爽快なのが

映画『ドラムライン』!!!

これはスポーツ試合の合間に、むきゃあっーーーと

演奏し、踊るアメリカの大学マーチングバンドとチアのお話なんだけど

主人公の、弱点がそういえば「のだめ」と一緒だやっヽ((◎д◎ ))ゝ

もうね、音楽も一種の格闘技か?!って感じの体育会系。


あっ!あたしは「体育会系」って自己申告する人苦手~。

特に、とんねるずの貴さんが「体育会系なんだね~」って形容するときの

「体育会系」←この意味するとこ分かってくれる?

「( ゚д゚)ポカーン なに?なにが言いたいの?」って返しちゃう。

「実はこう見えても、上下関係がシッカリしてて、

礼儀正しいんすよ。生意気そうに見えて、

一度腹を割って話せば、筋が通ってる人間なんすよっ」って

自己アピールしてんのかな~と、性格の悪いあたしは勘繰ってしまう。

そういうときは「見たまんま、上下関係が鈍くて、礼儀作法もなってなくて

心を開いたふりして、平気で裏切る、ひどい人間ですが

学生時代の部活は、すごい“体育会系”だったんです」と毒づきましょう。


ってのじゃなくて、本当に体育会系。

楽器を、きちんと正確に奏でるために、筋トレ!

一糸乱れぬパフォーマンスをするために、心身一体!

その厳しい練習、人間関係を乗り越えた先の

大会での演奏は、うほっーーーv(≧∇≦v)三(v≧∇≦)v と

その場で踊りたくなりますよ。


千秋率いるR☆Sオーケストラも、最終回に向けて一致団結!

楽しみにしてまっせー。

むきゃあっーーー(/TДT)/子ども産まなくてごめんよっーーー。

精子無駄にしててごめんよ。

少子化に一役買っている非国民だよっーーー


先日観た『プラダを着た悪魔』“躁”状態の

ハレの日、行け行けドンドン(これって死語?)なら

この『トゥモロー・ワールド』一気に“鬱”

ようこそ絶望の世界へ・・・>(||゜Д゜)。


宇梶剛士のクドさと、役所広司の陰気さを足して2で割ったような

クライヴ・オーウェン主演の近未来SFなんて

「観なくていいんかな~」。

さらにジュリアン・ムーアのSFって言ったら

逆バンジーの『フォーガットン』が思い浮かぶし(@Д@;

それがこれが先週末の夜、相方さんは仕事だったんで

ひとりで暇つぶしにいっかな・・・って。

それに今までちっとも面白いと思わなかった(きゃっ石投げないで!)

『ハリー・ポッター』シリーズを初めてワクワクさせてくれた『アズカバンの囚人』

それこそガエル・ガルシア・ベルナルのきらめきを見せてくれた(-_☆)

『天国の口、終わりの楽園』

アルフォンソ・キュアロンが監督っていうのに惹かれてたの。


うわっーーーごめんなさいよ。先入観。

もうこれがこれが観て良かった*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゜・*:.。. .。.:*

いやーーあんまり宣伝されてないから、あたしが書くわ。

「マリリンですっ!この映画を観なさいっ!!」


もうね、演出がスゴイ!最後の収容所のシーンなんて

あわわヽ((◎д◎ ))ゝあわわわヽ((◎д◎ ))ゝ

映画館の大画面で絶対観るべしっ!

新しい「命」を切望してる世界のハズなのに

簡単に殺されて、消えていく「命」

その怒りと悲しみに、いつのまにか目頭は熱くなり

「もうやめてくれっ!政治的信条や宗教や肌の色、価値観なんてどうでもいいっ!」

ってスクリーンに向かって、いや違うな

連日報道される理不尽で、暗いニュースに

「これからの日本はどうなっていくんだぁ・・・」と漠然とした不安に

けど、何も出来ない小っぽけな自分に、

ついつい叫びたくなったよヽ(`Д´)ノ

そして、そんな絶望だらけの世界に

(って映画の世界じゃないよ、これは。テロや紛争にまみれた中近東、

ううん、アジアも、ヨーロッパもアメリカも、

暗雲たちこめる今ここにある地球上の世界よ)

“希望”という明かりを灯すのは、

本当に本当に小さい、これまた“命”なんだなぁ、

全然泣くようなシーンじゃないのに、ダッーーー(/TДT)/すよ

子どもを産んだことのある母親なら、もっと感慨深いんじゃないかな~。

っていうか、この映画観せたら、“少子化”止まるんじゃないか?

それこそ、自殺も、殺人も思い留まらせること出来るんじゃないか?

どんな法案や、道徳的指導よりも

(ついでに郵政法案反対議員、復党もくだらないっ!

もっと、政治家は違うことに頭と体使えっーーーヾ(。`Д´。)ノ)

たった一本の映画が持つ“力”を信じてもいいんじゃないかな。


くっーーー言葉をいくら並べても 、うまく伝えられん。

本当、出演者も地味で、

この映画の舞台のロンドンのように、湿気度の多いイギリス映画ですが

ぜひとも!ぜひとも!o(*≧д≦)o″))

もちろん、もっと観るべき人気作品も、心に響く映画は数多くありますよ。

ただ、スルーしてしまうには勿体無いよーん。

今日はちょっと仕事でも、精神的にも消耗しきってるので

業務連絡ちゅうか、


あたしが、映画を観にいく指針にしてるのは、アメリカの Rotten Tomatoes サイト。

全米の映画評論家(ライター)の評価をまとめたものなんだけど

60%以上が支持したら fresh(生きのいい新鮮なトマト)

それ以下だと rotten(腐ったトマト)。

「あたしって、普通の人と感覚違うし~」という人には薦められないけど

あたしみたいに、ポリシーのない人間には役に立つこと受けあい(*^ー^)ノ

さすが「映画が文化」として根づいている国

どんな有名スターが出ていても、ベストセラーが原作でも

「アカデミー賞最有力!」と映画会社が謳っていても

「ダメなものはダメ」とちゃんと判断下しているし

逆に、コメディや青春モノでも、今までにない「面白い」ものや

ちゃんと芯がシッカリしている話ならば、GOOD(o^-')bと絶賛。

シリーズ物でも前作が「rotten」でも、その印象に引きずられないで

今回が良ければ、ちゃんと「fresh」を出す公平さ。

まあ、映画館でやってるのは、自分の目で確認したいけど

日本じゃ未公開の映画とか、DVD探すときには参考になるよ~。

たとえばトムちんで検索すると

彼の出演作の平均は71%のfresh

いかに良作に出ているかわかるの

どんなにマスコミで、悪いイメージが与えられようが

『M:I:3』の映画自体の面白さはちゃんと評価されているし。

あっ!俳優だけでなく、プロデューサーの仕事も含まれます。

今大人気のジョニー・デップだと66%。

オーランド・ブルームだと55%

(『ロード・オブ・ザ・リング』3部作が90%越えてるのに、その後が・・・)


もちろん、「評論家」受けだから、一般の「映画ファン」との感覚とは乖離するし

あたしが「つまんねぇーー」と思った作品が高い評価だったりする(゚ー゚;

逆も然り。あくまでも他人の意見っすよ。

自分の好きな作品は?好きなスターのどの作品が一番高いの?

まあヒマなときでもチェックして見てくださいね。

いっつも話がとっ散らかってる、文章が長いだけのブログなんだけど

今日は、書く前から、自分でも支離滅裂だろうなぁと危惧してます。


まずは『たったひとつの恋』第6回。

交際を認めてほしいと訴える弘人に

(亀梨くん髪切った?byタモリ シーンによって長さが違う(゚ー゚;

オープニングなんて『NANA』の中島美嘉ちゃんかと・・・)

菜緒の父親(財津さん)は

「キミには何もない、経済力も、地位も、人生経験も。

それでも娘を守ることが出来るのか?

愛に出来ることは限りがある」と問うんだけど

ああ、男親の考えだよな┐( ̄ヘ ̄)┌。もちろんそれがあったら、

より幸せかもしんないけど

いま、30過ぎて、切実に思うのは(あくまでも個人的意見)

誰かに必要とされたい、誰かの役に立ちたいの。

だから、弘人の答えた

「ただの恋かもしれないけど、僕には“たったひとつの恋”なんです」。

「オレ、あんた以外の人といるとこ、想像できねえよ」

夢物語と、ロマンチストとバカにされようが

若さのときめきとは別に、リアルに欲している言葉デス。


逆に、すーちゃん演じる母親が、骨髄を移植した兄の話を出して

どんな「嫌われ役」になろうが、娘の恋を阻止して

守る気持ちの方が、“本能”って気がする。


それを踏まえて・・・っていうか

このブログを職場で読む人には週明けの月曜から

暗い話で申し訳ないけど

うちの母親の友達の娘(30代半ばの独身)が、先週「失踪」しました。

いつものように「行ってきまーす!」と玄関を出たまま、消息不明。

その朝、会社には出向いていず

残った貯金通帳には、20万足らず(10何年社会人やってて)。

娘の友人に聞くと、男の人に貢いでいたらしく

その20万も、失踪翌日、北陸のATMで、翌々日、四国で、

引き落としされてしまったの。


若い頃に、ダンナさんを亡くして女ひとりで育ててきて

頼る人もいない、その母親は、うちの母に「一緒に・・・」と頼んで

警察に行ったんだけど

テレビや小説の世界みたいに

「事件にならないと警察は動けない。30過ぎた大人だから

自発的に消えたのかもしれないし」って相手にしてくんないんだって。


あたしがこんなこと書いて、何も状況は変わらないだろうけど

(っていうか、そんな他人のこと書くな!だよねm(u_u)m

なんかね、身につまされたっていうか・・・。

そりゃあ、親には言えない恋なんていたるところにある。

(あたしだって秘密)

なにもかも捨てても、誰かに必要とされたい。

うん、お金で解決できるなら、いくらでも出して傍にいてほしい。

そんな“たったひとつの恋”の気持ちも、痛いほど分かる。

けど、残されて心配している母親の思いもね・・・

どっかに妥協点を見つけるのは、甘いのかな。難しかったのかな。

ここで“息子”だったら、妥結するんだろうけど

“娘”は、止まらないんだろうな。

母親が「どんなに必要としているか」

近すぎて見えないんだよね。

やりきれないな~。

マンガを学生時代は読んでいたけど、最近ご無沙汰っていう人に

えっ?ボーイズラブの漫画家さんじゃないの?って思っている人に

「うぜえなぁーー」と邪険にしつつ、

自分がお嫁に行く時の母親への感謝の言葉妄想してたら

涙流しちゃったりする、すべての“娘”に読んでもらいたいのが

よしながふみさんの『愛すべき娘たち』

この本を読んで、あたしの中のマンガ人生、あるところまで到達した感じ。

母親も女、それこそ祖母も女、あたしも女(*゚ー゚)ゞ

どんな嫌な部分があっても、母から生まれてきたんだもんな。

あたしは極端な話、母親を「死ねっ!」と思ったこともあるよ。

けど、もし母親がいなくなったら、自分の半分が失っちゃっうんだろうな。

ねっ>支離滅裂でしょ。今回。

↑このページのトップヘ