妄想特急999

ブレーキ壊れた妄想特急ε=ε=ε= ヾ(*~▽~)ノ止まるときは何かにぶつかる時。MOVIE!BOOK!COMIC!TRAVEL!「欲望」という名の列車に乗って日々加速中!

2007年07月

あたしが、戸籍上“女”だったら

27歳で好きな人と結婚して、

28歳で長女「希実(のぞみ)」を産んで

子育てに追われながらも

幸せにやってんだろうなぁーー

根拠もないのに、強い自信がありました。

まぁ 妄想で結婚、出産、名付けしてる時点で

ある意味“おめでたい”んですけど(*゚ー゚)ゞ


ところが、ここ最近・・・心を侵食していく疑問。

たとえ“女”でも、既婚イコール幸せになってたのか?


そんな時決定瞬間がっ!

いえね、この選挙の時って、妄想するじゃないすか?

(って、誰への呼びかけ?)

あたしは、この時期決まって脳内は“代議士の妻”。

旦那の地元の後援会の挨拶回り。

田舎の道を、ワンボックスカーにハコ乗り。

そして最後の夜は、挨拶の途中で涙ぐみ・・・

言葉を詰まらせ・・・嗚咽しながら

「みなさまのお力で、この人を国の真ん中で

男にしてくださいっ!」と、_( ̄|○ 土下座っすよ。

もう、嘘泣きなんでもやりますよ・・・

ドブ板選挙っすよ。ってのが定番だったんだけど


今回の参院選で異変が・・・∑(」゚ロ゚)」

いつものように妄想(ってそれも問題か)はじめたら

「銀座をご通行中のみなさま、お疲れ様です、お疲れ様です!

わたくし、マリリンを、マリリンをよろしくお願いしますっ!

ご声援ありがとうございますっ!ヾ( ゚∀゚ )ノ゛」

って、ソファの上で、妄想マイク握って 手振っちゃってたよ。

( ´゚Д゚`)ンマッ!!あたし、

自分が出馬表明しちゃってるよっ!!


そうなの、あたし、誰かをサポートするなら

前に出る女になっちゃってましたっ(( ≧▽≦))

独りが長くて、誰かのために、自我を押し殺すなんて

無理、無理!!


結婚しても「こんなはずじゃなかった・・・」

「本当の夢は他にあるのかも」

「ここに自分の居場所はない・・・」

満たされない思いを抱いて、

途方に暮れてる大人になれない大人

“Little Children”は

もう一人のあたしだったかもしれない。


<自分探し>って言葉(#`Д´)凸を毛嫌いしてたのは

自分の中に見ていたからなんだよね、

近親憎悪みたいなもんか。

30前後のときは、酸欠状態のようにもがいてたもん。

正直、今は、もうどうでもいいです、良い意味で。

居場所がなかったら、そこに力づくで居座るし

「こんなはずじゃなかった・・・」

ええ、それが人生っすよ。

そんなら、好きな人生、“妄想”で生きていくわいっ!

年取るって怖いわね~。(*゚ー゚)ゞ


あたしが、この夏、なにがなんでも観たかった映画

『リトル・チルドレン』

もし、あたしが“女”だったら、確実に生きてた世界。


この映画の感想をネットで見ると

「訳わかんねぇ」って書いている人もいて

確かに、感動の涙ってわけじゃなし

誰が悪者で、正義の味方か

ハッキリしてる映画じゃないけど

いろんな側面を持っているのが人間で、

想像力を喚起する映画で、いいんじゃないかと。


あと、これは生まれ育った環境にあるのかもしんない。

似たような一軒家が並ぶ郊外の住宅地。

まさに、あたしの実家です。

お互いの視線や噂話が飛び交い

「ここではない、どこかに・・・」いつも逃げたかった場所

けど、その中に入れば、安心なコミュニティ。

住みやすくて、生きにくい場所。

あの独特な息遣いを、ケイト・ウィンスレットは体現してて

やっぱ上手いな~。5回目のアカデミー賞ノミネートも納得。

パンフレットに「物言う肉体」みたいなこと書かれてたんだけど

どんぴしゃの言葉!!


ある意味、日本のドラマでも散々やりつくしてる感のある話。

『イン・ザ・ベッドルーム』の監督だし、

『アメリカン・ビューティー』みたいに暗いのかと思ったら

(小児性愛者の元受刑者とか出てくるし)

どっちかというとコメディぽかった。肩透かし。

けど、そんな大人になれない大人たちを小バカにした感じも

優しい目線でGOOD(o^-')b

なにより、アメリカのTVシリーズ『エンジェルス・イン・アメリカ』から

青田買いしてたパトリック・ウィルソン演技も身体も

じっくり拝めて満足満足。

(実生活で結婚して子供もいたことにショック受けたけど)


崩壊する前のバブルも、少し体感してて

(今、30前後から下の世代の子たちは、就職氷河期とかで

ある意味、世の中の姿を冷静に見てるから)

「もっとイイことあるんじゃないか」

「あたしの人生、こんなんでいいのか?」

幻想をついつい抱いちゃう(≧▽≦)

あたしと同じくらいの世代の人にぜひ観て欲しいっ!!


まぁ、この映画を、客観的に観られたあたしは

今じゃ、立派な大人になったのかなぁ。


妄想で“選挙演説”やってるようじゃ、

まだまだヤバイか。えへへへヽ(゚∀゚ゞ)


















「ONLY 1」より「Number 1」になりたいあたしです。

しかも、言動から「変わってる」と思われがちだけど

実際は、ごくごく平均的、むしろ個性のないメジャー指向。

以前 「世間で人気があるのに、なぜか“好き”と公言できない」と

B’z好きをカミングアウトしましたが・・・

まだまだいっぱいあるんです。


それは先週の日曜日、山手線内で

偶然に会った友人・クーシュカに

「あんた、新宿に何しに行くの?」

「映画!」

「なに、なに観るの?」

「×$#☆」

「えっ?聴こえない。なに観るつもりなのよ?」

「ノよ リ lま +=」

「ハァ?聴こえないよ。おっさんが独りで何観んのよ?」

サディスティックに何度も問うクーシュカ。

訝しげに、聞き耳立てる周囲の人たち。

ハリポタじゃぁーーぼげぇっーー( 」`Д´)」」

そう、あたし、ポッタリアンなんじゃいっ!

公開待ち望んでたんじゃい!


東海岸のワシントンDCに住む友人宅に

遊びに行った帰り道

わざわざ西海岸のL.A.に飛行機途中下車(?)して

ワーナースタジオ(映画製作会社)のハリポタ展行ったさ。

組み分け帽子被ったら

「グリフィンドール!」と叫ばれて、小躍りしたさ。

・・・これ以上書くと、ドン引きされそうなんで自粛。


元々、ファンタジー好きなガキだったし

思春期になっても、マジで魔法使えないかな~と

チャレンジ(なんの?)してたんだけど

(当時のテーマ曲は小泉今日子の『魔女』より

中山美穂の『Witches』でやんした)

悲しいことに、ただの「マグル」でした( ´△`)アァ-


でも、正直『賢者の石』と『秘密の部屋』は

翻訳本も、映画もダメだったんですよ。

まずルビがふってある本ってダメだし

映画も、同時期に『LOTR』三部作がやっていて

そっちの方にハマッタし

(恋愛対象になる男がたくさん出てきたし)

両親が殺され、可哀想な運命なんだけど

ホグワーツに行ってからのハリーは

教師にも好かれ、魔法も秀でてて

なんの苦労もしないでヒーロー然としてる

姿にケッて思ってたんだよね~。

(だから、フィクションのキャラに嫉妬したり

恋したりするってとこが根本的に間違ってるんだけど( ´艸`))

で、これを最後にと、観た映画『アズカバンの囚人』

アレ?あれれ?面白い・・・(≧▽≦)

早速、母親が読み続けている翻訳本を引っ張り出して

読み返したのさ。

『炎のゴブレット』でクラムに恋をし

(だから、フィクションの世界・・・以下自粛)

そして今回、さらにダークになる『不死鳥の騎士団』

確かに、原作は一番ボリュームがある内容(だった気が・・・)

そして主要人物のあの人の身に・・・

読みながら、泣いちゃった記憶があるんだけど(思い過ごしか?)

映画もコンパクトにまとまっていて、充分堪能しましたよ。

なにより、ハリー、ロン、ハーマイオニーが

あたしの中で、あの3人の俳優の成長と被ってるから

(『北の国から』の純と蛍みたいなもんか)

彼らが大きくなるにつれ、感慨ひとしお。

ハリーのキス・シーンなんて、艶かしすぎる(qq≧w≦)


それにしても、ヘレナ・ボナム・カーター

イメルダ・スタウントンと、イギリス映画界の名優たちが

次々と登場してくんなぁーーー。


「好き」と言いつつ、

いまだ『謎のプリンス』読んでないんだよね~てへへへ(*゚ー゚)ゞ

俄かファンでごめんなさい。

でも、マジで通いたい!ホグワーツヾ( ゚∀゚ )ノ゛

(36歳になりましたが、なにか?)

なんか異常に眠い・・・

寝てるのに、暑さで浅い眠りなのかなぁ~。


週末も働いている相方が

「明日は午前中で終る」って言うから

いつもなら昼近くまで寝ダメしている土曜日

早起きして選挙の不在者投票。

あたしは住民票変更してないので、実家に帰ったのだ。


で、彼と待ち合わせして

「何しようか・・・」

「観たい映画あるんだけど・・・」

「行くっ!今年一緒に観る最初の映画だ!」とあたしは小躍り。

そう、土曜日も朝起きて働いている彼は

仕事の後、会っても映画を観る気力もなく

せいぜい部屋でDVDってとこだったの。

そんな彼が「観たい映画って?!」


「じゃあ、『ゴースト・ハウス』!!」


「はぁっ?щ(゚∀゚щ)」


スピルバーグとゼメキスが組んだアニメじゃないよ!

あちらは『モンスターハウス』

まぁ よくあるハリウッド・ムービーでした。

隣の家も、見えないアメリカの片田舎。

引っ越してきた家族の娘に襲いかかる超常現象。

信じてくれない親・・・そして・・・

日本人はなすがまま、霊に引きずり込まれたり

呪われて死を迎えるのと違って

アメリカ人、やつらは戦うよね~。

やっぱ油分強いのか?!

お前ら、そんな呪われた家、引っ越さないのかいっ?!って

スクリーンに向かって突っ込んじゃったよ。

最初から(弟の)赤ちゃんだけは、幽霊が見えてて

その存在を感じる天井だったり、部屋の片隅を

指差して、ブーブー言ってる顔が不気味だったけど。


あたしは霊感まったくないけど、

同じように、「ない」友達らも

妊娠中は「見えた」んだって。

みなさんは見たことありますか?


あたしが今までで一番「霊界」を近くに感じたのは

「首も絞まれば、下も絞まって気持ちいいんじゃい!」

訳のわからん自論で(正しい理論なの?)

あたしの中に挿入しながら、首を絞めてきた男かな?

あんときは、丹波哲郎さんが見えちゃった。てへっ。


全然関係ないけど、今流行りの「脳内メーカー」

本名でやったら 脳の半分「怒」で、半分「夢」だった。

その2つだけ。なんか当たってる・・・

そして、今は脳も半分就寝中。

眠いので、また、明日~!






みなさんは夏休み取れますか?


「夏休みないとやってらぁんない!」


と沢尻エリカさまの発言


小文字の「」にマスコミの悪意感じるんですけど( ´艸`)


まぁ エリカたんも、本場の(?)リンジーたんに


較べたら、かわいいもんでしょ。




この時期になると、会社ですれ違う人に


「どこ行くの?」って聞かれます。


あたし、普段もヘラヘラしてるし


「○○ちゃーーん」なんて呼んでくる人もいて


誰にでもオープンマインドの人間に思われ


面識のない人もしゃべりかけてくるんだけど


すごーーい心狭いっすから(≧▽≦)


人選びますから。閉じてる人間ですから。


(そういえば、開いてる奴と閉じてる奴・・・って


キムタクのCMあったねぇ)




そんなあたしでも、“開いた”人間になれるのは


ハワイ!ブルーハワイっすよっ!!


いや、正直バカにしてたんだよ~。


昔、貧乏だった芸能人や巨人の選手が


小金手にした途端舞い上がって行っちゃう場所なのかな~って。


もしくは、ブランドを買いに走る人の群れのイメージ。


もっちろん、空港に着いた途端


「やだっ!ヤダ!カメラマンやリポーターが


待ち構えてたらどうしよう?」って


帽子を目深に被り直したけどね。




けど、ハワイはハワイでしたっ!!


こりゃぁ 金持ってる芸能人来るやね~(手のひら返し)


青い空、白い雲、優しいスコール


そして七色の虹


黄色のサーフボード!


赤いビキニのサーフレスキュー!


(へっ∑(゚Д゚ノ)ノ そっち?)




いやーー、海外であんなに多くの


日本人のじいさん、ばあさん見たの初めてだよ~


しかもみんなアロハシャツとムームー( ´艸`)


風月堂で、冷やソウメンを喰らい


サンジェルマンでパンを食い


誰かが出したお店の開店祝いに


橋田壽賀子の花輪。


ハレクラニに紛れ込めば、高橋英樹夫妻に遭遇。


ここってパスポート必要なんだよね?




一番好きなのは、途中でフリフリチキンを買って


臨むノースショア。


あたし、海って味がマズいから入りたくないけど


サーファー(男)を見てるだけで


キース イン ブルー ヘーヴン 連れって行ってー♪


あの虹の先に、幸せがあると信じて


車を走らせるのが気持ちいぃv(≧∀≦)v




なんだかんだ、ハワイは結婚式参列だったり


友達一家との旅行だったり、


いっつも大人数で訪れてる場所だから、楽しいのかなぁ。


旅行って、思い出を共有する人がいると


その後も、笑い話になって反芻できるよね。




なんか、現実の生活から逃げ出したくて


ちょっと、妄想に耽ってみました。

「こういうとき、ラブストーリーのヒロインなら

洒落たこと、心に響くっていうか 

キラキラした決めゼリフ言えるんだろうな。」


『ホタルノヒカリ』第3回

偶然会ったマコトに、デザインを書き上げたマコトに

胸いっぱいの気持ちや賛辞を伝えたいんだけど

蛍(綾瀬)は固まって後ずさりするだけなんだよね。


わかるっ!!

言えないよ~っ。あたしも。

ラブストーリーのヒロインだけど( ´艸`)

昨日あんな内容書いておいてなんですが

あたし、精神的には、いつでも処女です。

何度、何度恋に燃えても、破れて傷ついても

まったく進歩しない。

それこそ何年も一緒にいる相方に

うまく言葉を伝えられなくて

家に帰って、うぎぃーーと地団駄踏んだり

彼からもらった嬉しい言葉に、どじょうすくい・・・

いえ、あたしの場合は、うっ!マンボっ!

チャンチャカチャちゃんって

ひとりリンボーダンス踊る日々だよ。


それでも凹んだときは、とりあえず口角を上げる!

人は、笑い顔のときね、嫌なこと考えられないよ。

こんだけマイナス思考で、

日々悪口愚痴の宝庫のあたしが言っているから、絶対。

無理やりにでも口角を上げて、笑い顔をつくったら

プラスまでいかなくても、少なくとも邪念は消える

(ちゅうか、思考が続かない)

で、詩的な言葉は思い浮かばなくても

好きな人に、伝えたい勇気は生まれるよん。


「自然に、彼の心にいられたら・・」

なに抜かしてんじゃい、オイ、ヽ(#゚ Д ゚#)ノゴルァ!!の

優華ちゃん(国仲涼子)だったけど

「自分の気持ちに嘘をついたら負けですよ」って

確かに、ステキ女子だった・・・。

(コロッケとソバの組み合わせはどうなの?)

傷つく覚悟や痛みを受けなくちゃ

本当に欲しいものは手に入らないことあるもん。

そういう意味で一番弱虫は

好きな優華のために、イイ人ぶる要(武田真治)だよね。

やっぱ、男って弱い~。


やっぱりマコト演じる加藤くんの頑なな素人演技に

あんま魅力が・・・・・・。

それに引き換え、今まで大根と思ってた藤木くん

(ファンのみなさん、ごめんなさい)

ス・テ・キ(ハート)

たださぁ 別れた奥さんから昔のラブレターの返却

マイナスなのかなぁ?

あたしだったら、もう気持ちのない人から

もらったものなんて、速攻でゴミ箱ぽいっ!だけど

未練があって、切りたいのに切れないから

送るんだと思ったんだけど・・・

そこんとこ、どうなの?

あたしは、ここ何年、相方以外の人を

新たに好きになることなく

もう、恋愛事情に疎いもんで。(*゚ー゚)ゞ

↑このページのトップヘ