妄想特急999

ブレーキ壊れた妄想特急ε=ε=ε= ヾ(*~▽~)ノ止まるときは何かにぶつかる時。MOVIE!BOOK!COMIC!TRAVEL!「欲望」という名の列車に乗って日々加速中!まずは http://mousouexpress.blog.jp/archives/6265440.html を読んでもらえれば。

2007年07月

昨日から一転。

面白かったγ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞ『ホタルノヒカリ』第2回

正直微妙だったんですよ、初回。

“干物女、干物女”って。あんなんで「女終わってる」って

言われちゃ、長谷川理恵しか、“女”じゃないって!

(このネタ、ついてきてくれる人いるのか?)

本当の“干物女”っていうのはね・・・

30後半になっても・・・(以下自粛)。

綾瀬はるかに、女性が共感する役出来るのか不安だったけど

このムスメ、あたしが演じようと人一倍思い入れのあった

雪穂@白夜行も、結局納得できたし・・・なかなかやるな。

いや、可愛かった(≧▽≦)

ウザさ通りこして、「ガンバレっーーー」って。

徹夜でマコトのために作ったサンプル・ファイル

「ええっ∑(゚Д゚;) いつ渡すの?

それとも、これは新手の男を落とす作戦なの??」

部長(ふじっきー)じゃないけど、ハラハラしちゃったよ。

そしたら、「どうしたらいいか、わからない( ;∀;)」

かわいい、かわいい!マコトが無理でも

部長は落とせるっ!いや、あたしが落ちたっ!


「進んでますか?

大丈夫ですか?

私は・・・

私は・・・

あなたに会いたいです(‐^▽^‐)」


恋愛の鉄則らしい疑問形は踏襲してるし

あの状態で、このメールもらったら、ノックダウンだよ!

全然、恋愛から遠ざかってた干物女じゃないんだけど・・・


ここ何年か、冬に土を耕し、種をまき、春に花を咲かせ

秋に刈り取る“恋愛農耕民族”だったあたしは

“狩り(ハンティング)”の仕方忘れちゃったよ~ヽ(;∀ ;)ノ

ヤバイ、やばい、ヤバイ!

でもあたしがヤバイなら、

周囲の女友達はもっとヤバイ(下を見るな!)


そもそも「マコトくんの恋愛応援する!」by優華(国仲)

好きな男の恋を応援することのどこが

ステキ女子なんすか?嘘くさーーーい。

で、振られたときに

「あたしが、いつでも傍にいるよ」って掬い上げるの?

うへっーーー。勘弁勘弁。


雨上がり決死隊と日本在住外国人のバラエティでも

「好きな人が、あたしの親友を好きになり、その相談を

受けてます。あたしはどうしたらいいですか?」って質問。

はぁぁあ??(# ゚ Д ゚ #)ハァ?

訳わからんちんなんですけど。

友達は友達、好きな人は好きな人でしょ。

それで壊れるようなら、そこまでの友情だろうし。

そもそも女に恋の相談してくる男なんてナンボのもんじゃい!

あたしは、自分の嬉しかったことや、恋の話を

一番に、友達に聞いてもらいたいもん。

もちろん、嫌な事や悲しいことも。

だから、彼が好きになった人だろうが、

そのこと、まず友達に言うね。

そして彼にも告白するね。たとえ玉砕しても

あたしを踏み越えて、友達に向かって行けっ!

その覚悟を持って、彼女に恋しろっ!って。

だって、恋人になれないなら、

もう二度と会わない男でいい。嫌われたっていい。

すんません、あたしは恋愛相談出来ないな~。


「ずっと友達でいた彼を好きになってしまいました。

告白して、今の“友達関係”まで失うのはイヤです。

どうしたらいいでしょう?」


ひとりでオナってろ!!

(すみません、不適切な表現)

恋心抱いた時点で、“友達”じゃねぇだろ。

何も「感情のままに動けっ!」って言っている訳じゃない。

大切なものを手にするときは

何かを捨てる覚悟で臨まなきゃ。


蛍は、不器用ながらも、自分の心にまっすぐに

好きな人に向かって歩き始めてるから好き。

(蛇女のごとく、這いずってたけど)

男は「顔」だけどさ、、やっぱ女は「心意気」だよね~。


綾瀬と、館さんに女の可愛さ、学ばせてもらいますっ!!


忙しいからってわけでないけど

ちょっと“毒”吐きDAYってことで。

「毒・・・・・・私の切り札・・・」

ってマヤ(@ガラかめ)がオーディションで

パントマイムをした“毒”じゃありませんよ。

ってみなさん分からんか。

ましてや、♪こんな時代にポイズン♪

反町でもないーーっす。


まずは「不器用でばか正直すぎる私でごめん」

N瀬との別れをHPで綴ったH崎Aゆみさん。

全然不器用じゃないじゃーん。

新しいシングル発売に併せて発表するなヽ(`Д´)ノ

まったく興味のないあたしでさえ

『glitter/fated』って歌が出ること、耳に残っちゃったよ。

ゲイにも人気の彼女だけど 松田聖子と彼女を

どうして好きになれないか分かったっ!

あたし、「プロデュース能力」のある女って

ハナにつくんだ(≧▽≦) 

(ちょっと違うけど、RIKACOとか)

もちろん、話題になって芸能人としては成功だけど

そこまで私生活切り売りしていく根性がな~。

紀香嬢が主演ドラマ放映日前に

会見したりするのも、そこがイヤだったんだよ。

「歌うことしかできない」

「女優としては一流だけど、人間としては失格」

みたいな、「それ」でしか生きられない

ある意味不器用な“天才”が好き。

それこそ北島マヤですよ!姫川亜弓ですよ!

って、しつこい?!


で、毒・・・毒・・・

夏のドラマ、ダメだぁ 

オリジナル作品がんばって!とか

先週書いておいてなんですが

『ファースト・キス』第2回 リタイア。

大好きな俳優さんばかりで

あたしなんて伊藤英明くんのフォトブック持ってるわいっ!

井上真央ちゃんも、隣町出身だし(関係ない?)

同じ大学だし(もっと関係ないか)親近感あるし

松雪泰子なんて、「もし女だったらなりたい顔NO1よ!」

鼻いじってそうだけど・・・)

平岡祐太くんは「ココリコの遠藤+中居くん÷2」みたいだし

本当楽しみにしてたんだけど

あの合コンシーンでドン引き。

和樹(伊藤)の図々しさも、もう我慢できなかったし

他人の家でお構いなしに騒ぐメンバーも

「楽しいからいいじゃない!」ってノリが

まさにフジテレビ的だよね。

(映画『西遊記』興行収入1位取れなくて、ひと安心)

好きな人は好きなんだろうけど・・・

あのDJ OZMAも、ダメだぁ。

合コン、飲み会で、見知らぬ人に出会って楽しめる人は

すごいなぁと思うけど、

あたしは、知った仲の2,3人でコソコソ喋るほうが

好きだからさ、美緒(井上)と同じく

あんな状況は、苦痛でしかない。


そしてそして、兄妹で、ラブホテルに入った時点で

もう、ブチッ 電源消そうかと思ったもん。

兄妹問わず、姉弟でも、仲が良い人たちには

微笑ましい、それこそ涙ぐましいエピソードかもしんないけど

本当ごめんなさい。これはあたしの価値観の相違だ。

「妹のために、がんばる!」

「お兄ちゃんだけが頼り!」って世界が

脳内、心の中、どこの扉を開けてもナイあたしの

個人的見解です。一番期待してたけど

一番最初に脱落しやーーす。


だったら『花ざかりの君たちへ』

「いいのか?」って根本的な問題は・・・

あれは・・・月曜ドラマランドみたいなもんっすから「OK」

マンガ読んでないから、展開知らなかったんだけど

瑞希(堀北)が女だってこと、佐野(小栗くん)には

こんな早くにバレちゃうのね。

あとこのドラマで岩佐真悠子ちゃん好きになりました!

下着泥棒を探すための部屋チェック。

さすがに女性下着は出ないだろうけど

思春期の男の子の部屋には

いろんなもん、いくらでも出てくるだろうよ。


先日、実家で何をトチ狂ったか

たまってた雑誌を300冊くらい捨てました。

OLIVE POPEYE ananのマガジンハウス系から

反町や大沢たかおがモデルのメンノン

米倉涼子が水着でグラビア飾ってり

オークションにかけたら値打ちあるのかもしんないけど

バッサバッサ捨てちゃいました。

(明星や平凡は捨ててませんよ~)

そんなかに、TarzanやJUNONとかに載ってる

男性芸能人裸のページ。

ゲイビデオも買えない(っていうか今ほど無かった)

10代のころ、こんなささやかな物を

オカズにヌイてたんかなぁ

淡く青く、そして苦い思い出が甦りましたよ。

昔は、安く済んでたな~(*゚ー゚)ゞ


まぁ テレビドラマも同じかな。

年を取って、ハードル高く観ちゃってんのかな?

いや、そんなことないっ!!

ただ、相方の話にのっかっちゃって

とうとう観始めちゃったんだよ。

『プリズン・ブレイク 2』

イヤーー面白いっ((o≧∀≦))

かっこいいーー!マイケル(qq≧w≦)

やめられない!止まらない!

TSUTAYAに続きが観たくて観たくて

走ってるもん。

なので・・・連ドラ、リタイア続出か?!

一番楽しみに観てるのって

実は、一番期待してなかった

『パパとムスメの7日間』だったりするのよね・・・。


「茶化す」のって大好き。

前にも書いたけど、ホラー映画を茶化した『最終絶叫計画』とか。

この前観た『最“愛”絶叫計画~DATE MOVIE~』なんて

ハリウッドの恋愛映画をパロってんだけど

笑いの質は低いし、つまんないし下品で最低最悪なんだけど

好きなんだよね~。(*゚ー゚)ゞ


「茶化す」のって、周囲を笑わせなきゃいけないから難しい。

そこで「そんなのヒドイ゛(`ヘ´#)」ってマジになる人が

出たら、そこで「茶化し」は負けですからね。


「美男美女が異形のモンスターを倒して、めでたしめでたし」の

ディズニー的ハッピーエンドをバカにして

真っ向から勝負をかけたのが

『シュレック』 アカデミー賞まで取っちゃったもんね。

ディズニーを喧嘩別れして辞めたジェフリー・カッエンバーグが

作ったことには、男の執念深さを感じて怖いけど

もちろんあたしも好きでした。

ただ、「3」・・・うーーん、『シュレック3』

茶化しになってない・・・うーーん・・・正義の味方の

主人公「シュレック&フィオナ」は最後までイイ人

顔はいいけど、心が醜いチャーミング王子は“悪者”って

顔の良さ悪さが逆転しただけで、ディズニーの構図に

いわゆるハリウッドのご都合主義になっちゃってるよん。

(もちろんディズニーでは待ってるだけのお姫さまたちが

自分の力で戦うのは、面白かったけど。特に白雪姫)


そんだったら、あたしは「美男美女の主人公」を観たほうがイイ!

正直シュレックを映画館の大画面で観たくないもん。


これを言っちゃお終いだけど

そもそも「心」を重要視しませんから、あたしは。

そりゃぁ心がキレイなことには、こしたないよ。

でも、そういう人って(あたしは)一緒にいてつまんないもん。

よくさ「キレイで性格の悪い人とブスで心優しい人ってどっちがいい?」

とか、あるじゃん。どうぞ、みなさんは後者をお選びください。

あたしは断然「キレイで性格の悪い人

その前に、ブスはコンプレックスで多少心歪んでると思うし

不細工な男が、ルックスを誤魔化そうと

権力や金で、なんとかしようとシャカリキになるのが見苦しい。

たとえ、心優しいとしても

「ブスが、毎朝、机に花とか飾ってたらどうする?!

うざくない?」と悪友クーシュカさんは言っております(責任転嫁)


「美人は3日で飽きる」

まーーったく飽きません。8年間一度も飽きないのを

あたし、自分で証明してるもん。

むしろケンカしたとき、好きな顔の人だったら許せるけど、

不細工には「なんでお前に言われなきゃならんのじゃ」と

即効でイヤになる、光陰のごとし。


これは、あくまでもあたしの趣味、

ええ、個人的見解ですからね。

だって、「鏡よ鏡・・・」って聞かなくても

あたし、自分自身が不細工なんだもーん。百も承知さ。

しかも心、真っ黒です。

「あたしの、本当の心を見てっ!」なんて言う価値なし。

ええ、国勢調査で、心の汚れ具合調べられたら

まさに格差社会、心の低下層に入りますよ。

ルックスも心も、勝負できない。

そんなの自分が一番分かってるもん。

だから小細工も計算もするし

好きな人のためにはなんだってやるさ。


もっと言っちゃえば、そのために働いてるさ。

お金を稼ぐさ。彼に注ぐさ。

もちろん貢ぐまでいってないし、ヒモでもなんでもないけど

お金で解決できるなら、ええ財布開きますとも。

「お金のつながりなんて汚なーい」

「あたしのお金だけが目的なの?キィーー」と言うほど

他人様に自慢できる、外見も精神も持ってないもんっ!!

だから自分が持っている精一杯のもの、金出すさ。

汚い顔と汚い心なら、お金の方がよっぽどキレイ。

まぁ、ちょっと自己弁護させてもらえるなら

彼が喜ぶ顔が見たくて、旅行のお土産もプレゼントも

買っちゃうんだけどさ。

これだけは言えるもん。

彼に、今まで一番多く誕生日プレゼント渡してるのは

あたしだぁーーーい。

「金の切れ目が、縁の切れ目」なら、

一生切らさないわいっヽ(`Д´)ノ

はぁーーはぁっーヾ(#`Д´ )ノはぁっーーー

あら、やだ

あたし、なに興奮してんだろっ。てへへへへ(*゚ー゚)ゞ


いや、羽賀研二のことで、アンナが

「あたしたちは喰いものにされた」とか言ってたけど

それは違うよ。あたしはね。

好きだから出してたんでしょ。出せてたんでしょ。


ヤダやだ、どんどん話が逸れていってしまってる。

シュレックのテーマは

本来の自分のまんま、そのまんまの自分を愛し

誇りを持って生きていけっ!ってなとこ?

あたし間違ってる?行間読めないオカマ?(≧▽≦)

だから、あたしは「“顔”重視」な自分を貫きますとも!!

あたしのブログを読んでるくらいだから

みなさんの心も多少は、黒いでしょ?(へっ?一緒にすんな?)

でもそんなあなたが大好き(会った事もないけど)

自分の「負」のパワーを活かしていきましょう!

エイ!エイ!d(d∀゚)(゚∀b)b オッーーーヾ(≧∀≦*)ノ

なんのこっちゃ。


ハッL(゚∀゚L) 相方さん、性格も悪くはないですから

・・・一応フォロー。

太陽の光きらめく海や、

爽やかな風が吹き抜ける高原より

やっぱりネオンぎらつく新宿歌舞伎町が好き!

2丁目が好き!

ミラーボールが回る地下のCLUBが好きっ


行って来ましたM☆night

「M」がつくアーティスト、中島Mみゆき M松田聖子

ドリカム(吉田M美和&中村M正人)らをリスペクトして

集まるPARTYなんだけど(公式HPはここ

今回は、M松任谷由実!!!

「SURF & SNOW in 二丁目マリーナ」


23時、2時からのショーを

クーシュカ、アンジーらと観たんだけど

DQバビ江ノビッチさんの逗子マリの衣装まんまの

『September Blue Moon』

DQのミッツ・マングローブさんの『DESTINY』

このM☆nightのスターDQのアルピーナちゃんの

『埠頭を渡る風』には、本物のライブのように

興奮のあまり雄叫びあげましたよ。

YOU TUBEにUPされてたので、観られるうちに(ここ

そっからアルピーナちゃんらの動画探せるので

ぜひ観てね。

(フロアが一体となった臨場感分かりづらいですが)

彼女たちは、ユーミンの歌に合わせて

口パクで、演じるんだけど

あんたたち何百回DVD観てるのよっ!ってくらい

表情や、手の動きや、そして「魂」まで

乗り移ったごとく。

特にアルピーナちゃんは、喋る声がユーミンにそっくりで

山田康夫さん亡き後のルパンを栗貫がやってるように

ユーミンお隠れ後(失礼)のフィルムコンサートを

ぜひアルピーナちゃんでやって欲しいくらい。

いや、代々木体育館くらいは満席に出来るくらいの

パフォーマンスなのよ。


しかも何億とかかったユーミンのステージを

新宿2丁目のクラブで再現するわけですよ。

そのチープさもいい味出してるんだけど

スタッフや照明の方のアイデア力に拍手!

たくさん出演していたドラァグクィーンのみなさんも

「昼間は会社で普通に働き、

 夜なべしながら、衣装を作っていたのかなぁ。

 百円ショップで買ったビーズを縫い付けたりしてたのかなぁ」

なんて 思ったら、このまやかしの街が

夜にしか生きられないこのゲイの通りが

涙でぼやけて(笑い泣き?!)、

何億円ものステージライトに匹敵するくらい

輝いて見えましたよ。


それにしても、人が多いっ!

バブル再来か!ってくらい2丁目も歌舞伎町も人があふれ

道端では、つぶれた若者やサラリーマンが寝転がってたよ。


クーシュカに渋谷までタクシー同乗させてもらったんだけど

その後、何だか心が浮き足立って、家まで歩いて帰ってしまった。

「台風が近づくとなんかワクワクするの」

ユーミンのお決まりのセリフも、アルピーナちゃん再現してましたが。

深夜3時、恵比寿あたりでは、まだまだお店に人があふれ

明治通りも、人が行き交い

東京の夜って、眠らないよね~。

いや、大概の人が眠っている夜更けに

さまようのが好きっ!о(ж>▽<)y ☆

朝が来て、太陽がすべてを日の目にさらすけど

夜にしか見つけられないもの、

秘密の宝物を探すように、

人工の光の中うごめいている人たちが愛おしい。


ただ伊勢丹の周りをぐるっと大量の人たち。

なんでも有名なブランドのエコバッグを買うために

前の晩から並んでいるらしいんだけど

それは、その人にとって本当の宝物なのかな~?

ちょっと疑問。


てなことを書いて、誤魔化そうとしましたが

翌日1時の友人とのランチの約束

ええ、1時過ぎの電話で目が覚めましたよ。

許してね、てへ(*゚ー゚)ゞ

あたしは常々

「自分がゲイで良かった。これを武器にしよう」って

イケイケどんどんの気持ちと

「自分がオカマで損してる。武装しなきゃ」

弱くて挫けそうな気持ちが相反してます。


でも、これって女性は、もっともっとあるんだろうな。

ゲイって、ほら似たような境遇になるけど(笑)

女の人って、未婚既婚、子供がいるかいないかによって

プラスなことも、世間の目や状況に応じて

あるときは自分の心を突き刺す刃になるんだもんね。


『肩ごしの恋人』 第2回。

原作の小説を読んでたときは「あたし、るりこ演りたい!

彼女なら演じられる!!ブツブツブツ」

北島マヤと化してたけど

肩で風を切るように、溌剌と歩く米倉嬢を見ると

「違う!違う!萌はもっと、迷い子なのよ

うぁーーん 面倒くさいっ!あたしが演じるわいっ!」

と月影千草のごとくダメ出したい。


あっ 基本は「るりこ」ですけどね。

「一人で生きていける女ばっかりになったら

“男”の価値が無くなる。

“男”は“女”に頼られてこそ、強くなるのよ」

ハイ この意見に一票。


「男にチヤホヤされたことのない女は

人生の90%を失くしたようなもんよ。

同性に人気があって、男にモテない女が

この世でいちばん不幸」

・・・ここで、賛同の挙手をすると

周囲の女性陣に袋叩きに遭いそうなんだけど・・・

あたしね、あたしの個人としては

女友達なんて要らないから、女に好かれるなら

好きな男に愛されたい・・・チヤホヤされたい・・・

・・・はい、チヤホヤされてません・・・

理想と現実が一致しない、

そんなあたしが世の中でいちばん不幸なんじゃ・・・


しかも「我慢強い女は、みーんな貧乏くさい顔してるもんっ!」


あたしのこと「我慢強い」と思っている人もいるし

「自分勝手」と罵倒する人もいる。

そう、千の仮面を持ってるんです。


ただ昔、脚本家の北川悦吏子さんが

「世の中には、真夜中に突然電話をかける人と

真夜中に突然電話がかかり、他人の話を聞かされる人と

真夜中に電話もしないしかかってこない人種に分かれる」って

述べてたけど、納得。

あたし、いつでもどこでも「聞いて!聞いて!」と

友達に電話するけど、誰かから電話かかってきたら

「あぁ~ん?!今寝てた、ガチャン」と速攻で電話切るさ。

こういう勝手な人格形成って、

何が一番影響するんだろうね?(他人事)


むきゃぁ。ごめんなさいよ。

今日は仕事でバタバタしていて、2~3行書いては保存して・・・

一日がかりで、隙間産業で書いているので

文章とりとめもないっす。


本日深夜から、女友達クーシュカと飲みに行くんだけど

そのメールのやり取り。

あたし「今日、大丈夫そう?」

クーシュカ「あたしは、この前飲んだSくんと、その知り合いと

       22時に待ち合わせしてるからさ」

あたし「へっ?誰か来るの?その知人って男?」

クーシュカ「多分」

あたし「あんた知らない人と待ち合わせしてんの??!!

     かっこ良ければいいなぁ」

クーシュカ「あんた細かく期待していくなぁ。見習おうっと」


少なくともクーシュカは人生の90%を失った女です。

↑このページのトップヘ