妄想特急999

ブレーキ壊れた妄想特急ε=ε=ε= ヾ(*~▽~)ノ止まるときは何かにぶつかる時。MOVIE!BOOK!COMIC!TRAVEL!「欲望」という名の列車に乗って日々加速中!まずは http://mousouexpress.blog.jp/archives/6265440.html を読んでもらえれば。

2007年11月

『ガリレオ』第5回「絞殺る」は、原作と変えて

ペンション経営の“夫婦”の設定にしてきましたね。

そういうとこにも“愛”とか“感動”を

無理やり捻じ込もうとする姿勢が見てとれて・・・(゚ー゚;

謎が解き明かされていくのは、面白かったけど

映像で見ちゃうと、あの装置は無理があるっていうか

そこまでして、死ななくても・・・

お客様ノートが何年も前だったり、スケジュールが真っ白だったり

それなりに伏線は張っていたけど

あんまり悲壮感が漂ってなかったせいかなぁ。


しかも下手したら妻(水野美紀)に容疑かけられるんじゃ。

っていうか、ホテルの人間誰か見てるじゃろ?

あと、ついでにムスメ役の大後寿々花ちゃん・・・

上手いんだろうけど、「あたしって上手いでしょっ!」って演技が

はなについて(笑)。


『働きマン』第6回は・・・

まぁ あそこまでじゃないけどさ

風邪を引いても、休まない、絶対休まない!

(夏休みや、GW以外で休んだことありませんもん)

「明日は、後悔しないよう、今日を生きていきたい」

とか、そういうのは分かる・・・けど、周囲からしたら

ウザいのかなぁ~なんて、反省しましたよ。ε=(・´дノ|┴┬

(ただ、あたしの場合は、仕事で大したこと

残してませんが。(*゚ー゚)ゞ)


今日発売の週刊誌に安野モヨコさんと

週刊誌女性記者の対談が載っていたけど

他のテレビ局からのドラマ化オファーでは、

「編集部全員を恋愛関係の設定にしたい」

と、来たらしい・・・・・・そりゃぁ断るよな。

どこよ、そんなテレビ局 フジか。


まぁ事務所の力か?(菅野、沢村も所属の研音)

もこみち演ずる田中が、好感度高いんすけど・・・。

まさか、恋愛にハッテンしないよね?!

ない!ない!ない!職場恋愛なんて!

あたしがしたいよぉーーーヽ(;∀ ;)ノ!!


そして、今日も、またして今夜もこれから

そんな働きマンだらけの、女ばかりの飲み会じゃぁ!!

女だらけに黒一点のあたし・・・ァノヽ。+゚(゚ノ∀`゚)゚+。ノヽノヽ

全然嬉しくねぇっーーー

殿方、誰か誘ってくらさい。m(u_u)m

会社に来たくねぇよぉーーー(#)Д`;;)


普段の行いが悪いせいか

ただ単にヒステリックに

「仕事に慣れない新人」に難癖つけてるだけに

思われてますが、書いていい?

いや、書きますよ、あたしのブログだもーーん(開き直り)

「しゃべり」だとついつい感情的になっちゃうしさ・・・。


ここ、一番誤解されやすいんだけど、

あたしは別に「新人いびり」の鬼じゃない。

「仕事の要領が悪い、失敗する」ことに関しては

その人の技量や、相性があると思うから

大目に見ます。手伝えることがあればやります(上から目線)

それに、仕事量半端なく多いのを

一所懸命やってるのは、認めます(さらに、上から目線)

ただね、ただね、例の彼女は「スミマセンスミマセン」の後に

ぜっーーーーったい、絶対、絶対

「○○さんの間違えです」とか「○○さんが言ったから」って

言い訳すんだよね。確かにそうかもしれないけどさぁ

相手にしたら、誰が間違えたか関係ないし

そもそも、スミマセンを繰り返しても

「あたしも○○さんの失敗に巻き込まれた被害者なんです」って

思いが充満している彼女本人は

本当に自省しないから、全然成長しないっていうか

何を言っても変わらないの。

あたしが、問題視してるのは、「そこ」なんだよね!

そこ!そこなの!

だから「まだ慣れてないから」って言う人もいるけど

彼女は、性根がそうだから、月日の問題じゃないと思うなぁ。


昨日、相手のミスと誰もが分かる事件が起きたんだけど

(確かに、相手が、社会人としてヒドすぎるんだけど)

そしたら、もう大変!

「わたし、あの人とは仕事ができません!

マリリンさん、後はやってください!」って。

で、あたしがその相手Aさんと、やりとりしている横で

彼女は・・・Aさんの上司に、胸に手を当てて、目をうるうるさせて

Aさんの悪行を訴えてましたよ。Aさんいるのに・・・強い

っていうか、代わりに事を穏便に済まそうとしているあたしの立場は?!

で、それでも気が収まらない彼女は

Aさんの同僚にもメールで報告。

もっちろん、その後、あたしはその人から呼び出され

「マリリン~、彼女も可哀想だとは思うけど

あたしたちに愚痴こぼされても仕方ないんだけどぉ」と。

「ごめんなさい」。またもや、どうでもいいことに頭下げましたや。


夜になっても、机にうッ伏している彼女に

「あとは、あなたの仕事やっといてあげるから

今日は帰れば?」って言ったら

(だって、ほかの仕事放置しっぱなしだし

あたしがやるから、邪魔なんだよっーー)

「ハイ、じゃあお願いします、後やることがあるんで」

先述のAさんの上司の、そのまた上司の部長に

Aさん糾弾のメールを書き始めましたよ。

それも1時間以上かけて・・・

(もちろんその分、残業代は出ますよ、うちの会社は)

まぁ 仕事の合間に彼女への愚痴をブログに更新している

あたしが、一番給料泥棒なんですけど・・・(*゚ー゚)ゞ


と、自分のことは棚に上げておいて、


怖えぇっーーーその“執念”

あと、あたしが、その横で、あんたの!あんたの!仕事を

バタバタやってるのになんとも思わない“鈍感さ”が!!!


いえ、正直、こんなこと書いた後は

凹みますよ。自己嫌悪地獄っすよ。

あたし側からの一方的な意見で

彼女の言い分もたくさんあるだろうし

実際、働いては、いるんだよ(ちょっとズレてるけど)


世の中には、もっと過酷な職場や

大変な状況ってあると思うし

やっぱり、あたしの悪意ある愚痴なのかもしんない。


ここ最近、書いては消し、書いては消し

ドラマや映画の感想で誤魔化してやした。

(この記事も、本当は昨日書いたの)


でも、このもやもやを誰かに同意してもらいたくて

(この前はコメントありがとうございました)

つい書き殴ってしまいました。(姑息なあたし)

仕事うんぬんの前に、そんな彼女の実態に気づかない

男性陣にも、ムキッーーって嫉妬(?)したり

(今まで、ちょっと見くびってた。

「男」って、分かってるようで、「女」を

ちぃーーーとも分かってない!ってことを

あたしは、こんな年になって気づいたさ)


あたしが一番“悪魔のようなおかま”なんすけどね。


どうしよう。青空が広がってるうちはいいんだけど

夜になると、明日会社行きたくなぁーーーいと

地団駄踏んでおります。

あたしが、こんなもう歪んだ思いしか

持ってなかったら、彼女もやりにくいだろうしさ。

(もちろん、“女優”なんで、極力演じてますが)


この記事も・・・いいのか、公開して?

まぁ 自分のドス黒い部分の刻印を残すってことで。


いつか、「こんなこと思ってたのか?!」

笑えるよう、今日の自分を恥じるよう

彼女とも仲良く働いていきたいなぁ。

今流行りのプチうつ状態。

なぁーーんてこと書いたら、本当に“病”と

闘っている人に失礼っすね。


昨日も今日も、そして毎日、

ブログ記事は一気に書き上げてるんだけど

例の新人同僚ネタで・・・(*゚ー゚)ゞ

もう書いている時は、一種のヒステリー状態

熱に浮かされたように

(怒りの炎に包まれ)ダーぁッーーと

すごいスピードで書き上げてるんだけど

いざ「公開」しようと思うと

どよぉーーーん_| ̄|○ 自己嫌悪。

彼女も一所懸命仕事してるしなぁーーと。


彼女の魔性(?)に囚われて欲しくない男性には

「近づかないで!━━||Φ|(|゚|∀|゚|)|Φ||━━」って

念を押してるあたしも相当なタマなんですが。


女って面倒くさーーい(乂∀・)┌┛)`д) ;∴!!

男に囲まれて生きたいっ!!

あたしひとり、“紅一点”でいいっ☆.。.:*(≧▽≦).。.:*☆!


なぁーーんてときは『テルマ&ルイーズ』

大好きな大好きな“女性”映画です。


あのときのブラッド・ピットの美しさといったら。

いや、あんな男になら騙されていいっす。

なんなら、お金払いますが。


思い出作りのハズの小旅行が一転して

殺人、強盗の逃避行へ。

追い詰められていくほど、

輝きだす専業主婦のテルマ(ジーナ・ディヴィス)がステキ。


あたしもさ、最近、男の手を握って

「ど、ぅ、も・・・あっ・・・り・・が・・・と・・ぅ」ガクッ

の『ビューティフルライフ』的な別れより

この映画のように、女友達と悪さして

アクセル踏み込む最期の方が、想像し易いんだよね・・・

ヤバイ、やばい。


今まで、“男社会”での生きにくさに辟易したときに

観て爽快感味わう映画かと思ってたけど

もう一度“女”を信じたいときに、

“女(おかま)”に生まれて良かったと思いたいときにも

イイ映画かも。

倖田來未の胸元って“需要”まだあんのかな~?


セクシーの“需要”と“供給”問題と言ったら

何年か前の、結婚直前の田村亮子さん

「独身最後のセクシーショット」グラビアでしょうが。


と、そんなことを不覚にも、思い出してしまったのは

『ブレイブ ワン』

愛する婚約者を喪失した悲しみを表現するために

主役ジョディ・フォスターのベッド・シーンと

ヌード(本人?)は必要だったのでしょうか?

そもそもジョディの恋人に、サイード(『LOST』)は役不足。

せめて、そこに佐良直美を持ってきて欲しかった。

(って、古いネタですんません。でもサイードよりは

ジョディの役に真実味持たせたハズ)


「許せますか、彼女の“選択”」


この映画のキャッチ・コピー。

いや、この彼女の“選択”は、ひとりの女性として

許せるけど、この映画の男たちの“選択”に、

“結末”に許せないんすけど( 」`Д´)」

ネタバレになるので、映画のSTORYの感想はこの辺で。


いやーーージョディ・フォスターはスゴイっすよ。

彼女を“女優”と定義づけるなら

いまの日本の女優と呼ばれる人で、

どこの誰が“女優”なんじゃい?!って

根本的な問題にぶち当たるくらい、すごい。


ただの“人殺し”か。“ブラック・エンジェルズ”か。


どっかのマッチョな男優がやったら

銃撃バンバンのどうしようもない作品になってたところを

彼女の発砲ひとつひとつに“意味を、意義を持たせちゃう”

もう仕様がねぇよ、ジョディ姐さん ガンガン撃っちゃって下さい

って、思わせちゃうのよ。

そして彼女が本当に、本当にスゴイとこは

もしかしたら脚本家は「“正義の制裁”は、いたしかたない」って

書いたのかもしれない。その通りに話は進んでるのに

ニール・ジョーダン監督の演出から

彼女の演技から、浮かび上がってくるのは

「そんなの正義じゃない、どんなに大衆が支持しようと

主人公の行動は間違ってる。

もう幸せなあの日には戻れない」って<哀しみ>。

ナルシストの“俳優”なら、自分が演じるキャラクターを

誰が見ても、“清く正しく美しく”見せたいでしょうに。

一瞬“獣”にも見えた、このエリカって役を

ジョディは“生きてる”んだよね~。


もう途中から、元婚約者の存在忘れてました。

ジョディの横に、男がいたことなんて、どうでもいいこと。

ついでに「犬」が好きにも見えない。

彼女は「ネコ」好きよ、絶対( ´艸`)

だって、彼女の雄姿、レズのタチ役以外の何者でもないもの。

あたしが、男優に身悶えるように

女性が好きな人には、たまらんだろうなぁ。

中○美○氏は、あの映画で2,3回はオー○ズ○達したハズ。


それだけに、ラストは・・・ラストは解せない。

映画自体は、そんなこんなで「許せない」んだけど

ジョディ・フォスターの演技は見応えあり。


先日、映画業界に貢献してるってことで

表彰されたデンゼル・ワシントン。

そんな彼を、讃えに現れた、ジョディ・フォスターと

ジュリア・ロバーツ。

このン十年、トップ女優として、
ハリウッドに君臨してきたふたりだけど

スクリーンでは、絶対共演しない組み合わせだろうなぁ。





やっぱ身近な人の悪口は書いちゃいけんな?と

自己嫌悪に陥ったり、

でも前回のは、“笑える”ネタを抜粋したつもりで

本当は平手打ちしてやろうか@陽暉楼

と、思った瞬間もあったのじゃ。

ひぃーーー(@Д@;あたしってば怖い。


でもブログって好感度狙いたいじゃない?(≧▽≦)

あたしだって、そんな誹謗だらけのブログ読みたくないし

そもそも休みの日まで、悶々としたくないし

そんなこんなで『働きマン』先週のマユの回は

身に覚えがありすぎて、コメントできなかったんだけど

今回の、張り班の菅原さんの話。

「原作ヲタは引っ込んでろいっ!」って嫌がられそうだけど

あんな中途半端な写真で、松方弘子は

「あたしがスクープ取った!」なんて小躍りしないもん。

むしろ、自分からボツにするもん!

そこが「原作ヲタ」としては、引っ掛かりやした。


そして、とうとう次週は・・・

あたし新二とは別れて欲しくないんだよね~。

そりゃぁ 時間が全然合わないよ。

「ごめん。夕方からにしてくれない?」と

土曜日の待ち合わせメールがくると

「やった!これで、もう少し眠れる」と、まず思っちゃう。

会っても、いつのまにか仕事の話や愚痴ばっかで

お互いの職場の人のこと、知り尽くしてるよ。

って言うか・・・仕事の話しか「無い」・・・

って言うか・・・これ、誰の話じゃぁーーー?!

あたしじゃぁ。


やべぇ やべぇ。別れたかないよん。

だから、あたしは観ましたよ。

『バイオハザードⅢ』

もっと観るべき映画はあるだろうに・・・

だって相方が観たいって言うんだもん。

(そして鑑賞後の第一声が「しょうもねぇ~」だよ。ムカっ。)

まぁ これも3部作一緒に観られたってことで・・・(*゚ー゚)ゞ

ただのゲームなんだもん。

目の前に迫りくる化け物をバシッ!ザクッ!ゲボッ!

(擬音で全部説明出来ちゃう)

主人公アリスが超人化しすぎちゃって、もう何でもあり。

あとは、ホラーのお約束で

どのタイミングでほかの出演者がひとり、またひとりと

ぐっちゃぐちゃになって死んでいくか。だけ。

最近ゾンビもの多くない?

昔、アメリカ政府がUFOを捕獲したときに

「世界中の人にUFOを慣れさせるために

宇宙人襲撃ものの映画をハリウッドに大量生産させた」って

都市伝説があったけど、じゃあ ゾンビどっかに現る?!


まぁ 『24』の見過ぎで、あたしはテロリストに慣れましたが(゚ー゚;

そのせいか『SP』ユル過ぎ。

テロへの対策が遅れてる日本の警察を揶揄してるけど

襲う側のテロリストもユル過ぎて、緊張感ゼロ。

あの病院を襲撃して、元首相の居場所を聞き出した瞬間に

(もしくは、ほかの人間から聞き出すための見せしめで)

婦長(深浦さん)、速攻でパァーーン 脳に一発でしょ。

手術室前で、真木よう子 パァーン 殉職でしょ。

テロリストがなに、ヌルいことやってんのよっ!

しかもテロ実行犯のリーダーは北村有起哉さん。

「あぁ 携帯落として水野美紀の画像流出!」

ユル過ぎ男!!と思ってしまったよ。


まぁ もっとユルい『ジョシデカ!』って警察ドラマもありますが。

なんだかんだと犯人誰か気になってます。えへへへ。

↑このページのトップヘ