妄想特急999

ブレーキ壊れた妄想特急ε=ε=ε= ヾ(*~▽~)ノ止まるときは何かにぶつかる時。MOVIE!BOOK!COMIC!TRAVEL!「欲望」という名の列車に乗って日々加速中!まずは http://mousouexpress.blog.jp/archives/6265440.html を読んでもらえれば。

2007年11月

「どう?もう仕事慣れた?」って男の人の問いかけに


新人ちゃん(でも3ヶ月)「さっきも、現場の○○さん(女)に、

      なにやってんの(`Δ´)?!と叱られちゃいました・・・(。´pωq)」


バカな「ええっ(# ゚Д゚)?そんなこと言われてんの?マリ~リン、

      苛められてるみたいだよ。直属の上司として

      抗議したほうがいいんじゃない?」


新人「いいんです。いいんです。私が仕事遅いから・・・(P'ω`。q)

   それできっと怒られたんです。わたしがダメなんですぅ・・・」


ムカっ!ヾ(#`Д´ )ノ


あたし「そうね、あなたにも責任あるんだと思うよ」


相変わらずバカな男「怖えっ~、マリリン」


新人「スミマセンスミマセン」


「ほら、こんなに萎縮しちゃったじゃん」

バタバタバタバタ走っていく新人(でも3ヵ月)。

やっぱりバカな男「あーぁ 泣いちゃったんじゃない?」


こーーんな漫画みたいな会話を

今日も無意味にしております。あぁ 無駄。

前説長くなりました マリリンです。


この間の会話


あたしの声が こんくらいだとすると

彼女の声は こんくらい 

そして、うつむき気味に、いっつも髪で顔を隠し

(デカイ顔を小さく見せるコツ?)

えっ?三( ゚Д゚)泣いてるの?みたいな感じで。

それでも、自分の言いたいことはハッキリ言ってるもの。

もうまやかしよ、まやかし!

男って、どーーーしてこんなんに騙されてるの?


この前も、別の部署の女性に呼び出され

「あなたんとこの新人、失敗すると

 スミマセンスミマセンって

 頭下げ続けでさ

 こっちがなんかヒドイことしてるみたいになるの。

 そっちの間違えなのに。

 あれって、あの子の“手”?」


「ごめんなさい」って、なんであたしが謝ってるんだ?


さっきも、仕事の書類を「○○さんに“渡した”って

言われたけど、あたしは覚えがないんですぅ。

役立たずみたいなこと、言われました」


ってわざわざ男性陣に言いに来るんだよねぇ~。

絶対○○さんは「役立たず」なんて言ってないと思うけど。


そしたら、それを聞いてた男性陣

あたしの方を向いて

「マリリンが隠したんじゃないのぉ?」


ハァ?ハァ?はぁーーーー(屮゚Д゚)屮??!!


イラつくぅーーーーー!!!


で、結局○○さんが渡し忘れてたんだけど(もぉ!迷惑!)

そこで「ほっ。」ですよ。

胸に手を当てて「ほっ。」って声に出して言うんですよ。

その瞬間、男性陣

「良かったねぇ~、こっちまで心配しちゃったよぉ」


いいですか?一言言って。

「ばーーーかっ!」


でも彼女みたいなタイプが

「女同士って怖いから、苦手なんです」とか言うんだよね。

そして、こんな風に彼女の悪口書いてるあたしが

一番の悪者になるんだよ。

あぁ いいですよ。悪くて。本当に悪いけど。

ただ、会社に来るのがストレス。

女性にこんなストレス感じたの、はじめてだよん。


追記:今しがた、お姉ちゃんがいて

女にもモテて、女友達もたくさんいる職場の男性が

「彼女って、見ててイラつくんだけど」って

言ってきたよん。やっぱ女慣れしてる人は分かってる!

あっ!でも職場の人に直属の後輩が嫌われちゃ、

まずいんじゃないか?いかんいかん。

あたし、仕事の「先輩」としてより

「女」の部分出してるじゃん。ダメだなぁ。

そんなこんなを感じるのもストレス。アレ?



昨日更新したブログ見た人いますか?

1時間ほどで消したので、読んだ人は貴重デスよ。


いや、思い余って、新しい同僚への文句を

書き殴ってしまったんだけど・・・ネットって怖いね。

愚痴や悪口は、散々言い慣れてるあたしだけど

ブログ上で<文字>にしたのを見たら

自分のドス黒い“念”みたいなのが、

刻印されてるようで、怖くなったよ。

自分のダークサイドに乗っ取られそうで@STAR WARS

速効で消しました。

でも、当の本人は、周囲が「自分のせいでイライラし

そのことで自己嫌悪に陥ってる」ことなんて、

露とも気づかんだろうな。

ひっさびさに出会ったよ。

ここまで 「男」「女」評価が真っ二つに分かれる人。

職場で、女を逆なでするのは「いい子なんだけど、デキナイ奴」

反して、男は「仕事が出来なくても、いい子、一所懸命に見える子」

好きなんだよね~。

って、あたし軽く悪口ジャブ噛ましてるね。ハイ終了~。


今のあたしを「等くん」が接触したら、どんな絵を描くのだろう。

その絵の中に出てくる人の顔は、灰色かな?

見た人に悲しい想いを抱かせる絵かな?


「等くん」って?ええフィクションの住人ですよ(*゚ー゚)ゞ

事故で死んだ12歳の息子(「等くん」)が、

実は予知超能力者だったかもしれない・・・

『模倣犯』で活躍したフリーライター前畑滋子のもとに

舞い込んだ奇妙な調査依頼。

そこから、16年前に、両親に殺された少女へと話は繋がり・・・


宮部みゆきさんの著書『楽園』

もう一気読みですよ。特に事件の謎が解明されていく下巻は

徹夜で読みふけりましたよ。

ただでさえ仕事で忙しかった秋なのに

こんなことしてるから、鼻血が止まらなくなったりするんだよね~。


宮部さんの作品を「バラバラになったピースが

次々とはまっていき、一枚のパズルが完成する」

表現する人は多いけど

そのキレイにまとまっていく感じが

あたしが惹かれない理由であったんだよね。

(その割に、時代小説以外読んで、楽しんでるけど)

どんな理由であれ、罪を犯す人は破綻しているわけで

そのどうしようもない壊れっぷりや、感情のうねりが

描かれる点で、女流ミステリーは桐野夏生さんの方が好きだし

宮部さんの作品では『火車』『理由』が大好き。


前作『模倣犯』にも、そんな思い入れがなかったせいか

けど最初の犯人が、○○しちゃうまでの第一部は好き・・・っていうか

「女」って性別に生まれてきただけで、

殺されちゃう理不尽さが怖くて、怖くて、

帰りの夜道もビクビクしたけど(襲われないって?)。

で、思い入れがすごーーく強いわけでないので

(もっちろん 面白くて徹夜一気読みしたけど)


この『楽園』も、面白かったぁ~。

ページをめくっていく楽しみっていうか

決して正解のない解決に向かって

本当は、謎を解いちゃいけないんじゃないか、

そんな終末に向かっていく、

「止めたい、でも止められない」読書の楽しみが堪能できやした。

まぁ読みやすいって言っちゃ、読み易い文体なんだけど。


ネタバレはしません。

今回は『模倣犯』ほど、カタルシスのある事件じゃないけど

(人の生き死にに、不適切な表現だけど)

今って、テレビのニュースをつけたら

ごく普通の(に見える)家庭で、普通の(に見える)人によって

陰惨な事件が起きてるじゃない?

異常な事件は、どっか別の世界、

テレビの向こう側で起きてる、自分とは関係ないことじゃなく

今自分がいる日常生活のちょっとした先で起きてる怖さが

この小説から伝わってきたよ。

あぁ 今、この社会で、

“加害者”にはもちろん“被害者”にもなりたかねえ!


あと、超能力少年がキーワードってことに

「超常現象絡ませちゃ なんでもアリじゃん」って

意見もあるようですが・・・

あたしはそもそも超常現象信じまくりの人間なんで(笑)

そりゃあ、「前世が見える!」とか「地獄に落ちる」とかは

「デブに言われたくねえよっ!」って思うけど

人の「気」みたいなのは、感じるじゃないすか?

「あっ、この人、あたしのこと苦手なんだろうなぁ」とか

「この人、今、あたしにイラついてる?」とか

全部、マイナス方向なのが悲しいけど(@Д@;

公共の場でも、電車に乗ってても

「この人、怖い・・・近くにいるのやめよう」

乗車ドア変えたり、

エレベーターやめて階段にしたり

何ていうの?虫の知らせみたいなの。

こんな鈍感なあたしでさえ、感じるんだもん。

もっと繊細な人には生きて行くのが酷な世の中のよのぉ。


どうせなら、あたしに好感だったり、欲望を持ってくれてる人を

すぐ感知する能力が欲しいけどね。

能力以前に、そんな人いないか。


秋の夜長に、読書の秋に、どうぞ!の一冊。


まずは『ジョシデカ!』

犯人に繋がる証拠品PCを見つけた

仲間由紀恵の背後の鏡にうつるナイフ。

ひゃぁーーー∑(゚ロ゚屮)屮コッテコテ。

でも続きが楽しみ。

この先、麻生祐未さんも出るらしいし

怪しい人が満載(笑)

ただ、このドラマは初回のテイストを維持して欲しかった。

番組BBSの意見を参考に編集し直したみたいだけど

うーーーん うーーーん。


あてくし 毒吐いていいすか?

視聴者や広告のクライアントあってのテレビ。

制作陣のひとりよがりや、尖がり過ぎで

誰もついてこないのも困ったものだけど

最近のドラマって、いやテレビ番組全体って

標準偏差値っていうか、むしろ下の人に合わせすぎじゃない?

勧善懲悪なストーリー、

カテゴライズされたキャラ(亀田一家含む)

バラエティでは、出演者が発した言葉のテロップ。

そこまで、分かり易くしなくても・・・

もう少しハードル上げてもいいんじゃないかな?


それと、世の中の流れが速い今は

「ドラマは一話完結の方が望ましい」って言われるけど

それもなぁ(;´Д゚lll)

連ドラの意味っていうか、醍醐味ないじゃん。

確かに、「先週見なくても、今週はOK」ってなるけど

そんな切り刻みじゃ、ドラマのキャラクターに

感情移入出来にくくない?

(だって逆に、段々と『歌姫』のメンツにも愛着湧いてきたもん)


あたしは、そんな“一話完結”のせいで

来週から、観るのどうしようかな~って

一気に下降したのが、『ガリレオ』

初回は、あれは唐沢の力だったのかな~(笑)


原作では“変わり者”の湯川先生。

ドラマだと、頭もいいし、

事件も突然チョークで書き殴りだして解決。

(偶然重なりすぎ!)

その上、人間の情の機微にも長けていて

ただの“完璧な人”じゃん。

福山雅治は見た目も完璧なんだから

キャラはもう少し壊れてても、面白かったんじゃ・・・。

本当は「人間的な」部分を担当するはずの

柴咲演じる女刑事が、その横でぶーたれたり

喚いたりしてるだけにしか見えなくて、

存在意義があるのか。

って言うか捜査内容、喋りすぎ( ´艸`)


そして裸サービスの香取慎吾。

『沙粧妙子』『未成年』のときは

演技上手い子だなぁ~と思ったけど・・・

ダメじゃん(笑)

いや、SMAPファンは怖いんだけど・・・

どーーー見ても天才で、自分の才知に溺れて

人を殺していくマッド・サイエンティストには見えん!!

湯川との対決も、なーーんの緊張もないんだもん。


唐沢って、やっぱスゴイ役者さんなのか?

初回が高かった分、急角度で

このドラマへの興味薄れてるんだけど。

あたしが一番移り気が早いのか(*゚ー゚)ゞ


ちょっと会社で思うところがあって

このブログっていうか、テレビドラマへの感想で

八つ当たり気味。

各ドラマのファンの皆様、気分を害したらごめんなさい。

洗濯をして、掃除して、ゴミ屋敷よバイバイ!

1ヵ月ぶりに、ヨガに行って、

さらに気分一新

女友達4人と“アフタヌーンティー”に行ってきました。


いやぁーービックリ∑(゚ロ゚」)」

ウエスティン、フォーシーズン、マンダリン、帝国ホテル

どこも予約いっぱい・・・って。

お茶とスコーンに3000円

みんなどれだけ金に余裕あんのよ、

格差社会やぁ。<(;´゚Д゚`)>


で、あたしが一度行ってみたかった(ゴリ押し)

汐留のコンラッド東京 へ。

(本当はここのSPA「水月」 に行きたいのだ。

ひとり、2、3~6万円だよ。無理無理)

ただ、ここは三段のトレーじゃなくて

ガラス皿の上に出てくるタイプなの。

そのせいか(?)予約は取れました@3200円

苦言ついでに、紅茶の種類が選べないのが減点!

確かに、本場イギリスのアフタヌーンティーも

そんな感じ良くなかったけどさ。

コンラッドの接客も・・・うーーーん

サービスに対して小うるさくなってきたのが

年を取った証拠か(笑)





けど、アフタヌーンティー いろんなもの食べられるし

長時間に渡る女子トークには好都合!!

(今回は、ひとりが「この先変わり映えしない人生に

踏ん切りつけなきゃ」って、東京を引き払って

実家に帰るようなこと言うのさ、それがお題のハズ


あたしは、シンガポールや香港とかで

旅のちょっとした贅沢ってことでしか

アフタヌーンティー行ったことなかったんだけど

東京でも、ちょっとした高揚感味わえる。

これを機に、いろんなホテルのに行ってみようかなぁ。

採点するみたいね。てへへへ。


眼下の、緑の浜離宮が清々しく

お台場やレインボーブリッジやら、東京湾が広がり

天気も良かったし、眺めは良いよ。コンラッド。

(まぁ 汐留に高層ビルを建てたことで

海風が遮断され、東京の高温化がヒートアップしていると

いう噂ですが・・・(@Д@;)

あたしが、東京の夜景で一番大好きな

東京タワーも目の前だし。




そんなこんなで 東京タワーまでお散歩。

(喋ってたら、着いたってのが正解)





そのまま勢いで、麻布十番まで、闊歩。

、「更科堀井」でお蕎麦を食べようとしたところ

キタ━─━(゚∀゚)━─━!!

って、このブログ読者3割くらいの人しか反応して

くれないかと思うけど、

並んでる列の後ろの後ろに

日本が誇る舞台女優、白石加代子さんだぁヾ(≧∀≦*)ノ


誰それ?って方もいらっしゃるでしょう。

舞台(『百物語』や『身毒丸』)が中心だからね。

『すいか』(名作!!!21世紀で1、2を争うドラマ!!)で

小林聡美のお母さん役をやったり

大河ドラマ『義経』とかに出てるよ。

出たら、場面すべてをかっさらうステキな表情をする方。

How Many いい顔!

本当の“舞台あらし”ですよ。



小林聡美と本当の親娘みたい。


もっちろん、あたしだって、プライベートで

素人さんに話しかけられる煩わしさは分かってるつもり(妄想)

でもね、でもね、来月彼女と大竹しのぶさんの舞台

(もう2人揃うと思うだけで怖い!!怖い!((´д゚ll!三!ll゚д`)))

『ビューティ・クイーン・オブ・リナーン』

に行くのだ!チケットも買ったのだ!!




そんなあたしに神様は味方してくれたの。

トイレに行った帰り座敷に上がるために靴を脱いでたら

ひゃぁ!∑(゚Д゚ノ)ノ目の前に!白石さん!!!

思わず「来月舞台行きます!!楽しみにしてます!!」と。

そしたら「まぁ ありがとう!」と胸の前で手を合わせ

満面の笑みで喜んでくれたの。

しかも帰り際、向こうから挨拶してくれたし。

なんてイイ人。笑顔がステキ。

その分、舞台での彼女が放つ情念、パワーのスゴさに

改めて“女優魂”を思い知らされました。


って、話はだいぶ逸れたけど・・・

そうだ!今日の目的は、実家に帰る友達の話を聞くこと・・・


やべぇ・・・なんも聞いてないよ(゚ー゚;

あたしってば・・・また・・・自分!自分!自分!

まぁ 帰り道が同じ別の友達が

親身になって聞いてくれるだろうよ。


あたしからの言葉は・・・なし!

たださ、一緒にいたこの一日

これが東京じゃい!!

何が起こるか分からない魔境。

このシャブ漬けのような毎日、一度味わったら

なかなか抜け出せんでよ。


白石さんも出演してた名作『すいか』

大学教授を演じてた浅丘ルリ子さんのセリフを

代わりに、旅立つ(かもしれない)友人に!!


「この先何が起こるかなんて、誰にもわからない。

ただ自分で責任を取るような生き方をしないと、

納得のいく人生なんて、送れないと思うのよ」


「外に出ないと見えない事もあるのよ。

もちろん中にいないとわからない事もあるわ。

人はどこでも学べるという事を、実感したいの。

遅すぎる事なんてないのよ。

私たちはなんでもできるんだから」


ああ、やっぱDVD BOX 買おうかなぁ~。

走って走って 走り続けて

後ろを見たら、誰もいない・・・なんてことないよね?


ちょっとした虚脱状態で

なーーんのやる気も起きなくて

ここ二ヵ月、仕事でテンパッてたあたしを心配して

男友達が、家に招いてくれてたんだけど

(小2からだから、あたしの人生最初の友達かもしんない)

ドタキャンしようかなぁ~。


その友達は、カッコ良くて、モテてたのに

ステディな彼女がいず、

友人グループの中でも謎だったんだけど

なんと小さい頃から決められていた許婚がいたのだ((((((ノ゚⊿゚)ノ

確かにお金持ちの息子だったんだけど

平成の、この時代に、そんなことあんのΣ(・ω・ノ)ノ?!

そんで、ある日、突然現れた婚約者が、

マンガに出てくるような

愛嬌たっぷりの超金持ちお嬢様で、

あたしは一気に仲良くなり、

三井倶楽部でのセレブ結婚披露宴に大興奮し

その夫婦宅へも、しょっちゅうお邪魔してるのデス。


だが、今はプチ引きこもり中

実家のベッドでゴロゴロしてたときに

別の友人から「仕事の関係で、

モノマネ芸人原口あきまさのライブに

行くんだけど、一緒に行かない?」と連絡が・・・


行くっーーーーー☆⌒Y⌒ ヽ(о>∀<)ノ

あたしの、ちょっとした“鬱もどき”は

ミーハー根性が玉砕!!

だって、先週の『アメトーーク』の「モノマネ芸人」

ケンコバの物まねをした原口くんに、

彼に抱かれてもいいかも!なんてKABA.ちゃんみたいなこと

思ってた矢先なんだもん。

(「スイーツ芸人」の回も面白かった!)


そうなったら、あたしの冷えたエンジン フルスロットル。

まずは、東京駅地下に出来たGRANSTAの

西麻布のリストランテ「アルポルト」のCAKEを

手土産に、東京東部の友人宅へもGO!!!

「落ち込んだりもしたけど、あたしは元気です」

『魔女の宅急便』のキャッチコピーを

友人夫婦に、告げ

そして中央線で東京横断

笹塚のライブ会場へ。ヒャッホォォε=ε=  \_○ノ


出だしのネイチャー寺門(ダチョウ倶楽部)から

デーヴ・スペクターのモノマネコーナーは正直微妙だったんだけど

(世界陸上の織田裕二は面白かったけど)


後半の『ザ・ベストテン』コーナー

あたしは、とんでもないことに気付いてしまったの!


あたし、あたし、おじいさまを殺してしまったぁーー@Wの悲劇

じゃなくて


あたし、あたし、ここ何年も

男とカラオケ行ってないっーーー!!!


って、言うのも、原口すげぇーーーうまいの!モノマネが。

って言うか、歌が。


徳永英明の『レイニーブルー』の歌声はもちろん

見た目や、会話もソックリで

プロなんだな~と改めて感心したり・・・


で、ふと・・・郷愁


もう今日は躁鬱が激しくて、話がとっ散らかってすんませんが

金曜日に、インフルエンザの予防接種を受けに

お茶の水に行ったのね。

で、学生時代に心がタイムスリップしてたせいもあるんだけど

当時は、授業の合間や学校帰りに、カラオケばっかり行ってて

そうすると歌に自信がある同期や先輩の誰かが

必ずこの『レイニーブルー』熱唱してたんだよね。

で、学生時代大好きだった人も、ご多分に漏れず

この歌や、フミヤの『TRUE LOVE』を歌ってたり。

(時代が偲ばれますね・・・年がバレバレ)


それは社会人になっても変わらず

職場や、合コンに必ずひとりはいる歌の上手い人が

B’zやらGLAYやらで、バラードを熱唱!!!

紅白歌合戦後半戦か?!ってくらいの勢いの人って

いたじゃない?!


いや、付き合ってた男にも

「あたしのために、歌ってぇーーひぃっーーv(≧∀≦)v」てな

山崎まさよしの『One more time One more chance』やら

無理やり歌わせてましたよ。

(いいえ、自発的に愛を唄う男もいたさ。)


それがさ、それがさ、正直言いましょう!

あたくし、21世紀になってから、

男とカラオケ行っておりません!!


正確にはうちの相方とは、時々行きますが

彼は日本のヒットチャートは知らんし、あたしが練習するため。

ブッサイクや、職場の興味のない男の歌声は

聴こえない聴こえない。歌本とにらめっこTIMEっすよ。


いっつも女だらけのカラオケ大会ですよ。

80年代アイドルメドレーやら、

ドリカムの『決戦は金曜日』大合唱やら(これも年がバレる)

ぜーーんぶ女だらけ(おかま1)のカラオケですよ。


そんな自分の今の境遇、不幸の連鎖に

気づかせてくれたのが

原口の歌声。

後輩芸人に、「飲み会で狙った子の前で必ず歌う」とか

バラされてたけど、こりゃぁ 落ちるよ。

いいや、あたしを落として!あたしのために歌って!

SONG FOR ME!!(≧Д≦)<<<♪


ハウンド・ドッグの大友さんの真似で『ONLY LOVE』

ミスチルの桜井さんの真似で『しるし』

だーぁーーりんだぁーーーりん♪で泣きそうになっちった。


そしてベストテン第1位はコブクロの『蕾』 。゚(゚ノД`lll゚)゚。


あたしも、こんなところで疲れてちゃいけん。

原口くんだって、あんなに頑張ってる。


後ろを振り返っちゃいけん。

誰もついて来なくたっていいじゃない。

誰かを追いかければ。


まだまだ「蕾」なのだ。

狂い咲きするために、走り出すのだぁ!!


追記:『SP』 岡田くんがカッコ良すぎて

まともな判断下せません。

あのナイフのテロリストも、都知事狙撃犯も

どっかの映画やドラマで見てきたステレオタイプの

犯人像で、なんだかなぁ~って気がしないでもないけど

岡田くんがカッコ良すぎて、良すぎて

あたし、それだけで泣いてしまいました=(゚Д゚;; )⇒

やっぱ、狂い咲き。

↑このページのトップヘ