妄想特急999

ブレーキ壊れた妄想特急ε=ε=ε= ヾ(*~▽~)ノ止まるときは何かにぶつかる時。MOVIE!BOOK!COMIC!TRAVEL!「欲望」という名の列車に乗って日々加速中!

2008年02月

このblogを読んで下さってる方は

あたしが、チャックこと黒柳徹子さんをリスペクトしてると

お思いでしょうが・・・

テレビなどで彼女の言動を目にするたびに

「ちっ。」って舌打ちすることもあるんですよ。

むしろ、彼女の「あらぁ、まぁ~」の驚きや

「お大事にねぇ、本当に」の涙が

全部芝居なんじゃないかと、思ったり。


ただ、日本の30代男子がどんくらい日々徹子のことを

考えてるか、分からないけど

あたしは、たぶん平均は超えてるよなぁ~。

で、「好きなのに、普段頭に浮かんでこない女優って

誰だろ?」って、ふと考えてしまった。

興味ない女優は(たとえば米倉涼子とか)抜かすとして

出てきた答えは「五大路子」さん。

時たま、ダンナの大和田さんや、岡江久美子を見るたんびに

「五大さん、ライフワークの『横浜メリー』は

まだ、演じてらっしゃるのかな~?」とか思い返すんだけどね。


あたし何書いてんだろ?


いや、森光子さんの『放浪記』1900回記念のニュースで

徹子もこの舞台に出てることに驚いてさ。

森さんが「でんぐり返し」封印宣言したときは

「パンダだって、そんなにしないもの」ってコメントしてたけど・・・。

森さんとパンダを並べちゃう徹子・・・。


それが徹子なのよ。

黒柳徹子って、スーパー仁くん所有率から

「頭いい知識人」って思われてるけど

知らないことは、とんと知らずに

無意識なのか、確信犯なのか

人を迷宮に巻き込んでいくの。


六本木をドライブしている最中に

「あっ!ペンギン!!」って大騒ぎして

実は黒白模様の猫だったり。


中村メイコに、「あなた、なんですか?

変わってる石を集めていらっしゃるって話だけど

ひとつ頂けませんでしょうか?」って頼み込み


「私、胆石があるのよ。じゃぁ いつか手術したら

その石、差し上げるわね」ってメイコのギャグ返しに

(メイコは、ひばりの物真似で芸能界を生きてきた人だもん)


「メイコさん、その石、いつ出して頂けます?」

会うたびに、残酷に、問い詰めたり(嫌がらせ?)


どんな料理でも、見た瞬間に目分量で

この人数なら、何個ずつ行き渡るか計算できることを自慢にし、

亡くなったマネージャーの火葬された遺骨に対面するやいなや

「骨壷に入れるのは、ひとり3個ずつっ!!」と判断したのに

火葬場の係りの人に「ひとつずつ」と促され

「3個ずつなら、ピッタリだったのにぃ!」と悔しがったり


そんな常識と非常識を言ったり来たりの

トットちゃんが、やっぱり好きなんでしょうねぇ あたし。


そんな彼女のエピソードをもっと知りたい人は

エッセイ集『トットの欠落帖』を。

読みつつ「イラっ」って瞬間もありますが。


日本人の「徹子」思考平均時間って

いったい、どんくらいなんだろう?

「マリリンって、頭の回転早いよね~」


「えっ?!えっ?!聴こえなーーーい」


そういうことは、みんなに聴こえるように大きな声で言ってよ!

なんなら、緊急時にしか使用しない社内放送で!


会社で仲良くしてる子が、いきなし言ってきました。

「頭の回転早いよね~、落としたおはじきの数とか

すぐ数えられそう」


・・・・うーーーむ o┤*´Д`*├o それって褒められてる?


確かに、トランプの大富豪とかは

ほかの人が捨てた札、エースが何枚出たかとか記憶して

みんなの手元に、どんなカードが残ってるか推測しながら

勝負に出るので、強いっす!唯一の自慢。


ただ単に、目ざといちゅうか・・・

余計なことを、キラリン(・∀☆)て見ちゃうの。


さっきも、このblogでもご活躍の後輩ちゃん・・・

もうこのネタ書かないって宣言したけど

個人的に衝撃受けたことあったので・・・


そう、その後輩ちゃんが

海外出張に行っていた他部署の男性(独身)から

「心配してくれてて、ありがとう」って

こっそり、お土産もらってるところに遭遇しちゃったの!


えっ~( ゚-゚)( ゚ロ゚)(( ロ゚)゚((( ロ)~゚ ゚?2人の接点は?

いつどこで親しくなってたの?!もうビックリ。


その前に、あたしへのお土産は~(  ゚∀゚)ハァーハッハ!!

出発前、スーツケース引っ張ってる彼に

「どこ♪行っくの?どこ、行くの♪」って

あたしが聞いても「ひみつーー!」って教えてくれなかったのに。

そもそも「出張」で、「心配」って何すんのよっ!(゙ `-´)/


同じ社内にいるんだもん。顔見知りになるかもしんないけど

仕事でも、そこまで親しくなる距離じゃないのよ!!

みなさんにはイマイチ把握できんだろうけど

マジ、衝撃だったの。


あんた!男に媚売ってるヒマあったら、仕事覚えなさいよ!

と、安っぽいドラマのヒロインをいじめる敵役みたいなこと

脳裏によぎったもん。


人間関係って誰と誰が繋がってるか分からん。

今なんてメールって媒体で

誰と誰がどんな会話してるか分からないもんね~。


未婚、恋人ナシのみなさん、こんくらいの根性がなきゃダメよ!

『学校へ行こうMAX』「愛してる」ゲーム

見ってますかぁーー!!


「愛してる」と隣の人に言っていき、照れたら「負け」

岡田くんの「愛してる」に、むきゃぁーー(qq≧w≦)と

なっております。と書こうとしたら

友人の、そのまた友人で、blogを読んで下さってる

海老蔵さんから、この件について伝言をもらい、ビックリ。

素の岡田くんは、そうしょっちゅうダイレクトに

言わない感じだけどね。いえ、妄想の中では

あたしに、四六時中言ってますよ。


てな訳で、今回はちょっとロマンチックに浸りたく

アメリカでは「豪華女優陣のムダ遣い!」と

不評だった『いつか眠りにつく前に』

観てきましたよ。

まぁ 豪華女優って言っても、トニ・コレットは

(『リトル・ミス・サンシャイン』や『イン・ハー・シューズ』の人)

あたしの中では、夏川結衣さんなんだけど。

(もちろん、2人とも好きだけど)


死ぬ間際に思い出す、若かりし頃の「永遠の恋」

過去と現在を行ったり来たりの場面展開で感情のブツ斬り。

なにより誰が、誰を好きなのかのベクトルが

イマイチはっきりせんですよ。

へっ?この2人って恋人同士じゃなかったんだ?!

へっ?物語のキーとなる男性キャラ、

あんたはどっちが好きなの?

(あたしにはゲイにしか見えなかった)

へっ?そんなことで、別れちゃうの?

そんなに好きなら諦めなきゃいいのにぃっーー!

なによりね、主役のアンはともかく

メリル・ストリープ親子が演じたライラ!

「おめえーーは、愛されてないちゅうの!ただの片思い!」

って突っ込み入れたくなったよ。

そして若かりし頃のライラを演じたメリルの娘が

また母親に似て、鼻を赤くひくつかせての

「あたしって、上手いでしょ!」ってな演技で

癪に障るんだ(笑)。

「おめえーが、何人もの男のプロポーズを断ったって

言っても、信憑性ねぇんだよっ!」とさらに、突っ込み。

あーぁブスの妄想って怖い・・・ハッ<(ll゚◇゚ll)>あたしのことか。


もちろん、文句を書くために観に行った訳ではなく

ラルフ・ローレン、写真家のブルース・ウェーバー的な

古き佳きアメリカ、東海岸のハイソサエティな衣装

インテリアが、目と心の保養。

そして、『エンジェルス イン アメリカ』以来大好きな

パトリック・ウィルソン!(額の広がりが心配)

あたしだって、彼との一夜を胸に、この世を去りますよっ!


「あなたが最期に呼ぶのは、誰の名前ですか?」

あたしは「怒り」が、生きていく源なんで・・・

ヒィぃーーいつも怒鳴ってる人の名前呼びそうだよ~(゚ー゚;

写真 少し変えました。

まずは衣装デザイン『エリザベス ゴールデン・エイジ』


そして、今のところ目に付いたセレブのなかで

一番華やかなドレスのアン・ハサウェイが発表したのは

長編アニメ『レミーのおいしいレストラン』




視覚効果は『ライラ』 美術は『スウィーニー・トッド』

メーキャップは『エディット・ピアフ』


お久しぶり HITOEちゃん@SPEED




後ろの人に、確実に笑われてますがな。




そんな彼女が発表した助演男優は

鉄板バヴィエル・バルデム


助演女優はティルダ・スウィントン!!

年齢不詳!48歳!性別不詳!

でも、この人ってダンナさん公認の愛人もいんだよね~。

しかもケンブリッジ大卒の才媛だし。




残念!ケイト・ブランシェット。

でも、この人はこの先、毎年ノミネートされるでしょう。

妊婦でも、キレイ!




同じく妊婦のアルバたん。

「なに、デキちゃった婚してんだよっーー」と

キャメ子に、ガンつけられてます。




音響効果、録音と

『ボーン・アルティメイタム』W受賞!!

わーい、わーいヽ(゚◇゚ )ノ 抜群に面白かったもんね。

うぎゃーーそして、作品賞と直結のハズの

編集賞まで『ボーン』!!!!


そしてキッ子たん登壇。

彼女も念願の妊娠、

双子出産のジェニ・ロペ、

ハル・ベリー、アンジーと女優は妊娠祭り。

キッ子たん・・・( ゚-゚)( ゚ロ゚)(( ロ゚)゚((( ロ)~゚ ゚マネキン?



主演女優もサプライズ!

『エディット・ピアフ』のマリオン・コティヤール

演技部門は、スペイン、イギリス、フランス

そして男優はたぶん、あの人で・・・アメリカ人ゼロ∑(゚Д゚)




脚色は『ノーカントリー』、撮影は『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』

作品を獲るのはどっち?

そして主題歌は『ONCE ダブリンの街角で』!!


インディ・ジョーンズが控えてるハリソン・フォード登場。

横のキャリスタは、ぜってぇーー顔いじった。




そんな彼が発表の脚本賞は『JUNO』

元ストリッパーの脚本家の彼女

ワースト・ドレッサー候補でしょ。

沢尻・・・エリカ・・・たん??



そして主演男優はもちろん二度目の栄冠

ダニエル・デイ=ルイス

クィーンに跪く姿、粋ですなぁ~。



そして、監督、作品ともにコーエン兄弟の

『ノーカントリー』


久々に、順当な下馬評通りの結果でしたね。


今日、じつは仕事めちゃくちゃ忙しいの。

昼にも行けなかったもん。いや、マジでマジ!マジ!

その合間に、海外の実況中継サイト覗いて・・・

いや、仕事も真面目にやってましたよ。スピードが勝負だもん。

努力したもん!早起きして、会社に普段より早く来て

始業前に、レッドカーペットを歩くセレブの写真を

取って(盗んで)おいたんですよ。ひゃぁーーごめんなさい。

あとで差し替えるかも・・・。

こんな極東の一ブログ誰も見ないよね?((゚m゚;)

なので、ほかのセレブが、誰が来て、どんなドレスを着ていたのか

よく分からんのです。

あたしはベン・アフレックの嫁とか、ヒラリー・スワンク兄さんとか

「ザ・スター!」とは思ってないし

ましてや(日本では人気あるけど)レニー・ゼルウィガーとか

一番キライなハリウッド女優なんで、興味なし。

イマイチ、華に欠けてるメンツの気がするんだけど

授賞式自体は、盛り上がったのかなぁ?

帰って、見なくちゃ!(その感想はまた今度)

っていうか、録画ちゃんと出来ているのかなぁ?

明日は、現地時間で日曜夜は

とうとうアカデミー賞ですねっd(d∀゚)(゚∀b)b


作品賞候補は、まだどれも観ていないし

今年は、男優部門が

主演:ダニエル・デイ・ルイス

助演:バビエル・バルデムが鉄板ってことなんで

女優陣たちのドレス競演だけが楽しみ~。



おしゃれ番長、ケイトは2度目の助演女優を獲るのか?


随時UPしていきたいと思います~。

(ただ、あたしも仕事してるので、タイムラグ出ちゃうけど)

アンジェリーナ・ジョリー、双子妊娠ってことだけど

かなりお腹大きくなってるのね。来るのかなぁ?




ついでに在りし日のアカデミー賞での

ブラピ&ジェン、リース&ライアン

このカップル好きだったのに、みんな別れちゃうのね( ;*д*)



で、セレブの写真と言えば

アニー・リーボヴィッツ。

Mario TestinoFrancois Rousseau と並んで

あたしが写真集を買う人です。

そんな彼女のドキュメンタリー映画を観ました。

『アニー・リーボヴィッツ レンズの向こうの人生』

皮肉なもので、1時間強の映像よりも

彼女の一枚の写真のほうが雄弁。

実の妹さんが監督をしているせいか

身内びいきで、彼女の心や実情には

あんまり迫ってないっていうか・・・

『ローリング・ストーン』誌から始まった彼女の

華やかなカメラマン生活を辿っているだけの気が・・・。


ただ、あたしは「学歴偏重主義」じゃないけど

仕事でもなんでも、レベルの高い人に囲まれてるほうが

切磋琢磨されていいなぁ~と思ってます。

今までの仕事場も、頭のイイ人が多くて

彼らの知識、好奇心に触発されることも多々あったもん。

そこんとこ、この映画を観て、音楽、映画、ファッション業界の

世界の中でも指折りのプロたちと

出会い、コラボしていく彼女が、羨ましかったなぁ。


あたしがアニー・リーボヴィッツを知ったのは

『VANITY FAIR』誌の年度末に出るHALLYWOOD ISSUE

∑(ll゚Д゚ll)エェ!! こんなセレブたちのポートレートが

一同に集まっちゃうの?!もうミーハー心全開

今年は誰が出るのか(基本、活躍した人が登場!)

毎年、毎年楽しみにしてるの。(15年分、持ってるよ)


まずは今年の。これからハリウッドで活躍を期待される若手女優たち。


ヒィーーカトリーヌ・ドヌーブ、ソフィア・ローレンから

ニコールまで国際派女優大集合。

こちらはWトム、ブラピ、ジャック・ニコルソン!

Wケイトからスカハまで、ハリウッド中堅どころ。

シエナ・ミラー(一番右)って、あたしの中では

梨花ちゃんなんだけど・・・。


あーぁ あたしも世界中のカメラマンのフラッシュを浴びる

ハリウッド女優になりたぃ`;:゙`;:゙;`ヽ(゚∀゚ゞ)フ




↑このページのトップヘ