妄想特急999

ブレーキ壊れた妄想特急ε=ε=ε= ヾ(*~▽~)ノ止まるときは何かにぶつかる時。MOVIE!BOOK!COMIC!TRAVEL!「欲望」という名の列車に乗って日々加速中!まずは http://mousouexpress.blog.jp/archives/6265440.html を読んでもらえれば。

2010年07月

結婚とは「我慢」って
ホタルが蕁麻疹でるほどの“我慢の限界”って
ぶちょぉと小夏さんの関係かと思ってたら
大好きなゴーヤを、嫌いなぶちょぉの前で
食べられないこと…だった(≧▽≦)

いや、このドラマの、このふたりだから
笑って許せるけど
「1時間引っ張って、それかい(゙ `-´)/!!」

しかも、ホタルの蕁麻疹は「恋愛下手なせい」という
周囲の助言にしたがって
「俺は、きみのアホなとこもまとめて全部好きだよ」
ハッキリ言葉にしちゃうぶちょぉナイス!!

いや、『花より男子』の松潤道明寺も
なにがあっても「好きな気持ち」をぶれずに
言動で示してくれるとこが
乙女視聴者の胸をドキドキついてくれた
訳で
そういった意味で、ホタルのために苦手な
ゴーヤ料理にチャレンジし
家出したホタルを迎えに来てくれる
藤木ぶちょぉも合格!!

「くだらないことで言い合っちゃうのが
付き合ってることでしょ!」

「現実は思いが叶ってからが大変」

「好きだから我慢してやってるわよ!!」

(二ツ木の似顔絵ペアTシャツ)

そんな山田姐さん、そう、あたしより絶対年下の
山田姐さんの言葉に、そうだよなぁーーって。

あたし、いったい恋愛年齢いくつだ?!
(あんなエグいことも、人には言えないようなことも
やってるのに……)

本当にね、長く付き合ってるコツは?
ときどき聞かれると、即答してます。
「“我慢”と“諦め”」って。
もちろん、自分が抱えてた宝物や夢を
捨てても、「一緒にいたい」と思うから
我慢も、諦めもできるんだけど。
うん、あたしが嫌いで
彼が大好きだったトンカツを食べられるようになった!
(えっ?!その程度の問題?!)

けど、あたしは小夏さんみたいに、
「あなたにそこまで甘えるつもりはない」とか
言っておきながら ちょろちょろする女
子どもに「パパ」と呼ばせちゃう女が現れたら
蕁麻疹どころじゃない、喘息復活!
生理休止!(最初からない)
明菜ちゃんみたいに彼の部屋で…(以下自粛)

もう荒れ狂いますよ。
もちろん、そんな強い瞬間風速は何度もあった、この10年。

でも、やっぱり、彼があたしに会うために
同じように、我慢や諦めを繰り返して
時間を重ねてくれてるのか、
と思ったら
こっちも我慢や諦めのリターン。

よくドラマとか、誰かのインタビューで
「あたしは自分に嘘ついてまで
この恋愛を続けたくない」
って別れたり
「いまのまんまのあたしを、
抱きしめてくれる人がいい」
とか言ったり
あるじゃん、えっ?!ない?!

そういうの見ると「なんぼのもんじゃい!
素のまんまのお前が、
どんだけ価値のある女だと思ってるんじゃい!」

と毒づいてしまうんだ。
はい、モテナイおかまのひがみデス。

あたしは、ホタルみたいに、誰かを好きになって
一生懸命我慢する人のほうがいいし
それでも、繋げていく恋愛でいい。

暑い中、ドラマの撮影してたよ。
誰かと思ったら林遣人くんだった。『美丘』。
すんごい肌の色が白い!!
「朝早くから大変だナァ」と
スタッフや役者さんたちのガンバリ見ちゃうと
ドラマのこと好き勝手書けなくなっちゃう。

けど、『夏の恋は虹色に輝く』
Ⅱ世俳優の悩みって……ち、小さいなぁーー。
あたしは政界だけでなく、芸能界も
世襲禁止にすべきだと思うので(梨園除く)
松潤扮する主人公・大雅が「おやじのせいで…
俺は……」うんたらかんたら悩もうが
「はぁーーーー(o´Å`)=з 」
しかもⅡ世を目の敵にするライバル役の永山絢斗くん
「おめぇが、お兄ちゃん瑛太の……」

なーーんてちょっと厳し目に観てしまったのは
この日、もっともっと過酷な現実を描く映画を
観てしまったから。

『闇の列車、光の旅

ホンジュラスから米国へ移民しようとする少女と
属していたギャングのリーダーを殺害して
追われるメキシコの少年の逃避行のお話。

フクナガさんという日系米国人が監督、
ガエル・ガルシア・ベルナルらが
プロデュースしている作品。

よくボランティア番組で
発展途上国を訪れる女優が
「貧しくても、この国の子どもたちは心や瞳がキレイ。
本当の豊かさってなんでしょうね」
って
訴えたりしてるけど、
あたしは心が汚くても、お金の豊かな日本に
生まれて良かったと、心の底から感謝してる。

貧しさは、教育や思考を与えないし、
強者が、弱者からお金も命も奪う社会を
つくりあげると思う。

そんな世界を変える気概もサバイブ能力もなんもないもん。
ただの傍観者、旅行者。

(この映画に出てくるメキシコもグアテマラも
よく、ひとりで行ったなぁ、と今さらながら
怖くなったもの)

もちろん、映画はそんな現実の中でも
彼ら彼女らにも「選び取る」ために
生きていく力はあることを描いていくんだけど

「俺といると、破滅の道に向かうだけだ」という少年に
「大丈夫、あなたと一緒なら、怖くない」
暴力や貧困から逃げ出そうとするのは
もちろんのこと
「一緒にいたい」という道を望む少女に
選び取る“生”を見たのだ。


どこの国だから、男だから、女だから、
おかまだからとか、いくつだとか関係ない、
アイデンティティとか本当の自分なんか、要らない。
そんなもんより、大切なものを、選び取る、
繋ぎとめる力を持ってたい。知ってたい。
そのための強い心も、お金も、思考力も術も
持ってたい。


この映画を観て、そんなこと思ったのだ。
いっつも同じようなこと、書いてるなぁ、反省。
いや、彼がいれば、そんだけでいいのに……
と、分かってるくせに
雑念に負けそうになるからさ、いっつも。

彼と会って、いちばん変わったのは
この手の映画を観に行くことになったこと。
『プレデタ―ズ』
しかも今回はロバート・ロドリゲスが製作に
加わったせいか、B級色マンマンで
面白かったよ。

しかも主役をこういうジャンルに出なそうな
エイドリアン・ブロディがやってたしね。

$妄想特急

まぁ、ハリウッド映画の場合
アメコミものに演技派の役者さんが出るのが普通だし
今やヒース・レジャーがジョーカー役でアカデミー賞
ロバート・ダウニーJrがアイアンマンだもの。

でね、邦画優勢の現在の日本では、
いまだハリウッド俳優と言やぁ
ジョニー・デップやブラッド・ピットが人気モノじゃないすか

新興宗教を煙たがるくせに、どうしてトム・クルーズが
みんなOKなのか、謎のところ。
あたしは絶対イヤだ。

あたしだって、20世紀までは“王道”好きだったんだよ。
たのきんならマッチ、欽ちゃんバンドなら風見しんご
俳優だって、国広富之(トミー)や
真田広之(宇宙からのメッセージ)が好きだったもの。
(書いているうちに、お、王道か怪しくなってきた)
それがキムタクを境に(『ビューティフルライフ』まで好き)
いわゆる王道の織田裕二、福山雅治、水嶋ヒロ、松潤とか
それこそジョニー・デップとかぜんぜん興味がないのだ。


なので、あたしは少しでも多くの、
アメリカでは有名だけど、日本ではまだまだ無名な
男優さんを紹介していきたいのだ。

っていうか、あたしが好きな俳優さんたちを!
いっぱいいるので、今回はアメコミ編。

まずは、このブログでも何度も紹介しているように
あたしの直球ど真ん中、クリス・エバンス
彼の第一のポイントは私服がダサいのだ!そこ肝心!!
『ファンタスティック・フォー』につづき
来年の超大作『キャプテン・アメリカ』
タイトルロールを演じるのだ。
なぜか、ぼかしありのグラビア

$妄想特急

そしてスカーレット・ヨハンソンの旦那様
(そのことさえ知られてないのでは?)
『グリーン・ランタン』のライアン・レイノルズ。
彼も『ウルヴァリン』に続いてのアメコミもの。

$妄想特急

でね、その『Xメン』はジェイムズ・マカヴォイ主演で
「前日譚」が描かれるんだけど
若き日のビーストを演じるはニコラス・ホルトくん。
『タイタンの戦い』にも出てたんだけど

$妄想特急

彼ね、あの『アバウト・ア・ボーイ』に
出ていた男の子なんだよ!!

いやーー美しく成長したな、子役成功例。

$妄想特急
$妄想特急

そして『タイタンの戦い』のヒットに便乗して
来年はギリシア神話ものが続々と。
いま『トワイライト』で人気のケレン・ラッツ
(あたしは主役ふたりの男よりよっぽど好き)
『Immortals』という作品でポセイドンを。

$妄想特急

主役テセウスを演じるのがヘンリー・カヴィル

$妄想特急
$妄想特急

んでんでアメコミ、特撮モノとは違うんだけど
ディカプリオの『インセプション』にも出ていて
今後要注目株なのがトム・ハーディー。
この名前、覚えておいて損はないっす(たぶん)

$妄想特急

捨てられて仕事を奪われた
腹いせに男を殺しちゃう
軽率で感情的な役が加藤あいちゃんに
ピッタリだったので

(これ褒めてます、それにあたしが
万が一事件を起こすとしたら、この理由)

そこはスル―して
ついつい男性側に目が奪われちゃった初回だったけど

婚活詐欺からじつは保険金目当ての殺害まで
手を下してた「稀にみる悪女」を演じた蒼井優ちゃん

「ニコラスさんみたいな人とだったら
結婚してもいいなぁ、寄って行きませんか」って
スーツをつまむ姿、かわいーーーー!!!
おじさん、おかまだけど120万円出してア・ゲ・ル
そして、それ以上に
犯罪がばれて「ちっ。」てな舌打ちから
「金が、金が、金が好きでたまんないの!!
あたしには心がないの!!」
って
下品な殺人犯に豹変する姿がス・テ・キ。
男の人が「男子」に戻る様を描くのが上手い
クドカンだけど、じつは女優冥利に尽きる役が多く
あたしもこのマドンナやりたい!!


しかもこれはプロデューサーの磯山さんの
先識眼なんだろうけど

逮捕状と婚姻届で手錠を選ぶ彼女たちのごとく
(今回は無罪プラス副賞に婚約指輪、
換金して現金までついてくる出血サービスなのに!)
「NHK好感度調査ナンバー1の座」と
「面白そうな犯罪者役」なら
後者を選びそうな女優さんがこれからも登場。

恋愛がらみの犯罪を加藤あいちゃんやりそうだし
(だから、ほめてます)
蒼井優ちゃんも(『となりのトトロ』しか見ないって
どんだけ男の幻想なんだよ!)、
あの「新しい恋のツボ押しておきましたからね」の
笑顔の下に、煮えたぎったマグマを持っていそうな…

(だから、ほめてます)
来週の樋口さん元祖略奪愛女優!
好きになった人がたまたま結婚していただけ」の
セリフ、今の白戸家のお母さんから想像できん。

もちろん糸井さんも……。)
キョンキョン、戸田恵梨香ちゃん
そして薬師丸ひろこと三田佳子さんのWの悲劇コンビ

女優!女優!女優!
女優なら腹上死の身代わりやっても
役は欲しいもの!(だから、それはWの悲劇)

このままシリーズ化して宮崎あおいちゃんや
柴咲コウちゃん、篠原涼子らクドカン繋がりも
常盤ちゃん、深津ちゃん、菅野美穂とかの
30代チームのマドンナのこの話も観たいな!

もちろん、クドカンファミリーのマドンナ
森下愛子さんも登場!!

(今回出てないから吉田拓郎さんの健康が
気になっちゃったわよ!あっ!ここも略奪愛!)
筆談ママって……。
しかも「チンチンたったか?」
「ペッティングは有料か?!」って(笑)
そもそも詐欺で使う名前が「三浦」って……
ロス疑惑?ヤバい、ヤバい。


まぁ、そんなキャラの濃いメンバーの中でも
(中村梅雀さんまで!!)
蒼井優ちゃん演じるヒロインが犯人かどうかで
頭を悩ませ、ブランコやジャングルジムで
雄叫びをあげる刑事犬ニコラスの長瀬。

こ、怖い、き、気色悪い……(笑)
大丈夫よ、あんたが主役!!
このドラマの場をさらってる!
舞台アラシ!!嵐ならぬ舞台TOKIO!!

「おれって、カッコいいけど
こんな犯罪者の役ができるんですよ」って
下心満載のジャニーズや若手の美形俳優さん
それこそブラッド・ピットとかまで
たくさんいるけど、
あんなに野性に戻って演技(演技?)できるのは
長瀬智也だけ!!

だって、マジ婚姻届より逮捕状選ぶもん。
「警察で汚れてしまった、俺の心、童心に帰れ!」って
いや、もう少し、あんた自制した方が……。

(そして確かにドラマ化の際は桐谷健太くんかも)

あ、あとVサインの間にあごを挟むの
「小顔に見せるため」って初めて知った。

(内田裕也の影響じゃないんだ)
今後活用しなきゃ、メモメモ。

もう、このドラマ 大好き!!!

ケータイにかかってきた電話は
中学校時代正確には幼稚園から一緒)の男友だち。
「8月1日付けで大阪に転勤になった。
引っ越しとかで忙しくて会えないから電話した」

「えっ?!建てた家は?家族は?」
「貸す。みんな付いていくって言うから」
「遊びに行く!関西の友だち何人かが
そっち戻ったし、まとめて会いに行く!
時間はないけどお金はあるから!」


中学校からの友だちグループは
男(5)女(4)混合で(今や独身はあたしひとり)
それぞれの配偶者、子どもたち、
家族ぐるみで何ヵ月に一回
ずーーっと会い続けて来てるんだ。
神奈川県出身っていうのも幸いしてるのかも。
たとえば故郷から離れての上京だと
なかなか地元の友だちに会えなくなりそうじゃん。

それでも「友だち付き合い」っていうのには
努力や気遣いって必要だと思うのだ。

(そんなの本当の友情じゃない!って
言う人もいるでしょうが)

中学校時代、みんな悩みや痛みがあって
それはそれで一生懸命だったけど
親の家から、毎日当たり前のように
向かう教室で、笑ったり泣いたり、
放課後つるんで遊ぶ“時間”から

今は遠く流れて、速さや勢いも違って
みんなそれぞれ新しい人や景色を見て
価値観も変わって、そして“成長”してるんだもん。

だから、あたしはいつでも飛んでいけるよう
うん、これは物理的な距離だけじゃなく
精神的に心の傍に、ね。行けるように
気持ちも、お金も(笑)、時間も遣う。


もちろん、これは中学校時代の友だちに限らず
大学時代や、社会人になって出会った友だち全員。

年賀状だけのやりとりの人も
メールでしか最近気持ちを交わしてない人も
それでも、あたしはやっぱり「この人好き!」と
自分の宝箱に入れた人は
ずっと大切にしていたいし、失いたくない。

一緒にいた頃みたいに、なかなか会えないとしても。

そんなことを思って
いつのまにか、3Dメガネを涙で曇らせてしまった。
「精密なモノです」と上映前に流れていたけど
壊してしまっていたら、東宝シネマズさん、ごめんなさい。

いや、恐るべしピクサー!!!
『WALL-E』が最高傑作かと思ってたら
『カールじいさん』があって、もうそこで打ち止め?
続編に走るのか?と危惧してたら……天井知らず!!
『トイ・ストーリー3』
またもや名作誕生!!!! 
(カミングアウトすれば、あたしは「1」は
なんとも思わなかったのだ)
別に童心に帰らなくても、心は(体も)汚れていても
美しい映像に、当たり前だけど、
素晴らしいストーリーさえあれば
感情は揺さぶられるのだ。

誰に文句言われようとあたしにとって
宮崎アニメは『もののけ姫』まで。
それ以降、彼の信者に「ぽにょの水の中の世界は
終末した世界のメタファーであって…云々」
説明されようが、はぁ、そうですか。
「空を飛びたい!」「共に生きたい!」って
止めどない“あこがれ”に満ちた世界が見たいのだ。


映画やCG、3D、そして「物語」の先に
まだ先に、“あこがれ”を抱かせてくれる
ピクサー、そして
 『トイ・ストーリー3』

↑このページのトップヘ