妄想特急999

ブレーキ壊れた妄想特急ε=ε=ε= ヾ(*~▽~)ノ止まるときは何かにぶつかる時。MOVIE!BOOK!COMIC!TRAVEL!「欲望」という名の列車に乗って日々加速中!

2012年10月

今朝会社への道で、撮影ライトが
煌々と光ってて
「誰かいる!!」
あたしのミーハー・アンテナがビビッと。

武井咲ちゃんでした。

ただ彼女テレビで、CMで観ない日はない
っていうか、出過ぎっ!!のせいか
「あっ、テレビのまんま」って
たいして感慨なかったなぁ。

もちろん、キレイなんだけど。
それとクライアントさんか事務所の人か
ロケにしては撮影を見守ってる
スーツ姿の人が多く、ちょっと異様。


心の中で「おめぇは、浜崎あゆみかっ!」
軽く突っ込んでおきました。

俳優さんも朝から頑張ってるドラマ撮影。
地方だと合宿みたいで仲良くなるんかなぁ。

『北の国から』もあたしは
「田舎って怖い」って印象しかなかったんだけど
このドラマも美しい景色とは対照的に
閉ざされた気分になるんだよな。
(どっかの誰かが「心温まる話」とか書いてて
((((((ノ゚⊿゚)ノ、えっ、嘘!そういう話???)

だって何年経っても
「4番ピッチャー、松本弘樹」ってヤダ!
「会員番号8番国生さゆり」って言われ続けるもんでしょ。
年を取れば、その時があったから今があるって思えるけど
「いまの自分が思うようにいってないからじゃ?」の
若い時は、きついよ。
まぁ、彼の場合その前に……

ヒーローって、顔かいっ!!
俳優が全員美男美女である必要はないけど
メインのキャストにしたら、ちょっとちょっとぉーー。

リハビリやりましょう!って
手を握ったとき、ちょっとグッと来ちゃったけどね。

それにしても、そんな彼に

「子どもが頼んでるんだから」って
「子ども」ダシに使って野球コーチを強要し
断れば「なんだ、あいつ、感じ悪っ!」と毒づき
「勝負しよう!」って
相手の迷惑も、事情も考えずに
自分の「正義を押し付けてくる」キャラクター


ハテ?どっかで。

あっ!!キムタクさんだ!!
そうなんだよーーー、木村拓哉のキャラって
20代の精神なんだよね。

世界を知らなくて、自分のいる方が「正しい」
この真っ直ぐな気持ちで
みんなの心を動かすぜ!マジ、やべっ!

口角上げての笑い顔!!決まったゼ!!

誰か、キムタクさんに木村拓哉さん!と呼べる
年相応の役を!世の中の人の多くは
そこに引っかかってると思うんだよね~。

でもこのドラマの生田くん演じる丈太郎は
違うのだ!


「羨ましかったんだよ。
オレ何かに打ち込んだことないから。
一回も花開いたことないから」

と、ちゃんと自分の至らなさも、非も認めるんだよね。
そっからは人は成長していくんだもの!人間だもの!
(相田みつをじゃないけど、昨晩マツコDXの番組で
「歩きながら、本を読むのは危ない、真似したらどうする!」て
親からのクレームで、今の二宮金次郎の像って
薪を傍らに置いて、座って本読んでることにビックリ!
バカなんじゃないか!)

って話は戻して、かほりと彩花の会話
「好きよ、あたし、体が丈夫な人。
体鍛えてる人」

「どうしてですか?」
「決まってるでしょ」
あっ、いつも病院で亡くなる人を見守ってる彩は
「死なない」丈夫な人がいいのか。
あたしはてっきり、セック…
いや、運動してて、体鍛えてる人が
セックス上手い訳じゃないもんね。
むしろ、自分本位で下手な人が多い気が…。
それこそ彩役の香椎由宇さんの旦那さん
オダジョーの『ゆれる』のなかでの
「舌出せよっ!」ってセリフに
いまだに、ジュンと濡れちゃうんだけど(心が)
あっ!そのときの相手、真木よう子だ!

でも、少しでも「丈夫」で、長く時を過ごしたい。
いまネットで話題の鉄拳のパラパラ漫画観て
思わず、涙出ちゃったよ。
もし見てない人がいればここ

最近思うんだ、

若いときに何かしなきゃ!
先が見えない、早く咲かなきゃ!ってのも
自分が通って来た道だからわかる。

でも、年を取っても、40になっても
そしてきっとこの先も、先なんて見えない。
時の振り子が怖いもの。


時の流れに負けても、なにか偉業達しなくても
ただただ時とともに、毎日を過ごしてるだけでも
誰かとなにかを育んで年を取るだけでも、
それだけでも、スゴイことなんじゃないかって。

馬面、いや面長の人はヒゲを伸ばせばいいんだね。
初めて゚:;。+゚☆ヵコ(*゚∀゚)bィ-ィ☆゚+。;:゚と思った
ベン・アフレック!!

ジェニファー・ロペスとバカカップルと言われてた時の
低迷期が嘘みたい。

『ゴーン・ベイビー・ゴーン』『ザ・タウン』と
前作が好きだったので、観に行った
『アルゴ』

「日本よ、これが映画だ。」ってキャッチコピーは
『アベンジャーズ』だっけか?!
いや、そのまんまこれを流用しようよ。
映画好きな人は今すぐレッツ・ゴー!!!

いやーーベン・アフレック
まさかの、まさか。アカデミー賞監督賞
取っちゃうんじゃないかな?

(アカデミー会員は俳優が多いから
イーストウッド、R・レッドフォード
ケヴィン・コスナー、メル・ギブソンと
俳優の監督に票が集まるんだよね。
あっ、彼は既に『グッド・ウィル・ハンティング』で
脚本賞取ってるのか

作品賞のノミネートはRОCKでしょ。
(“映画が人命を救う”という内容だし)

ネタバレもなにも結末は分かっているのに
それでも、最後の最後まで
ハラハラドキドキ

それにしても、お客さんが高齢の方が多くて
みなさん、トイレが近いっ!!
1秒たりとも見逃せない展開だったから
中には席が立てなくて、ご失禁されちゃう方も
いらっしゃるんでは?とこちらもハラハラドキドキ。


1979年イラン革命勃発
占拠される直前に逃げ出したアメリカ大使館職人6人
(その辺の政治背景は、なんも知らなかったあたしでも
分かるくらい、冒頭でガーーーーて紹介されるよ)
彼らを映画スタッフに見立てて国外脱出させるのにビックリ!!
これが事実なことにビックリ!!!
カナダ(大使夫妻)の優しさにビックリ!!

ベン・アフにビックリ!!
プロデューサーがジョージ・クルーニーなことにビックリ!!

なによりも映画館で職場の人に
バッタリ出会っちゃったことに
ビックリ!!
相方さんと一緒のとこ、思いっきしバッタリ!!

この秋、がっつりくるおとなの映画観たいなぁ、って人に
おススメの1本だよ。
DVDとかじゃなく、人質たちと同じように
逃れられない空間(映画館)で観るほうが
臨場感絶対出るもん。

理解不能の言語、異文化の街を旅する
ドキドキ(喜びと怖さ)も体感できるし


あーー、こういうときフォロワー何十万人の
影響力ある人になりたいっ!いや、それは怖いか。

みなさん、ぜひ!ぜひ!

今朝、会社のインフルエンザ予防接種に
行ってきたんだけど、
あたしの前に並んでた40代くらいの女性が
「注射が怖い、怖い」
なかなか打たせず渋滞発生。
イライラ ~~-y(-д`-#)))イライラ
おいっ、おばはん!誰に向けてのかわいいアピールだよ!
だったら来るな!ていうか、その太い二の腕には
ワクチン届かねぇよっ!( ゚Д゚)ゴルァ!

あたしは、注射大好きっ!
注入時をまじまじと見ちゃうもの。


そんなM気をたぎらすのがドラマ鑑賞。
ムカつくぅ!!と歯軋りしながら
毎昼録画してまで観てるのが
『赤い糸の女』なんだけど
「こいつ、頭悪りぃんじゃねぇか」
イラついてたのが『結婚しない』のヒロイン千春。
だって、彼女って「結婚したいのか」
「働きたいのか」「ひとりがイヤなだけなのか」
何がしたいのかまったく分かってないんだもん。

そこを突かれると春子(天海)に逆ギレ。
玉木くんに八つ当たり。

てっきりさ、30過ぎても、自分の人生、人任せの人は
「結婚できない」んですよ、という
千春を反面教師にする製作意図かと思ったら

次回の予告で
「千春の気持ちが、セリフが痛いほど分かります。30代女」
とかなんとか、視聴者の共感メッセージを紹介してて

・・・(・∀・i)タラー・・・これって「応援ドラマ」だったのか…と。
す、すみません、あたし、もうこのドラマ観ませんや。


もうさ、女性陣はみんなこの映画観ようよ!

『エクスペンダブルズ2』

……ポカ―(o゚Д゚o)―ン
(一部の)男ってバカですか??


男のことで悩んだり、不必要に難しく考えたりすんの
バカらしくなるよ。

男なんて、ヤル時「くびれ」なんて気にしないよっー。
て言うか、「ひとりが寂しい、
結婚の準備中、ケンカばっかりだよ」て
泣きついてくる元カレなんて
(『結婚しない』の中村俊介)、
「戻ってくんなっ!」とぶっ放せ!

シュワルツネッガーの「I’ll be Back」ネタ連呼
彼って、元々なまりが酷かったみたいだけど
演技素人の政治家がゲストで出演するみたいに
本当に、本当に下手くそっ!!
新入りの若手の死を悼むエクスペンダブルズの面々だけど
おめぇらがこの映画で殺した人の数
どんだけなんだよっーーー!!


長渕剛の主題歌が流れなかったけど
あたしも、「あーーーバカばっか」って
(そもそも体も頭もマッチョは好きじゃない)
妙に清々しい気分になったのだ。

んで、「女性版エクスペンダブルズ」製作の
噂も出てるけど、あたしはずっと
「日本版エクスペンダブルズ」の妄想を……

キャリアを考えればシルベスター・スタローンは
(この役は素人童貞なの?ゲイなの?)
千葉真一なんだろうけど
ずっと【松方弘樹】が脳内動き回ってるのだ。
て、ことはシュワは梅宮辰夫で、
ブルース・ウィリスはチョメチョメ山城新伍
>あっ故人か。

ジェイソン・ステイサムは現役で
主演作も作られてる人だから、
そのポジションは【高橋克典】

ほかに【赤井英和】、【渡辺裕之】
元石原プロで「大都会」「西部警察」出身だと
【苅谷俊介】さんあたり?
(現・石原プロはプライド高くて出てくれなさそう)
元JACだと真田さんや堤真一さんもNGだろうから
【伊原剛志】さん、大阪のノリで出てくんないかな?
交渉で揉めたら、「ギャバン」の【大葉健二】さんで。

【藤岡弘】さんは群れるの嫌いそうだからな~
「武士道」を伝えるとか嘘ついて、特別出演で。
若いけど【ケイン・コスギ】入れたら
パズルの最後のピースがハマッたように
なんかパーフェクト!!
ジャニーズなら【松岡昌宏】とかハマりそう。
どっかヤンキー的な“先輩後輩継承杯”みたいな
においがあったほうがいいんかな。

悪役は【倉田保昭】さんか。
個人的にはそこで【長渕剛】に出てもらいたい。
(なんかファンと客層かぶりそうで)
でも、それじゃ、ギャグにならんか。
『エクスペンダブルズ2』は、
演じてる本人たちもギャグ満載なのだ。


難しいこと考えたくない
何十億というお金や、何百人の労力が
この映画に注ぎ込まれてると思えば

いろんなことが、気楽になるよ。

“自分探し”“被害者意識の若者”
“田舎の人は善人”“オレ(私)不器用っスから”
“東京からやってきたプライドが高く
いけ好かない女”


そんなキーワードが散りばめられた
ドラマだったら即効、消そう。

(ちなみにあたしは『北の国から』
いや、このドラマを崇拝している40男が苦手です)

あと、『若者のすべて』とか『白線流し』のような
青春群像を今さらあたしが観られるのか?


『遅咲きのヒマワリ』

出演者たちが歌い繋いでいくオープニングから
グッと心をつかまれて

そのまま一気に、主要メンバーみんなが
大好きになったよ。

さすが橋部敦子さんの脚本。

人はやっぱり多面的で多層的で
記号みたいに簡単な性格じゃないよね。


派遣を6年してて(うちの会社もそういう男子
たくさんいるよ)解雇され、
彼女にも振られた丈太郎(生田くんカッコいい!
やっぱり並ぶと弟はフツーの素人の顔だよね)。
地域おこしの職を求めてやってきた四万十市で
彼が一生懸命仕事をやってる姿が良かったし
でもどっかで「雑用」だと舐めてかかってて、
それが隣人の女性の急逝で、責任感じてゆく姿に
それを優しく見守る市役所の面々(松重さんや桐谷くん)も
好感度大。


人によって態度変えたり、愛想良くしたり
時には機嫌悪かったり、尊大な態度取ったり
いつも“いい人”じゃないし
逆に、“悪い”だけの人もいない。
(最近のニュースに出てくる人たちは知らん)

決して、完璧でないふたり、
「雑用と思ってました、生きてくために重要なことでした。
すみません」
と丈太郎も、
そして、街の人の命を預かる重さを知った
かほり(今まで一番かわいい!真木よう子さん)も
「すみませんでした、生意気なこと言ってすみませんでした」
両人とも、ちゃんと“謝って反省する”ことができる人なんだよね。
いや、ここ最近の主人公たちは「自分が正しい!」と
悪気がないからさ
(朝ドラの人たち)
そういう人って成長しないじゃん。

でもこのふたりは優しく見守っていきたいもん。
えへへ、おとなの余裕。

クールな看護師の彩花も仕事はしっかり
でも、家では弱かったり。
香椎由宇って演技こんなに上手かったっけ?
結婚前の彼女を、思い出せない……)

ただ、国仲涼子の(友情出演)もだけど
ましてや(他のドラマの)瀬戸朝香の(特別出演)という
クレジット扱いに
「お前らも、偉くなったのぉ」と違和感あるんだけど
彼女たちも年取ったんだもんね。
(瀬戸さんの場合、ジャニーズ懐柔策か)

あたしも青春真っ只中の彼らの親に近い訳で。
実際、かほりの上司の教授の
「君も臨床に方向転換するチャンスなんじゃ」と
四万十への出向、親心?先輩心として
分かるもん。
下手に自己過信して合わない場にいるなら
ほかの道探したほうがいいもん。
(うちの職場にも何人か言いたかった人がいる・笑)

まぁ、そんなおとなになったあたしも
「どこに進めばいいのか」
「この先には、一体何があるんだろ」

わかんないけどね。

これは観続ける!!!
いや、なにがあるかわかんないけど。

「よし、決まった!」と自己満足いっぱいの
ブログ記事にコメントが全然つかなかったり

10分ほどで勢いのまんま書きなぐったことに
反響が大きかったり。
これってブログあるある?

恋愛も、自分が宝物のように大切にしてきた
思い出や言葉を、相手はスッカリ忘れてて

逆に、こっちが見ていなかった情景を
向こうは心に刻み込んでたり。

そして記憶のファイルは開くたびに
少しずつ調整が加えられてて上書き保存され。


今はもう別れてしまった恋人たちが
【夢】の中で、お互いの記憶をたぐり寄せる物語


純愛物語 meets YUMING
『8月31日~夏休みの最後の日~』

初めての帝国劇場は、館内やインテリアが
昭和の美しさなんだね~。クラシック!!

(;・∀・) ク… (; ∀・)クラッ…(; ∀ )シック…
お客さんかなりクラシックなんですけど
もちろんアバクロのラグシャにカバン斜め掛けの
おネエさまカップルはたくさんいるんだけど
ユーミンの一般ファンていうと
クリスマスにホテル予約したり
スキー場でズキューンと手でピストル真似たり
あたしより少し上のバブル謳歌のカップルって
イメージだったんですよ。

それが花王バブに浸かってるような老夫婦ばっか!!

そんなみなさんはどう思ったのかしら?
だって、だって演劇の部分のストーリーが稚拙なんだもん。
「誰よりも、ユーミンよりも
ユーミンの歌に精通している!」と豪語していた
旦那・正隆さんの脚本なんだけど
80年代の少女マンガ?90年代のトレンディドラマ?
2000年代の韓国ドラマかいなっ!


そしていつものごとく【選曲】!!
「おめぇ、曲作りに精通してるかもしんないけど
ファン心理分かってねえじゃんか!!」

もちろん、マニアックなセットリストに喜ぶ人もいるでしょう。
でも、せっかくの【40周年】なんだもん。
ファンの人生に寄り添ってきた
みんなの記憶の中に流れてきた

往年の大大大ヒットメドレー入れんかいっ!!
ヒロインの心情を表すにも
この歌ってどんな歌だっけ?ってイマイチ共感率低し。

演じる貫地谷しほりさんや吉沢悠くん
そして元宝ジェンヌの陽月華さん(立ち姿マジキレイ!)
彼らの一生懸命さに、なんだか胸が熱くなったし

なーによりも我らの【女王】
ユーミンが登場するたびに、後光が射す…
いや、後ろからだけじゃないな
彼女の周りの空気がダイアモンドダストが舞ってる様に
キラキラ輝いてて

それこそ、あたしがずっと追い続けてきた【夢】ですよ。

そんなこんなで、いつものように
ラストは「ユーミン、ユーミン、ユーミンスゴイ」
って唱えながら
胸の前で手を合わせてる(拍手してる)
ユーミン教の信者と化してましたが(笑)


♪あなたを信じてる 瞳を見上げてる
ひとり残されても あなたを思ってる
青春を渡って あなたとここにいる
思い出列車に乗る 今日の日が記念日♪

『ANNIVERSARY』って好きじゃなかったんだけど

若くて、未熟な、でも一生懸命な恋。
あたしも、大学時代好きだった人のことが
その人との思い出が
ガーーーーーって蘇ってきたのだ。

たとえ、彼が忘れてしまっていても
そこには、いつもユーミンの曲が流れてたのだ。


↑このページのトップヘ