妄想特急999

ブレーキ壊れた妄想特急ε=ε=ε= ヾ(*~▽~)ノ止まるときは何かにぶつかる時。MOVIE!BOOK!COMIC!TRAVEL!「欲望」という名の列車に乗って日々加速中!まずは http://mousouexpress.blog.jp/archives/6265440.html を読んでもらえれば。

2012年10月

ええ、観てるんですよ、今回、ほとんどのドラマ。

しかも昼ドラ『赤い糸の女』
色ぼけキチ●イヒロインとファミリーを
就寝前に、「バーカ!バーカ!」て
激昂しながら観てるから
寝覚めが悪い、悪い。

(上田や別所の人たち怒らないのかなぁ?)

喉が痛いし、耳かきが見当たらないし
さっきまで書いてたブログ、間違えて全部消しちゃうし
なんかイライラしまくってるんすけど。

八つ当たりって訳じゃないんだけど
やっぱりキムタクって存在はアンタッチャブルなのか?

『武士の一分』や『ハウル』の声とか
“キムタク”臭、抑えてて良かったから、
誰かがちゃんと演技指導すれば
彼はマジメに、期待以上に応えるんじゃないかな?

高視聴率やら、ジャニーズやら
いろんなもん背負ってて大変だろうけど

40歳になる彼に精神年齢マイナス10歳の役じゃなく
おとなのキャラクターを!!!

「孫に、おばあちゃんと呼ばせてないのよ!若いから!」
「あたしって、いくつに見える?」って
若さを無理強いしてくる女の人と
カブるんだけど。しかもキムタクファンって
そういう女性多そう。なんとなく、だけど。

逆に彼は20代半ばで『ロンバケ』やら
『眠れる森』とかで、大人ぽい役を
年上の女性と恋に落ちる役をやってたんだよね。

うーーん、その反動なのかな?
年上の女(中山美穂)→同じ年(常盤貴子、深津ちゃん)から
相手役を、どんどん若い女優へ移行してるもんね。
(私生活の姉さん女房に辟易してきたのか?)
そこらのおっさんと一緒じゃんかよー。
次あたり、武井咲ちゃんや剛力さんあたり
彼女役にするんじゃないか、ヒヤヒヤもんよ。


で、ロンバケで相手役だった山口智子さんの

『ゴーイング マイ ホーム』

あのバカ娘をなぜ怒んないっ?!
フードコーディネーターの母親が作った
お弁当をお金と交換してたバカ娘。
子どもが元々嫌いなのもあるけど
ああいう女(子ども)が嫌いなのよ。
人の気を引くために、問題起こす奴。


そして子どもの顔色ばかり窺って叱らない親。

って、この話は置いておいて。

年齢を重ねてからのロングヘアって難しいよね。
宮﨑あおいには感じないのに
山口さんの長髪はやっぱり古くさい。
W浅野もだけど、どんなにつややかな黒髪でも
昔と変わらないロングヘア(ソバージュも!)だと
その口から「だしょーー!」って語尾が出ないか
身構えちゃうもの。


ドラマの話のほうは、てんで進まず。
夏八木さんはこのまま眠ってるだけで
最終回迎えるのか?
新井浩史くんは、フツーの人で終わるのか?
(突然誰かを殴るんじゃないか、ドキドキ)

帽子をクルッと裏返しになると
テングダケってキノコになるクーナだか
ケーナだか(それは田中健)
もうどうでもよくなってきちゃった。


熱っぽいので、葛根湯飲んで、今日は寝ようっと。

あーー、あたしも疲れが取れん。年ね。

日曜の夜は、翌日からに備えて
引きこもるようになったのは
いつからだろう。


まっ、土曜の夜も引きこもってるんすけどね。
最近(今さら?)『ガラスの仮面』にハマったという
ケンコバが『にけつッ!! 』で千原ジュニアに
マヤのセリフ覚える時の白目モノマネしてたけど
あたしも、そんな状態で毎週マンガやら小説に
ブツブツ読んでますよ。

そんななか『ミュージック・マガジン』11月号の
小泉今日子特集
吉田豪さんによる本人インタビューのなかで
「10代の頃何者でもなかった自分を
応援してくれていた人たちの
“青春”に責任をとるために歌う」
って
キョンキョンの言葉に、ちょっと泣けた。
芸能界の最前線を、いやアイドルとして
30年走り続けてきた彼女の言葉だからこそ重い。


キョンキョンが30周年ってことは…
おーーーーいっ!!

安室ちゃんは今年20周年(ライブが楽しみぃ!)
ユーミンは40周年(帝劇の舞台についてはまた)
あたしは10年周期で、歌姫に人生を注いでるのだなぁ。
えっ?!20年と40年の間がいるって?

おーーーーいっ!!どこにいるんだーーいっ?!

てな訳で、日曜の夜、
つまんない大人になったあたしは
自分で、彼女を追いかけた“青春”に
責任を取りに行きましたよ。


あの方のモノマネをする【生森明菜】さんの
AKINA NAMAMORI LIVE2012
新宿2丁目へ。

もーーーう、みなさん!!YouTubeで
チェックしてみて。
これとか。
男性なんですよ!
しゃべりも、歌も【生声】なんですよ!!

はるな愛ちゃんみたいに口パクじゃないんだよ。
友近もビックリの、すんごいレベルなんですよ。

用事があって3部からしか行けなかったんだけど
怒濤のシングル・メドレー
会場を埋め尽くす明菜ファンのゲイのみなさん。
当時、自分がなんなのか分からず
(今みたいに“ゲイ”なんて言葉も情報もなかったしね)
明菜に、明菜の歌に、自分の“悲しさ”や“孤独”を
重ね合わせて生きてたのかなぁ?

その中でも【陽】の聖子にいかず、
【陰】の明菜を本能で選んでたんだよね。
ただ改めて聴くと、『禁区』や『ミ・アモーレ』までは
歌を届ける“歌手”なんだけど
それ以降は『難破船』とか
明菜自身の人生劇場っていうか、
歌に飲み込まれていっちゃうんだよね。

「ステージ上で泣いたら、ほかの女装エンターテイナーに
怒られちゃう」と(ミッツ・マングローブもお客で来てた)
明菜のように、空(くう)を見つめて涙をこらえる生森さん
そんな彼女に大声援を送って、
♪アモーーレーーーー♪
♪ゲダップ、ゲダップ、ゲダップバーーーーニンラーー♪

一緒に大声で歌う観客。

一緒に行った女友だちと「元気が出たよね!」
「パワーもらったよね、あたしたちも
自分でブレーキかけたり、限界つくったりするのはやめよ!
走り続けよう!!」

月に吠える夜(←高見沢さんと小室さんの曲)

♪夢はそうよ見る前に醒めてしまったら
なーーんにも、なーーらない!
ゲダップ、ゲダップ、ゲダップバーーーーニンラーー♪


いつか本物の明菜のライブにもまた行きたいな。

やばい、どんどんバカになってる。

いや、「バカだね~」とは切れ目なく
言われてきたけど
昔、テレビで(フジの)女子アナが
漢字も読めなく、政治経済の常識も
知らないことに「なんなんだ、こいつら」て
憤ってたけど、

いま宮崎美子や、それどころか有賀さつきを
見るたびに、人はいつまでも学習意欲を持って
たゆまぬ努力せねばなぁ
、と。

アメリカとドイツはまだしも
フランスはミッテラン、
イギリスはブレアくらいで止まってる…

いや、日本の首相直近5人挙げよ…さえ。
ねえ、これってあたしが若年性痴呆症になったの?
昔は当たり前のように答えられてた(知っていた)
各国の首都や、県庁所在地、国民の三大義務とかも
ヤバいんだけど。

それに大好きだった、三面記事もね
(ここ何日か徹夜続きでニュースも見ていず
ようやく知った)尼崎の事件がね
「理解」できないの。もう訳わかんない。
文面を読んでも、人間関係図を見ても
????

キジカナにはまだまだ見えた闇が
この事件の加害者(関係者)にはまったく見えない。
ただただすべてを無にする「虚空」
ブラックホール。

桐野夏生さんや宮部みゆきさんあたりが
この事件を基にした(オマージュ)小説
書いてくんないかな?

いや、世の中、おかしいことばっかりなんだもん。
次から次へと起こる陰惨な事件
なんかもうさ、後ろを振り返ったら
わが身に降りかかりそうなくらいだよね。

原発やら、隣国との関係危機やら
それでも日常は続いてて。


アメリカの貧富の差や、学力問題
ハリウッド映画をも超えちゃっている
猟奇事件や政治や企業の腐敗を
そのキーワードの英語で紹介する
町山智浩さんの
『教科書に載ってないUSA語録』
もう、これがあたしの今の政治や国際情勢の
教科書ですよ。

ペイリンのことなんて笑ってらんない!
澤井健さんのイラストがまた毒にまみれて笑える!

いや、『ダークナイト』じゃないけど
正義が何か、何が正しいのかもわかんないもん。
ネットの普及で、今まで隠されていたものが
明らかになる!ネットって素晴らしい!
ていう人や
TwitterやSNSやらブログで
自分の意見(モヤモヤしたもの)を煽動してくれる
有名人の見識をリツイートしただけで

自分まで「正しい情報を選択してる俺」
「不正をみんなに拡散して悪者退治してるあたし」
「頭がいい」「正しい」

パソコンやケータイのワンクリックで
なにかを成し遂げた気になってる人もまた怖い。

そんだったら、あたしは
パソコンやケータイのネットで
エロ画像や、かっこいい男情報探しに精出すわいっ!

((((((ノ゚⊿゚)ノ『ガリレオ』シリーズの
映画最新作から柴咲コウが降板
させられたって。
速攻ネットで調べたら
なんでもゲストで出る織田裕二との共演NGって。
もちろん、ただの噂なんだろうけど
あたしはこういうの確証してなくても
「ふぅーーん」って心にメモるのが大好き。
キターーーーー!のモノマネタレントさんの出演
圧力かけたり、彼はやることが……。

どうせだったら、ライバル不仲説が流された
中島みゆきのラジオ番組に

「みゆきさん、誕生日おめでとう。
もしどうしても男が駄目で女に走る時は、
まず私に連絡ください」
ってメッセージを送った
ユーミンくらい、悪口慣れしてればいいのに!

(あっ、あたし、悪口を笑いに転化できる人が好き)

よくさ「女同志はドロドロしてて面倒くさい」って
“同性から”嫌われる女が、男に言うけどさ、
おかまが一番ドロドロしてますから!(笑)

平安時代から、江戸の徳川の大奥まで
やることは変わらないそうで、

部屋の前にゴミを撒かれた有功(堺雅人)。
いや、平成時代のマンションでも
あたしの女友だちは玄関前の猫の額ほどの前庭に
ゴミ撒かれましたから!!
そんときは「主婦って暇だなぁ」って
偏見に満ちた耳で聞いてたけど
男とか女とか職業とか年齢関係ないよね。
狭い世界、閉塞感のなかで生きてたら
(このドラマの場合、「家光は女」という事実を知ったものは
一生、未来永劫に大奥から出ることができない)
心も、滞って、濁っていくのだろうな。

『大奥 誕生』第2話

田中聖くん、最初に知ったのが
“あびる優の彼氏”で、だったから
イメージ最悪だったけど
よしながさんのマンガのまんまだよね、ビジュアル。
品行方正の嵐が大人気のいま
やさぐれ感あるKAT-TUNに頑張ってもらいたい!

そんな彼をいたぶる古参たちみたいなことしないけど
(ええーー、家光も並み居る男たちと
ヤリまくればいいのに!MOTTAINAI!と
思ったけど、あたしも首を縦に振りたくないメンツ


あたしもさ、いまの担当
(仕事の内容は多少変わってはいるんだけど)
10年以上務めてて、いつのまにやら
お局状態なんですよ。

そうすると、若い人たちが「良かれ」と
変革しようと励んでることを

「長年積み重ねてきたこと、勝手に変えるんじゃねー」と
苦虫噛み潰すことがあって

(顔には絶対出さないけど、あっ、でも嫌味言うてるか)
「あぁ、ダメダメ!!時代は変わっていくんだもん。
あたしも適応していかなきゃ」って自省したり

逆に、そんな若者に迎合しようと
(俺は若い感性なんだ!若者側なんだ!と)
なすがままになっている人とか見るとイラっとしたり。。

あーーー、ひとつの職務というか
ひとつの部署に、ずーーーっと長くいるもんじゃない!

自分では認めたくなくても
地縛霊のように、その場に憑りついちゃって
いままでのルールややり方に固執したり
自分の存在意義に執着しちゃう。

「流れない水は腐る」ように
会社という組織も動かしていかなきゃダメだよね。

あたしは、どこへ流れていくのか?
どこにも出ていけないのか?このままいていいのか?

(実際、先日仕事が徹夜で24時間以上
会社から出られなかった)
有功のように、青い空に流れる白い雲を
憧れを持って見上げてしまうのだ。


あぁ、ごめんなさい、ドラマの感想書こうにも
まったく違うこと、あたしの思いを綴ってるね。

今回一番ビックリしたのが、家光が有功に
投げてよこした猫の赤ちゃん(命名:若紫)
エンドクレジットで堺さんや麻生さんと並んで
「たま・こたま」って、ちゃんと役者(猫)名が
出てたこと。たまが姓で、こたまが名?
それとも、たまとこたま2匹で演じてるの?

なんかね、敵役の気分よ
新しい人たちの、若い人たちの道を阻んでるのでは?
春日局のように汚い手を使ってでも
守ってるのは、自分の立場だけなんじゃないかって。


ドラマって、年齢や立場によって
見方が変わるなぁ。

会社で異動する男性の送別会を
同じ部署の女性陣ですることになり
なぜか、あたしもメンバーにカウントされてた(@Д@;


みんなで悪口言ったり
結婚について語ったり
っ……て
フロアの女性陣で既婚者はひとりだけ。
職業的に特殊なこともあって縁遠くなるんだけど
みんなの理想高っ!!
ただ、自分のいまの生活のペース崩したくなくて
邪魔にならない人なんじゃ?

テレビ番組でも同じようなこと言ってた天海祐希さんの
理想の相手を探してたけど、彼女も無理だよね~。
金銭的にも精神的にも、もう男必要ないんじゃ?

そんな彼女の『結婚しない』

いつのまに、めちゃくちゃ仲良くない?
春子(天海)と千春
(菅野 なんかいつも以上に
彼女を物まねする梅小鉢の高田さんみたい)
あんな風に他人とすぐに一緒に生活できる人なら
結婚すぐにできるだろうに。


「条件もいいし、断る理由も見当たらないし」
という見合い相手が、
“海外勤務するにあたって
結婚しなきゃいけない男”だったこと
知ってドーーーン。

そのことを「男はこの人だけじゃないし」って慰める春子に
「じゃあ、ほかに誰がいるんですか?
あたしのこと好きになってくれる人なんていませんから!
ひとりでも生きていける春子さんには
こんな切羽詰まった気持ち分かりませんよね!
分からないくせに、同情なんでしないでください!」


ま、まさかの逆ギレ!!おめえは居候だろうがっ!
そういうネガティブさと、人に八つ当たりする
その性格が、お前から婚期遠ざけてるんだよっ!!

一気にこのヒロインに興冷め。視聴続行も微妙。

「35にもなって、ちゃんと恋したいんです。
恋した相手と結婚したいと思ってるんです」

あっ、あたし、今いいこと言ったっーーー!!てなドヤ顔。

35の女性にしたら、全然いいこと言ってないから!
この人「結婚したいのか?」「モテたいのか?」
「自分の存在意義、誰かに、みんなにも分かってもらいたい」
だけだよね~。


アスター「信じる恋」って毎回の花言葉は
『花の子ルンルン』かっ!!

♪どこかであなたとすれ違う
そういう気がします ルルルンルンルン♪

昨日の“女性飲み会”での結論は!
35過ぎて「結婚できる女」」は
すぐに男と半同棲ができ、っていうか
「妊娠できる女」って総意になりました。

(あくまでも、参加者の周囲の統計)

なんか、身もふたもない結果。

『赤い糸の女』のヒロイン唯美なんて
「本当にやりたいことを見つけたの!」って
3年間無給の覚悟で織物作家に弟子入りしたのに
そこに出入りする男と「これが赤い糸!」って
すぐに寝て、妊娠すからね~。動物みたい。
誰か、あのバカな男に唯美の過去を全部バラせ!!と
ドス黒いあたしですよ。


それにしても、女同士の毒出しは本当に楽しい~っ!
ただ、こういう「女」の集会での秘匿を
「男」に言っちゃうユダ(裏切り者)が時々いるんだよね~。

そういう女性は、結婚が早い気がする!
(これはあくまでも、あたしの私見デス)

↑このページのトップヘ