妄想特急999

ブレーキ壊れた妄想特急ε=ε=ε= ヾ(*~▽~)ノ止まるときは何かにぶつかる時。MOVIE!BOOK!COMIC!TRAVEL!「欲望」という名の列車に乗って日々加速中!

2014年01月

なんか、納得いかないなぁ。
って、misonoの引退撤回ニュースじゃなく(笑)

ドラマのスポンサー降りるのも
キリンやANAがCMを打ち切りにするのも。
ここで受け入れたら
この先どうなっちゃうんだろ?
氏名、連絡先がちゃんとわかる
クレームだけに対応していけばいいのに。


匿名でさ、twitterやブログで
文句や批判してる人なんて
無視すりゃいいんだよ
(あたしのことだ!)
そりゃ、ネットは便利だし
ブログを介していろんな出会いもあるけど
やっぱり、それは道具でしかないじゃん。

「子どもが観る時間に…」って
夜10時からのドラマなんだから
「観るな!」って親が言えっ!
「子どものいじめの増長…」って
ドラマぐらいでいじめが起きる
環境や社会制度を問題にしろっ!!
「ゆるキャラを使ったお酒のCM
子どもが飲んだらどうする?」って
知らねぇよっ!!!

自分の人生人に委ねすぎじゃね?

そもそもさ、ギャグがつまんないのが
このドラマの問題じゃん!!

芦田プロに、往年のW浅野(温子&ゆうこ)
みたいな演技させるなちゅうーーのっ!


逆に、今回いろんな友だちに
「観ろ!」と勧められるドラマが

NHKの『紙の月』

いま、一気に4話まで観ました!
(次回、最終回?!)

ヾ('A`;)ノぁゎゎ・・
あたし、ヒロインの梨花じゃないよね?


思わず、ドラマのあらすじを全部話して
当事者の彼(相方さん)に確認しちゃったわよ。

あたしたち、お金で繋がってないよね??て。
(たとえそうでも「うん」とは答えられないか)

っていうか、あたし、こう見えて(どう見えて?)
彼に現金をあげたことも貸したこともないもん!
えっへん!!(当たり前)

木綿子のように節約生活って
心までやせ細っていきそうで
絶対したくないけど
(まぁ、そこは独り身の気軽さ)
亜紀のように、買い物依存でもないし
ブランドも興味ないし
ぜいたくもしたくないし
(あたしの人生で一番高い買い物(旅行以外)って
MacBook Airだよ)
お金に関してだけは、分相応でいたい!!
(その金銭感覚だけは、親に感謝だよ~)

その3人を演じる女優さん
西田尚美さんは元々名バイブレイヤーだけど
おめぇが一番セレブだろ!てな水野真紀
倹約でキーキー言っている姿がはまり役!
(後藤田さんに苦労してるのかしら?)
そして、なんていっても、原田知世の透明感!!
やっぱりさ、女は40歳過ぎると
「キレイ」や「可愛い」じゃないよ~。
「品」だよ!!品!!
いまの彼女や薬師丸ひろ子の角川娘見てると
(水野真紀や沢口靖子の東宝シンデレラもか。
なぜに長澤まさみちゃんは、あんなに汚れた感じに?)
大切に、大切に育てられること、
愛でられることって、重要だなぁ。

10代、20代、30代で、養うべきものは「品位!!」

あたし、それが「全て」ではないと思うけど
ある程度「お金」で
「幸せになれる」業の深いおかまなんですよ。

梨花(知世ちゃん)みたいに、
年下の彼に誕生日やクリスマスには
プレゼントを買い与えたりしたいし
海外旅行のときは、どうせ1ルームいくらだから
あたしが出しちゃうけど、そういうときに
「プレゼントあげてんのにっ!」
「お金出してやってんのに!」
とか
「してやってんのにっ!」って
気持ちで、彼を俎上にあげたくない。

あっ、彼だけじゃなく、友だちにも。
誰かに何かしたい、祝ってあげたい!ってときに
躊躇せずに出せるくらいのお金は持ってたい!!


まぁ、今から20年前、就職活動で
当時人気だった銀行業界。
「あたしは、男に貢いで横領してしまう」のでは?と
恐ろしくて、受けることもできなかったけどね。

この先も、別に大金欲しくない!
社会的な成功も要らない!
宝くじ当たっても、仕事は辞めない!
ってなキレイごと言ってて、豹変しちゃったり(笑)
「5万円あげるから、
チャック下ろしてくれよぉーー」って
土下座してるおっさんになってるかも(〃≧∀≦)ゞ


いや、お金は大切だけど、やっぱり通貨でしかなく
自分の人生、お金に委ねないようにしようっと!
ネットも、お金も便利で、怖くて。
そこは品位を持って接していかねば!
目指せ!40歳からの原田知世!!

テレビで『失恋ショコラティエ』を観て
その後はチョコレートを頬張りながら
(あとハッピーターン)
少女マンガ三昧。
足元には、岡田准一くん著の
『オカダのはなし』やら
女性誌が散らばってて

もしも、強盗が入ったら、
ヽ(゚ロ゚;)ギョェ ギョッとなるよなぁ。

ソファに寝てるのが振り返ったら
42歳のおっさん!wwww


でも、男くさいのも好きなんですよ。
格闘技やら、バイオレンス、
飛び散る血と汗!!

(それが「男くさい」のかどうかは分からん)
『Gメン75』で幼い頃慣れたせいか。
それと横溝正史の金田一ドラマで、
あたしの神経強くなった!

本当にさ、『明日、ママが~』の
クレームくらいで、スポンサー降りた
企業の弱腰には、呆れてしまうや!

なんか原発以降さ、大企業やマスコミ
権力、大きなものに楯突けば“正義”と信じ
弱者を装ってるクレーマー多すぎっ!

自分が“神”にでもなった気かいっ!

まぁ、その血みどろバイオレンスも
カッコいい人がやってるのが大前提だけどね。

いや、そんなあたしでも
目が点 (・∀・)だったよ。


『ドライヴ』の監督に主演男優
そして舞台はバンコク!!ときたら
珍しく相方さんもノリノリだったのに

『オンリー・ゴッド』

賛否両論とか騒がれてたけど
こ、これは、否!否!賛!否!否!否!賛!!
まるで、ヒーヒーフー、ヒーヒーヒーフー!
この復讐譚、あたしみたいな凡人には
「あっ、神様しか人を赦せないのね…」
(原題は『Only God Forgive』
相方さんもキョトンとしてたよ。

主演のライアン・ゴズリングっておいくつ?
33歳かぁ。あーーーーーぁ。
きっとこの年頃の美形俳優さんって
「俺はカッコいいだけじゃないんだっ!」
見汚い格好して、作家性のある小難しい作品に
出たがるんだよっ!

ブラッド・ピットやジョニー・デップの
若かりし頃然り。
数年前のオダギリジョー然り。
いまなら瑛太とか?!
キャハハハハ 
遅すぎた“中2病”ってやつ?!

みんな年取ると(勃ちが悪くなると)
メインストリームのヒーロー役
演じたがるんだから

(あっ、ロバート・ダウニーJrもかっ!
ロバート・レッドフォードなんて
顔お直ししまくってでも!)
若くて、きれいなときから
そういう役演っとけばいいのに!


よれよれの白いシャツ着ても
パッツンパッツンのスーツ姿でも
その鍛えた体が見麗しい
ライアン・ゴズリング。


あたしが神なら、迷わず言うね!
お前は、脱いで、
素直にカッコいいー役やっとけ!!











『失恋ショコラティエ』
原作マンガを読みながら観てたよ。
なぜだ?テレビドラマになると
「片思い」というより
人の気持ちに鈍感な人たちの連鎖にしか
見えないのはっ?!(*`д´)ノ


でも薫子さんのように
あたしも先日声を荒げてしまったことがあり。
(薫子さんが水川あさみちゃんにピッタリ!)

例の彼女のある態度に、
「そんな見え見えの計算じゃん!」
文句を言ったら、彼は
「見え見えだから可愛いんじゃん。
がんばってるところがかわいいの!」


「それすらも計算だったら?」

「いいじゃん、別に。
そこは計算通りになってあげてもさー
何も損してないんだし。
かわいいもん見れただけで
こっちは幸せだからねぇ」


まーーったく同じ事言ってたよ。爽太(松潤)と。
自分のために、可愛くみせよう
好かれようと女性が計算したり
演出するのが、うれしいんだって。


バーカ!バーカ!!
ウルァッ(((((;`Д´)≡⊃)`Д)、;'.・グハッ!!


その割に、爽太は“悪い男”ぶったり
デートのお誘いを一度は断って
一度落としてから持ち上げたり
回りくどくて、面倒くさいなぁ。

まぁ、その失恋?をバネに
フランスに留学して、ショコラティエになって
お店まで持ったんだから
サエコを喜ばせようと、新作にも
チャレンジしてるから、ネガティブバンザイ!

あたしのネガティブパワーは
どこに行くのだろうか。



それは1995年 ひとり旅の楽しさに
気づいて、いろんな国をまわってた。
そのときに観たのが
『ビフォア・サンライズ
恋人までの距離(ディスタンス)』


主人公のイーサン・ホークが
同じ年ってことで
すごい感情移入したのよ。
彼にナンパされるセリーヌ
(ジュリー・デルピー)に!

そっちかいっ!
一夜だけのアバンチュールに憧れたなぁ。

そして9年後の『ビフォア・サンセット』

そしてそして18年後を描いた
『ビフォア・ミッドナイト』

いやぁーーー、胸がつかまれて
イタタタタタ…
。・゚・(ノД`)・゚・。痛イョォ~~!!


もうね、すべてのセリフを
メモしておきたかった。
心に留めたかった。

ウィーンでひとめぼれして
パリで再会して、結婚して、
双子の子どもと共に
ギリシアにバカンスに来ていたふたり。
さっきまでいちゃいちゃしてたと思ったら
彼のなにげない一言でブチ切れる彼女
嫉妬したり、イラついたり

そう、これはハリウッドの
ボーイ・ミーツ・ガールでも
シンデレラストーリーでもなく
時間によってその関係も移り変わっていく
彼と彼女の18年の物語。


感情的になって部屋を飛び出すのに
すぐに戻ってきて、言い残したことを
また言ったり
彼を傷つけて自己嫌悪に陥って。


地雷を踏んだくせに
「ヒステリー女の相手を受け容れてる
優しい俺」に自己陶酔してる彼に、
またまた爆発する彼女に、

自分を投影してしまい
イタタタタタ…。・゚・(ノД`)・゚・。


前2作のように、美しい街を歩いて
ふたりでしゃべっているだけで
ときめいたり、恋の駆け引きの
ロマンスから一気に、

現実的な夫婦の倦怠ストーリーに。
脱いだらドスコイ体型の
ジュリー・デルピーに
「女のほうが老けるの早いのか
イーサン・ホークいまだにエモい
青年気取りやがって!」
と悔しくなったけど
(「エモい」って言葉を使いたかった!!)

心は、迷ったり、悩んだり
情緒不安定な分
「女性のほうが若々しい」のかなぁ、と。


突然ですが、あたしは努力家です(笑)
いや、「努力する」ってカッコ悪いじゃん。
天性の才能がないみたいで。ないんだけど。

でも、『アメトーーク』の「ガラかめ芸人」で
「努力の亜弓さん派」が多かったから
書いちゃうね。

あたし、勉強も就職活動もとにかく努力したよ。
元がダメだから人の何倍もしなきゃって
ナメられたら「おかま」っていじめられるから

毎朝5時に起きて受験勉強したり
就職活動も100社近く受けた。
仕事だって、誰より早く会社に行って
働くようにした
(嘘くさいか)
実力のないバッタもんなの。
そもそもおかまは女のバッタもんかもね。

だから恋愛も、「うわっ~計算高い!」
「あたしなんかよりよっぽど女だね~」て
女性たちに言われても(バカにされても?)

だって、そうしなきゃ、伝わらないし、届かない。

だけど、恋愛は努力だけじゃどうにもならなかった。
ダメだった。だから悔しかった。

彼と新しい恋をはじめて、恋人たちの距離を
縮めてる彼女にだけじゃない。
「女」ってだけで、愛されたりする
この世の全女性に対しても。

どんなに努力しても、女には敵わないのか、て。
だから、努力が見苦しくても、
この恋だけは繋ぎ止めたかったんだ。


でも、この映画を観て
ううん、このシリーズ3作と、
その間に流れた18年を思ったら

彼とあたしの間にも、確実に15年の時間が
流れていたんだなぁ。

時間は、気持ちのなんの保証にもならない、
この先、どんな結末が待ってるか分からない、
「なんて思いやりのないやつなんだ!」と
ケンカしたり、気持ちがすれ違ったり
いまも悲しい思いをいっぱいしてるけど

何年か分からない人生のうち
ビフォア・サンライズ(朝がくるまで)
ビフォア・サンセット(日が沈むまで)
ビフォア・ミッドナイト(真夜中まで)
しゃべったり、ご飯食べたり、笑ったり
ふたりで時間を過ごしたんだなぁ、と

少しだけ楽になった。

あしたになれば、また地獄に叩きつけられて
「もう終わりにする!」て
叫んでるかもしれないけどね。

この手を離せば終わるのに、
彼からは離されたくなくて
行ったり、来たり。


そして、映画も心を動かしてくれるね。

もうね、もうね、この一言に尽きる!!

西島さん、カッコいい!!!

西島さん、カッコいい!!!!

ゲノムハザード
ある天才科学者の5日間』


これって韓国映画だったのですね。
なので、モムチャンの美しい撮り方を
分かってる!!!


さすが鍛えてる!
N!I!S!H!I!J!I!M!A!

ヒデトシ!ニシジマ!

『永遠の0』で何が不服かって
岡田くんを脱がせなかったこと!
いや、戦争の悲劇を描く
素晴らしい作品てことは
分かってるんですよ。
でもさ、だったら入浴場面とか入れるな!
白いランニングシャツの
筋トレシーン入れるな!!
余計な期待してしまうだろっ!

そこをさ、韓国の監督さん分かってる!

意味もなく、白いシャツをはだけて
傷を治す西島さん!!

「自分が何者であるか」考えるシーンは
も・ち・ろ・んシャワーシーン
強く水に打たれながら!

久保田利伸の
『TIMEシャワーに射たれて』が脳内に♪

ただ、記憶を差し替えられたことにより
(詳しくはネタバレになるから書けん)
二重結婚をすることになってしまった
主人公とそれぞれの妻。

人の心の移ろいなんて
脳から発する分泌物で
どうにでもなってしまうのか。
だからこそ、恋は儚く
記憶は切ない。

だからこそ、記憶に残らなくても
思い出を刻み付けたい。


いや、できることなら西島さんと!!

↑このページのトップヘ