妄想特急999

ブレーキ壊れた妄想特急ε=ε=ε= ヾ(*~▽~)ノ止まるときは何かにぶつかる時。MOVIE!BOOK!COMIC!TRAVEL!「欲望」という名の列車に乗って日々加速中!まずは http://mousouexpress.blog.jp/archives/6265440.html を読んでもらえれば。

2014年02月

。゚(゚ `Д)ノ。゚ヽ(  )ノ゚。ヽ(Д´ ゚)ノ゚。。゚ヽ(゚`Д´゚)ノ゚。ウワァァァン!!

雪で、電車に閉じ込められ
リアルタイムで観られなかった
『最高の離婚 Special2014』

続編ばかりで新しいものを
クリエイトしないフジテレビ。

だけど、これだけはずっとやっていいよ!
(って、視聴者上から目線)

日本中の男にぶつけてやりたいセリフ。

「なんでもいいか、
自分の意見が正しいかの
どっちかしかないの?」


連ドラのときも、すごい面白かったけど
主要キャスト誰ひとり、好きになれない
仲良くなりたいと思えない不思議なドラマだった。

「こいつら、友だちいねえだろっ!」てな
4人は相変わらずだったけど、
人付き合い出来ないなりに
最良のパトーナー見つけて幸せにおなりよ!

(って、またもや視聴者上から目線)

いや、人の幸せなんて分からない。
彼の、例の彼女は「友だちがいない」らしく
「俺がいないと…」って彼は四六時中相手をして…
あぁ、それが恋か。


「おまえは、周りに人がいるから大丈夫だろ」
なんて、工藤静香が歌う中島みゆきの歌詞みたいなこと
あたしは、言われちゃうんですよ。

いや、友だちなんて、いなくていいんだよ!
あたしは「そっち側」がいいんだよ!!

そんな精神状態で観てたから
一番苦手だった灯里(真木よう子)に感情移入しまくり。
あたしは想像妊娠しかできないけどヒーヒーフー
たとえ子どもが出来ても
「この子がいれば充分幸せ」なんて思えないだろうな。
(っていうか、灯里が言い出したにせよ
娘に、元カノの名前つけるって、「死ねば!!!」だね)
うちの職場に、綾野剛+向井理÷2な人がいんのね。
見た目はカッコいいけど、
つかみどころがなくて不安にさせるの。
そして、彼も若くしてバツ2。

学生時代から、告白されまくってその都度つき合って
自分から誰かを好きになることとかないんだって。
(ちなみに、相方さんも、よくそう言う)
自分で「選択」したことがないんだよね。
潮見さん(臼田あさ美)が言うように
彼に足りなかったものなんだよね~。
でも、そうすると女(あたし)は、余計不安で
「選んで」ほしくて、深みにはまる負のメビウス。


そんな潮見さんの言葉は
今回あたしの胸に致命傷を負わせましたよ。

「母親になったからですよ。
男の浮気一回許したら、男は女のこと母親だと思う。
許しちゃダメだよ。
一回でも浮気されたら、捨てなきゃダメだよ。
ずっと甘えてくるんだもん。
励まして、優しくして、我慢した分だけ、
女じゃなくなる」


ええ、あたしは、最初から“女”じゃないけど
友だちに言われるんだよね、彼とふたりでいると。
「母親みたいだよね」って。

灯里と一緒に、潮見さんとハイタッチしたかった!!

でも、ダメなんだもん。
「何されても結局許しちゃう…
離れられないこと、知ってるんだもん。
嫌いにしてよーーーーっ!!
って

あたしも何度叫んだことか。
いま、もしかしたら、いまのあたしが彼に
言ってる唯一のホンネかもしれない。

(あとは、嫉妬を隠したり
心の広いふりしたり。気持ち嘘ついたり
もう彼の知ってるあたしじゃない)


結夏(尾野真千子)の決意が逆に羨ましい。
でも、この4人を観ていると
いつだって、人生という物語の途中なんだよなぁ、
なにが起きるか分からない!
って。
だから、彼らの物語をこれからも観ていきたい。

あたしはいまだ「嫌いになれない」のに
「死ね!!」って好きな人を呪ったり
アンビバレントな日々だけど
そのとき決めた道も、感情も後悔も希望も
そのまま壊れていくかもしんないし

縁があれば、いつか会えるんじゃないかって
優しく思えたり。


あっ、って、そこまで鬱積してる訳でなく
最近は、真夜中に部屋でひとり
中島美嘉のモノマネ練習してるし。

さびしくない!←孤独やろ!!∑(;´▽`ノ)ノ

ぎゃーーーーヾ(゚Д。il|!!!!

電車の中に5時間!!!
いえ、あたしがいけないんですよ、あたしが。
実家まであと4駅というところで電車がストップ!
通常なら10分のところを5時間!!
12時ちょうどに動き出すアナウンスが
流れたとき、「やったー!ヾ(o≧∀≦o)ノ゙」と
声を出してしまったもの。

4駅なら歩けよ!てな距離でなく。
すごいローカルしか分からない話だけど
KO岡駅で止まって
N見D駅までなら歩くの無理でしょ、あの雪の中?

「東京電力から、電力不安定なため
電車を動かしてはいけないと連絡があり…」
って
何度も車内放送が流れ
「これって、原発動かせよ!って
翌日の選挙プロパガンダ?」
て陰謀説が(笑)
まぁ、東京都知事選とは関係ない神奈川の外れだけど。
鉄道会社の人も、東京電力からの
連絡待ちみたいで、先が読めず
何人もの乗客に詰め寄られてても
答えられず、かわいそうだったなぁ。

あっ、ホームに止まっていたので
何度もトイレには行けました、ハイ。

そもそも、病院に行かねばならず
重装備で雪の中、出かけたんだけど
こんな20年ぶりの大雪のなか
地球温暖化を止めるために撒いた薬品のせいで
雪と氷に覆われてしまった世界を描いた
映画を観るのも、記念になるんじゃない?


『スノーピアサー』
観に行ってしまったのですよ。

そしたら、本当に雪の中
電車の中に閉じ込められ……

別の意味で、記憶に残る映画になったよ。

もちろん、この映画のように階級で
車両を分けられてはいなかったけど
「ふざけんなよっ!」って
イライラし始めるヤンキーもたくさんいて
(ほら、横須賀があるし、って地域差別)
不穏な空気も流れたり。
(映画はポン・ジュノ監督らしく
エグかったけど)
でも、基本、みんな黙って待ってるから
日本人は偉い!!


この映画で革命蜂起を謀るリーダー役の
クリス・エヴァンスのような
カッコいい人は、あまりいなかったけど

というか、ホームや車内に流れる空気が冷たくて、
疲れて、探す気力もなかったよ。

やっぱり、暑い方が心も体も開放的になるのかな?
縮こまってると、話す言葉も減るしね。
どんなに雪が降っても、好きな人と過ごせたら
それはステキな白銀の景色なんだろうけど

あたしはただの帰宅難民

「人生を塗り替える一本」ていう
キャッチには
ヾノ゚∀゚*)ィヤィヤィヤィヤ!!

『RUSH
ラッシュ/プライドと友情』


でも、映画の配給会社の担当者は
分かってる!!!

主役ふたりの吹き替えに
Kinki kidsはピッタシ!

(って、字幕で観たけど)

マジメで、几帳面、神経質な
ニキ・ラウダの声に
享楽的なプレイボーイ、自由奔放な
ジェームス・ハントに光一
いや、実際の性格がどうとかじゃなくて
その関係性がね。


若かりし頃は、雑誌の撮影でさえ
ふたり一緒なのはNGと言われてた
キンキのふたり。正反対のキャラで
誰よりも疎ましく、嫉妬し、
負けたくない相手で

誰よりもそばにいて、一心同体の
パートナーなんだろうな。


って、勝手に妄想。

あたしはベタベタした友情ものより
価値観は違うし、憎まれ口もたたくけど
(でも、ラウダもハントも
金持ちの息子なんだよね~(# ゚Д゚)つ)

「誰よりもあいつのことは
俺がわかってるぜ!!
あいつがいるから、俺は強くなって
ここまでこれたんだ!


てなライバル関係が好きなのだ。
古くは、『あしたのジョー』から
『ガラかめ』のマヤと亜弓さん
『SLAM DUNK』の桜木花道と流川くん。

あと、とんねるずの貴さんが
昔ラジオでノリさんのことを
「20歳から30年付き合ってきて、
今でもNo1だと思ってる」

言ってたのが、今も耳に残ってて。

貴さんといえば、鈴木保奈美さん
その彼女を「氷を抱いてるようだった」なんだと
雑誌て騒がれてた前夫F1レポーターの川井さん
あたしにとってのF1で知ってることって
そんくらいです。(;´∀`)

(大学時代すごく流行っていて
サークルの人らは、鈴鹿に行ってたけど)

まぁ、今日職場のみんなと
「オリンピックで一番の思い出」
お題を話してるとき
「柔道の山下に手紙と写真を送った
和光の店員(現・奥さん)と
背泳ぎの鈴木大地が、宗教に入って結婚した
ブサイクな女!」
と言ったら
「競技、関係ないじゃん…」と呆れられたくらい
スポーツに興味ないんだけどね。


そんなF1をまったく見ないあたしでも
すんごく、すんごく胸が熱くなったよ。
「人生を塗り替える一本」には
ならなかったけど、
映画館で、レースのスピードを体感しながら
レーサーたちの刹那と、光と影、
心のなかを通り抜けていって


町山智浩さんが、この作品を観に
映画館にひとりで来ている
初老の女性がいたら
「そいつは、ジェームズ・ハントと
ヤッた女だ!」
って言ってたけど(笑)

クリス・ヘムズワースが本当に本当に
カッコ良くて、あたしも抱かれたい!!

いまさらながら1月にやってた
『TRICK』観たのだ。
三姉妹を演じた国生、藤田朋子、飯島直子が
怖かった(飯島直子の徹子のモノマネうまし!)

ただ、やっぱり最後は、っていうか
日本のミステリーは
『犬神家の一族』のオマージュになってしまうのか。

横溝正史の原作を読んだ事ない人も
市川崑監督や数々の映像化作品を観た事ない人も
知ってる気になるよね。
プールや海に入ると「助清!!」と
逆立ちしてしまうもの。


あたしは横溝正史大好きで
そのことを市川監督が亡くなった6年前に
ここで書いてた。

だいたい読んでいるんじゃないかな?
(たぶん「なかよし」で読んだ
高階良子先生の『血まみれ観音』が
初めての出会いかと。

原作は『夜光虫』。怖かったよ~
何度も書いているけど
横溝の世界はほとんどが
「金」「復讐」「愛情」と
明確な殺意のもとに事件が起きるの。

(『仮面舞踏会』のような例外もあるけど)
いまの事件や、フィクションの世界って
幼少期のトラウマだったり
猟奇的なのでも快楽殺人だったり
「だったら、犯人も被害者も
登場人物の誰でもいいじゃん!」
てなオチが多いんだもん。
“目的”持って、人殺せよ!(違うか)
そして、完遂したあとは、
自分でけじめつけろ!

あたしは普段紅茶派なんだけど
実家やどこかで日本茶を出されると
妄想スイッチオン!!!

そう、ここはふすまを開け放した
広い日本間。関係者が一堂そろった中
事件の動機や犯行を全部説明したあとに
目の前のお茶を飲み干すの。
金田一が「あっ、しまった!」と
手を伸ばしたときはもう遅いの。
自分で仕込んだヒ素。
口から血を流して、苦しみながら涙ひと粒。
愛する人に抱きかかえられながら
息絶えるんだ…。


こんな、妄想、いつでもしてきた。

だって昔は、そこかしこの「闇」が怖かった。
放課後の教室や図書室
通学路になってない脇道や裏山
自分の家でも、天井のシミや
真夜中のトイレ。

「8時だョ!全員集合」を観たあとに、
お風呂に入って出てくると
父親が観ているテレビ画面には
『Gメン'75』の陰惨なシーン。
シャブ中やキ●ガイがわんさか出てたり

(今やったら、放映即中止にさせられるのか?)
平日の昼間は天知茂の明智小五郎シリーズ
土曜昼間には『キャリー』や『サスペリア』の
血まみれや首チョンパシーンが流れてて
そんな「闇」に視界が覆われても
あたしらって、全然健全に育ってきたよね?
(そ、そだってないか?)

街はどんどん明るくなっていき
自主規制やら、押しつけがましい「正義」で
テレビも映画もどんどんライトになってるのに
なぜだろ、人の心のほうの
「闇」が色濃くなってるのは。


まぁ、実の父親が死んだときさえ
告別式で喪服を着た親族や
花に囲まれて遺族として席に座ってる時
「あっ、横溝正史の世界みたい…」と

心のなかで思ってしまった自分の“闇”も
相当根深いか…ヾ('A`;)ノぁゎゎ・・

(*´д`*)ハァハァ なんですと?
西島秀俊が下着のCMに出演とな!!!
解禁の8日、対象の男性より女性の方が
チェックするんじゃ?
あっ、ゲイを消費者とにらんでるのか?
でかした!!グンゼ!!!

そして『紙の月』最終回

「彼女にはない強い絆がある…
そう思い込む事で、幻の現実にしがみついてた」


il||li(つ∀-;)il||li アイターアイターアイタタター

たとえどんな大金でも
買えなかったとしても
その日会う時間も、彼の気持ちも。


いいじゃないよっーーーーっ!!
と、折れそうな自分の心を
奮い立たせてますよ。


「自分を探して逃げるのではなく
愛してみよう」

って、日本のドラマや映画、
そしてJ-POPって
「ありのままの自分」を受け容れて
愛されるの好きだよね~っ!!

そりゃ、愛されたいよ!

でも、あたしは「ありのままの自分」って
もうすぐ43歳になるおっさんですよ。

(さりげなく誕生日アピール)
テレビで「容疑者」として放映されたら
「やべぇよ、この人」ですからね!!

「ありのままの姿」で必要とされないから
働くし、気も遣うし、
頭も言葉もフル回転させるんだもん。


満員電車で、ドア付近に立ったまま、
(ホームに降りもせず)ボーーッとしてて
右や左から降りる人に押されて
クルクル回ってる女や
ランチで混んでいるお弁当やさんで
自分の番が来てから「どれにしようかなぁ」とか
考え出す女が大っ嫌い!!
周囲の人に「おめぇ死ねよ!」とか
心の中で毒づかれてるとか想像もしない女を
見るたびに、相手のことも考えないで
こいつはどんなSEXすんだ?マグロかっ!?

誰かに連れていってもらうと思うな!
エクスタシー!!


はっ!話がそれた。
そう、「ありのまま」なんてムリ!
リアルなんて要らない!

小さな頃から、「女優」になりたい!
「あの人に愛されたい!」
妄想力があたしの心の支えだったもの。
たとえ「ホンモノの金」じゃなくても
思い込めば、信じ続ければ
錬金術のように、ホンモノに近づけるのでは?と。

友情だって、恋愛だって、
人の気持ちなんて、思い込んでれば

…あっ、ストーカーになるのか?!

いやいや、なにげにこのパターンが多い
ハリウッド映画
この夏、全米でサプライズヒットとなった
『なんちゃって家族』

お金にも困った面々が、メキシコからの
大量の麻薬を運び込むため
偽装“家族”に扮するうちに……てな、コメディ。

あーーーくだらなくて、
でもすんごく面白かったっ!!

(劇場は外国人の観客が多く
そのドッカンドッカン笑う声に
「アメリカ映画観てるのだ!」てな臨場感で
余計、楽しかったぁ)

あたしは血の繋がりや(決して家族仲が悪い訳でない)
性別や年齢より
相手を思いやる気持ちが
人を結びつけると、思いたい!!


それにしても前作『モンスター上司』に続き
下ネタ満載、半裸になってお色気キャラを
演じるジェニファー・アニストン!!
ヒットしてても、いいのか、これで??


ジェンと同じ世代なら、原田知世のように
あたしは年取りたいよ!

『紙の月』で久々に観た彼女は
本当にキレイで、そしてヒリヒリと
これもまた面白いドラマだった~ヾ(*´∀゚)ノ゙

↑このページのトップヘ