妄想特急999

ブレーキ壊れた妄想特急ε=ε=ε= ヾ(*~▽~)ノ止まるときは何かにぶつかる時。MOVIE!BOOK!COMIC!TRAVEL!「欲望」という名の列車に乗って日々加速中!まずは http://mousouexpress.blog.jp/archives/6265440.html を読んでもらえれば。

2014年02月

少女マンガ持ってて通報されたら
あたしなんて、どうなっちゃうのよ!!

少女マンガがなんの作品なのかが気になる?!
@札幌監禁事件

あたしなんてさっき松潤のドラマの原作本
『失恋ショコラティエ』の最新刊?7巻の
展開に、腹が立って、頭が沸騰して
(ノ*`Д´)ノキィィィって、本を
壁に投げつけようかと思ったわよ!

(って、大切な本をそんなことしないけどさ)

うぅうう、詳しい事は書けない。
ドラマを楽しみにしてる人もいるんだもんね。
あたしは、イチ抜けたっ!!

と、プンプンしたまま、その後に読んだ
同じ作家、水城せとなさん
『窮鼠はチーズの夢を見る』
続編の
『俎上の鯉は二度跳ねる』

あぎゃーーーあぎゃーーー
♪どうして、どうして、僕たちは
出会ってしまったんだろ?
壊れるほど抱きしめた♪
『リフレインが叫んでる』ひとり大合唱ですよ。
昭和のレコード大賞受賞者並に
鼻水と涙垂れ流し、声をつまらせての
涙の熱唱
(こっちの姿の方が近隣者に
「不審者がいます!」って通報されるわな)

ごめんなさい!ごめんさい!!
さっきは激情にダークサイドに落ちてしまって。
水城せとなさん!!
あたしはこのBLマンガを手にしてて
通報されても、逮捕されてもいい!
我が人生に悔いなしですよ。


精神的な男同士の愛や絆もので
吉田秋生さんの『BANANA FISH』が
あたしの人生ベストテン第1位のマンガなんだけど

それや羅川真里茂さんの
『ニューヨーク・ニューヨーク』に
匹敵するほど、
胸をグワシッてつかまれて
今週の第1位!!!

♪どうして、どうして、あたしたち
離れてしまったのだろう?
あんなに愛してたのに♪

ブログを読んでくださってる方も
ずっと“謎”だったと思うんですよ。

それこそ長年、あたしと彼の横で
過ごして来た友人たちも。

ノンケの男をどうやってゲイが落とすのか?

落ちた時点で、その相手もゲイ
いや、バイじゃなかろうか?

そしてそのラインを越えたほどのふたりでも
なにが不安になるのか?
落ちた先は奈落の底なのか?


彼女ができたときに、別れるって決めてたのに
そのために、いつも精一杯好きでいたのに

神様、どうか、どうか
この先どんな思いをしてもいいから
僕から、彼だけは取り上げないでください!と
何度も祈ってしまうのか。


その答えが、全部、このマンガに描いてあったよ。
興味ある人はぜひぜひ読んで!!

もちろん、僕はこの作品の登場人物のように
美形でもないし、結末もどうなるかわからないけど。

♪投げつけた淋しさを受け止められずに
そのまま、そこから離れて行ったね♪
♪でもあたし、あのときのふたりのことが好き。
涙も季節もふたりを包んだすべてが、
たまらなく好き♪

ユーミン、小田和正さん、財津和夫さん
3人が作詞作曲して歌う『今だから』って
やっぱり、名曲。

坂本龍一さんや高橋幸宏さんら
バンドメンバーも本当に豪華!!ここをクリック。

あぁ、本当に、好きだったなぁ。

『S 最後の警官』を観てると
「生ぬるいなぁ」って思っちゃうとこあって。
そりゃ、日曜9時のドラマだから
「容赦ない」展開にはできんだろうけど
あんな「熱血」で勝手な行動する
一號なんかに守ってもらいたくないよ~。


あっ、別に韓国や香港映画と比べてとか
ハリウッドがどうとかじゃなく
だって、スゴいお金をかけて
世界でヒットしてても
うへぇーーーって思う映画は量産されてて

『マイティー・ソー:ダーク・ワールド』

いやーー、ヒドいなぁ(笑)

2D上映を探して、新宿ミラノ座へ。
歌舞伎町のど真ん中で、自由席。
怪しいお客(おじさんひとり)が
ポツポツと座る昭和の佇まいの映画館で
「うわっ!なんじゃこりゃ!」
とか、いろんなこと思いながら
気軽に観るのが、楽しいんだけどね。
(シネコンって、ちょっと構えちゃう)

全宇宙を滅ぼすパワーが
体に取り込まれちゃった
ナタリー・ポートマン。
彼女のせいで、ソーの星は半壊するし
いろんな人が死んじゃうし…

もう、続編に出なくてすむように
「あたしの役、殺してちょーだい!
じゃなきゃ、控室(トレーラー)出ないわよ!」
って撮影現場で駄々をこねなかったのかなぁ?

(あたしがアカデミー賞女優だったら、やる!)

名優アンソニー・ホプキンスが
剣を持って、CG相手に格闘してるのも
なんだかなぁ、だけど
最後の最後に、あのアカデミー賞俳優までが
変なコスチュームで出てきて
「お、お前もアベンジャーズに入るのか?!」てのに
一番、驚いたよ。


あと、こういうの観て
相方さんが「ひでぇなぁ」って言うのも
気が楽。寝ててもいい。

もちろん、一緒に観た映画が
「あのとき、ふたりで感動したよなぁ」と
彼の歴史に刻まれるようにしたいけどさぁ
もう、ムリ!ムリ!!


ちょっと前に書いたけど
彼がいなくなったとき、ひとりは怖いと
(正確には、いなくなっても保険があるよう)
ゲイの出会い系に登録したら、奇特にも
告白してくれた人がいたんだ。


その方が先日「いま駅に来てます。
会えませんか?」
って。
ぎゃっ!ストーカー殺人?!
これって、警察に届けたほうがいい??
(人に好意持たれたことなくて
対処がわからん(゚ロ゚ノ)ノ)

いや、そこまで来てくれたら
会いに行かないわけにいかないよね?!
「その人をキープしとけばいいじゃん」て
意見もいただいたのですが
会ったらね、「これからも週末とか
一緒に映画を観に行きませんか?」
て。

あっ、ダメだ。そこはダメだ
SEXすることはできても、
映画はダメだ。そこはあたしの聖域だ。
(大学時代、20代の頃も
一緒に行く女友達は決まってた)
映画だけは、あたしの魂に触れる(?)人とじゃなきゃ
ダメだ。その人にしたら
もう一度、念押しで告白するより、
ハードルの低い誘いだったのかもしれないけど

あたしにとっては、重要なキーだった。
彼以外の男の人と行くなんて
想像できなかった。
「ごめんなさい」って頭を下げたよ。
すんません、こんなブサイクなおかまに
優しくしてもらったのに。


「家はどっちなの?」って聞かれて
「あっちだよ」って
反対方向指さしたけど。m(。≧Д≦。)m

こんなのいまの邦画でつくったら、大変よ。

「飛行機のパイロットや
客室乗務員が、搭乗中に
お酒を飲むなんて不謹慎だ!」

「ましてや、
SEX&DRUG!」


『アイム・ソー・エキサイテッド!』

なんかさ、いまって
「笑い」に手厳しいじゃん。

「お笑い」批評家多し。
その割には、冗談通じないし
ドタバタコメディって、
忌み嫌われるし~。

むしろ、あたしはそっちが好きなのに。
好きなお笑い芸人は、誰か聞かれて
「東野と出川と松ちゃん!松本じゃなく
松村邦洋のほうね!」
って答えると
「わかってねぇなぁ」って
顔されるもの。


『あらびき団』終わったあと
ちゃんと観るのって
『ゴットタン』ぐらいだもん。

あたしはバナナマンの日村がやる
「ヒム子」が大好き。
だって、下手な役者より
(『失恋ショコラティエ』の佐藤隆太は
どうにかならんのか)
よっぽどゲイの心意気を
演じ切ってるもんっ。

(ホンモノと思ったもん)

ペドロ・アルモドバル(おかま)の下品さ全開の
この映画でも、
(たぶん)ノンケの俳優さんらが
ゲイのスチュワード3人組に扮するんだけど
それが、うまい!!

「○○わよ~」とかオネエ言葉じゃないんだよ~。
やっぱりゲイの特徴は手首のスナップ
脇の締め方、肘の角度、手の使い方!!

そこをさ、世界に君臨するゲイの橋田寿賀子!
エルトン・ジョンと双璧をなす
ペドロ・アルモドバルが
ちゃんと演出できてんだよね。

3人が歌って踊るミュージカル・シーンなんて最高!
こんな演技できる、日本の俳優って思いつかない!

ぜひともヒム子と、平井堅と氷川きよしで
やってほしいよっ!!

↑このページのトップヘ