妄想特急999

ブレーキ壊れた妄想特急ε=ε=ε= ヾ(*~▽~)ノ止まるときは何かにぶつかる時。MOVIE!BOOK!COMIC!TRAVEL!「欲望」という名の列車に乗って日々加速中!まずは http://mousouexpress.blog.jp/archives/6265440.html を読んでもらえれば。

2014年08月

入国審査の混雑に突然の怒声
列に横入りしたとかで、
韓国人のおばさんと子連れママさんが
殴り合いのケンカはじめた……

ボコボコっ、と。え、映画みたい…
キムチや辛いもの食べてるせい?
(決して、差別で言ってません)
やっぱり、血中温度高いよなぁ。

まぁ、旅行前にビザを申請しに行くのはもちろん
入国の際には、日本円、米ドル所持金全額
カメラやパソコンの有無も申告
しなきゃいけない
厳しい審査で、入国に時間がかかるのも無理ないか。

いまウズベキスタンに来ています。





そして、入国をすれば、いっせいに注がれる
タクシー運転手の目!目!
旅行者から、カネ巻き上げてやるぞ~
「タクシー!タクシー!!!」の声
あたしも戦闘態勢に入らねば…
ドライバーの「10ドルでどうだ!」
「ノー!!5ドル!!」と言い返したら、
あっさり「OK!」と。
へっ?!どんだけボッてきたんだ?!
しかもめちゃくちゃ笑顔がチャーミングな
おっさんだったし。
「乗り合いタクシーは、
日本人旅行者に声かけて
シェアできるようにしてください」
って
国内飛行機と鉄道の手配を頼んだ
ウズベキスタンの日本の旅行会社の人に
アドバイスされてたけど、
日本人いないんすけど……
いまだ、誰とも会ってない…。
赤いパスポート見てない……。


タクシーどころか水も食べ物も相場も分からない。
交渉も面倒くさい。
しかも200ドル換金したら
500枚の紙幣!!!
財布なんか意味がない。
数えるのが大変!!
(そのくせ、何十枚の札束で支払うと、
お金を確認しないアバウトさ)




ホテルにパスポートを預けて
滞在証明書をもらわなきゃいけないし


ホテルや店の人も、街の人も
気さくに「ジャポーーン」と話しかけてくるけど
何言ってるのかさーーっぱり分からない
そもそも何書いてあるのかも、
まったく読めない

ガイドブックには「下痢に気をつけろ!」
「トイレに紙を流しちゃいけない!」て
書いてあるから、ナーバスになるし
(その割に屋台とかで食べまくってるけど)

毎朝、移動で朝早く起きなきゃいけなくて
目覚まし時計ちゃんと鳴るか
何度も確認しちゃうし


もう面倒くさいっ!!!
ひとり旅って、個人旅行って!!
全然旅慣れないし、不安MAX!!
もう心がザワザワする。

でも、そのザワザワ
海外旅行をはじめた10代の頃や
インドや南米、アフリカに行った時の
感覚を思い出す。
「ここで今死んだら、親は遺体を引き取りに
この地を踏むのかなぁ?」
もうなるようになれだ!!
人生と一緒。旅行もトラブルや寂しさに
巻き込まれたら、そっからどうやって
立ち直るかだ。

♪寂しくたって、わたしは負けない♪
むしろ、どんなことが起こるの?!
どんな途方もない景色が現れるの?!
テレビやインターネットでは見られない
想像力を超えたものが、この国にはあるの?
ザワザワワクワクに変わってくる
この感じが好き。

面倒くさいこと大好き。

Lonely 壊れそうで崩れそうな情熱を
つなぎとめる何かをいつも捜し続けてた~♪


両手広げて、朋ちゃんのおっさん。


アンニョンハセヨ~。

いまはトランジットで韓国の仁川空港デス!
羽田からの飛行機、某大物芸人の奥さんが。
(韓流好きで有名だもんね~)
若い女に心奪われようが、頑張っていきましょう!と
手を取り合いたかった。

久々のひとり旅。
2週間前の、カータンとのぞこの旅が
ワイワイガヤガヤ楽しかっただけに
♪寂しくたって、私は負けない♪

そういえば、『GODZILLA』
えっ?!監督って日本の怪獣映画じゃなく
高倉健さんや菅原文太さん?てな任侠ものが好きなんじゃ?

オレは黙って、けじめをつけるぜ。
背中(尾びれ)で語るぜっ!てな話でビックリ!
ほかの怪獣の交尾が始まりそうでビックリヾ(o´∀`o)ノ
(いつあんなに子ども作ったんだ?)
最後、ゴジラがツバキス(ゲイビデオでよくあんだよ。
相手の口にツバを垂らすプレイ( ゚∀゚)・∵ブハッ!!)
すんのかと思ってビックリ!ビックリ!!

そういえば、あたし、
オリジナルの東宝「ゴジラ」って
観たことないや。
「なぬ?!寅さん観たことない?!
へいちゃんの金田一ない?!
五社監督の遊郭もんが観たことない?!
『Wの悲劇』の三田先生の演技は?!
邦画、なめたらあかんぜよっ!」

普段は、口を酸っぱくして言ってるのに
はい、あたし、「ゴジラ」ない!すまん。

ただ、この映画、日本人が観ると
「放射能、原発なめんなよっ!
津波なめんじゃね~っ!!

アメリカ人って、やっぱり能天気~
こりゃ、核を撃ちまくるや。
イエィイエィな描写が多くて…。


あっ、搭乗時間がやってきた!
行ってきます!!
あたしもGODZILLAに負けず
ニッポンの親善大使として、向かいます!

ベランダでさっきから
音がしてて―――
やだ!覗き?!
恐る恐る(期待して)見たら
飛ぼうとしては力尽きて
窓に激突して落下するセミ

こんなコンクリートの上で
最期を迎えるのはかわいそうかなぁ
土に還すほうが…と思ってるうちに
どこかに飛んで行ってしまった。

人生って短い…

そんなセンチメンタルになっても
先週からずっと働きづくめで土日も出勤。
あたしは管理職なので
平日は残業代ないけど、休日手当が
1日3000円ヽ(・∀・)ノワチョーイ♪
って、時給300円(*>Д<)≪
社畜生活まっしぐら。ブログさえ書けなかった。

そんなとき、テレビに映っていた
木村拓哉が、仕事について語ってたよ。
正しい、そりゃそうだ!」
ただ、「正しさ」ってつまらないのだなぁ。
彼やSMAPを「好き!」と言えたり
その眩いスター性を認められたら
楽しかったんだろうな、27時間テレビ。

けど、あたしは彼らが
「こんな質問に答える!?」
「こんなことまでやっちゃう!?」てことに
有難みをまったく感じないので

フジテレビや芸能界が
SMAPを持ち上げて、

ワッチョチョイ♪ヾ(゚∀`*)ノ゙三
三ヾ(*´∀゚)ノ゙ ワッチョチョイ♪

遠くでやってる賑やかなお祭りを
夜の片隅から見ているよう。

あの中に入れたら、幸せだったのだろうな。
それでもSMAPには王道で
輝いてほしい。
芸能界のど真ん中。
時代が移ろって軸がずれるなか、真ん中にいるためには
自分たちも変化し続けていくことだもんね。

今でこそ、「我が道」を行くことや
♪ありのままで♪いることは称賛されるけど

あたしは、10代の頃
雑誌アニメージュ、アニメディアの
毎月購読も秘密にしてたし

横浜駅東口のアニメイトに行って
『マクロス』や『バイファム』の
下敷きやらグッズも隠れて買っていたよ。
それこそ『風の谷のナウシカ』も
『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』も
ひとりで内緒で映画館に通ったし

脇道、いばらの道、日陰道(日景忠男)

石ノ森章太郎先生の『サイボーグ009』の
「天使編」の未完
ずっと心に引っかかっているし

009こと島村ジョーはセカンド・ラブだし
(初恋は『はいからさんが通る』の少尉)
体育の時間は
加速装置!」と叫びながら奥歯を噛んで
ダッシュする
イタい子どもでした。

だーーーから、すんげーーー面白い!!!
VIVA!80年代!!!
『アオイホノオ』

そして、なに??柳楽優弥くん!!
目が飛び出しちゃうんじゃないか?てくらい
ひとり3D演技
顔もあんなに変わってしまったけど
そんなことも気にならないほどの
はじけっぷり!!

あたしにとって、宝物のようなドラマ。

そして、人生は短い!
熱くなれ!!by大黒摩季

everybody go everybody go!!!
changing he we go!!

と、このドラマの登場人物たちのように
熱く走り抜けていきたい!!

↑このページのトップヘ