妄想特急999

ブレーキ壊れた妄想特急ε=ε=ε= ヾ(*~▽~)ノ止まるときは何かにぶつかる時。MOVIE!BOOK!COMIC!TRAVEL!「欲望」という名の列車に乗って日々加速中!

2016年05月

もう誰か、僕をここから連れ去って!
顔は好みじゃなかったけど
(野球部童貞みたいなイメージ)
今なら、DEENでもいい
このまま僕だけ、奪い去られたい!

仕事は大変だよね。逃げ出したい日もある。

そんなとき、同じように苦しむ人の
日記を見つけて、心の支えになったら。
しかもどうやらその相手は美形

(映画では、男女の話なので美人なんだけど)
そりゃ、惚れちゃうよ!ホレたぜ!乾杯

あぁ、癒されたい、と
自国で人気だったという触れ込みの
タイ映画

『すれ違いのダイアリーズ』
観に行きました。



うわっーーーー無理無理ε=ε=(;´Д`)
水上の学校。みんなのトイレがそのまま流れる
川に飛び込むなんてっ!

そして、水死体が流れてくるなんてっ!
ただ、マイペンライ!!
タイ人の「大丈夫!気にしない!」精神見ていたら
無性に、あの国に行きたくなったよ。
やっぱり、逃げ出すべきか。

そして、SNSやメールの時代
手書きの文字って、やっぱり心に届く!
日ペンの美子ちゃん習っておけば良かった!
いや、いや、僕もさ12歳から33年間
日記をつけてるんだけど
不慮の事故で死んだら
この日記を焼き払うためだけに
化けて出ますよ。

それ以上にさ、言葉も違う世界の中で
観客の心を打つのは、女優さんの全力演技
だよね。
もちろん中谷美紀みたいに
ハリウッドでいえばケイト・ブランシェットとか
間や(北島マヤじゃなく)表情や仕草で
魅せる人は、素晴らしいけど、
たとえ若くとも、経験不足でも
不器用でも
(すみません、高倉健)
『愛していると言ってくれ』の常盤貴子や
『神様、もう少しだけ』の深田恭子のように
テクニックもなにもなく
好きな人に、ドラマの撮影に
むき出しになって、ぶつかっていく様が
視聴者の涙腺や感情を刺激する〜。


いや、いや、最近の若手女優さん(男優もか)
みんなそつなく上手いけど
今回このタイ映画(時に観る韓国映画やドラマ)の
ヒロインを見て
(日本でリメイクするなら戸田恵梨香)
こんなに、がむしゃらに、
向かってこられたら、
国境も性別も、心も越えて
抱きしめたくなるよなぁ。


あぁ、まっすぐに走っていっても
十戒の海のように、割れて(避けて)いく人波
誰にも受け止めてくれずに
ひとり走り続ける僕はどうすればいい?


やっぱりラブストーリーが好き。
手を替え品を替え、複雑な設定にしたり
傷害だらけにしなくたっていいよ。
そのヒロインの恋を応援したくなったら
(自分に置き換えて、恋したくなったら)
観ているこっちは幸せなんだよ。

『ゆとりですがなにか』が大好きで
感想を書きたいんだけど
なにを書いていいか分からない。
それは、もう登場人物たちが
生々しくて。
ダメなとこも欠点もたくさんあるけど
(茜ちんと上司のラブホテル行き!生々しいっ!)
血が通ってて、日々もがいている彼らを
他人の僕がどうこう言えない!ってな錯覚。

ほら、芸能人とか政治家とか遠い存在の人のことは
好き勝手言えるけど(言っちゃいけない)
知人、友人だと、それぞれの性格や考えがあるからなぁ、
なにが正しいか間違ってるかなんて、言えないじゃん。
正和、山路、まりぶにはそんな親近感。

いまの世の中、曖昧にするか
己の正義の押し売りの二極化。

そんななか、人種や国籍の差別を含めて
言いにくいことを断言出来ちゃう人って
魅力的に見えるのかなぁ。

僕は、もうあのオヤジのギラギラ臭が
イヤなんだけど、トランプさん

新橋で赤まむし飲んでそうじゃん。

ただ、道徳的観念や価値観は違うとして
こういうアメリカ!ナンバー1!!
潔い国家高揚映画をたまに観ると

「あぁーー、楽しい!!」って
思ってしまうダメ人間です。

『エンド・オブ・キングダム』

前作の北朝鮮のホワイトハウス攻撃に続き、
悪いのは、イスラムの奴らだ!!
カナダ、ドイツ、フランス、イタリア、
そして日本のトップが簡単に殺されても
アメリカは、強いんだっ!!
(そもそも他の国の警護ユル過ぎっ!)
街中で、銃撃戦始めようが
爆破しようが、何人死のうが
ロンドンの街が壊滅しようが
祭りだ!祭りだ!!
ワッショイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワッショイ
結局、アメリカこそ正義だ!バンザイ!
機関銃ぶっ放せっ!ナイフを突き立てろ!

と、ここまで突き抜けてると
逆に、楽しくなってきちゃう。

ノンストップのアクションに
国際情勢や政治的信条なんて
どうでも良くなってくるから、あらら不思議。
ある意味バカ製造機。

だったら、踊るアホに見るアホ
どうせアホなら、踊らにゃ損ソン!
ワッショイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワッショイ

映画館を出て現実に戻ると
サミットやオバマさんの広島訪問
なにも起こらなくて良かった!

意気地なしの草食だろうが、ゆとりだろうが
隣国や他の国の脅威がどうだろうが
やっぱり日本は平和が一番!
あんな血まみれな戦場にしたくないよ!

あっ!来た!!と閃き?
啓示を受けた瞬間あります?


僕は超常現象大好きだけど悲しいかな、
自分には霊感はじめ
そういう力がまったくない!!

(好きになる人は全員ひとめ惚れだから
そこで使っているのか)


『SPEC』とか特殊能力を持った
刑事ドラマで、物語の後半、
その主人公が見てきた
殺人現場、物証、誰かのセリフ
そういうヒントが一気に流れて
ひとつに繋がって
「あっ、犯人分かっちゃったんですけど」
「謎がすべて解けた!」とかいう
シーンよくあるじゃないですか?

(分かる人だけ、分かってください)

そして、僕は大学時代、麻雀はもちろん
そして競馬に明け暮れてたというか
サークルの同期に、無理矢理拉致され、
府中、大井、京都、福島、新潟、
毎週のように連れて行かれてたんですよ。
(じつは闇カジノみたいなのにも…)
でも、元々賭け事に興味がなく
(人生がギャンブルだ!)
卒業と同時にパッタリ。

そんなとき、今朝突然競馬に行く夢を見まして
目覚めて新聞を広げると
日本ダービーの広告がドーーーンと。

そして、その中に、会社の名前が入っている馬が!
そのときですよ!!!シャーーーーーと、
自分の周りにシャワーみたいに、
ここ数日の出来事が映像になって
降り注いできたの。


先週、会社の人が
「5月26日に何か起こるって夢を見まして」
「やだ!サミットの時じゃん!テロだよ!テロ!」
「予知夢かなぁ」って会話をしたことや。

土曜日、たまたまつけてた安住とたけしの番組で
コロンビアに宇宙人が現れたニュースを
半笑いで、流してたんですよ。
M・ナイト・シャマランの『サイン』って
映画が大好きな僕は「本物だよ!!
これもあの映画みたいになにかの“サイン”なんだよ!
って声を荒げたこと。

金曜のランチで、ハワイ料理のお店に行って
同僚が「本日のランチってなんですか?」
「マヒマヒです」て店員さんの受け答え。

そのときの情景が、
寝ぼけた頭の中に
土砂降りに当たるように、
入って来たのだ。


嘘くさい?でも本当なんだもん。
「日本ダービー」「予知夢」「サイン」「ハワイ」
か、買いに行かなきゃ!!!
25年間、競馬を見たこともなく
馬の名前さえ知らない人間が
馬券を買いに走り出しましたよ。


どこで買えばいいのか検索し
三連単とか、馬連とか、馬券の種類も分からず
自動券売機ではなく、
わざわざ最上階の有人の窓口に向かいおばちゃんに、
「ダイヤモンドって馬と
このマカヒキってハワイの馬を買いたい!」
と。

そしたら見事に当たったよ!!!
って、そこは普段賭け事を一切しない小心者。
相場も分からず、「宝くじを買ったと思って」と
3000円しか購入してなかったので
21000円の儲け?


大げさに書いている割に
配当金は大したことないし
(でも、運を使い果たした感じの
金額じゃなかったから、逆に良かった?)
外れる気がしなかったから
(後々聞いてみると、人気の馬だった)
そんなに喜びもなかったけど

閃き!って電球が光るような感じじゃなくて
シャワーみたいに、
サーーーって降りる感じなんだ!!

それが分かって嬉しかった!

「今日で、諒太郎から
心が冷めちゃった
」 

「やっぱり諒太郎は
年の差ありすぎて
ダメかもしれない」


って、おめぇーーと、つき合ってないしぃ! 

もうね、このクールは、
カータンと、高校時代からの女友だち
火曜と金曜の夜はLINEで大忙しですよ。

彼は、カータンと僕のLINEの
一回に送り合う文字量に
「ブログじゃねぇんだから!」と驚き

高校時代からの女友だちと
30年間ずっと毎日のように
連絡を取り合ってることに慄いております。

しかも生きる上でいっさい
必要のない会話やでっ!!


今回も、諒太郎とこのまま距離を置くべきか。
そして、桜井の突然のキスに
どうリアクションすべきかっ!に惑う

カータン(49) 高校からの友だち(45)

そして、いきなしのモテ期が来たら来たで
困る僕
(45 って、ただのおじさんやんっ!)


でもね、今回は、僕は別意見なのだ。

一瞬、桜井?!キスの魔力に揺れたけど
(僕、歯を磨いてたっけ?て)

諒太郎(瀬戸くん)と桜井くん(徳井)が
並んだときの、肌ツヤ!
お腹のぽっこり!
演技力の差!
(これは別問題か!)

どんなにジェネレーションギャップがあろうが
現実から目を逸らしているフリーターだろうが
過去は過去!
淡い思い出や“あの頃”は
色褪せたアルバムの中だから美しく。
そりゃ、ヤッてない相手ほど、ひきずるけど
会話やね、心のやり取り
ヒステリーとシンパシー
そういうの全部、僕は、
女友だちらやこのブログで
楽しむから
いいんですよ!

オトコは一緒にいて、
ときめければいい!

ワクワクドキドキすればいい!!

ゼッタイ、諒太郎派!

確かに、年下の男と付き合うと
「保護者みたいにさせてるの、あなたでしょ!!」
何度も叫ぶわいっ!叫び続けて17年!

今日だって、最近BABY METALにハマって
ライブDVDを買い集め
僕に彼女たちの“良さ”を語る彼
(年下といっても、もう40歳!!)
「13、14歳の頃はやっぱりアキバ系なんだよ。
でも、14歳を過ぎた頃から
アーティストとして錯覚していく姿がね、いいんだよ!」


って、それって「錯覚」じゃなくて「覚醒」じゃね?

しかもBABY METALって、
そんなに若いのっ?!
40のおっさんが、
なに熱くなってるんだよっ!!

ゴ━━━(#゚Д゚)=○)`Д)、;'.・━━━ルァ!!

でもね、でもね、そこで
「フ―――ン」だった僕も
このドラマのお蔭?十倉の教え?!に従い

「へーーー、楽しいっ!!(´∀`*)

映画を観る前に渡された水
しかも、エビアンの96円(セブン‐イレブン価格)の
ミニサイズ!に
「(安物にも)ありがとーーー!!(´∀`*)

「声の高さ的に、さかなクンのモノマネが
一番合ってるよ!できるよっ!
ほら、言ってみっ!ギョギョギョー!!って」
って、彼の提案に

拒否せずに(´∀`*)
道端で「ギョギョギョー!」って
叫びましたよ。


正しいのかなぁ?十倉の恋愛スパルタ塾。
って、どうあがいても結婚できないしっ!

ただね、ただひとつ言えることは
みやびに幸せになってほしいっ!
お見合いで、見合い相手の父親かと
思ったら、本人だった!ってのが笑えたけど。

テレビのこちら側で、自分たちかのように
身悶えて

テレビの向こう側の人の
幸せを願う
なんて

もう、妄想なんだか、現実なんだか
中谷美紀なんだか、みやびなんだか

『重版出来!』の沼田は現実を生き始めたけど
(って、これもフィクションの世界の人)
女とおかまは、
夢の中でずっと生きていくんです!

今回をカータンはもっと面白く
描いてくれてます!こちら 

ずっと言い訳して生きてきた。

でも、そういう時代だったんだもん(←言い訳)

今みたいに“ダイバーシティ”と叫ばれることもなく、
(いまだにお台場のシティ?フジテレビ?勘違い)
おすぎとピーコでさえテレビはNG、ラジオ出演のみ。
美輪さん(平●堅)が紅白に出るなんて感無量ですよ。
僕のような人間は、
粛々と社会で目立たぬように生きていかねば。
そのために、学歴も身につけねば!
と、
受験勉強は詰め込みで、がむしゃらにやったし、
就職活動も『ゆとりですかなにか』を観て
ハァ?十社落ちたくらいで、
人生終わったようなこと言うな!
僕なんてバブル時でさえ、70社くらい受けたわ!
(日本の会社を見たい!って趣味と化してたけど)
ただ、肝心の「なにをやりたい!」
「これで認めてもらいたい!」って
夢や目標がなかった。

これができなきゃ生きてる意味がない!
戻る場所もない!!って、向かって戦って行ける人、
圧倒的な才能を持つ人が羨ましい。

そもそも言い訳なんて口に出すことも、
なにかのせいにすることもなく、
自分と向き合える強さ!

『重版出来!』

「漫画家を目指している間だけは特別でいられた、
特別な人間でいたかった

漫画家への道を断念した沼田さんに、大泣きですよ。
ムロツヨシさんの痛みが、胸に。・゚(゚`Д)゙
夢や、仕事にプライドも矜持もないお前が泣くな!って?
なんでもかんでも自分に置き換えて、感情移入するな!って?

いや、それがドラマの醍醐味でしょ!

しかも唯一、死ぬほど本気になってる
恋愛に置き換えましたからね!

(仕事じゃなく…違う、違う、そうじゃない)
正直、女性を好きになる男性を好きになって
(だから必死になるしかなかった、後戻りができない、
どんな断崖絶壁でも飛び込むしかない)、
いや、振り向いてもらえて、幸せなんですけど、
幸せ?しあわせ芝居?by桜田淳子



いつか、本当に必要としてくれる!
いつか、彼にとってのオンリーワンになれる!
いつか、いつか、いつか…、

三蔵山先生(小日向さん!)言うところの
「自分の心の中をのぞき続け」
「どんなに醜くても、情けなくても、向き合ってきた」

のが僕の場合、恋愛ですから、さらに無様で真っ暗。
現実なんて要らなかった」ですよ。
妄想の中で生きていたかった。


(彼にとって)特別でいたかった。
「彼を追い続けている間は特別な人間でいられた」

でも、本気のものを、いつか失うのは怖い。
本気は、余白がないから。
自分にも、言い訳が出来ない。


本気で立ち向かってたこと(柔道のオリンピック出場)に
敗れても、立ち上がって、別の夢を見つける黒沢心の
若さと強さが眩しい!!その青春の輝きと
中田(永山絢斗くん、うまいっ!)の
純粋な残酷さにも泣けてくる。

僕もそういう夢や才能を信じてばく進するする人の
力になれるかなぁ。

このドラマ、なんで視聴率悪いんだろ?
僕の半径10m視聴率、昭和の紅白並みなのに!
まぁ、職業柄かもしれませんが。

と、ここで宣伝。

そう、今から四半世紀も昔、バブル時代の就活の時でさえ、
「あの企業は三田会じゃないと…」
「三田会が牛耳ってるよ」と言葉が飛び交ってました。
(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?三田会ってなに?なに?
秘密結社みたいでカッコいいっーー!!でも怖っ!!
25年の時を経て、その謎を解き明かすべく、一生懸命作りました。
取材する記者や、デザイナーさん、書店のみなさま、
いろんな人の手で、思いで、雑誌や本は作られていきます。
重版出来!重版出来!手に取ってくださるとうれしいです!


 

↑このページのトップヘ