妄想特急999

ブレーキ壊れた妄想特急ε=ε=ε= ヾ(*~▽~)ノ止まるときは何かにぶつかる時。MOVIE!BOOK!COMIC!TRAVEL!「欲望」という名の列車に乗って日々加速中!まずは http://mousouexpress.blog.jp/archives/6265440.html を読んでもらえれば。

2018年02月

吉崎さん、優しい!
キョドコのストリップ動画を削除させ、
二度と脅迫しないという念書を書かせ
「もう、あんなものに、過去に怯える
必要はない。みんななんかあるって。
いろんなことがあって、
今ここにいる今の小川さんが好きだから。
俺も一番の味方でいたいと思ってる」


と、キョドコの中尾彬を外す、吉崎。

正しい!彼みたいな人
心の底から好きになれればいいのに。

星名の「マジかよ」の方に
星名さんを救ってあげて!と思ってしまう。


「今一生分幸せ。
これからいやなことがあるくらいなら
今死んでもいいくらい」

キョドコ 今が死に時だよ!
僕も、そんな時もあったけど(一瞬ね、一瞬)
そのあと降りかかる嫌なことで
帳消しになったもんwww


てかさ、いい人は、いつまでもみんなのいい人
でもさ、元カノとあんなに頻繁に会って
現在の恋愛や悩みを語られるの

マジで嫌なんですけど!!!
(とてつもなく心が狭い、僕)
首絞められたり、脅されるより
こっちの方が、嫌だよ!

ほかのドラマになっちゃうけど
二十年ぶりに共演するのに
撮影現場で、手を広げたら
ハグして、抱き上げてくれた!
ロンバケの最終シーンに時計が巻き戻った

再会を喜んでた山口智子
「見せもんじゃねぇぞ!」と
スタッフさんに叫んだというキムタク

こういうのを「かっこいい!」と
思える人は幸せになるんだろうなぁ。


そもそも、彼氏彼女じゃないのに
「ハグ」するってのが、
もう、ヾノ´゚д゚`)ナイナイ

キムタク、ジャニーズが解禁して
インスタやったら ハッシュタグ#心友
やるね!


そして、今回から、お、おがちゃん!!と
瀬戸朝香と鈴木紗理奈演じる先輩二人組がいい!
八木さん(鈴木)の
「クズでも、そのクズに助けられることもある」
って、セリフに。・゚・(ノД`)ごめん!!未来の僕!!
そんな過去ばかり作って!!でも、この先も変わらんよ。


あぁ、星名さん、いや、向井理、やっぱりかっこぇえ


『ユタとゆかいな仲間たち』を
はじめて観に行ったのは、いつの頃か。
今でいう、情操教育ってやつ?

とにかくうちの親は僕たち兄妹を
ミュージカルに連れて行ってた。
家でザ・ベストテンやヒットスタジオごっこを
一日中やってる娘(妹)の
才能を伸ばそうとしたのか?
いや、息子の行く末を案じたのか?!

当時の僕が好きだったのは
中村晃子さんの
『恋の綱渡り』



身をよじらせてこんな歌を歌ってる
小学生男子、親も不安になるよね。

でも、当時、同棲していた男を
大竹しのぶに略奪婚された中村さんが
彼女に泥棒猫!!」と罵倒したことが衝撃で。

いつか「泥棒猫!!」と言われるほど
誰かと恋に落ちたいと願っていたの。

それなのに、どうしてだろう。

劇団四季のそれこそ『キャッツ』を観たとき
いや、正確には観ていない。だって、だって
2度チャレンジしたのに、2度とも爆睡。
僕の中の『キャッツ』の記憶はこの方

いや、猫だけじゃない。ライオンも怪人も
なぜかなぜか寝てしまうの。

さすがに、ライオンの時は、
病気なんじゃ?と。

唯一大丈夫だったのが、ロンドンで観た
『マンマ・ミーア!』
だって、あれは歌謡ショーみたいだったから。
最後は、一緒に行った友だちと踊り狂ったもん。
それが映画で観た途端
「ただのヤリマン、アバズレの話じゃん!」
しかもメリル・ストリープ!うげっ!と
後半意識を失った。


映画になるともっとひどい。
「あなた本当に映画好きなの?」と
疑われるよ。あの名作も、古典も、
♪トゥモロートゥモロー♪も
1本のパンを盗んで、最後はフランス革命なのに
英語で、歌いまくるあの作品も
(*゚ロ゚)ハッ!! もう上映終わった?まだ?
睡魔に襲われて、意識は遠く、夢の中へ


大丈夫だったのが
『ムーラン・ルージュ』と
『ラ・ラ・ランド』

でも、これもある意味、ヒットスタジオだからなぁ。

きっと僕の中のリズムが
歌い上げる楽曲に合わない
んだろうな。

僕がお腹の中にいる時の胎教は
松尾和子やロス・インディオスだったからね。


そういえば絢香とMISIAの歌って
まったく心に響かなくて、いっつも眠くなる!!

あーーやっぱり!!もう血のせい!
この体に流れるビートのせいだ!!

(って、かっこよく書いてみた)

てな訳で、巷で大好評の
『グレイテスト・ショーマン』

(*゚ロ゚)ハッ!! まだヒュー・ジャックマン脱いでないの?
(*゚ロ゚)ハッ!! まだザック・エフロン服着てるの?
(*゚ロ゚)ハッ!! いつの間に歌手のドサ回り?
(*゚ロ゚)ハッ!! なんで、異形のみんなをドアから追い出すの?
(*゚ロ゚)ハッ!!「THIS IS ME!」と声を張り上げてたのに
(*゚ロ゚)ハッ!! それなのに、そんな差別をした主人公を
(*゚ロ゚)ハッ!!「あなたが家族をつくってくれた」って許してるの?
(*゚ロ゚)ハッ!! 最後までヒュー・ジャックマン脱がないの?
(*゚ロ゚)ハッ!!エエーー本当に、ザック・エフロン服着たまま?

てか、ユーミンってグレイテスト・ショーマンじゃん!!

ミシェル・ウィリアムスの歌がうまくてビックリ!!
でも、彼女って、どうしても大竹しのぶに見えて。

僕の中に、流れてる中村晃子の歌声が
「気をつけな!」って、彼女を拒絶するんだよね〜。


会社では、あまり男の人には
飲みに誘われない……('д` ;)

先日、取引先の会社の人に接待?!
飲みに誘われて、男だらけの飲み会に
行ったんだけど。
やっぱり、かみ合ってなかったような…
申し訳ないです。


いや、女の人でも、女性といるより
男といる方が話も合うし、楽って人いるじゃん。

羨ましい!!!

男ばっかの飲み会で、風俗大好き話や
キャバクラで働く女性が自分を好きだって
自慢話になったとき、どう対応するの?!

「お金払ってもらってるから
好きなふりしてるだけじゃん!」
以外で
なんて答えればいいの?!

奥さんの悪口の後で「でもうちの嫁は
俺のこと好きだから」ってノロケの後に

奥さんのほうが、「死んでくれ!」って
願ってるわいっ!
以外で
どういう風にツッこめばいいの?!

職場の女性の胸の大きさ品評会や
セクハラ、パワハラ発言

一緒になって、ダメだしするの?!

いや、僕だって、下ネタや男査定大好き!
それこそ、セクハラパワハラ常習犯ですよ。

できることなら、話にノッてあげたい。
でも、自分の対象じゃない女性の話は
やっぱりできない

男性もゲイに性の対象でマジで
見られたくないだろうし

(でも、オレそっち系にもモテるんだよね~
と一生言い続けるだろうけど)

と言いつつ、いまだに「男子校」通いたかったなぁ
って、夢はあるんだけど。

「男子校だったら、モテたかもしれないのに…」
って、一番勘違いしているのは、
僕だ!!!

でも、小説、マンガや映画でもありがちな
女性だらけの園は怖いって話かと思いきや
(オリジナル作品はそういうホラー)

そこはもはや
フランシスフォード・コッポラの娘ではなく
ガーリーカルチャーの先駆者
ソフィア・コッポラが監督した

The Beguiled/ビガイルド
欲望のめざめ


女性視点になっていて、ホッ(´∀`*)
舞台の女子学校の建物も、美術もインテリアも
衣装も、もう「たまらん」美意識満載なのに

ケガをして、運び込まれた脱走兵の
コリン・ファレルが
「あなたは、ほかの人と容姿から
全然違う!!」


「誰よりも美しい!!なんて美しいんだ」って

絶賛した相手が、エル・ファニングでも
ニコール・キッドマンでもなく

How+Talk+Girls+Parties+Red+Carpet+Arrivals+5DxpopZlLQtl

キルスティン・ダンスト!!!

_1_image_size_624_x

(゚∇゚ ;)エッ!?(つд⊂)ゴシゴシ

僕さ、翻訳:戸田奈津子 って出てた時点で
あぁ、なっち、いつもの誤訳?!
疑ったもん。でも、英語でも言ってた。


昔からキルスティン・ダンストや
グゥイネス・パルトローを美人とする
アメリカ人の美意識
まったく、わからんのですが!!!

彼女たちが大作のヒロインやるたびに
松居直美も、海外でイケるんじゃね?!と。

『ドリーム』で、自分では意識せず
黒人を差別しまくってたいじわる同僚の役を
キルスティン・ダンストが演じたとき
ナイス・キャスティング!!!
アメリカにも分かち合える人はいるんだ!って
膝を叩いたもん。

欲望にめざめたんじゃなく
ほかの女性陣、
男が選んだのが「キルスティン・ダンスト」だから
怒りにめざめたんじゃ?!


浮気した旦那と別れる別れないで
揉めてた僕の女友だちも
その相手が、ゴリラに似た女で
「私たちの関係は、奥さんに悪いんじゃ」って
旦那にあてた手紙を見つけてしまい
「ゴリラーマンに同情されるのなんて、
許せない!」
って
離婚即決したもんね。

こういう悪口を言いまくってるから
男性陣に、誘われないのか。

そうか、それは僕自身の
人間としての問題だったのか?!


うわーーー 野木さんにいいように
涙スイッチ押さえられてる!
『重版出来!』『逃げ恥』
そして、『アンナチュラル』
うれしい!悲しい!感動!!!とかの
ストレートな涙じゃないんだよね。


やるせない!苦しい!それでも生きてゆく!の涙。
裸のままの横山くんのご遺体に
自分の着てたコートをかけて、
その背中に手を置く東海林に
もうドバーーっ。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン


なにがすごいって、ミコト、中堂さんは
もちろんのこと、白井くん
そして、もはやご遺体の横山くんと
登場人物の役名で呼びかけてしまうほど
その一人一人に血が通っている…

(横山くんはもう死後硬直が。゜(´Д`)゜。)

でも、謎が解けてゆき、
電話を受けて、その行為を止めようと
自転車を走らす白井くん
もう「生きる道」を失ってしまった
横山くんに「ダメ!ダメ!!ダメーーー!!
間に合って!!」と結果が分かっているのに
またもやテレビ画面に向かって叫んでるおじさん。

そして、法医学的見地から死因を特定したあとで
「いじめという名の殺人」と。
そこだけ、ミコトの、演じる石原さとみの
体を使って、脚本家の野木さんが伝えようと
強いメッセージを感じたよ。


いや、マジで、年を取ったせいか
若い子たちが、まだ小さな世界で胸を
痛めてたり、命を落とすのが、ツラくて

でも、そんな小さな世界の窓
テレビドラマを観て、
「あなたの人生はあなたのものだよ」と
救われる子がいてくれたらいいのに。


泣くのがいいドラマだとは思わないけど
泣いて、涙を外に放出するしか
この胸に、あふれる思いを
どうしていいか分からず、体が
心より前に、反応したんだろうなぁ。


僕、事件モノ、警察モノって
あんまり好きじゃないんですよ。
先日ネットのコラムでも
『BG』『99.9』と
1話事件・問題解決物は、予定調和で
画一化されてて、テレビ局が自分自身の
首を絞めてるとか、書いてたけど

観てるんかいっ!?('д` ;)

事件をひとつひとつ解決していくたびに
お互いを知り、信頼し、結束していくチーム

中堂との絡みが出てきただけで
「もう!坂本さん、早く戻ってきなよ!」と。
もう、どんどんどんどん、回を追うごとに
好きになってきて、あと数回で終わるのが
さびしい!


自分がいつか殺されたり、不審な死を遂げたら
UDIに運ばれて、その「死んだ」意味を
ミコトや中堂さんに、解き明かしてもらいたい!



仕事が好き。偏差値が好き。

とか、書くと、
すごい優秀なエリートビジネスマンみたいだけど
僕って、人の邪魔してる?
ちゃんとお給料に見合ったことしてる?
てか、生きていていいですか?
いっつも不安になる。

で、勉強していれば、ちゃんと数値化されて
自分が行くべき道を、示してくれた。

働いていれば、僕みたいに
どんなに性格が悪くても、居場所がある。


だから、偏差値が好きだった。仕事が好き。

そりゃ、あぁ、行きたくねぇーーー
反対方面の電車に乗ってやるヽ(#`Д´)ノ

って、山手線なんで、結局着いてしまう。
今日の業務こなす自信ないんだけど('д` ;)
2、3日、記憶喪失の
若人あきらになりたい!
て日もあるし
その前にあいつ会社辞めてくんねぇかなぁって
苦手な人もいた(今はいない)
ついでに会社で、僕発信と言われてる噂の2割は
濡れ衣だーーー!
(8割は本当。自業自得)

いろんな考え方や、
えっΣ(゚д゚;)?ここで怒るんだ?!
その権利は主張するんだ?!
面倒くせぇって思ったり

「みんな違って、みんないい」by金子みすゞ
いやいや、相容れない価値観は徹底的に拒絶!!!

それでも、いろんな人がいるから
ただ働くだけの職場や、
学ぶだけの学校にならないから、
楽しいんだよなぁ、って。

前に絶賛して、そしてカータンがブログ
紹介してくれて(ああいう影響力ある人が
書いてくれて本当にうれしかった!)

『Wоnderワンダー』の続編?というか
本編で、お姉ちゃんのヴィアが
顔に障害のある弟オーギーに放った
「世の中はあなたを中心に回ってるんじゃない!」
(日本の障害者や闘病モノでは
あまり出てこないセリフ!)
オーギーの周辺にいた人物たちも
決して、太陽(主人公)を回る惑星なだけではなく
彼らたちにも、語るべき物語はあって…
スピンオフ
『もうひとつのワンダー』

人に薦めておいて、自分はこっちを
読んでなかった…。

本編では同情の余地がなかった
いじめっこジュリアン(と家族)の“その後”
あぁ、「ファミリー・ヒストリー!!!」。・゚(゚`Д)゙
この作家さんは、前作を書く時点で
ジュリアンをフランス人にする設定
その系譜も踏まえて決めてたのかなぁ。

ジュリアンのおばあちゃんが語る話のように
「生きてていいですか?」なんて
中2病、発症しちゃいけないんだ!
生きなきゃいけないんだ!って。
そして、僕も出会った人たちが
何十年後かに、ヒソヒソ悪口言ってる姿じゃなく
笑ってる僕を思い出してほしい~。

何十年前の学生時代の友だちは
「明菜」「ユーミン」「整形」「皇室」って
キーワードで僕を思い出すらしいけど……
っていうか、何一つ、思考が1ミリも動いてない!

女の子同士のあれやこれやを描いた
シャーロットの章を読んでいると
「大人になっても、変わらないよ!
さらに男も(の方が見栄や虚勢、頑固になって)
面倒くさくなってくるよっ!」
って。
でも、それはみんなに背負うや事情が
あるからなんだろうなぁ。

「徹子の部屋」ライクに、もっともっと
みんなを知らなきゃ!
(ただのゴシップ好き)

そして、そして、クリストファーの章
みんな、いつも心に
『漂流教室』の翔ちゃん
だよっ!

(先日、フランスで開かれた欧州最大の国際漫画祭で
「永久に残すべき作品」と楳図先生が
表彰されたこと、もっと報道されるべき!!!)
このマンガの主人公翔は、朝、母親とケンカしたまま
滅んだ未来に飛ばされて生き別れて後悔するのだ!

いつ死ぬかわからない!
明日会えるかわからない!

少しでも、人に親切にして
笑って手を振らなければ!

(o^∇^o)ノ

もうひとつのワンダー
R・J・パラシオ
ほるぷ出版
2017-07-20





ワンダー Wonder
R・J・パラシオ
ほるぷ出版
2015-07-18





↑このページのトップヘ