妄想特急999

ブレーキ壊れた妄想特急ε=ε=ε= ヾ(*~▽~)ノ止まるときは何かにぶつかる時。MOVIE!BOOK!COMIC!TRAVEL!「欲望」という名の列車に乗って日々加速中!まずは http://mousouexpress.blog.jp/archives/6265440.html を読んでもらえれば。

2018年10月

あ、あぁああアイドル映画!!
このビジュアルからどこがじゃ?!と
思われるかもしんないけど
まごうことなきアイドル映画なんですよ!

story_bg

って、このご時世に
韓国映画マンセー!!すばらしい!ばかり
書いてて、ヤバいかしら。

ネットの検索ワードに
「マリリン」とか打ち込んで
第2検索ワード「反日」とか出てきたら
イヤだなぁ。


ただ、映画を通じて、いろんな国を
知りたいだけなのに。

そうだ!もうすごいスリリングで
面白かったタイ映画

『バッド・ジーニアス』
監督さんと女優さんが今週末
来日舞台挨拶するらしいんだけど
会場の品川プリンスシネマとか
いま見たらガラガラで
(というか、10席くらいしか('д` ;))
「日本なんて、二度と来ねえよ!」とか
思われたくないので

興味ある人はぜひぜひ!!
面白さはマジ保証します!!

(もう一回観に行こうかなぁ)

って、本筋から離れましたが
マ・ドンソク兄貴がかねてから
撮りたかったらしい、腕相撲映画
『ファイティン!』
噂に違わず、胸熱映画!!!



いや、中学聖日記を楽しみにしてる
少女漫画脳の僕

この映画でウォー――っ!
雄たけびを上げてる
少年漫画脳の僕

どっちも本当の僕。
ふたつの気持ちを行ったり来たり
複雑なんだから。
 (๑´ڤ`๑)テヘ♡
って、さすがに今回だけは
口は閉じても、心とお股は
( ゚д゚)ポカーンと開けたまんま

聖にイライラしちゃったけど。

(この火曜22時のTBSの枠って
女優に、女性の好き嫌いを測る
リトマス紙のような役を与えてる気が。
ガッキーと綾瀬はるかはクリアしたけど)

って、話がまたズレた!
で、この映画は、おじさんみんな好きなやつ!
むせび泣くやつ!
アメリカに養子に出されていた
孤独で、無骨な男
母親を探しに、母国韓国へ。
見た目とは違って、お人好しな彼
二枚舌の若者を信じては裏切られ、でも信じ。
妹と名乗る女性や、その子供達との出会いで
溶かされていく、寂しさの塊。
かいま見せるぎこちない優しさ。
何も持っていなかった男が
50cmの上腕筋だけで、
己の力だけで、勝ち進んでいく姿
切り開いていく人生に

ウォーーーーーッですよ。

intro_bg

なんかね、今の日本の俳優さん
みんなカッコいいし、こぎれいだし、
インタビューで繊細な演技論を語るほど
演技もうまいし、
真摯に役に取り組んでいることはわかる!

でも、力ずくで、視聴者や観客の感情を
ねじ伏せたり、揺らがす人
がいないような。

あぁ、第2次検索ワードが「反日」に!

マ・ドンソク兄貴の笑顔に癒され
マ・ドンソク兄貴の強さに惚れる!
まさにアイドル映画でしたよ!!

俳優、高嶋政宏さんのエッセイが
想像の遥か彼方上をいく内容で。

最近、語っていたSM愛
テレビ用のソフトなもんじゃなく、
かなりのガチ仕様。
とうとう我慢できなくなったのか?!

隠したい、やめたい、
なくしたい、治したい
それでも抑えられない!!
あふれでてくるものが
「個性」だと思うのだ。

僕が10代のころ、
異業種の人が
小説家や監督デビューしたり
渋谷系ブームや
「ハリウッド浅くない?
私は映画は単館系しか観ないんで」
とにかくみんなが
「私(俺)って個性的でぇ」と
言ってるのが羨ましくて
人と違う「個性」なんて要らん!!!
この「ゲイ」という自分のタグを
取りたくて、隠したくて
なくしたくて。


カータンが薦めていた
『LOVE,サイモン 17歳の告白
レンタルが始まったので
やっと観られた!!!

現代のアメリカの高校生ゲイは
カミングアウトしまくって
突然、机の上や道端で、
ビヨンセやガガを歌い踊りだしたりして
青春を謳歌してるのかと思ってたら…。

「僕はサイモン、君の同じく
僕の人生は平凡だ。
でっかい秘密があるけど。
僕はゲイだ」



いや、日本だって、
いまだ多くの人が、ゲイであること隠して
生きてると思うし

正直、「カミングアウトすべき」とか
その辺はわかんない。人それぞれ。

この映画の中にもあったけど
「俺は女が好きだ!」
「私は男が好き!」って異性愛者は
わざわざ宣言することもないし
逆に、ありのままをさらけ出してる訳ではない。
みんないろんな顔を持って
人間関係を築いてる。
どうしてゲイやレズだけが、
「告白」して、そんな自分を受け入れて!
こんな僕でも愛して!と
望まなきゃいけないんだ?!

別に親に隠し事あっても
受け入れられないことがあっても良くない?!

僕は、堪え性がないのと
(オープンにしてなかったのに!)
その言動から、もうバレバレで、
それでも、みんな当たり前のように
接してくれるから、楽しくやってるけど
あぁ、できることなら
バレずに生きていたかったなぁ、と
思うこともいまだにいっぱいあるもん。


友だちや親に「ゲイであるかどうか」
話すか話さないかなんてどうでもいい。

別に、みんなとわかり合わなくていいから
何者でもない僕に気づいて、
わかち合おうと、手を伸ばしてくれる
抱き寄せてくれる、
一人に出会いたくて。

ゲイだと確率的に、絶対数的に
それは難しいんじゃ?てことに
絶望してた。
ノンケを好きになっても拒まれる!
傷つくだけだ!
温かい友だちや家族がどんなにいても
この世で一人きり?って、悩んでた。
(それを見つけた春牧は
だからこそ尊いのだ!!)


この映画のサイモンも、
自分がゲイであることがバレることより
メールでやりとりしてた「ブルー」を
失うことが一番怖かった
んだろうなぁ。


なんかね、50を前にしたおじさんが
青春の後ろ姿を思い出して、
いや、そのど真ん中にタイムスリップしたかのように
胸がキュンキュン痛くなったよ。

みなさんにもぜひ観てもらいたい!!


変態紳士
髙嶋政宏
ぶんか社
2018-10-10


今のこの年で、世代で生まれてきて
良かったことだらけだけど
「もっと若かったらなぁ」と思うのが
このシーズン。

いま、この時点で学生だったら
サークルのみんなや友だちと仮装して
ハロウィンパーティーしたかった。

あぁ、でも、ネットがない時代で良かった。
片想いとか、好きな人が、デートしてる写真や
それこそ幸せな瞬間を切り取ってる動画とか
目の当たりにして、みんなどうしてるの?!
平常心でいられるの?!
こんな世界、10代にあったら、気が狂ってた。


あと僕は政治家だったら、大臣任命の翌日には
辞めさせられるくらい失言の嵐なんで
そんなんが、この世界の片隅に
残っているのなんてイヤ。

(ってブログをずっと書いてるけど)

突然行方をくらました娘
彼女のメールやSNS、動画サイトを
探っていくうちに…。


アメリカで好評だった映画
『serch/サーチ』
を観に行って
いろんな意味で、ゾゾゾータウン(((( ;゚д゚)))



思春期の子供を持つ友だちらは
子供のメールをチェックするか否かを
迷っているんだけど
(周りはかなりチェックしてるらしい)

もはやティーンエイジャーじゃない、
50手前のおっさんですが
親になんて、ゼッタイ見られたくない!!!

大人だから見られたくないのか?!
先日、会社の会議中に、スマホに落としている
人気のアプリの話になって、
みんな自分のスマホを見せ合ってたんですよ。
エッ?!無理!Σ(`□´/)/
もう、それさえもアンビリーバブル!!!


インスタやtwitterとかだって、
下手に触られてバーーンって、
男の裸が現れたり、変な声が漏れたら困る!

ゲイの出会い系アプリのやり取りなんて
自分が突然死したら、
地縛霊に意地でもなって
スマホを叩き割りに出てきますよ。

パソコンが再起不能になるまで成仏できん!!

僕の検索履歴や、凄まじい数のLINEの応酬
事件を探るために、調査する人がいたら
心底同情しますよ。
なんだ、このバカバカしさは、と
頭が沸いて、警察辞めたくなるかもしんない。

ただマジメな話、昔と違って
学校や近所の人間関係だけじゃなく
親も、それこそ誰も知らない人と
繋がってるかもしれないから
人が消えたら、捜査は大変だろうなぁ。


そしてこの映画、すごい斬新的なのは
パソコンやスマホの画面
その中の画像や映像だけで、
話が進んでいくの。

それも、すごいスピートで。

『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』のような
カメラが手ブレで揺れるのとは違うんだけど
一緒に観に行った彼は
その目まぐるしく変わるデスクトップの視覚化に
「吐きそうになった」と鑑賞後
気分悪くなってました。

ハテ?!そんなにひどかったかなぁ?!

あぁ、そうか!!
僕は、友だちとLINEをしてるとき
凄まじい勢いで、ネットを検索してるんですよ。

「整形」の話をしてれば、その画像を探して
コピペして、友だちに送るの。
その時間、わずか3秒!
人や懐かしいものを探したり
ネット職人ならぬネット探偵だもん。
だから、映画の次々と変わる画面にも
ついていけたんだ!!


でも、本当に、事件の加害者はもちろん
被害者にもならないようにしなきゃ!!

って、性癖も秘密もみんなにバレバレだけど。
と、思っていたら、
今日、マンションの前に
「犯罪抑止のために、防犯カメラ設置」
書かれてた!(゚∇゚ ;)エッ!?
(つд⊂)ゴシゴシ どこにあるの?!

深夜、誰もいないからといって
エセ宝塚ダンスしたり、歌いながら帰るの
ひとまず止めなきゃ!


TBS感謝祭の「4分間、瞬きしない」で
北川景子すごい!
そして『櫻井・有吉THE夜会』での
ガチのヅカオタぶり、
素人さんの中にいると
際立つ美しさ。
そして、そしてなんといっても
仕事で凹んだとき
帰宅後観ているのは「モノマネ動画
しかも、一番のお気に入りは
ミラクルひかる
さんって
(その中でも工藤静香のマネが好き)って
やだ!!!一緒じゃない!!!
一気に北川景子さんのファンですよ!
『スマホを落としただけなのに』も
観に行きますよ!(田中圭目当てだけど)

そんな彼女主演の
『フェイクニュース』後編!!!

前編の二転三転四転五転する展開に
猿滑さんの息子が
マロ(金子大地くん)ってのも
気づかないほど、引き込まれたけど

後編もこりゃまたたまげた!!

お互いの言い分を全然聞いてなくて
飛び交う罵詈雑言
「難民反対!賛成!」の
トンチンカンな乱入に
「それも重要ではありますが
いまそれ全然関係なーーーい!!!」
垂れ幕が「炎上」
暴れまくる人たちに
それをまた拡散している人たち!

まさにこれ
ネットの視覚化じゃないですか!

「BL脳」の僕は
よく、モノを、たとえば
シャーペンに芯を入れるとき
後ろの蓋をあけてじゃなくて
ノックボタンを押しながら
書く方から入れ込むのですよ。
そのとき、シャーペン本体がネコで
芯がタチと、擬人化しながら
ジュンと心を濡らしながら挿入してるんですよ。

(こんなおじさん、好きですか?)

あの選挙の演説広場が
ネットに見えて、
もうネットの世界の三次元化!
あぁ、ネット用語とか
全然ついていけないけど
「ネット脳」にも毒されてるかなぁ、
って少し反省。

そんななか、マイクを持って叫ぶ
猿滑さん(僕のfacebookはもはや40代50代の
おじさんおばさんしか投稿してないもんな。
そんな人たちが「老害だ!」とか
旧態依然を訴えてる姿に
「おまえも、もう“旧い”側だろうが!」
ネットギャングはもう僕らの世代なんだろうなぁ。
だからこそ、この人選がリアルで!)

でも、その猿滑さん
「誰かを罵倒する前に、考えよう!
人を傷つける言葉を吐く前に落ち着こう!
息吸おう!深呼吸しましょう!
って
言葉が、まさに、その通り!!
何が良くて、悪くてわからなくて
もうネットリテラシーに関しては
みんなそれぞれで(僕なんて超低い)
最後に守るべきものは、それなのかもしれない。

僕「マスゴミ」って言葉がダイキライ!
それ使う人は、じゃぁ、お前は何様なんだ!?
以前、新聞やテレビは偏った報道ばかり!
都合のいいことしか伝えない!って言ってた人に
「じゃぁ?なにで世の中のこと知るの?」って
聞いたら「ネットとtwitter!」って。
twitterって!!!!
結局、人は、フォローしたいことしか
見たり追いかけたくないのかなぁ。


そもそもテレビ、新聞、ネット
媒体関係なく
僕は、全然正しいことを選択できてない
真偽も定かでないニュースを信じて、喜んで
あらゆる情報に翻弄されてるの。

それでも、宝塚OBに二ヒヒィ、キャ!と
喜びを隠せない北川景子さんの姿は
確実に好感度アップ!アップしまくったし

このドラマに、テレビの力と
ネットの怖さと、そして、この先の
ネット社会で生きていく覚悟を持たなきゃなぁ、と
思えたのだ。


本当、前編のときと最後は同じ感想だけど
このドラマを観られて良かった!!
それは真実。そう、自分の心には深く
いいね!」や
」ハートマークがついたのだ!
#フェイクニュース#観るべきドラマ
リツイート!リツイート!!


仕事で嫌なことがあっても
誰かに振られても
強がってみても


かばってくれたり、
追いかけて腕をつかんで焼肉を
誘ってくれたり
タコパしてくれたり
キスまでできちゃう後輩は

会社にいない…僕にはいない…
@中学聖日記の勝太郎
町田啓太はどこにもいない。

だから働きます。
「男に裏切られても
仕事は裏切らない」

教えてくれたのは
彼女とTIP ON DUOの今井美樹主演の
『あしたがあるから』の内館牧子先生。
その後、今井美樹が、非道なことしても
僕は、その教え守って社畜街道一直線。

だから、本当にね、晶の仕事量や分担への
不満がイマイチわからん。

アレ?フツーじゃない?!
自分でやったほうが気が利くなら
僕ならやっちゃう。

むしろ、イチイチ人の仕事の確認したり
見守る方が、面倒くさい。
人を育てない、根っからのダメ先輩。
もうなんでもやりますよ。
その代わり、ブラックとか
コンプライアンスとか
セクハラとかモラハラとか
人間も弱肉強食の世界になって
淘汰されていけばいいのに。

しかも、権利を主張する人のほうが、
うさぎの皮をかぶったじゃん。
(晶は優しすぎるんだよっ!)

って、仕事のことでは偉そうなこと書いても
恋愛面では「さびしくて死んじゃううさぎ」なの。

「ないがしろにされてるって
本当は愛されてないってそう思っちゃうから。
認めたくないから、みじめになりたくないから」

元カノを住まわせている京谷をかばう晶

「な・い・が・し・ろ」
うひゃーー、久々に聞いたこのワンフレーズは
キラーワード。
僕の心臓をザクっザクっと突き刺さりまくる。

カップルなんて百組百様
いろんな関係あると思うのですが
元カノを追い出せない
京谷の優しさもイヤだし
そんな彼に突きいる隙を与えてる
晶の優しさも、ぐげげげげげぇ!!

いやーーー僕自身の見たくない現実を
突き付けないでーー!!


よく好きな男のタイプに挙がる
「スポーツマン」
「優しい人」
なんて嘘ばっか!

自分の言うことを聞いてくれる
「筋肉バカ」

自分の言うことを聞いてくれる
「優柔不断」
と紙一重。

そういう人は誰にとっても
そうなんだよーーーー。

でも、個人的には、兄との確執で
グダグダ言っとる面倒くさい恒星よりも
京谷のほうが、全然好きなんですけど!

自分「だけ」は
彼を改心できると思っとる
(言い聞かせてる)恋愛末期症状。


↑このページのトップヘ