妄想特急999

ブレーキ壊れた妄想特急ε=ε=ε= ヾ(*~▽~)ノ止まるときは何かにぶつかる時。MOVIE!BOOK!COMIC!TRAVEL!「欲望」という名の列車に乗って日々加速中!まずは http://mousouexpress.blog.jp/archives/6265440.html を読んでもらえれば。

2019年01月

この映画で精神科医を演じた
サラ・ポールソン
『アンブレイカブル』が大好きで
この映画の出演が決まったとき
号泣したそうで…。


わ!か!る!!
友だちになれそう!!


トンでも映画を、かなり「真剣(マジ)」
作るM・ナイト・シャマラン監督!!
僕が同学年で良かった!と
同時代を生きて、同じ世界を見てきた感を
その作品から味わえるクリエイター

『キック・アス』『キングスマン』の
マシュー・ヴォーン監督
クドカンと、シャマラン!!!
 
まぁ、アメリカのフィラデルフィアに住む
シャマランは小さい頃
雑誌「ムー」の愛読者“ムーミン”で
なかっただろうし、
矢追純一さんのUFO番組も
川口浩探検隊シリーズも観てないだろうけど

ノストラダムスの大予言は、
アレ世界共通なの?!
2000年に世界中のコンピュータが狂って
核爆弾のスイッチが誤作動する都市伝説は?!

でも、世紀末にすべてが終わる
半分信じて、半分不思議だった僕は


シャマランのトンでもシリーズが
大好きで、ちゃんと驚く「いい客」だった!

そして、前作の多重人格スリラー
『スプリット』が、な、なな、なんと!
僕が特に好きな『アンブレイカブル』
20年近く前の作品の続編
であり
シャマラン・シネマティック・ユニバース
だったとは!!


今年心底楽しみにしていた映画のうち
2本が(もう一本は『クリードⅡ』)
まだ1月なのに終ってしまう!!

『ミスター・ガラス』



僕は、批評家にも映画ファンにも
人気が高いディズニー版アベンジャーズには
そこまで惹かれないんですよ。

だってやつらは「過去」や「理由」などあれ
自らのお金や意志、志願や修行で
「ザ・ヒーロー!!」になった感強いじゃん。

「正」というか「陽」というか。
世界のために、己の力を迷いなく発揮できそう。
そりゃ、竹内涼真も夢に掲げますよ。

でも、僕は、違った「力」を持つがゆえに
異端視され、迫害され

隠して生きるけど、その「力」が制御できず
を、
を揺れ動いたり、暴発したり
「なんで、こんな風に生まれてしまったんだーーー!」
持て余すパワー!抱えきれない心
(それは、誰もが一度は通る青春の蹉跌!!)
そういうヒーローものが好きなんで。
(『NIGHT HEAD』や『SPEC』)
もうネガティブパワー大放出
この映画も大好き!

ジェームズ・マカヴォイがほとんどのシーンで
鍛え上げられた半裸でいるのも含めて、大好き!!

誰がなんと言おうがシャマラン印!!
僕は、性格が良くて、みんなにいい顔して、
仕事の方向性がブレる人より、
どんなに暴君でも、頭が吹っ飛んでても
「自分がしたい、作りたいものが何か」
強いビジョンを持って、進めていく人の元で
働いていきたいもん。

シャマランも、この映画の登場人物たちも
信じるものが救われる!
のだ。
そして、僕もシャマランを信じて
観に行って良かった!



なんだかんだと
今期一番楽しんで観てるのは
『グッドワイフ』かもしれない。

先日、全員平成生まれ
会社の若い女の子たち
ランチに行った時、
「キセル乗車」って言葉に
みんな「?????」
そもそも切符を知らないか!?
あと、僕が小さな頃は
大きな駅には、傷痍軍人さんがいて
アコーディオンを弾いてた話を
まるで時代劇のように聞いてた。
まだ戦後だったよなぁ、って。
一気に時代は変わったもの。

僕の周りだけかもしんないけど
同級生の女子は、四年制大学に落ちたら
浪人をせず、短大に行き
バブルで、有名企業に入社
「クリスマスケーキ」が売れ残る前に
24歳くらいで結婚し
一人目の子供を産んだ20代後半で
会社を辞めて、専業主婦になる子が多かった。
W浅野、今井美樹、山口智子、鈴木保奈美
松嶋菜々子、深津絵里、そして
常盤貴子とキムタクの
『ビューティフルライフ』頂点とした
恋愛ドラマにときめき、涙した日々

でも、21世紀になると
日曜の21時は、大きな夕陽が何度も映り込み
数が勝負とばかりにエキストラのみなさんが整列し
大げさな音楽、諦めないおじさんや
香川照之が、ぐぐぐぐぅと顔芸をする
枠になってしまった。(*゚∀゚)っ


それが、今回19年ぶりに常盤貴子が主演する
『グッドワイフ』

弁護士モノでありがちな主人公が
熱く正義感を振りかざしもせず
コミュニケーション障害の曲者でもなく
親に虐待されたり、
愛する人が謎の死を遂げてるわけでも
トラウマがあるわけでも、
並外れた記憶力や
特殊能力があるわけでもない

ただの「頭のいい女性」
社会のルールを守り、法律を守り
依頼者を救おうとする、女性。

僕たちの「常盤貴子が帰ってきたよーー!」
16年ぶりに復帰した弁護士業

過重労働による脱線事故かと思いきや
そっから誰が信頼できて、誰が裏切るのか
わからず二転三転。

そしたら、あんた!
久々に笑いあえた旦那の仕組んだ計略だった!
もう、悪そうな唐沢寿明さんも大好き!

結婚してても、独身でも
子供がいてもいなくても
会社や家事育児で働いて
「お前は、頑張ってるよ」
「ちゃんとやってるよ」
ヨシヨシと頭を撫でられ
そして小泉孝太郎に
不意に抱きしめられたいんだよ!!

(エッ?この文章の落とし所はソコ?
ええ、そこなんですよ!


僕は、肩書きも名誉も地位もいらない!
(給料はいるが!)
深夜に残ったフロアで
折れそうな心と体を支えてくれる
かっこいい同僚が欲しい!!!

(あっ、ダメだ!うちの職場
誰かしら、徹夜で泊まっているから
トレンディドラマの主題歌が流れるような
ロマンチックな二人きりの状況にはならない!)

また、昔のように、常盤貴子演じる
ヒロインに自分を重ねて、

ドラマを楽しんでいきまーす!

昨日の続きになるけど
小学生の女の子が読む「なかよし」
高階良子先生:画『ドクターGの島』
『血とばらの悪魔』『血まみれ観音』とかで
乱歩や横溝正史と出会ったんだよなぁ。
これらの作品も奇形児とかキチガイとか
今だったらクレーム来ちゃうのかな?

回を重ねるごとに「いい話」になっとる
『3年A組』
やっぱり、不治の病なのか柊先生。
子供たちに(ってもう高校3年だけど)
命の授業をしてるっぽいしね。
(で、初回の飛び降りシーン
生徒たちが、落下点にマットとか
敷き詰めて、助けそう…。
「先生こそ!明日を生きてください!」て)

彼の「チャンスはあったんじゃないか?!
明日と戦え!」カラダを張った説教
汚い大人になってしまった僕には
「う、うぜぇー」
けど
若い人たちは、しかと耳を傾けてくださいな。
そして、エグザイル案件の彼が
「イヤな役」な訳ないか!


弟妹のために、夢を諦めた勤労青年。
友だちは「(ダンス辞めたのは)
そんな理由かよっ!!
かっこつけてんじゃねえーよ!」と
君は一人じゃないよ、一昔前の
JーPopみたいなこと言ってたけど
お母さんが、事故で脊髄損傷寝たきりって
そうとう深刻な理由」だと思うのだが。

そして、いきなし「くさい!」
新陳代謝がいい太った女の子に対して
「くさい!」って。
えっ?!そこは不問に付すとこじゃないの?!
何日も学校に閉じ込められて
お風呂に入らない、髪も体も洗えないことは
(そしてあの差し入れの後の食事は?!)
このドラマでは、「ない」こと設定かと。
それが、いきなしの「くさいんだよ!」って
フィクションラインが下がって
おじさん、ビックリ!

そんなんだったら、あんな血気盛んな
男女が極限状態で寝ていたら
あんなことやこんなことに…

って、こんなこと書いたら
「不謹慎!」って怒られちゃうね。
ドラマを作る人たちも大変だ!



『メゾン・ド・ポリス』は
あのメンバーやお芝居が好きなんだけど
取り扱う事件がねーーー薄い!
富士山が見えなくなるからって
人を殺すんじゃねぇ!
猫をいたぶるんじゃねえっ!
いや、そんぐらいだからこそ
警察も新米のひよりとリタイアした面々に
事件を回してるんだけどさ

」が深くないよね。

僕が、推理小説?ミステリー?
サスペンス?に触れたのは、
毎月届く、学研の「●年の学習」に
連載されていた『名探偵荒馬宗介』
その漫画家さんがイラストを
描いていたマガーク少年探偵団シリーズが
大好きだった子ども時代。

だけど、そこから一気に
祖父に連れて行かれた映画
『金田一耕助』に走ったのが
間違いか
、と(いや、正しいのか?

松本清張さんからはじまって
宮部みゆきさんや東野圭吾さん
ドラマだと刑事や監察医、弁護士モノ
それこそ現実の日常生活でも
殺人やストーカーや虐待を
「正当な理由だ!」と主張して行う人たち。

その「理由」が、僕にはまーーったく
理解できない普通の人の方が、怖い。

スケキヨ!欲望!愛憎!怨念!恩讐!
人間の深い深い“闇”の方が惹かれる!
振り切れてる方が
「フィクション」として楽しめるもん。


今週末、12時に人と会う約束していたんですよ。
ちょっと不安…とセットしておいた
目覚まし時計で、11時に飛び起きた!
あぶねーーー、寝過ごすところだった!

いい歳した大人が、何時まで寝てんだ?!
もうそれこそミステリー。
薬を盛られたのか?!

いいえ、真相は、今週、家に遅くに帰ってから
ずっと漫画を読んでいたから。
続きが気になって、途中で止まらなかったから。

江戸川乱歩の明智小五郎シリーズを
再構築した
『小林少年と不逞の怪人』
そして、シャーロック・ホームズの宿敵であり
犯罪相談役(コンサルタント)の
モリアーティ教授の側から
完全階級制度の大英帝国を描いた

『憂国のモリアーティ』
ハマった!!!
もちろん、どちらも単体で楽しめるけど
元になってる少年探偵団や
シャーロック・ホームズを読んでいると、
そのパラレルワールドの
違いや重なりを楽しめる!!


だって、後者なんてホームズ、ワトソンはもちろん
アイリーン・アドラーやジャック・ザ・リッパー
そしてジェームズ・ボンドの誕生まで
出てくるし!!!
もう、「そうきたか!」って。
(大河ドラマを観る人は、史実や有名な偉人を
どう描いているか、どこにフィクションを
取り混ぜるのか、それも観るんだろうなー)

あぁ、小・中学生の頃の僕よ!
スポーツもせずに、
「息子とキャッチボール」という
父親の夢も無視して
ただただ図書館で借りてきた
横溝正史、江戸川乱歩、
コナン・ドイル、アガサ・クリスティーを

黙々と読んでいる暗い子でいてくれて
ありがとう!


何十年も読み継がれてきた物語の力は
やっぱりすごいよね。

そして、人間の「闇」は変わらんね。
形を変え、手を変えても
書き手や世相が変わっても
こんな大人になっても、面白い!

原作未読ですが
NHKドラマ
『トクサツガガガ』観ました!
(夜中にやっていた初回の再放送を
慌てて、視聴して、準備はOK!)

えええ あんなに若手俳優を
輩出しているスター登竜門の特撮モノ
いまだに、オタであると
カミングアウトするのは
恥ずかしいことなの?!

むしろ、それだけ夢中になれることがあって
ウラヤマ
なんですけど!!!

「関係ないと思います
好きなものに、性別とか、年齢とか。
それは、きっと、
自分が決めていいことだと思います」

倉科カナさん演じる吉田も言ってたけど
スーツアクターは尻がいいとも
言ってた!メモメモ.._〆(゚▽゚*)
好きなことに邁進しなさいよ!若者よ!

僕なんて、もう平気で書店のBLの棚
右か左へ、何十分もかけて、チェックしますから!

(棚の回転が早いし、出版社別とか、
探すの、難しくないですか?って
誰に呼びかけてるんだ?!)
年取って、羞恥心や自意識がなくなるのって怖い!
というか、この年までBL読んでると
思ってなかった!!


ただ、僕は、BLも同人まではいかないし
そこまで「同志」を見つけたいほどの
趣味がない。
だけど、オタの人たちの「擬態すればするほど
仲間からは見つけてもらいづらくなり
主張が強くなればオタバレの危険が増す」

ハテ?これって、どっかで知ってる!
デジャブ?
そうだ!
「ノンケぶればぶるほど
組合員からは見つけてもらいづらくなり
主張が強くなればゲイバレの危険が!」

あっ、でも、僕は学生時代も会社でも
すぐに「ゲイである」とバレて
気づいてもらいやすいのに
同志は誰も近づいてきてくれませんがね!


中学、高校の頃は
隣町まで、自転車を走らせ
ゲイ雑誌「薔薇族」とか買いに行って
必死に隠してたけど。
あぁ、今も親にひとり暮らしの
マンションの合鍵なんて絶対に渡せない!

(松下由樹さんが母親役か)
実家で、親と一緒にテレビ観てるときに
男優や誰かが、画面の中で突然脱いでも
素知らぬふり、興味ないふりですよ。

そして、自分の部屋にダッシュで戻って
ツイッターで、もう画像検索!
動画アッププリーズですよ。


まるで、このドラマの大きなお友だち
女児アニメ愛好家の
任侠さんのように、言えば
「キモゲイでほんと… サーセン…!」
でも、ゲイであることは
趣味というより、人生そのものだからなぁ。

あぁ、このドラマ観ていると
好きなものを「同志」たちと
好きなだけ語れる「対象」が
財産も時間も全てを費やしてもいいと
思える「対象」が欲しい!!

あっ、それ僕には「男」か!

そのこと考えてるとき
脳内は「天国に一番近い島」だからなぁ。
同世代の友だちが
「うちの子供も◯◯くん、かっこいいと
騒いで観てるよ
という
『3年A組』や
『初めて恋をした日に読む話』を
マジ真剣に、「かっこよすぎか!!」と
身悶えながら観ているのは
やっぱり、隠しておこう
(会社では)。

↑このページのトップヘ