妄想特急999

ブレーキ壊れた妄想特急ε=ε=ε= ヾ(*~▽~)ノ止まるときは何かにぶつかる時。MOVIE!BOOK!COMIC!TRAVEL!「欲望」という名の列車に乗って日々加速中!まずは http://mousouexpress.blog.jp/archives/6265440.html を読んでもらえれば。

2019年07月

ネットニュースで
堀ちえみちゃんが、82年デビュー組のみんなで
(もちろん、明菜とキョンキョンはいない)
芳村真理さんに会いに行ったと出てたけど
伊代ちゃん、Σ(゚д゚;)ほっぺたパンパンやん!!
風船おばさんやん!!

整形Gメン友だちの情報だと
伊代はハワイ行く前にいつも打つらしい。

このメンツの中では
早見優ちゃんが、いちばんキレイに
年を取ってる気が。


優ちゃんといえば夏色のナンシーでも
館ひろしでもなく(これわかる人いるかな?)
小さい頃「なりたかった職業」が一緒
勝手に親近感を抱いていたのだ。

なりたくて、でも、絶対になれない。
そう「スパイ」
だって、僕は誰よりも「おしゃべり」
「口が軽い」
のだ!!

思春期の頃は、「絶対ここだけの話ね!」
「僕から聞いたって言わないでね!!」
それなりに自分の評判の死守や
罪悪感があった気がするんですけど

いつからだろう?
もうね、僕に言うってことは
拡散しろってことでしょ?
火のないところに煙は立たぬ、

それこそ「べしゃり暮らし」
それにね、情報を制するものが会社を制する!
自分が知らないことなのに、僕が発信源になってる
誤解もたまにあるけど('д` ;)
僕が情報を持ってるはずと、いろんな人が聞きに来て
それで、また新たな情報が手に入るという
ナイショ話のスパイラル?噂の無法地帯!


先日も芸能界の裏事情をゲット
「本当にヤバいから、広めちゃダメだよ」と。
その数日後、そのネタ自体はガチだったんだけど
内容に、ちょっと間違いがあったんですよ。
「ええーー今さら?訂正しようにも
僕、もう誰に言ったか、どんだけ話したか
忘れちゃったよ!」
ハイ、サイテーです。

だからスパイになんてなれない!
いや、逆に、心のない人間でなれるかも!

どうしてこんなことを書いたかと言うと
北朝鮮の核開発をめぐり緊迫する
1990年代の朝鮮半島
北への潜入を命じられた韓国のスパイ
「黒金星(ブラック・ヴィーナス)」と
呼ばれた実在の男を基にしたお話。

『工作 黒金星と呼ばれた男

いやー、めっちゃくちゃ面白かった!!!
「はい、はい、またお好きな韓国推し?」と
お思いにならないで、むしろアンチもヘイトも
韓国好きな人も、みんなが
「こりゃ、こりゃ、すげえ!」と納得できる映画。


先日『あさイチ』に出ていた久米宏さんが
「自分が生番組をやっている時に
拉致事件が起きてたなんて、
ショックというか慚愧に堪えない」
「生きていてこれを知った時のショックほどない」

と話してたけど、
この映画の舞台になってる90年代って
僕はもう立派な大人だよ!
なんなら韓国、友だちと遊びに行ってたよ。
でも、なんも知らなかった!


韓国映画にありがちなバイオレンスや
グロさは控えめ。

ただそれ以上に、
韓国の権力の腐敗がすごい。

「国としてヤバいんじゃね?」
今の韓国にも通じる
大統領選を控えたときは
揺らぐ国民の気持ちを抑えるためには
「仮想敵国」を作ればいいというの
全然変わってないじゃん!!!

いや、それは韓国だけじゃなく
アメリカも、英国も、そして日本も
敵愾心や憎しみを煽って
「わが国が一番!ファースト!美しい国!」と
国民の票や支持を集めるやり方

もうどうにかならんのかね。
そういうネガティブなことが人間の本質なのかぁ。

いや、やっぱりそんなことじゃない!
国も、人種もイデオロギーが違っても
人と人との友情や信頼関係なんだ!って
最後に胸を熱くさせるのが、
また韓国映画の凄さ。
自国の膿をとことんまで描く
あぁ、映画人たちの矜持たるや!!ヾ(´∀`*)ノ

あぁ、香港も、そして、親中派が
来年の大統領選で支持を得ている(((( ;゚д゚)))台湾も
そして韓国も、いつでも気軽に遊びに行ける
隣人でいてほしいよーーー。

ぜひとも多くの人に観てもらいたいよ!
自信を持って、オススメできるよ!

そして『神と共に』に続いて
チュ・ジフン祭りだーー
ヽ( ´∀`)ノワッショイヽ( ´∀`)ノワッショイヽ( ´∀`)ノワッチョィ



あぁ、やっぱり
『あな番』がある週末は楽しい!
2週間待ち望んだ!

子供が子供を殺そうとするドラマを
楽しいなんて不謹慎!

怒られそうだけど
さすがに酒鬼薔薇になっちゃうから
そこまではやらないか。
「生首でもなんでも、平気で扱う息子なんだって!」
そらくーーーん!!!

そして黒島ちゃーーーん!!!
その直前に映ったシルエットは
サンダーソンじゃね?と
早速、高校時代の親友と。


もう、ここ数ヶ月は
「考察!考察行ってくるわ!」
ふたりの合言葉だもん。


でも、あのストーカー学生が
助けてくれると見た!

それにしても
「僕は理科の子、科学の子ぉおーー
今日もみんなで実験の時間だよ〜ー!!!」

木村多江さんがすごすぎ!!
「狂っている息子と、狂っていく妻」
あのヘドバン
綿を口にモグモグ、白目むき出し!

あの演技には、皆川猿時さんも
「ま、負けた…」と悔しかっただろうなぁ。

でも、このドラマ、
次々と明らかになる真犯人は
妥当というか、ちゃんと順番通りなんだよね。。
それでも、こんなワクワクドキドキするのは
小出しにするネタやフラグが絶妙っていうか
もう、毎回毎回、ぎゃーーー!!!

今回のラストは黒島ちゃーーん!!!
僕、心が狭いのか?嫉妬なのか?
同じ土俵に立ってると思ってるのか?!
秋元さんグループの子達って
整形してるのに
「私、なんもやってないんですよー
基礎化粧品だけです」って言って
「生まれながらにきれいなんです」枠に
座ってる女のような
人生のシード権を持ってる女のよう

鼻についてたんですよ。
長渕がケンカしてるのを
「どう?私の男、イケてるでしょ」と見てた
国生さゆりの時代から
前田敦子とか「邦画のミューズ」みたいな
扱いなんで受けてるの?グギギギギギィって。
あと、いつもハウスマヌカンみたいな格好で
暗黒舞踏集団のような平手さんとか苦手で。
唯一応援してた川栄李奈ちゃんが
結婚妊娠、旦那との騒動で一休みしてる間に

もうね、秋元康先生の術中にハマっとるわ。
黒島ちゃん!!!西野七瀬ちゃん
なんて可愛いの!!!

もうゴリ推しでも、バーターでもなんでもいい。
黒島ちゃん、ゼッタイ生きててね!
(まぁ、ここで死んだら、ますますこのドラマ
カオス!神だけど)
横浜流星くんとこのままくっついてもいい。

あと田中圭の、半袖から伸びる腕の血管
走るたびに、シャツの上からわかる筋肉。

もうね、衣替えで夏の制服になった女子高生に
電車のつり革をもつ女性の脇の剃り跡に
興奮する男となんら変わらん!!

あっ、奈緒ちゃん、今後大丈夫なの?
木村多江さんはキャリアがあるけどさぁ
蒼井優や池脇千鶴のような恐ろしさヒシヒシと。
あの髪の毛もオイリッシュな感じとか
マジ、怖いよーー。



出た!なんじゃ、ありゃは?
普段湘南新宿ラインを乗るときは
富士山を見たいのと
武蔵小杉駅から乗り込んでくる人に押され
進行方向の左側に立つようにしてるんだけど
昨日は、ふと、右側のドア付近に立って
この街には、どんな人が住んでるんだろ?と
妄想しながら外を眺めてたら
なんじゃ?ありゃ?
武蔵小杉駅と西大井の中間地点のマンションの
ベランダに巨大な青いものが!

ネットで「西大井 青いぬいぐるみ」
検索したら、不思議に思ってた人ほかにもいた!
(勝手にリンク貼っちゃった。すみません)
なんでも、アクアクララという
ウォーターサーバー会社のチャプリンという
キャラクターらしい。

この時期の電車には
ニッカポッカを履いて
Tシャツやタンクトップを着た
ガタイのいいお兄ちゃんも
たくさん乗ってて、目の保養。

彼らが、空いた車内で缶ビールを持ってたり
もっと言っちゃえば、コンビニから
お湯を注いだカップラーメン
そしてそのフタをするように
おにぎりとかをその上に載せてるの見ると
もうタマランチ会長!


って、全然前説が関係ありませんが
この夏は、このドラマを推します!!!
なに?この面白さ!!!
脚本、森下佳子さんなのか!なるほど!!
NHKの夜ドラ
『だから私は推しました』

僕はユーミンとか安室とか
その圧倒的なスター性にひれ伏したいので
いわゆる「会いに行けるアイドル」や
演技や歌が稚拙なのを、俺らが(私らが)
見守って、一緒に成長していく!てのには
あんまり興味を抱かないんですよ。


そもそも、若手や新進の女優さんとかも
全然覚えられない!!
(男は隅の隅までチェックするのだが)
桜井ユキさん!!!
こんなステキな女優さん
今までどこにいたの?!

って、すぐに検索したら
今まで観てきたドラマにも結構出てるよ。
全然気づかなかった。
僕は、小松菜奈ちゃんの顔が
すごい好きなんだけど
彼女も、もうまさにドストライク!!!
(って、女性だから、ストライクも
なんもないんだけど)

彼女演じる主人公が幸せを他人と比較して、
承認欲求が強くて
そして、結局彼氏に
「俺はお前のイイね!の道具じゃない!」と
フラれて、酔いつぶれてからの
『カブトムシ』熱唱。

もはや他人事じゃない!

なんだかこのドラマ「推し」から
「だから私は(ビルから)押しました」てな
サスペンスフルな、不穏な空気を出してるけど
クレーム電話を切ってあげる上司や
チェキ券をあげる古参のハコ推しヲタとか
脇の人に血が通っているというか

話を進めるためにいる「イヤなやつ」じゃなく
ちゃんと「登場人物のひとり」なのが好印象。

ああーーどうなっちゃうんだろ?!
地下アイドルを演じる白石聖ちゃんは
もちろんかわいいけど、
そんな彼女を推す
ヒロイン愛(桜井ユキ)ちゃんも応援したい!!


オタ沼にハマっていく快感と恐怖!
「LOVEorDEAD」!!
まさに「愛か死」じゃん!
やだ!!映画公開まで1カ月切っとる!!




そして、今宵は1週間ぶりの『アナ番』!!
だから僕は田中圭推し!!
幸せな週末が戻ってきた!


アジェンダ、デフォルト、アサイン
エビデンス、ローンチ、ITリテラシー

もうね、みんなが何言ってるか
わかんない!。゚ヽ(゚´Д`゚)ノ


それこそ、リスケも分かんなかったもんね!
ニッポン素晴らしい!!って礼賛するなら
日本語使おうよ~。

仕事が多いことより、
理解できなくて、役に立たないことのほうが

ツラい。

「あの人って、地頭悪いよね~。
要領得てないよね~( *´艸`)´艸`)クスクス

と影で笑われるタイプですよ、僕は。
要点を抑えて、頭の回転も速く
「なんで、みんな、
こんなに時間がかかるのかなぁ?
オレって器用貧乏なんだよな」て側

行きたかった。
スマートに立ち回りたかった。
受験勉強だって、朝5時に起きてコツコツと。
就職活動だって、100社近く回ってた。
友情だって、黙ってて人が集まるタイプじゃない。
恋愛なんて、誰かに愛されたことない!
なんだって、傾向と対策を練って、
作為と悪意が交差して、

ようやくやっと、人様に追いつける。


だから、今のように、
あぁ、やっぱり自分ってダメなんだ!
限界だーー
って時に思い出すのが
もう完結してしまった『君に届け』

このマンガのことこのブログで書いていたのって
もう12年も前だ!!
その頃は、風早くんと爽子の恋愛に
ドギマギしてたけど
少女漫画ヒロイン無双
両想いになって、友だちにも恵まれ

高校生活をエンジョイして
いたるところで、「好き…」ってキスしてる
ふたりには、
もはや興味ナッシング!!
(高校時代の恋人と結婚する人なんて
一握りだよーーー!!!
でも、それはそれですごい)

後半は、いつも人のせいにして
「本気を出してこなかった」矢野ちん

「もう誰かに甘えるのはイヤなの!
自分の力で本気で頑張ってみたいの」

自分の夢である東京の難関大学受験を決め
「頑張ったやつは、頑張った記憶の分だけ
後悔があるんだよ!
まちがったって、ちゃんと後悔して
次に生かせ!!」と叱咤激励する担任教師に
告白する18歳の女子高生の姿に
48歳のおじさんが
ジー―ンと胸を打たれてますよ。

そして、風早に片思いしてたのに
爽子とうまくいったのが悔しくて
イジワルする敵キャラのくるみちゃん。
そんな彼女もまた、教育大学目指して
「ムリめだから、越えたいの。
認めたいの、自分を」

「わたしには、無理しなきゃ
出来ないことなんて、いっぱいあるの!」

と邁進する18歳の女子高生の姿に、
またもや48歳のおじさん、胸がド――ン!!
そうなんだよ!なんでもできる人には
ありのままで生きていける人には
わかんないんだよ!!

て。今さら、まだ頑張らなきゃいけないのか?!
何に頑張るのか?オレ?

きっと、いまの時代には
「もっとアウトソーシングしなきゃ」
「費用対効果が悪い」
「結果をコミットしてない」
「人生のプライオリティができってない」
って
ますますバカにされるんだろうなぁ。

もちろん、そんな言葉を使う人は
うちの職場にはいなくて

だからこそ、みんなの役に立ちたい!
そんな生活幸せなの?!って聞かれても
もう幸せがなにかわからない。

そして、12年前に書いたことが
我ながら、昨日の日記か?!って見紛うほど
いまの自分、成長がない!!


あぁ('A`|||)
本当伸びしろがない人生なり!




僕は「男気」がある人が苦手なんだ!!

宮迫はさんまの下に行って
また頑張ってよ!
吉本が悪者ということでハイ、終わり!
反社も嘘もこの話は、もうそれでいいじゃん!
もう、違うニュース行こっ!

それが!!

なに?今さら「動きます」って('A`)
社長が処分を撤回したことで
そして動いてくれた大先輩の顔を立てるために
宮迫も亮も、反旗を翻した会社に
戻らざるをえないし

(それもなんだかなぁ)
「辞めるなら、俺も辞めます!」って
逆に、会長は辞めない既定路線
なんも変わらないんじゃーん?!
てか、お家騒動になっちゃったε-(´∀`; )

いやー、後輩思いで、実行力のある男!
称賛されてるが(確かにすごいが)
僕は、そういう「男気」
お腹いっぱいや('д` ;)

って、ただの男の好みですね。すんません。

逆に、最近のアニメの中の男主人公は
迷い、惑い、そして多分童貞。

そして、世界の運命を背負わされた
薄幸の美少女。


観てきましたよ!
『天気の子』

面白かったーーー(´∀`*)ノ
演出も、色も、空も街も
湿気も、雨の音も匂いも

クリエイターたちの想像力と創造力の
素晴らしさたるや!


これは前情報なしで観た方がいいから
ネタバレしません!
でも、万が一のこともあるので
未見の人はこっからは読まないで!!


まだの人は、この雨が止まない
天気がおかしい今こそ観るべき!

臨場感ハンパないのだ!

代々木の廃ビルが
新宿歌舞伎町が、六本木ヒルズが
東京テレポート駅が
何度も通った見慣れた景色が

「こんなにも美しいのか?!」
TOKYOイズ ビューティフル!!!
聖地巡礼する人の気持ちが分かったよ。
( ゚д゚)ハッ! 山手線内で「田端駅」って
降りたことない!!

この映画の感想を人と語り合ったり
ネット記事をチェックしてないんだけど
「賛否両論」あるってのは聞いた。
( ゚Д゚)ハァ? 「否」の意味がわかんない。
もちろん「好き嫌い」はあるだろうけど
「否」って!!!
きっとエンディングで湧き上がるのだろうな。

いや、僕は逆に、ある意味「たかが」アニメ一本に
(けなしてる訳ではない。確かに僕は
「京アニ」も知らんし、新海さんのも
『君の名は。』しか観てない新参者です)
「たかが」映画一本に、
これは世相を反映してるんだ!!
メッセージ見いださなくても
いいんじゃないか?
って。
どんな結果でも、それはこの「お話」での「結末」。
映画として、面白いんだからそれはそれでいい!
むしろ、自分を含めて、こんな中2病満載の
SEKAI(NO OWARI)系の映画

40代、50代が劇場に押し寄せてるほうが
日本ヤバいって!
「大人」がいないって!!!


あっ、本当にディスってる訳ではなく。

現実の世界では
若い人たちが、もっと権力や停滞してる世の中に
危機感や疑問持てばいいのに!!

僕は『世界に一つだけの花』と
『Let it Go』

「平成の二大悪」!!!!
あれを聴いて育った子たちはどうなるんだ?!
「ありのまま」で
自分に価値があると思うな!!

未来だって、人間関係だって、
自分で打破していかなきゃ、
その壁より前に行かねえんだよ!!
って
自分の過去を棚に上げて
偉そうに、歯がゆくなってしまうんだけど
この映画を観てたら、そうだよね
あまりにも話としてパーフェクト!だったので

世界や、日本や、大義なんて気にせず
若い子たちは、〝今〟を精一杯生きなさいよ。
なんて、ご隠居さんの気分になってしまったよ。

あっ、小栗旬は、もう声が小栗旬なんだね。
今回は、後輩俳優らを引っ張るようなリーダーじゃなく
ちょっと「くず」が入ってたから(宮迫じゃなく)
キュンとしちゃった。
(やっぱり、最後は、男の好みの問題。
崇高じゃなくて、ごめんなさい)

↑このページのトップヘ