妄想特急999

ブレーキ壊れた妄想特急ε=ε=ε= ヾ(*~▽~)ノ止まるときは何かにぶつかる時。MOVIE!BOOK!COMIC!TRAVEL!「欲望」という名の列車に乗って日々加速中!まずは http://mousouexpress.blog.jp/archives/6265440.html を読んでもらえれば。

2020年03月

こんな時こそ明るいこと
書きたいのに
日曜日は一日家にこもって
ある小説を読んでたら
孤独や闇に、引きずり込まれて。
本の力、おそるべし!
っていうか、すぐに影響受ける僕が弱し!

そしたら、志村けんさんの訃報。
もちろん亡くなったことは悲しいけど
そのスピードが怖い!
そして感染症ってこともあり
最期を看取れない
誰もに会えない。


なんか改めて、恐ろしいウィルスだなぁ、と。

今のご時世、友だちとも会うことは難しいから
伝えておきたいことは
伝えておかなきゃなぁ。


そして、♪時には誰かを知らず知らずのうちに
傷つけてしまったり♪
加害者になっちゃうんだよ

テレワークやリモートできるように
仕事を整理してたら
同じ部署に長くいすぎた
仕事を抱え込みすぎた
ダメ社員の典型。

アレ?これって僕しかわからなくない?!
やること多すぎない?!て。
早急に共有しなきゃいけないけど
その時間があるのか?!
ゼッタイ休めない!!!

社畜と言われようが、
ウィルスにかかるのが怖い。
自分云々じゃなく
みんなに迷惑かけるのが怖いよ。

♪今の僕には何ができるの?
何になれるの?♪
朝目覚めたら どっかの誰かに
なってやしないかな♪


って、なんか暗くなりがちなんだけど
能天気な態度を指摘すると
子供たちが
「グレタさんか?みたいな目で私を見る!」
って怒ってきた友だちのLINEがおかしくて。
「グレタさんを見る目!」
ごめんなさい、想像したらおかしくて。
そんなのを思い出して
今一人笑ってるのです。
僕、精神不安定かしら。

 
♪真っ新に生まれ変わって
人生一から始めようが
へばりついて離れない
地続きの今を歩いて行くんだ♪ 


本当、いい歌『白日』

 

か、カッコェええええ!!

天海祐希さんとかでドラマにしてほしい。

この作家さんの『おかめ日和』
デブのヒロインにはイライラしたけど
 『ゆりあ先生の赤い糸』
ゆりあには、心底痺れる!!
「幸せになってほしい!!
幸せになってほしい!!」
っと
念じながらも
この主人公は、常に戦闘状態
困難に立ち向かっていくこと
幸せか不幸かは別にして
彼女の“生きていく源”では?!と思ったり。

僕は、こういう非常事態時も
部屋で漫画を読んでたら
何日でもおとなしく過ごしていられる。
同時に、人間関係や、仕事で
トラブルが起きたり
この先どうなってしまうんだろ?!
って
先行き真っ暗!ってなると
「面倒クセェ!!」って言いながらも
俄然血が騒ぐっていうか
消防車のサイレンが聞こえると
外に駆け出したくなるのと同じように
火の粉をかぶるとわかっていながら
炎上してる方に行ってしまう。
 (不謹慎だけど、「ロックダウン!」って
言葉にもワクワクしちゃう)
まぁ、そう言ってられるのも
心も体も健康でいられるから
うん、やっぱり、ウィルスには
気をつけなきゃいけないんだけど。

別にそれは許容量が広いとかじゃなく
(むしろ妬み嫉みで誰よりも心狭し!!
いったん引き受けたことから
(仕事も人間関係も)
放り投げて、やめたくないっていうか。

50歳を過ぎて、女として薄らいでゆくのを
実感しながらも、20年続いている
穏やかな結婚生活に安住しているゆりあさん

そんなある日、ホテルで昏倒し
緊急搬送されるダンナさん。
その横には、若くカッコいいゲイの恋人が!
さらに、ダンナさんの「隠し子」と
「女の愛人」まで現れて!!


意識が戻らず、寝たきりのダンナさん。
その自宅介護の大変さには
うぅーーむ、ごめんなさい。
僕は、向かい合うことができるのだろうか?!

(やっぱり、ただの“口だけ男”です)

同居している義理の母、
こっちが困ってる時はガン無視で
文句だけは遠慮ナシの義理の妹
「離れ離れになった片割れの
運命の人を探してる」と
ロマンチストなゲイ
「男に庇護されて」生きてきた、
したたかな愛人
そんな一癖も二癖もあって
でも、どこにでもいそうなリアルな
登場人物も、なぜか嫌いになれない。

いや、「幸せになって!」
ダンナさんにも「目を覚まして!
奇跡を起こして!!
と願ってしまう。

それは、ゆりあさんに
幸せになってもらいたいから!

自分が知らないダンナの世界を突きつけられ
怒りや悲しみに揺れて、迷って

でも、最後は、「逃げ出したくない」って
心の体幹でスクッと立ち上がるゆりあさん

見てて、僕も元気になってきた!!

嫌なことも不安なこともたくさんあるけど
生きる原動力にしなければ!

あっ!介護といえば
身近にもいた!!

どんな大変なことも、苦難も
笑いに変えたり、ホンネを叫んだりしながら
それでも立ち向かっていく人が!!
視力を失ったお父さん
認知が始まったお母さんとの日々を綴った
【健康以下、介護未満 親のトリセツ】
という本が、4月25日に発売されます。
カータンは、お友だちがいっぱいいるし
僕には、そんなシリアスな話をしても
仕方ないってわかってるのか

どんな時も、おもしろおかしく話してくれるの。
でも、こんな日もあるんだ、と胸が痛くなった。
誰もが死んでいくのは覚悟してても
老いていくこと、面倒を見ること
見てもらうことには、目を逸らしたい。
この本を読んで、多くの人が、泣いたり
笑ったり、共感して

少しでもパワー注入してくれたらなぁ。
















 

よくさ、ハリウッドの文明崩壊後
世界を描いた映画でさ
オープニングで「そこ」に至るまでの
映像がガーーーって流れたりするじゃん。

独裁者が現れたり、暴動が起きたり
核弾頭が発射されたり、疫病が広まったり、
多くの死体を積んだトラックが
テレビの画面に流れたり。

そんな SFと思っていた世界に
今僕たちは住んでるんだよね〜。 


まぁ、わが国の独裁者の場合は
アッキーが、花見をしてたり
もう期待通りの笑い
を提供してくれてるけど。
そして安倍さんも
「レストランに行ってはいけないのか!」て。
この人いつも「違法じゃない!」って
開き直るけど
「お天道さまに恥じない」行動や品位を
持たないのかなぁ?

それでも、「たまたま通りがかって
写真を頼まれて、撮っただけ!」と
この夫婦を擁護してる人たち。
たまたま歩いてて、手越くんに会える奇跡を
信じるのか?!

いつも不思議なんだけど
こういう人たちのSNSのアカウントの
プロフィールを見ると(見るの大好き!)
必ず「美しい国、純潔なる日本人を守る!」
「愛国者」
とか書いてるじゃん。
どう見ても、あなたが崇めてる人は
この国のルールや節度をぶっ壊してる

思うのだが…。本当、不思議だよ〜

やだ!!こんなこと書いちゃいけない。
僕は、普段、政治もよくわかってない
脳内お花畑人間なんですよ。
「マジかよ!信じられねぇ!」
「もう二度と出ねえ!」
「動画削除してもらえませんか!」
って
恫喝してる工藤静香とkokiちゃんの姿を
妄想してるだけで、幸せ。


もうね、ネットばかり見てる依存症。
だから、この週末も家にこもってネット三昧。
いつ発症するかわからない(まだ味覚はある!)
それ以上に怖いのが
イタリアで罹患者が多いのは、
「成人しても、実家に住んでいて
そこから都会に働きに出てる子供が
親にうつしてるからだ」
みたいな説が
ネットに出てて、まさに僕じゃん!!
チャールズがコロナに感染したけど
エリザベス女王にうつさないでよ!
あの人、英国王室に災いしか持ち込まないじゃん。
僕も、それが一番怖いのだ。
親にうつしてしまうのが。

だったら、帰らない方がいいのか?!
でも、親は「僕が帰ってくることで
生活が成り立つ」
と。
そんな当たり前のような生活さえ
一瞬で失くしてしまいそうな。


他の国では、「ロックダウン」が行われてて
(小池百合子さん横文字カタカナだから
声高らかに、言いたいだろうな)
もはや、映画の中の世界のようだけど
日本は、いまだ満員電車に揺られ
会社に行って、日常が続いてて
リアルとフィクションが、背中合わせのようで

本当、不思議な国、ニッポン。

あっ、今日はただの日記です。

「みんなで力を尽くしていこうというときに
そういう発言されるのは極めて残念」

「コロナウィルスとの闘いに
完全に勝利した形で五輪を迎えたい」

「みんなで手をつなげばきっと
ものすごい力が生まれる。
心をひとつに、全員団結!
さあ、いくぞ。がんばれ!ニッポン!」


やっぱり最後は精神論になるんだよね~。

教育も受けました。
働いております。
納税もちゃんとしてます!


だけど、オリンピックは国民の義務じゃないし
「みんな」から外れたいよ~。

年を取ると、もう自分でも無理なこと
できないことが分かってくる。
合わない人とは、合わせなくてもいいなぁ
って。
(それは昔からか!)

会社の30代の子たちと話してたら
ママ友LINEが不協和音です。と。
今までは当たり障りのない
やりとりだけだったのに
コロナウィルス以降、
学校の休校について
一緒に遊ばせるかについて
それこそ、首相支持かアンチかで
意見や価値観が露わになり

不協和音ハンパない、と。

まだ30代だと、子供がらみもあるし
大変だろうなぁ

って、そんなときに観た
タイトルズバリ
『不協和音』

自白強要で冤罪を生んだ刑事として
世間から糾弾されたまま死んだ父
それぞれ別々に引き取られて生きてきた
兄弟が、刑事と検事となって再会し。

うーーーむ、事務所はいいのか?!
いや、せっかく主役を張れるようになったんだもん
このまま一気にスターダムに!って
方針なのかもしんないけど
いつもの「ふぁいっ!!!」
「ぬあんだよぉーー!!!」
「まぁさぁとぉーーー!!」

春田みが強い田中圭
エッ?!なに言ってるか聞こえない!
エッ?!そんな背が低かったの?!

中村倫也。
悪役や嫌われ役には徹せず
結局、親思いの「いい奴」のふたり。
どこが不協和音なんだよーーー!!

しかもテレ朝の刑事ドラマとかにありがちな
コメディなんだかシリアスなんだか
よくわかんないんだもん。

そして、最後は生瀬さんまで
20歳にして、窃盗と放火を繰り返す少年に
「俺はお前をあきらめない!!
お前はまだ終わっていない!
その手でつかむのは、
そんなもんでいいのか?!
羨むものを、自分の手で
つかみ取ってくれないか!」

熱いスピーチをして、陥落ですよ。
サッと、少年の手からナイフを抜き取る
生瀬さんの奥さん役の多岐川裕美にビックリ!
主婦が、犯罪者の手から、スッと。

やっぱり、最後は精神論なのか?!
それが真の取り調べなのか?!
そんなんで、犯罪の常習犯が更生するなら…。

桐谷&東出コンビに、暗雲が立ち込めたから
テレ朝は、田中圭&中村倫也に
連ドラ化、期待するかなぁ。

ファンとしてはうれしいけど
「はぁああ( ゚Д゚)ハァ?」
「なっとくできませぇんっ!!」
「なんだ、それ」
「うぉおいっ!!おいっ!」
「ふ、ざっけんなよぉ!」
「してねえよ!意識なんかっ!」

熱い「田中圭」は
春田ん、はぐれ刑事純情派は
少しお腹いっぱいなのだ。

ぜいたくな悩み。


ザクッ!ザクッ!ザクッ!!
聞こえるよーー腐女子の足音が!
みんなーー、腐女子の行進だよ!!


新型コロナで世界中が鎖国状態。
海外旅行なんて、しばらく行けない!
(行けたとしても、感染したら
ネットポリスに、名前も「特定」されちゃうよ。
旅行でもライブでも、楽しんで罹患したら
責められるのに、なんでオリンピックだけは
聖火リレーとも許されるのか?!
そしたら、日テレ!!
「24時間テレビは必ずやる。使命感がある」て
どんな使命感?!ジャニーズへのか?!)

そんなときに、異国の湿度と情緒がたっぷり。
そして奏でる音楽と魂の触れ合い!!
海外に行きたい!
崇高な愛にイキたい!!

初めてベトナム映画を観ましたよ。

『ソン・ランの響き』




80年代のサイゴン
(今のホーチミンじゃなくて
サイゴンという呼び方が郷愁をそそる~)
ーーー出会うはずのなかった彼ら
借金の取り立て屋として恐れられている
“雷のユン兄貴”

(悲しみを瞳に漂わせたチンピラ!!
大好物!!)

ベトナムの伝統歌舞劇の花形役者リン・フン

はじめは反発し合ってたふたりだけど
酔っ払いに絡まれた(ベタ!大好物!)
リン・フンを救ったユン
そして突然の停電の夜(ベタ!大好物!)
孤独な魂が引き寄せ合って!!
まさに、菅田将暉の
『まちがいさがし』!!!
♪まちがいさがしの間違いの方に
生まれてきたような気でいたけど
正解の方じゃきっと出会えなかった♪
ふたり!

♪君の目が貫いて♪
ユンは、その日から何もかも
変えようとするんだけど……

ふたりを待ってる未来は?!

ザクッ!ザクッ!ザクッ!!
聞こえるよーー腐女子の足音が!
みんなーー、腐女子の行進だよ!!


最初は好みの顔じゃなかったし
ベトナム語の高い発声に
違和感あったんだけど

脱がないのにエロい!
交わらないのに、深い!!
たった数日のことなのに、永遠!!

メイン館での上映は終わってしまい
小さな映画館で1日1回しか
やってなかったりするけど
(そもそも不要不急の外出は自粛だけど)
BL好き、いや、真の愛を見たい人は
いつかぜひぜひーーー!!

僕もたまたま街のポスターに
気づいたんだけど、
(もう、それって
この映画と出会う運命?!
いや、ただ目ざといだけか)
本当に観て良かった!!
最近のイヤなことや暗いニュースも
吹っ飛ぶくらい、

はぁー、人と人との濃厚接触すばらしい!
と、幸せなため息を吐いたもん。

↑このページのトップヘ