妄想特急999

ブレーキ壊れた妄想特急ε=ε=ε= ヾ(*~▽~)ノ止まるときは何かにぶつかる時。MOVIE!BOOK!COMIC!TRAVEL!「欲望」という名の列車に乗って日々加速中!まずは http://mousouexpress.blog.jp/archives/6265440.html を読んでもらえれば。

2020年07月

毎日『おっさんずラブ』の再放送で
夜更かししまくりだけど

修学旅行で喋っているうちに
どんどんみんなの寝息が聴こえてきて
「最後まで起きてるひとりになったら!
眠れなかったらどうしよ!」

それと似た不安があるんだよね、今。
「日本だけが、最後までコロナの感染が
収まらなかったらどうしよ!?」
て。
トランプが大統領のうちは
アメリカが終わらんか。

アメリカは、007やXメン
クリストファー・ノーラン監督のも
新作映画が、すべて公開延期~('д` ;)

(『ムーラン』は主演女優の
香港に対する中国政府支持に観る気なし!)
そんなときに、ネトフリで検索しまくってたら
ぎゃお!!!(☆゚∀゚)ノ
アメリカで3年前に大ヒットして
ずっと観たくて、観たくて
でも、黒人女性4人の友情コメディなんて
日本で上映されないだろうなぁ、と諦めてた


『ガールズ・トリップ』
が!!!

やったー!!!ヽ( ゚∀゚)ノワチョチョチョォォィ♪
そして自分の予感は的中、大好き!!!
大好き、この映画!
いやーエンタメの力すごい!
観ている2時間、この先の閉塞感とか
すべてぶっ飛んだ!

『SATC』をお下劣、下ネタ
バージョンアップ
させた感じ。

僕は、男に囲まれるのは大好きだけど
よく女性が言う「男といるほうが楽」--。
その説は、うーーむ。('д` ;)
それは、そうだよ!
男の中に、紅一点だったら、
男はみんな気を遣ってくれるし
女性がいるってことで、
男だけのエグいエロ話も
終わりのない悪口、
嫉妬大会
もそこまで酷くないもん!

そもそも、僕という「拡散スピーカー」がいたら
みんなオチオチと内緒話もできないか。

男性諸君、すみません!
それに、悪口も下ネタも散弾銃のように
ぶっ放すと、男の人たちには
後ずさりされることがあり('д` ;)

アレ?こんなの女友だちとなら
スパーリングだよ!ファイト!ハイ!
だよ。
(もちろん、人を選ぶけどさ)
容赦ないカウンターアタックを浴びて
ひるむこともあるけど
そしたら、そのことを別の女友だちに
告げ口すればいいし
(僕って性格悪っ!)
あと、どんな「親しき仲にも…」じゃないけど、
あの話題は誰々に速攻言おう!
このネタは、彼女にはマズいな、って
話す相手、話す内容振り分けるもん。
「女同志って面倒くさい」って人は
そういう計算?もイヤなことの一つなんだろな。

だけど、僕はそういうのも含めて
女の人としゃべるのが、すごい楽ちーん。

(男に囲まれるほうが好きだけど!
↑大事なことなので、2回言う)

まぁ、それも「ゲイ」っていう、
「みそっかす」なファクターが
あるからかもしんないけど。

相手にしてくれて、ありがとう。

ただ1vs1で向き合うより
旅行は、4人以上で行くのがベスト!
感動や思い出は共有したいけど
その時々の気持ちは分散できる!!


この映画でも4人で
ニューオリンズのフェスに行くんだけど
現実の生活、悩み、嫉妬や負い目を隠したり
気持ちの後押しをしたり
誰かと誰かが言い争いしたり、仲介したり

それでも、何があっても味方でいる
学生時代の女友だち

(95年大学卒業の設定だからほぼ一緒!)
彼女たちのハチャメチャなトリップ
見ていたら、無性に旅したくなった!!


好きな場所に、飛んで行って

自粛警察の、誰の目なんて気にせず
羽目を外して
カッコいい人がいれば濃厚接触して


マスクなんて、取っ払って
仕事も、家のことも、翌朝のことも忘れて

みんなで笑って、食べて、大声で騒いで、

そんな旅をしたい!!!

あーー、でも、この映画
さっきも書いたように、
お下劣下ネタ、放送禁止用語も満載!
感動もない!デリカシーもない!!
アメリカ映画のヒロイン特有の「我が強い」!!
薦められる女友だち選ぶかも。


好きな人はゼッタイ好き!
そして、「グレフル」やりたいよー!
(この言葉の謎は、ぜひ観て確認して!!)

父の命日でお墓参りに行って
帰り、小さな旅気分を味わいたくて
長谷の大仏、十何年ぶりに行ったよ。

IMG_0931
IMG_0930
FullSizeRender

お墓の掃除で泥まみれになったので
サーファーが、帰りに寄るという
銭湯に行ったのに、
ご近所のおじいさんばかり。(゚д゚)、チッ

FullSizeRender
FullSizeRender

長谷寺から見た由比ヶ浜の海は、人がいない!
雨のせいか、鎌倉も観光客が少ない。

そんな中、写真を撮り合うアジア系の人たち。
このご時世、旅行者でもないだろうし
日本語に慣れてなさそうだし。
日本に、働きにきて、帰れない人たちなのかなぁ。

あぁ、昨晩、渡辺大知くん演じる水森が叫んでた
日本に来るなー!!が脳にリフレインして
胸が痛かったよ。
あなたたちは、日本を楽しんでるの?!
今も、日本は「夢の島」なの?!
って。
案の定、ネットでは、今回のお話を
「日本では、外国人を差別しない!」って
怒ってる人もいるけど
そういう人たちが、日頃見ているようで
見てない人たちの『MIU404 第5話』


「#GoTo強盗」
まさに、「#GoToトラベル」の遂行日に!
と騒がれてたけど、この第5話を書いたのは
3月頭らしく。
でも、感染拡大させて、人の生活を奪う
#GoToトラベルと強盗の罪の違いは?!


その脚本を脱稿したであろう
4月からの緊急事態宣言以降も
僕は、会社に行かねばならず、

周りのお店も開いてないから
コンビニ、そして深夜のスーパー
ご飯を買ってたんですよ。
そこで働いているのは外国人だけだった。
一昔前は「あのコンビニの店員さん
<あ><韋><うー><江><王>さん
あいうえおが揃った!」なんて中国人だったけど
今は、名前からじゃ、どこの国出身か
全然わからない!

(そして、いつも「どこから来たの?」と
聞いてしまう僕…


まだレジをビニールのシートも覆ってなく
そんな外国の店員さんたちは、
もし罹患したらどうするんだろ?!
ちゃんと病院に行けるのだろうか?!
お金は?働き続けられる保証は?!

もう気になって、気になって。
それは、外国人だけでなく
自分の部署で働いている「派遣」の人を
放っておいて、とっととリモートに
切り替えちゃった「正社員」の人にも言えたんだけど。

日本人は、面倒くさいことや見たくないことに
目をつむって、そらして
(もちろん僕自身も!)
どこまで行けると思うのだろう?
(「声をあげる人」は、それにブレーキを
かけるから忌み嫌うのか?)
森元首相言うように、神風が吹いて
来年、オリンピックが開催したら
「不屈の美しい精神」
「キズナ」「夢の力」
日本に溜まってる不安や不満
疑惑や混乱も責任も
また全てリセットしてくれるのかなー?


まぁ、今回は、実習生を斡旋する
ブローカーがいけないんだけどさ
ただ「捕まった!」「泣けた!」じゃなくて
自分自身の
「ずれた世界」を「見てない罪」が、
重く突き刺さって
消化できてない!!!

あー岡田健史くんに博多弁で、逮捕されたい!
でも、こういう「正義」や「悪」が何か見出せず
わかりやすい「答え」がない物語も

好きなんだーー僕は!
(ええ、半沢直樹も好きですよ)

1971年3月27日に、僕はこの世に生まれて
その前の日
1971年3月26日生まれと聞いてから
ずっと気になってた漫画家さん。
(同学年で、リスペクトする有名人は
クドカンと伊達公子なんだけど
そのクドカンが、彼女の『花とみつばち』を
脚色してドラマ化する話があったとは!!!
ぜひ、観たかった!!誰だ?邪魔したのは?!
ジャニか?!そんなクドカンが、
漫画家30周年記念の本に寄稿してて胸熱!)

安野モヨコさん!!!

「やすの」「モモコ」と勘違いしてる人もいるし
桜沢エリカさんの「オシャレマンガ」の亜流?
岡崎京子さんみたいに「深く」ないんじゃない?て
思ってる人もいるかもしれない!
いや、僕にとっては、彼女は
僕が生きてきた時代の
光と影を斬り取って
くれた
同世代の唯一無二の表現者さんの一人!


そんな彼女の個展
「ANNORMAL」
に行ってきました!!秋まで世田谷文学館。
(9月に大阪、10月から仙台)

IMG_0877
FullSizeRender
IMG_0860
IMG_0880
IMG_0879
FullSizeRender

(写真は撮り放題!)

僕自身、彼女のことを知ったのは
それこそ、自分も恋愛炎上状態のなかで読んだ

FullSizeRender

20代後半、『ハッピーマニア』

IMG_0876

「ふるえる程のしあわせが欲しい
それはどこにあるのかしら」

「探してた時の方が楽しくて充実してた」

でも彼女の作品を追っていくうちに

「仕事で失ったもの
それを想い泣いた夜
でも
仕事に救われる
朝もあるから」


「あたしは仕事したな
ーーーって思って

死にたい」

「そうだ立て
そして何ができるか
考えろ」

『働きマン』

生と死と躍動するパッション!
抑えられない情熱に、元気をもらい


実は働くなくなった両親、心を壊してしまった妹
家族を養うために、がむしゃらに働いてたこと
読者の期待に応えるために
雑誌(媒体ごと)にテーマを変えてたこと
もっともバランスのいい判断をする術を
身につけるしかなく、自分を殺し、損を選ぶ。

何より
親との関係から、自己肯定力が弱く
「遠くで、眠る本当の
天才が目覚める前に
描かないと
本当の才能ある人が
描いてくれるのだったら
あたしなど描かなくて
良いのだから」

自分を「偽物」と思い
それでも「才能」がないならないなりに
「やっていくしかないんだな」
描き続ける姿勢
に、
「そんなことないのに!」と
同意はしないけれど、理解はできて。


旦那さんの庵野監督がいうように
「30年近く休まずに動いてたことは
妻の心身を限界まで酷使していた。
でも、そうしないと妻は生きて行けなかった」

「妻はブレーキとアクセルを
同時に踏み続けるような仕事の日々を続けていた。
妻にとってマンガが、唯一の心の支えだったからだ」


時には、『オチビサン』以外の
作品を休載したりしてたけど

IMG_0878

安野さんが、ずっと描き続けてくれてよかった!
僕にとっても、彼女の作品は
心の支えだったから。


同じ世代に、同じ年に、一日違いで
生きてきて良かった!!


っていうか、僕は安野さんが描く
優しくて、弱くて、冷たくて、
甘くて、狡い男が好きなのだ!!

FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender


安野モヨコ ANNORMAL (コミックス単行本)
安野 モヨコ
小学館
2020-05-07

監督不行届 (FEEL COMICS)
安野モヨコ
祥伝社
2013-01-18


会社で、同じ年の同僚とランチしてて

「三浦春馬って、『なつぞら』に出てたよね?」
「エッ?!『恋空」じゃなく?!」
「なつのお兄ちゃん、だよ!」
「それ、岡田将生だよ!!」
「あぁ、そうか、三浦春馬と生田斗真の
区別がいつもつかない」

「『ま』しか、合ってないし!!」

確かに、みんな、演技もうまい美男。
僕は、「若い男」は滅多に間違えないが
年を取ると、本当、人の区別が難しくなってくる!
昔は、父親がWinkのことを
「この娘たちは双子か?」って聞いてくるのを
「テレビを観てるんだから、うるさい!」って
遮ってたけど、今ならわかる。
いや、今なら、「あぁ、この二人は
同じ先生のとこで、お直ししたのね」
って思うか。

昔は、夏八木勲さんと米倉斉加年さんの区別が
つかなかったんだよなぁ、

どっちが焼肉のたれ「ジャン」だっけ?と。
顎が長い感じかなぁ?!

そして、一時は、アシュレイ・ジャッドとの
違いがわからず、ただの金髪のお姉ちゃん枠
だった
シャーリーズ・セロンさん。

今や、こんなにアクションが似合って
凛々しい「姐さん」は、
世界中で唯一無二!!

岩下志麻さんが、アクションできたら
こんな感じだったのかなぁ。
日本だと「カッコいい」女優って
米倉涼子とかが挙がるんだろうけど
『ドクターX』の女性プロデューサーさんが
彼女にドラマ出演の打診した時
「私、女性とは働かない」
最初は断られたという
エピソードでも、もう僕は、ダメ!


シャーリーズの何がすごいって
あえて、「女性を救う力になる」
「女性と共闘する」って役を
自ら、プロデューサーとなって
作り上げてるところ!!

(この映画でも、女性監督を任命してるし)

ネットフリックスのオリジナル映画
『オールド・ガード』



彼女の作品を観るたびに
肉親にあんなことが起きちゃったのは
シャー子とアムロだけ、
って
いつも、頭によぎっちゃうんだけど
それを逆手に取ったかのような役選び!
シャー子は引退などせずに
どんな時も、戦い続けて欲しいよ。


なぜか死ぬことができず
何百年も生きてく戦士。
いや、その謎は解き明かしたいだろうけど
なぜか、いつも「戦い」の場に
顔を出してるのは、あんたの選択だから!!


小さな頃から、近所で消防車の音が鳴ると、
外に走り出してしまうし
会社で、揉め事が起きてそうだと
「なに?なに?」って顔を突っ込んでしまう僕も

たとえ、永遠の命を手にしても
穏やかな、悟りの境地には
達しない
んだろうなぁ。

だけど、大好きな
マティアス・スーナールツ!!!

彼と、ずっと一緒にいて、守ってもらえるなら
永遠の命もいいか!!

てか、他のメンバーもかっこいい人揃い!!!
「不死の軍団」じゃなく「イケメン軍団」やん!
(そこで男女の恋愛にしないとこ!)
シャー子さん、キャスティングも
プロデュース能力高い!!



もうめちゃくちゃやん!(′∀`)
だけど、面白い!『半沢直樹』
僕の場合は、細かいことはどうでもよくて
(買収とか時間外取引とか、全く意味不明
最後に投げたスマホをテーブルに乗って
取りに行くのか?大和田常務!?)
作り手たちの「熱」があれば
伝わってくるんだなぁ。

あーーー半沢直樹の【悪役】演りたいっ!!
嫌味言ったり、歯ぎしりギギギってやりたい。


そう思うと、「透明人間」って
役者として、つまんないよー。

顔の表情も、セリフまわしもお披露目できない!
だから、ポール・バーホーベン版のでは
ケヴィン・ベーコンは
自己顕示欲が抑えられなくて
「あそこ」まで出しちゃったんじゃない?!
観てるこっちは、嬉しかったけどさぁ。
(この人は、『ワイルドシングス』でも
突然、さらけ出してたしなぁ)

ジョニー・デップ主演で、製作の話があったけど
トム・クルーズのミイラ男がコケて
たち消えになった「モンスター・ユニバース」の
『透明人間』



僕が透明人間になったら
イケメンの部屋をのぞいたり
イケメンがお風呂入っているのをのぞいたり

「のび太さーん!!」
イケメンが“一人でしてる”のをのぞいたり…
「のぞく」ことしか思い浮かばないんだけど!!
むしろ、姿見えなくても、口は災いのもと
喋るのやめるのを我慢できないし!
「私たちはここにいまーす!!」と
『彼女たちの時代』みたいに叫んでしまう。
(20年以上も前のドラマ!!)

この映画の透明人間は、そうか!!!
この手があったか!!
なるほど、面白いっヾ(´∀`*)ノ

ヒロインが誰かと二人きりの時に
相手に危害を加えたら、
彼女が「犯人」になって、
どんどん追い詰められていく。
「他に誰かがいた!私じゃない!」って
叫べば叫ぶほど、「キ●ガイ扱い」
透明人間は本当にいるのか?
彼女が心神喪失なのか?!

ヒロインのメールアドレスから、
誹謗中傷のメッセージを送るって!
彼女の飲み物にクスリを入れたり
それは、透明人間じゃなくてもできるんじゃ?!

あと、ヒロインを演じたエリザベス・モスって
まだ若かったのね!
僕は彼女みたいな橋本環奈顔?体型?
米良美一さんや与沢翼みたいなお顔?
小さくて(背も!)まん丸いお顔に、
大きな目!みたいなのが
苦手でーーー('д` ;)

だけど、この映画、
これは彼女の狂気が生み出した
「妄想なのか?」
って姿には
なぜか親近感を抱いたよー。

そして、隠れ場所として部屋を貸してくれる
男友達のジェームズがカッコいい!!
(タンクトップから伸びる太い腕や
盛り上がる胸筋がすごい!)
僕が、透明人間なら
彼の部屋をのぞいたり
彼がシャワーを浴びるのをのぞいたり

「のび太さーん!!」
彼が“一人でしてる”のをのぞいたり…
やっぱり「のぞく」ことしか
思い浮かばないんだけど!!

「のぞきは犯罪です!!」

♪消えますよ 消えますよ♪
消えます 消えます!
ショックショック!!

↑このページのトップヘ