妄想特急999

ブレーキ壊れた妄想特急ε=ε=ε= ヾ(*~▽~)ノ止まるときは何かにぶつかる時。MOVIE!BOOK!COMIC!TRAVEL!「欲望」という名の列車に乗って日々加速中!まずは http://mousouexpress.blog.jp/archives/6265440.html を読んでもらえれば。

2020年12月

2020年が終わるー!
何百年後かに、世界中の歴史の教科書に
確実に載る年号に
生きていたんだよねー。
w(('Д'))wワァオ!!
どんな神を信じてる人も、
性別、人種、肌の色や国籍関係なく
加害者にもなるし、被害者にもなるし
お金持ってようが、有名であろうが
(志村けんさんの時、痛感)
強く生きてくしかなくて。
もう、ハリウッド映画の中の住人だよ!

久々に、「ハリウッド大作」
映画館の大型スクリーンで観てたら
なぜか、涙が止まらなくなってしまったよー。

えっ?泣く映画じゃないよね?!

『ワンダーウーマン 1984』



オープニングは「SASUKE」かよッ!
(女性のみだからKUNOICHIか)
アメコミ「のん気だよなぁー」て観てたけど
トランプにそっくりな、嘘に嘘を重ねて
詐欺師のようにのし上がってきた実業家マックスが

人の欲望や憎悪を増長させて、力を得ていく様が
もう、今年一年の世界の負の総括!!!
って
感じで、マスク装着以上に、息苦しくなったよー。

そこで、選択をして、立ち上がる
ワンダーウーマンに、

あー、泣かないでメモリーズ
わたしはもっと強いはずよ
でもあふれて止まらぬ
涙はダイアモンド♪

(クリス・パインが松坂桃李に見えた。
髪の生え際の心許なさのせいか?)

世界崩壊から、
いきなし小さな井戸端会議になるけど
職場の50代後半の男性がね、
「なんで、会社の経費を使って
忘年会をやらないんだ?!」
って。
(゚∇゚ ;)エッ!? このご時勢に?不景気に?
でも、その人が悪いって訳じゃなく
それが今まで当たり前だったから
彼にとっての「常識」なんだよねー
(酔うとセクハラしてたし)
でも、会社っていうのは、すごくよくできた組織で
どんどん若者や、新しい価値観を持った細胞が
入って活性化するから

それが時代とズレてることや、おかしいって
疑問や発言が出てくる。

でも、国民に規制しても会食やパーティーを
やめなかったり

国民の税金を使って、国のトップが
私利私欲に走っても、嘘を百何回ついても
法を破ってないんだから、
ルールとか道徳とか
職務や言葉の重みなんて
どうでもいい!
人たちも
(そんな彼らを支持して、冷笑的に
見下すつぶやきを繰り返してる人たちも)
自分を信じて、疑ってないんだよー。
罪悪感も、羞恥心もないんだよ。
そこは似たような世代の、同じ価値観で
強固に塗り固められた世界だから。

女性や若者や異分子が入らないと変わらん。

この映画も、男社会のハリウッドで
女性監督が、脚本を書いて撮ったから
ワンダーウーマンは、ああいう言動をして
あらゆる登場人物たちが、
あの決断を下したんだろうな。


右とか左とか、フェミニズムとかじゃなく
異なったり、違ったり、
いろんな人の生活や思考を、
想像していく一つのきっかけになるよなぁ

「映画」って!!!

僕は、すごい偏った、狭く浅い人間なので
やっぱり、映画や本に触れていきたい!!

今年は、コロナ禍で
配信のおかげで『愛の不時着』
『クイーンズ・ギャンビット』
をはじめ、
面白い作品にたくさん出会えたけど
映画館でもいっぱい観ていきたい!
最後に、今年、面白かった映画マイベスト3
韓国エンタメパワー炸裂の
『パラサイト 半地下の家族』

想像力は、人生を変えてくれる!
『ジョジョ・ラビット』
そして『ストーリー・オブ・マイライフ
わたしの若草物語』。


今年もありがとうございました.(*´∀`*)ノ。+゜*。

いろんなことがあったけど
ブログだけじゃなく、Zoomでのイベントや
LINEのオプチャ
1年前には、考えもつかなかった方法で
多くの人と繋がった。
人生って、何が起こるかわからん!ワクワク

.。.:*・゜(n‘∀‘)η゚<<2021年も良い年を!!!

負けたくない。何に?
ただ、コロナで、2020年は
嫌な年だったなぁ、て黒歴史にしたくなくて
(どんだけ、負けず嫌いなんだ?)
海外に行けないなら、
47都道府県で行ったことないところに
そうだ!島根、鳥取に行こう!

田舎の畑のなかに突然現れる
足立美術館

IMG_2151

松江で、お茶をいただいて
緑が美しい庭を見ながら
心を落ち着かせ…
ることもなく

IMG_2148
IMG_2178
IMG_2150

だって、電車やバスの本数が
1時間に1本とかだから走り回ってた。
一畑電車からの宍道湖
(違うか?美保神社への日本海か?)

IMG_2177

そして、煩悩の塊。
この先の人生、恋愛でも友情でも
男でも、女でも、誰でも
素敵な「縁」に結ばれていたい!!
出雲大社へ!!!
(「おおやしろ」って呼ぶと初めて知った)

IMG_2153
IMG_2176
IMG_2152
FullSizeRender
IMG_2154

宿泊はもちろん竹内まりやのご実家
「竹野屋旅館」

IMG_2158

一時、経営が傾いた時に
まりやがお金を出して改装したそうで
歴史を感じさせる外観に
館内はすごいオサレ!!

IMG_2159
FullSizeRender
IMG_2161

各部屋には、直筆の歌詞色紙

IMG_2157

フロントの横には竹内まりやコーナー
友だちに写真を見せたら、下の方は
山下達郎のコンサートTシャツらしく…
すごい商魂!いやいや、夫婦愛!
(てか、見た目じゃなく、才能に惚れる女性は
信用できない!!(*´∇`*))

IMG_2160

ユーミンファンとしては
物販には近づかなかったけど(笑)
トラッドポップが入り混じった
まさに「竹内まりや!」な旅館でしたー。
場所も大社の目の前だし、オススメ!

朝靄の中、向かった出雲大社は
ひとり旅の女性が多かった。
いや、僕も今回ひとりだったので
事故や事件に巻き込まれて
ニュースで、「出雲大社にひとり旅をしていた
男性49歳」
とか報道されたくない!!って
気をつけていたのです(何に?)
みなさん、神様の力に助けてもらってもいい
幸せになりましょうー!


IMG_2175
IMG_2155

僕なんて、そのあと、美保神社にも行って
祈祷しましたよ!!
どんだけ、神頼み?!

IMG_2156

もうすぐ丑年
ゆっくり、自分を見つめ直して…丁寧に、なんて
生きられない!!
来年も、無駄なことに時間を費やし
ヤベェ、間に合わない、時間がない、
って
忙しなく生きていくのだ!

FullSizeRender



少し前、12月に入って
妖怪の国に行ってきました。

夏に鹿児島に行った時
ガラガラの飛行機に、ヤバい!
コロナ禍が終息したときに
航空会社がなくなってたら…
冬には少しは収束してるだろうし
飛行機のチケットを買って
売り上げに貢献しよう!
予約を取ろう!!


なぬ?GoToって?!(*`Д')
正規で買った僕がバカみたいじゃん!

第3波襲来!!
GoToの移動が感染を広めてる?
い、行きづらい…
でも、一人旅だし、誰とも濃厚接触しないし。


まぁ、行ってもブログには書けない、か。

新型ウイルス変異種感染者、国内で発見!
なんか、ゾンビ映画のオープニングやん!

もう、顰蹙買っても、書いちゃおう。

今ココ

前日まで、雪の天気図で
「飛ばない可能性があります」との連絡。
当日、出発する時も
「大阪に到着変更になる条件付きの飛行です」

やっぱり、行っちゃいけなかったのかなぁ、
もう、それこそ神様の思し召しだろうと
乗り込んで、すぐ爆睡(図々しさの象徴)
ガクンと着陸の振動で目が覚めたら
無事米子に着いてました!
鳥取初上陸!!

IMG_2147


鬼太郎空港に、鬼太郎列車

IMG_2141
IMG_2140
IMG_2142

境港駅に着けば

FullSizeRender
FullSizeRender
(今気づいた、街灯が目玉おやじ!)

水木しげるロード
(向井理はいないけど(´Д⊂))
ねずみ男に猫娘!

IMG_2144
IMG_2143
IMG_2145

載せきれなかったけど、
何百もの妖怪がいるんだよ!
どこもかしこも、「おいっ!鬼太郎!

IMG_2146
FullSizeRender

ひとりの人物、
そして彼が生み出した世界
一つの町を飲み込む
のってすごい。
想像力が、現実を変えていくんだなぁ。

境港には、松江から40分ほどの
直通バスで行ったんだけど
なんじゃこりゃ?!
目の前に、これ見たことある!!
すごい急勾配の橋!!

あーー、ここだったのか?!
妖怪より、なにげにこの建造物の方が
恐ろしかった。


FullSizeRender


そして、魚介類が本当においしい!
コロナの影響で空いてたけど
いつか、また、この妖怪の国に
人間があふれるといいのに!


FullSizeRender
FullSizeRender



ネトフリすごい!!
いや、A.I.?アルゴリズム?
オススメで一番に出てきた
『君の心に刻まれた名前』



ひゃーー!!!!∑ヾ(≧□≦*)ノ 
2020年最後、僕の心の奥深くまで
記憶の心象風景まで、解析されちゃってるよ!


1988年、戒厳令が解かれた台湾
この時高校生で、大学受験云々って
僕と同世代?それこそ主人公たちとタメだよね。


今こそ行ったら誰もが
サイコー!!+。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。+゚
ゲイ天国の台湾だけど
30年前は、ゲイであることは
隠さなきゃいけない
決してバレてはいけない存在。

でも、日本もそうだったよ!
僕だって、大ぴらに言えなかったもん。
そりゃ、口を閉ざしても尻隠さずで
バレバレでしたけどね。
今だって、SNSを「非公開」にしてたり
本当に信頼できる人にしか伝えてないゲイの人も
まだまだいっぱいいるだろうし。


『おっさんずラブ』
『チェリまほ』みたいな優しい世界で、
男とか女とか区別もなく
恋して生きていけたらいいよ。

でも、現実は厳しく、時には残酷で。

僕ね、女性が、ゲイとか関係ないよ!って
言ってくれることに、ずっと救われてきた。
だけど、それは自分の性を脅かす存在じゃないからだよ
って、言い返したくなる時もあって。


もし僕が「実は、バイで、君のこと好きだ!」て
告白したり
仲の良い女性に「私、レズビアンなんだよね」って
言われて、2人きりでいられる?
それこそ、「小さい女の子にしか
性欲わかないんだよ」て
友だちにカミングアウトされて、
子供をそばにおける?
その性癖だって多様性じゃん。

だから、ゲイが、自由や権利を!
高らかに主張するのも大切だけど
それで不快になったり、離れていく人もいるし、
てめえなんて、タイプじゃねぇよ!って男が
「俺のこと好きになったらどうしよ」って
不安になるのも、当然だと思う。

その覚悟も含めて、カミングアウトしなきゃ。

自分の家族がそうだったら、また違うだろうし
僕は、正直、10代の頃は
「どうしてこんな風に産んだの?」って
親も憎んだ。セクシュアルな欲望が絡むと余計、
親にありのままの姿を
話したくも、見せたくもなかったし。

(親とは確執もないし、好きだけど)
その孤独の中で、受け容れてくれる友だちや
分かり合える恋愛相手を必死で探してた。

傷つくことは、男女LGBT+α 関係なく
たくさんあるんだもん。
そしたら、若いうちに、いっぱい傷ついて
立ち上がり方や、
闘う術を身につけておいた方がいいし

自分にとって最善の選択をしやすいし
「これで、生きてくためには…」って
覚悟もできると思うんだよねー

とにかく、その傷が疼いた!!!
もう忘れてたかと、沈めてた衝動や失敗、
数々の思いが浮上してきたよ!
お前は、まだ成仏できてなかったのか?!て。

いつもそばにいたクラスメイトに恋して
気づかれちゃいけないのに、
嫉妬や涙、叫びが溢れ出てしまった瞬間

逆に、突然、僕にキスしたり、
抱きしめたりしてきて
「お、俺はホモじゃねえ!!」って
突き飛ばしてきた同級生

「お前が女だったら、付き合ってたのにな」と
酔った勢いで、言ってきた同期


「お前、◯◯くん(僕の本名)と
どういう関係なの?」と
冗談ぎみに、恐る恐る聞いてきたという
男友達のお母さん。


ああ〜、みなさん!みなさんの人生に
僕が介入してしまって、時には心を揺れ動かして
申し訳ないです!!!

でも、みなさんがいたから
僕は、今こうやって、強く、生きてます。


BLや、優しい愛のファンタジーだけでなく
最後は、死んで終わる美しい作品だけでなく
こういうヒリヒリする、同性愛の映画も
みんなに観てもらいたい!!


ぬあんと、ええええー〜〜マヂ? +。゚(o゚д゚o)゚。+ イィノ?
この映画が、2020年の台湾映画の
興行収入年間第1位なの?!!!

さすが、台湾サイコー!+。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。+゚


なんかすごい久しぶりに
実家で「ご長寿クイズ」観て、笑ってた。
年末感、やっと出てきた。

コントロールできない老人や子供
(すごい前に、「あっぱれ学園」の子供たちと
北海道に行くさんまと飛行機が一緒で
機内でズーーっと喋って笑ってた…)
芸能人を相手にするさんまが好きだったのに
なんか、最近は自分のお笑いのルールや
男女の価値観「女ってそうやろ!」を
押し付けてくるのが、すごいイヤで。

この前の「アウト・デラックス」の
クリスマスSP生放送なんて
放送事故な面々に笑ってたのに
さんまが出てきた途端に、
テレビのありがちな
つまんない番組になってビックリ。


その前に、自分がまだ若い女性と
恋する市場
にいる前提で
語っているのが気持ち悪いのだが。


って、話が全然変わりますが
そういう型にはめたがる「少女マンガ」を
「女性の生き方」「恋愛観」を
変えようと、必死に描き続けた
70年代の少女マンガ家たち

ジャンルもテーマも違う薔薇園に咲き誇る
色とりどりの薔薇のような漫画作品
アシスタントとしてリアルタイムで見てきた
著者の(ご本人も漫画家さん)
『薔薇はシュラバで生まれる』

僕は、漫画好きを公言する女性有名人が
「少女マンガは読まないんですよー」って
ちょっとバカにしたように言うのに
イラってするんですよ。

確かに、かつて80-90年代の少女マンガを
牽引していた先生たちが
今は、青年漫画に軸を置いてる現実もあるけどさ。
お前ら、何読んどんじゃー!!!ヽ(#`Д´)ノて。

だって、『ガラスの仮面』は何度も何度も
読んでいるのに、いまだに、読み始めたら
そこからは地獄。ドラッグのように
中断することができない!

『ガラかめ』のアシ時代の昔の失敗を
「死んでお詫びしようかと」と言う著者
「あんたの命なんかいらんわい!
死ぬんなら
(アシとして描いてくれる)
右腕置いていってね!」と言い放つ
美内先生素敵です!!


山岸凉子先生、萩尾望都先生
大和和紀先生、和田慎二先生
くらもちふさこ先生、木原敏江先生
僕の心が柔らかいうちに
大先生たちの作品を吸収できていて良かった!!








↑このページのトップヘ