(´Д`)ハァ…(´Д`)ハァ…
もう、中堂を追いかけて一緒に走ったから
息切れぎれ。

そしたら、『セブン』の
ケヴィン・スペイシーライクの
血まみれ連続殺人犯。

よくあるドラマなら
犯人は次回につづく、なのに
ここでさらけ出しちゃうってことは
最終回の展開、どうなっちゃうの?

僕は事件モノ病院モノ苦手でした。
確かに、途中からでも
新しい視聴者を獲得できるし
毎回いろんなゲストを出せるよ。
でも、ワンクールで誰かと出会って
なにかに遭遇して「変化」していく
登場人物たちを見たいんだよ!


で、このドラマ、毎回事件も違うし
病院モノだけど、

中堂の今までの絶望や怒りを
知っているから、
執着して調べる姿も

(ごめんなさい、ただ、定食屋での
ひとめぼれって、
中堂おまえも、見た目かよ!って
ちょっと違和感持っちゃった。
中堂が「ただひとりのひと」を失うのが
米津さんの主題歌と重なって
泣いてしまったが、アレ?て)

そして予告で出た
六郎の潜入記事がバレることも
ええーー、このメンバーが
バラバラになっちゃうの?
って

悲しくて、やりきれなくて
連ドラだからこそ、
初回からのみんなが
「生きている」姿を
見て来たからこそ

もう感情移入しまくりで

面白さを味わっておりますーー。

あぁ、次週は最終回…

本当に、本当に、「たまたま生きて」
by神倉所長
このドラマに会えて良かった!