大学時代、時間があったのかなぁ?
突然「仁義なき戦い」「極妻」
五社監督の作品
それこそVシネを観まくってた時期があり。
西村知美が、口調を治すために
極妻のセリフを練習してたってのに
影響受けたのかなぁ。
僕もまったく威厳のないしゃべり方('д` ;)

週刊現代に載ってるような
「芸能界“最強”を決めよう」とか
そういう記事も大好き!
GACKT、氷室京介とか
哀川翔とかは「さもありなん」だけど
生島ヒロシや
アントニオ猪木や千代の富士の
ボディーガードをやってた凡ちゃん
こと
大木凡人、そして何といっても、
家庭な暴力に反撃して
長渕を失神させちゃった志穂美悦子のイイ話
ガチ濃度が強い分、こっちの血中濃度も高まる。

半分強がり、半分純粋の
ヤンキーとヤンキー臭がするのは
苦手なんだけど
本気のバイオレンス
自分には縁がなさすぎて

業務用のぎゅうひを買ってきて
砂糖まみれになって
日々夢中になって観てたんだけど

その役割が今は「韓国映画」
正しくは韓国ノワール
しかも、成田三樹夫さんや
金子信夫さんみたいな「いい顔」も
沢山出てくるけど

イケメン!筋肉質の裸もたっぷり!
血まみれに、ハードな暴力

時には、こんな拷問の仕方あるんだ!
トイレットペーパーや電話機を
こんな風に武器にできるのか!

いつの日かためにの勉強もできるし。

だからシネマート新宿大好き!

若手で人気のキム・スヒョン主演
『REAR リアル』
もう訳わからんちんの内容だったwww
カッコいい時は野村周平や松山ケンイチに
見えるけど、時折剛力彩芽ちゃんに見える
キム・スヒョンが若すぎるのか
ヤンキー臭が高くなっちゃったんだもん。
シャブ(覚せい剤)というより
合法ドラッグのような手軽さ(軽いのか?)

でも、それさえもどうでもいいような
パワーとスピード感!
あとは、突然意味なく脱ぎだす真っ裸!

映画館に置いてある
この先上映予定のチラシは
韓国映画と
ニコラス・ケイジ主演の
アメリカで公開されたのも知らない
映画ばかり。


あぁ、韓国映画でも後者の方だったか。