今回は趣向を変えて真面目な旅行記
と言うか、この旅行の一番の目的だった
「愛のトンネル」
(あっ、興味ない人は途中飛ばして
最後の写真だけでいいので
その景色を見て欲しい!


とにかく情報がない(ノ`Д´)ノ
地球の歩き方もチョロっと書いてあって
「キエフからの日帰りは厳しい」と一刀両断
記憶力が日に日にやばい
(頭の中の消しゴムの)おじさんには、
覚えられない街の名前と乗り換え。

ネットを検索すると、世界一周旅行中の猛者たちが
近くの街から余裕を持って行く
羨ましい旅日記ばかりで。


キエフの旅行会社のサイトをチェックしても
実際、現地に行けば
一日ツアーとかあるかも…

こっちに来てから探してもないのです!
もう、ビジネスチャンス逃してるよ!

てな訳で、僕が書きます。
すごい簡単にですが。


もし、いつか行く人が検索して
このブログに気づいてくれれば。

「私は、ここにいまーーーす!」
@彼女たちの時代


結果から言うと
行けました!!!一日で!!!
日帰りで!!!

(あくまでも個人的な結果ですが)

朝6時に起きて、7時にホテルを出て
7時半にバスターミナルに到着
まぁ、それが最初見つけられなくて('д` ;)
キエフ駅の目の前にまっすぐに伸びる大きな道
マクドナルドの(駅を背にして)右横を下っていくと
左手に、バスターミナルの入り口があり
階段を降りるとミニバスが並んでいます。
IMG_4531
IMG_4530
IMG_4529
そしたらね、もう木の芽時の怪しい人のように
「リーーヴネ!!!」と、とにかく叫ぶ!
恥も外聞も気にせずに、叫ぶ!
近寄ってくるおじさんに喚く!
すごい数のバスだらけだし
正直ね、ウクライナ語、読めません。
そうすると、そこらへんの人たちが
目的地のバスの場所を指し示してくれます。

IMG_4539

「リーヴネ」
スペルにすると「PIBHE」
まぁ、読めなくもないけど…
「東大王」くらいの想像力が必要。

8時出発のミニバスに乗り
230UAH(ウクライナのお金
日本円で1000円?)
4時間(途中でトイレ休憩あり)

IMG_4538

リーヴネへ。この時点で12時。
(ガイドブックにはバスターミナルに
着くと書いてあったんだけど
ここはどこ?私は誰?の場所で)

でもね、地球の歩き方や他の旅行者は
そもそもバスセンターから
ローカルバスに乗り換えて
駅に行って、そっからクレヴァン行きのバスに乗り
運転手に「愛のトンネル」で降ろしてとお願いし
そっから1キロちょっと30分くらい歩く
って。

いや、いや、もう一度言って?!
(頭の中の消しゴム)
それに、こんな暑い中、歩きたくないし!

で、僕はリーヴネに着いたら決めてたんです。
そこでタクシーに乗ろうと。
(学生旅行じゃないし!
金持ってるおじさんだし!)
いまどこにいるかわからないけど
目の前にあるホテルの前に止まってる
タクシー運転手さんに
「愛のトンネルに行って、1時間ほど
待っててくれて、帰りはキエフ行きの
バスターミナルに連れてって」
とお願いしたら
300UAH
そりゃ、3UAHとか8UAHとかの
バス代にしたら
100倍だけど、キエフの物価が
めちゃくちゃ安いだけで
日本円にしたら、1500円ですからね!
(郷に入れば郷に従えとか言う奴うるさい!)
まぁ、すごいいい人だったので
350あげたけど!(って250円で威張るな)

タクシー便利!文明の利器!!

IMG_4537

愛のトンネルに横付けですよ。
で、1時間インスタ映え!!!と
つぶやきながら、写真を撮って。

あっ、「愛のトンネル」というのは
鬱蒼とした森の中の5キロほどの線路で
時々機関車が通ることで
枝が折れたり、曲がったりで
自然のトンネルができてるの。

ここを二人で通ると恋の願いが叶うらしい。

蚊がすごいと聞き
長袖も持参して覚悟してたんだけど
日本の蚊ナメんな!ですよ。
日本の方がすごい!
それに、虫除けスプレーを顔、身体中に
吹きかけたら、一切刺されなかったよ。

半袖のままで大丈夫だった。
(今年はウクライナも異常な暑さで
蚊もいなかったのかなぁ)

で、タクシーに戻って
バスターミナルへ@2:40

そこでは「キエフ!!!」って
叫んでるお兄さんがいたので
ダッシュして行ったら
2時半発予定のミニバスが
お客さんがいっぱいになるのを
待ってたらしくナイスタイミング!!!


そんでそっから4時間
キエフのバスターミナルには
まだ明るい7時に到着しました。
ハイ、日帰り成功!!

ポイントはタクシーを使うことです!!
(って、ネットですぐに探せなかっただけで
多くの人がそうしてるのかも)
しめて4000円です!

往復に10時間近くかけて
1時間の観光するのか?
もったいない!
だったら、近くのリヴィウって
世界遺産の街も回りたいよ、て人も
多いと思うのですが、
何せ、1週間の夏休みのサラリーマン。

そして、肝心の「愛のトンネル」
童話の世界と、現実を繋ぐような
異世界に行くような
怖くて美しい場所でしたよ!!!

行って良かった!
このために、来て良かった!!


陽射しの加減や、
木の草や枝の密集度で
色がどんどん変わっていくのだ!!

インスタ映えどころか
この目で見て良かった!!!!
どんなにカメラの精度や加工技術が
発達しても、肉眼で見ると、すごい!!!

IMG_4527
IMG_4533
IMG_4532
IMG_4526
IMG_4528