「ユーコちゃん、見つかったって。
ダメだった……」

ええっーーーー? (;゚⊿゚)ノ マジ?!!!!

8:15
さすがに「あさイチ」も朝ドラ受けできないか。
「お塩」の特集ですよ。


僕は、高校時代の親友に早速LINE。
あの震災の数カ月前に
もうひとりの親友K子が、ガンで危篤になり
なにをしてても、そのことが頭から離れず
そんなときに鳴った電話
「K子のお母さんから電話きた」「うん」
「ダメだったって」「うん」

あのときの自分を、
幽体離脱して見ているようで。


でも、この年になると
これからは新しい命に出会うことより
大事な人との別れのほうが多くなるわけで。

きちんとサヨナラできる人も
震災や事故で突然の人もいるだろうし。

その親友のお通夜に行ったら
旦那さんに「最後もふたりの名前を
呼んでたんですよ」って言われ
「えっ?!だったら病院に呼んでよ!」て
妻を失った家族の悲しみより
自分本位に考えてしまうダメな僕(;´Д`A ```

でもそんな大切な人を失っても
自分の人生は続き


しかも、秋風先生の手紙じゃないけど
人生は希望と絶望の繰り返しで。

夢が破れて挫折したり
好きな人に振られたり
行き当たりばったりだったり。

曇りでも、土砂降りでも
半分は、青い。
想像力で、青くすればいい。


それに倫理とか道徳とか正義とか、
忖度とか不謹慎だとか
とは全然別の
どうしようもない感情に
突き動かされるほうが
僕は、信用できる
っていうか
だから僕は、半年間鈴愛が大好きで
彼女を観てて面白かった!

それに、いま2018年、同じく47歳の鈴愛なら
ネットで、批判されても
「だったら、テレビ観なきゃいい。
朝から粗探しして、不快になるなんて
時間のムダだ!
そんな奴ら知らん。律がおればいい。
それに否定でも、観てくれるならいい」って
意に介さないだろうな。

あぁ、7月7日天の川を渡った鈴愛と律
僕も来年の七夕は短冊に願い事書かなきゃ!
でも、涼ちゃんが一番いいと思う男を見る目を
直すには、もはや生きすぎてしまったか。


それでも、人生何が起こるか分からん!
北川さんのドラマが大好きで大好きで
観ていた過去の自分から
時を超えて届いた手紙のような

いろんな意味で、思い出深いドラマになったよ!!
♪お!はよう!♪毎朝起きるのが楽しみだった!