この週末横アリ2連チャンで
僕のユーミン『TIME MACHINE TOUR』参戦も
終わり。

何万人の大歓声を浴びながら
「わたしも、落ち込むこともあるんです」
言っていた女王の孤独って
どんなもんなんだろ?


「向かい風をまともに受けなくて
いいじゃない。もう2番手、3番手で
いいじゃない」と正隆が言っても
「1番で走り続けなきゃイヤ」
聞く耳を持たなかったというユーミン

「国は捨てられない」というメアリー
「国と結婚した」というエリザベス

『ふたりの女王』を観ながら
ユーミンを思ってしまった。



大好きな『ガラかめ』内の劇中劇
『ふたりの王女』みたいな
女同士戦う話かと観に行ったら、
マヤvs亜弓さんの勝負がつかなかったのとは
ちがって、この映画だと
エリザベス扮するマーゴット・ロビー
レース・クィーン出身のグラビアアイドルが
女優になろうと必死に汚れ役をやってるかのような
(勝手なイメージです)努力型に対して
シアーシャ・ローナンちゃんの勝利!!
もう天性の女優!女優!!女優!!!
歴史に翻弄されながらも
気品とプライドを捨てない、
まさに「女王」だった!

いやーー、僕ね「お姫さま」になりたかったの。
どんなにディズニーのプリンセスが
時代と共に「自らで未来を切り開く」ようになっても
やっぱり、カッコいい男の人が傍らにいて、
守ってくれる仲間(しもべ)もいて。

水に映る自分の姿を見て
突然歌いだし、みんなに愛されハッピーエンド。

時には、男の人の腕の中で
その力強さに頼り切って、安心して眠りにつきたい。

でも、寄ってくる男は
優柔不断のクズばかり!!
そのイケメン面で、笑えば
すべて許されると思ってる!!!


どうしてこんなんばっか(*`Д')!!!

いや、そういう男を僕が選んでたんだ!!
そう、実は僕は、誰もが自分に跪かなきゃ気が済まない
「女王」
全部、僕が決断して責任取るから
邪魔者は首をはねておしまい!

ハートのクィーンなんですよ。
「まんぺいさんすごい!」って言ってるだけの
『まんぷく』の福子みたいな生き方
ゼッタイイヤだもん!!!

メアリーが、自分で見惚れた男が
お酒に酔ってばかりで、
まともにセックスもできない
だけど、顔がいい優男のダーンリー卿
なのが
よーーくわかる!!!
「好みが一緒!!」
(だからか、山下達郎を選んだ
竹内まりやは信用できないの)

そして、そんな男の愛はどこかで諦めて
女友だちとゲイ友との時間が大切!!
(自分の旦那を寝取ったゲイとの
友情を取るメアリー
こんな人、今のニューヨークや
東京でたくさんいそう!
いつの時代もそんな女は
恋愛や結婚で幸せになれないって!)
「境遇が一緒!!!」
それこそタイムマシンに乗って
手を取り合いたい!!!


クラスや会社の中心になったり
体育会の部長を任されたり
それこそキムタクや福山雅治や演りそうな
ヒーローは、まったく興味持てないもん。

誰かに決められるなら
自分で選んだ道のせいで
斬首台に送られる方がいい!!!