会社で泥沼オフィスラブしてた人に
「私って、実は、恋愛すると
重いんだよねーーー」
と告白され
実は」って!!!
見たまんまだよ!!
しかも、あんた以外の社内の人
みんな知ってるからーー!!!

いや、僕も十分重くて
誰かと真剣に付き合うときは
言葉の約束?契約?というか
「こっからこっちは地獄。
それを越える覚悟はあるの?
」って
必ず聞くのだ。

その話をしたら、歌ちゃんに
『親愛なる者へ』の横山めぐみ?と
聞かれたんだけど

いやいや、中学生のころ
親に懇願してでも、
受験勉強の合間に夢中になって観ていた
『金曜日の妻たちへⅢ 恋におちて』
桐子ですよ、いしだあゆみですよ。
親友タケ(篠ひろ子)の夫となった
元彼の秋山(古谷一行)と不倫の関係へ。

歌ちゃんに教えてあげようと
ネットで動画を探してて…
いや、面白い!!!
盛り過ぎの記憶よりも、
さらにさらに面白い!!
睡眠不足半端ないのに
観続けるのが止まらないよーー。
30年前のドラマだから
そりゃ髪型やファッションは違うけど
全然古くさくない!
セリフも、表情も、すべてが
胸に突き刺さる!!!


そして大人っぽいとか、老けてるとかじゃなく
「色気」!!!
そりゃ、古谷さんもセクシー女優さんと
チョメチョメしちゃうや!

「不倫なんていけません!!!
子供が観たらどうするんですか?!」って
今だったら、正義のクレームが来ちゃうのかなぁ?
(お前が子供に観させるな!)
いやいや、そんなのも黙らせちゃうほどの
「地獄でもいい、魔が差してもいい
もう元には戻れなくてもいい」

あふれ出る激情に、怖くもあり
羨ましくもあり。


「昔のは〜」とかいうと懐古主義の
おじさんだけど(いや、そのまんまか!)
やっぱり、ドラマに、作り手に
俳優さんに、パワーがあるよー。

会社から帰るたんびに、観ちゃってて
今のドラマが幼稚すぎて、観られない!!
ネットでいくらでも観られるから観てみて。

あっ、でも田中圭担として
『あなたの番です』は観ました。
僕、交換殺人はできないや。
本気で殺したい人がいたら
罪悪感にかられて、怯えて暮らすより
自分の責任でちゃんと殺して
捕まったほうがいい。

(えっ?!そこ?)

そして『きのう何食べた?』
今回は、観ながらいつのまにか
ゲラゲラ笑ってる
自分の笑い声の大きさに驚いた。
原作漫画とは、ちょっと違うけど
田中美佐子さん演じる佳代子さん
フト我に返って、
「なんでこんな男前が家にいるの?」と
レイプされる!!!と怯える姿に
「私はゲイです!!!」
わかるーーー!
「アイ ワズ ゲイ」byガブ
僕、海外を一人旅してると
レストランとかで、
日本人の女性に遭遇することが多く
最初は、「どこを回ってるんですか」とか
何気ない会話してるんだけど
フト「ナンパと思われてないか」とか
不安になって「僕、ゲイなんです!!」と
余計なカミングアウト。

それにしても、叫んでからの「アヘェ」と
平常運行の佳代子さん。
デリカシーが一切ないところが救われるし
何よりも演じてるのが田中美佐子だからか
スッキリ サッパリ
あのウザさとかが、笑える!


そして女と付き合ってたシロさん。
付き合わなくても
ゲイの出会い系アプリだと
「ゲイ受け良くないですが
女にはモテます」って自己アピール
してる人多いんだよね。
(あとね、何気に既婚ゲイ多いですよ!
みなさんも旦那さんに要注意!)

なにそれ?普通にカッコいいって自慢?!
僕、男だけでなく、女にも
万人から、モテたことないんですけど!

そこは男女平等。

そして、僕も、ジトジトと嫉妬や不安を
重く、しつこく攻めていきますよーー。
『緊急取調室』ばりにつめていきますから!
地獄はここから。

このドラマも、いつ観ても
楽しめる作品に、このままなってほしいなぁ。