仕事から夜中に帰っても
そのまんまバタンキュー
もったいない気がして
ごはんを食べながら、録画した新ドラを
観始め……うぬぐぐぐうぅ。('д` ;)
期待してなかったけど、それ以上に……。


早く寝て、健やかな体と心を
復活させればいいのに、

真性のマゾなのか?
夜更かしはミステリーを堪能したいのか?

この1週間、寝もせず観ていたのが
『ビッグ・リトル・ライズ』の監督
ジャン・マルク・ヴァレ

(あそこまでアッパーでなく
ただただダウナー
『ゴーン・ガール』の原作者
ギリアン・フリン

あんな風に笑えないずっとシリアス
そして、当代きっての演技派
エイミー・アダムスが組んだ
『シャープ・オブジェクト
KIZUー傷ー』


ミステリーなので
なんの情報もない状態で観てほしい!!
このブログでもネタバレは極力しないけど。




ぎゃーーーー!!!!!
ラストに、深夜に、ひとりで
叫び声上げちゃったよ

(もう、隣人が(゚Д゚;)ビクっ!だよね)
けだるいようなアメリカ中西部の保守的な街
その街で、女王然としている過保護な母親
歯を抜かれた少女連続殺人事件
事件を追うために故郷に戻ってきた
自堕落なヒロイン
(エビアンのペットボトルで
お酒が飲みたくなる!)
次々と挟み込まれる過去のフラッシュバック
「またか!」
ねっ、どこにでもありそうな
90年代以降のアメリカ(日本)のドラマや映画で
何度も観たことのあるような
情景とキャラクターでしょ。


僕もそんな感じで前半、
いや6話くらいまで(全8話)観てましたよ。
それがそれが加速していくラスト
ある病気のことを初めて知って
ギャアァァァァ━━━━(|||゚Д゚)━━━━!!!!!!
事件解決したかと思いきや、
ギャアァァァァ━━━━(|||゚Д゚)━━━━!!!!!!
放心状態のまんま(普段だったらすぐ停止する)
そして、画面は暗転、キャストやスタッフの名前が
流れるエンディングロール
(ゼッタイ、途中で消しちゃダメ!!)
(゚ロ゚; 三 ;゚ロ゚)ヒイイイィィ(゚ロ゚; 三 ;゚ロ゚)ヒイイイィィ

自分の頭の中で、ギュルぎゅるぎゅる―――と
最終回から、初回までが逆再生。

歯のない惨殺死体
自慢する豪邸、ドールハウス
事件の容疑者、その周囲の人たちの言動

ぎゃーーーーー!!!
「あああああそういうことか!!!!!」

ホームズ、ポアロ、金田一耕助に金田一少年
ケイゾクの柴田に、SPECの当麻
いろんな点が繋がって線になり
事件の真相や犯人がわかったとき
すべてが1本の線で道筋が見えたときって
こういう感じなんだろうな、と脳内疑似体験。

ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル
そして、残るのは敗北感のみ。

そうだよね、人が死んでるんだもん。
事件が解決してハッピーエンドになんかならない。

あああーーーー観てもらいたいけど
前半で「退屈!」と挫折する人もいそう。
清水玲子さんのマンガ『秘密』を
好きな人とか絶対にツボると思う!


僕は大学時代、警察志望の人が集まる
「犯罪心理」「刑事政策」のゼミだったんだけど
こんな事件を追うなら、やっぱり無理!
そして「トラウマ」とか「家族の確執」
「毒親」「帰れない故郷」
「秘めた過去」「寂しげな横顔」とか
すごい欲しかったんだけど!!

涙を一滴流して、男の人に
「危険なおかまかもしれない。
この先を踏み越えたら、倫理に反する。
でも、放っておけない!!」と
抱きしめられたかったんだけど

ハイ、いいです!なんもないお気楽な人生で。
50歳を前にして、いまだに週に何度も実家に帰る
バカ息子で。


ああーーーこんな心身ともに疲れてる時に
なぜ、こんなハードなドラマを観る?!

でも、なぜか、ミステリーを堪能して
世は満足じゃ!
(これも精神的な病なのか?!)