僕は芸能人や著名人によく会う。
まぁ、人垣ができてると
すぐにのぞきに行くってのがあるけど。
それは遺伝なのか、
うちの両親もその血は濃くて
親とオランダに行ったときなんて
チューリップで有名なキューケンホフ公園に行く
列車の隣が假屋崎省吾さんだったり
街に出てきたオランダの女王に遭遇したり。
(警備もすごかったけど、国民との距離が近い!)
一度は、飛行機の隣の席の子供たちを
「どこかで見たことある」「知らんよ」て
言ってたら、ビジネスクラスの方から
子供たちだけで座ってるのを心配して
キャシー中島さんと勝野洋さんが出てきたwww

僕の遭遇自慢一位はいまのところ
前ローマ法王のヨハネ・パウロ2世
そして、両親が衝撃を受けたのは叶姉妹
那須でお会いした上皇明仁さまと美智子さま
道が封鎖されたことに
ブツブツ文句言っていた父親

おふたりが通られた後、
「アレ?いない?」と
母が横を見たら、
父が座り込んで号泣してたらしい。
それ以来うちは右翼か?!てなくらい
皇室信奉一家ですよ。
いや、妹は、日本だけでなく
ウィリアム王子とキャサリン妃の
結婚式のときは、超弾丸で英国に行ってたから
(母は、東日本大震災の後だったので断念)
ロイヤルファミリー好きか。

まだ十代の頃は、皇室の話をできる人が少なく
それが、大学生の頃の浩宮さまと雅子さまの
結婚の儀
あたりから、
雅子さまのご生家を
一緒に見に行ってくれる友だちが現れたり、

もうお一方のプリンセスの悪口に
付き合ってくれる人がでてきたり

(この4行はアウトでしょうか?!)
社会に出てからは、年を取ってからは
どんどん話ができる人が
増えてきたんですよね。


そして、時は流れ、カータンと
初めて会ったその日に!

朝方までロイヤルホストで
皇室について語り明かしたんですよ。
表参道という場所柄、
「こんなこと話していいのか?」って
公安にマークされないよう、
背後に気を付けながら。

それから何年も、浩宮さまと雅子さまを
(あえて、この名前で)
考えない日はなかった!
大切な行事に出てこなければ
「もう!大丈夫なの?!
悩みを語れる人はいるのかしら」と
ヤキモキし
まばたきが多いとヒヤヒヤし


(今の報道じゃ信じられんけど)
弟君の家族にばかり注目が浴びると
ムキーってなり

浩宮さまの素晴らしい人柄を語る
エピソードが出たら「やっぱり!」と涙し。

「愛子さまは、イケメン好き」
噂が流れると、「雅子さま!
あなたの育て方は間違ってない!」と
シンパシーを感じ。
もう勝手に一喜一憂してましたよ。


そして即位のパレード
自分は冠婚葬祭があり、
行くことはできなかったのですが
カータンと思いは一緒。

でも、我慢できない!!
パレードには間に合わないが!!と
実家を飛び出し、
祝賀御列の儀が行われる10日と前日9日だけの
東京タワー奉祝ライトアップ
見てきました。

五色幔幕をモチーフにした5色のライトが
輝く、東京タワー!!

あぁ、雅子さまのように美しい!!!
令和が、平和で幸せな時代でありますように!
天皇、皇后、愛子さまが笑顔でいますように!

IMG_8666
IMG_8669
IMG_8670