トランプが、『パラサイト』の
アカデミー賞受賞に不満だ
、と。
「彼は字幕が読めないから」と返す
映画会社もうまい!


FullSizeRender

「好景気」という「結果」が出てるんだから
「人格」は関係ない!って人もいるけど
僕は、憎しみを煽って国を分断させたり
差別や鬱憤とかネガティブな気持ちを
増幅
させて、支持を取ろうとする
「品性のなさ」や「ひもじさ」がイヤ!

(それこそ『パラサイト』のように
鼻をつまんでしまうよ!)
そのニュースに食いつくネットのみなさんも
「本当は面白くないのに、金で
審査員を買収した」

アカデミー賞は審査員じゃねえし!
「在日が仕切ってる大手メディアが
この映画を宣伝して洗脳してる」
とか
陰謀論大好き!
「一生観ないけど…」
って、観て判断すりゃいいのに!!
チケット代とか金を出した奴だけ文句を言え!


友だちが、毎年WOWOWで放映してた
アカデミー賞授賞式の録画を送ってくれて
全部観たんだけど
(つд⊂)ゴシゴシこ、これは!Σ(゚д゚;)
美術、編集とかの部門で5つの候補作の題名を
プレゼンターが挙げるときから
『パラサイト』に対しての
会場の拍手と声援がすごい!
受賞した作品よりもすごい!

監督賞のときなんて、もう大盛り上がりじゃん。
(それに引き換え、レネー・ゼルウィガーの
受賞スピーチのつまらないこと!!!

ホアキンは何言ってるか分からなかったけどwww
最後、言葉を詰まらせながら、兄である
リヴァー・フェニックスの詩を読み上げたとき
もらい泣きだよー。
僕は同じ年のリヴァーがアッシュを
僕が英二のキャスティングで
『BANANA FISH』を
脳内で何度も映像化してますからね)

でも、『パラサイト』が
こんなに喝采を浴びたのは
韓国とかどの国の、
どの言語で作ったとかじゃなく
先の読めない「オリジナル」の物語
俳優さんたちが「演じてみたい!!」って
感銘したからじゃないのかなぁ、

もう続編やアメコミばっかりなのうんざり!って
勝手に思ってるんだけど(イチ女優として)
『パラサイト』が受賞した脚本賞で
同じくノミネートされてた

『ナイブズ・アウト
名探偵と刃の館の秘密』



僕はアガサ・クリスティが大好き
海外旅行に持って行くのは
彼女か、読みやすい東野圭吾か
なぜか超ドメスティックな横溝正史。

もちろんポアロの中には
最近のサスペンス映画やドラマお決まりの
(しかもその理由のほとんどが
親に虐待されてる過去という安易さ!!)
快楽殺人者が出てくることもあるけど
(最後の事件『カーテン』とか)
基本、最初から出てくる登場人物が
愛情、お金、復讐、欲望や業のため
「その人を殺す」
確かな「動機」があるから
面白く、また切ない!!

日本で映像化すると
なんであんなにつまんなくなるんだ?!

僕は三谷幸喜のも苦手だった。
なぜだ?!貧乏くさくなるからか?!)

そんなクリスティに敬意を表した
ライアン・ジョンソン監督の
殺人ミステリー。

これ、秋とか冬に観たかった!
(春風一番が吹いた日に観た)
そして、ダニエル・クレイグ演じる探偵が
現れたとき
「あのゴルフ場の殺人を解決した?!」って
セリフが出てきただけで、撃ち抜かれましたよ。
僕は、アガサ・クリスティの作品の中で
『ナイルに死す』と『ゴルフ場殺人事件』が
大好きなので!!

被害者である巨万の富を持つ
ベストセラー作家の
家族たちの性悪さや
問題だらけのキャラクター

時々、笑ってしまって

この事件のキーパーソンである
(『犬神家』である珠世さん)
看護師のマルタが「嘘をつくと」嘔吐するって
設定がまた笑える!

(島田陽子さんなら、そんな役もやってくれそう)
演じるアナ・デ・アルマスちゃんがカワ(・∀・)イイ!!

僕はもちろん「クリス・エヴァンス」目当てですが。

クリスの萌え袖~
FullSizeRender

そして、なんと!

FullSizeRender

ダニエル・クレイグの膝?股間に?座る
クリス、尊い!!!

5005

殺し方も事件現場も、
猟奇的でも、複雑でもないけど
『羊たちの沈黙』以前の
動機も、アリバイも密告も
裏切りも、探偵の事件解決の語りも
伏線回収もちゃんとある推理モノを
久々に観たよ!

というか、ニュースで流れる
実在の事件のほうが残酷だし衝撃的!!

この映画が「古き良き」って思えてしまうほど
いまは、世界中が殺伐としすぎだよ!!

春よー遠き春よーー
春よ、来い、はーやく来い。