スポーツに、キャンプに、カフェ巡り
世の中には、アウトドアが趣味の人も多いけど
僕が、本当に、至福の時を感じるのは
ベッドやソファに寝転がって
雑誌、それもオサレなのじゃなく
週刊誌(今の職場には、現代、ポスト、
文春、新潮が定期購読で届く幸せ)や
コンビニに売ってる「山口組系新たな抗争」
「芸能界に広がる薬物汚染!!」
「未解決事件 闇の深層!!」
毒々しい見出しが載ってる実話もの
ペラペラめくって読んでる時!!!

誰かの、丁寧で感謝の暮らしとかどうでもええ。
文春の林真理子の連載エッセイで
「今をときめく若手俳優と食事会で一緒になって
LINEを交換した翌日、お礼を送ったら
ブロックされてた」
エピソード
読ませていただいた日なんて
もう、イイもの
ありがとうございます!!
だよ。

なので、文春の記者だった著者が
“夜の街”のウラに切り込んで
実態をレポートした新書
『半グレと芸能人』

関東連合、市川海老蔵、朝青龍、宮迫ら
実名はもちろん、数々の芸能人のイニシャル
日々の鍛錬のせいか、8割は速攻で
あー、あの人のことね、と分かるけど

残りは、片手にスマホを持って
ネット捜査しながらの読了でした。
(芸能人と結婚する「一般人」は
まぁ、「一般」の人ではないよなぁ)

読み終わっての感想は、
まー、元ヤンって言われてる人たちは
今どんなにモデルや俳優、アイドルとなって
憧れの夫婦や芸能人となっても
結局、人の本質(お金や力への欲望
善悪の判断)
変わらないのだなぁ
、ってことと

東京怖い!!!
関東連合関連の人たちも
「東京」出身で、六本木や西麻布に行けて
業界のパーティーやお店に入れて
芸能人や、社長や実業家らと
親交を深められたから
こんなに力を持ったのだろうなぁ。

マスコミやネットで挙がる
芸能人や元アイドルたちは、あの噂とかは
やっぱり本当に、本当なのだなぁ。

火のないところに煙は立たん!!
(そして、最後には前首相とその奥様まで!
僕さ、歴代の首相夫人なんてほぼ覚えてない。
そう考えると、アッキーってやっぱりすごい!)

先日、宝塚の帰りに、親が行ったことないって
言うので、東京タワーに!!!

展望台から見える東京は本当にキレイで。
でも、この光の下には、
底知れぬ闇が!!!(((( ;゚д゚)))

image
image
image
image
image


昨日、友だちに誘われて行った
お店のオープニングで、ゲストに振る舞われた
「タケノとおはぎ」のおはぎ!!!
こういうのを食べると、東京スゲェ!と思うのだが。
そういう東京の良いとこだけ味わっていこう!

image


半グレと芸能人 (文春新書)
大島 佑介
文藝春秋
2020-10-20