ある朝、実家から会社に向かう電車が
人身事故やらで、超絶混んでいて、
定時から遅れていると、
車内アナウンスも流れていたの。
そのとき「痴漢!この人痴漢です!」と女性の声と
「違うよ!おまえ、俺をハメる気か!」と男の怒声が
真後ろで飛び交ってる!!
そういうとき、どうしていいか分からなくて、
呆然としてしまった。

駅につき、降りようとする男性と
彼を摑んで離さない女性。
このまま、女性の力じゃ引き留めておけないだろうし、

でも、よぎるのは「免罪だったらどうしよ…」
電車内で痴漢として捕まったら、
勾留されて大変なことになっちゃう!と
映画『それでもボクはやってない』観て怖かったし…
(だから男はみんな両手を挙げてるのだと思う〜)
ボクだけじゃなく乗車率200%くらいいる
乗客全員フリーズ。
女性は勇気を出して声をあげただろうに…
駆け出す男、追いかける女、
彼らをホームに残し、電車は動き出し…
アノ後どうなったんだろ…
なにもできないダメな僕

こういう非常時のマニュアルとか学校で教えてほしい!
もうっ!朝晩のラッシュ時は、男女別にしようよ~!
♪押しくらまんじゅう!押されて泣くな!
そんな通勤地獄ならぬ天国
朝から会社に行くのも楽しいのに(僕だけ)

犯罪だけでなく有事の際、偽善的なことを言うだけで
サバイバル能力どころか、「知力、体力、時の運」もなく
(アメリカ横断ウルトラクイズはすべて1問目の○×で敗退)
なんの役にも立たず、死んでいくのだろうなぁ。
「早く!早く!!!理由とか聞かなくていいから!
早くスーツ着て!転送される前に戦闘準備に入って!」

と苛ついたけど、
もう、そっからは「死なないで!!」
2時間サバイバルゲームのなかにいるような臨場感!
これフツーの2D上映で観たけど劇場の振動もすごく、
MX4Dで観てたらどうなってたんだろ?
いや、それでもう一回観たい!!

ここ最近観たアニメ映画のなかで、
いや実写のアクション映画よりも
すごい面白かった!!!
『GANTZ:O』

もう原作が大好きで、大好きで
(ヒロインのたえちゃんは嫌いなので、
彼女が出て来ないのもGOOD!)
その中でもさらに好きなエピソード「大阪編」の映像化
(特別編集版も買った!)

ツルツルのCGアニメ顔や抜群のスタイルに
最初は違和感あって
「ニコール・キッドマンとかシワや表情もなくなって、
この先どうするんだろ?
俳優の整形や豊胸はやっぱり良くない!」って
別に意識が飛んじゃったのは否めない。

でも、途中から生身の人間じゃなかなかできない
カラダ粉砕に真っ二つや首チョンパ!

それでも、立ち上がって戦って行く姿に大興奮ですよ
(前者に興奮しちゃヤバいか)。
きゃーーー観たかった「GANTZ」の世界がここにあった!
(原作の後半の宇宙船話は壮大すぎたし…)
何年か前にやった実写版にガクッとした人、
怪獣映画や終末もの好きな人はぜひぜひ~。


なにかが起きたとき、自力は無理だから、
カッコいい男の人に守ってもらう術を身につけていこう!!
目指せ吊り橋効果!