もう暇さえあれば観てましたよ。
日野さんこと藤井隆バージョン『恋』ダンス。
歌と踊りだけで、こんなに幸福感を味わえるなんて!

そしたら、なんとまぁ、羽生くん!!!
あの指先、あの腰つき、
もうダダ漏れじゃないですか。

大丈夫?バレやしない?とハラハラ。
まぁ、彼はくまのプーさん抱き続けて
許される 唯一の成人男子ですからね!

(リオで世界衆目の中
「お父さんに怒られちゃう」って泣く
34歳女性<国民栄誉賞>もすげぇなぁ、
と思ってたけど I'll be Your hero♪ )

流行といえば、いくらハリウッドセレブが
アイス・バケツ・チャレンジをしようが
氷水以上に冷ややかな視線を投げてましたが
これは、踊りたい!
もうね暗記できない自分が腹立たしく
30年前を思い出して
不要紙の裏に、動きを描いて覚えてますよ。
もう、誰の目にも留まらないけど
真剣受験と変わらないほど、日日是学習。

で、今回は、富田靖子演じる
(; 」゚ロ゚)」<<< おかあサーーン!
みくりが「市議会員になる!」とか
「高校生で子供を産む!」とか
どんな突飛なことを言おうが
「そうね」「いいわね」と
否定的なことはゼッタイ言わないんだよね。
あんな母親に育てられたら、
素直な(言いたいこと言う)兄妹になるよ!

「無償の愛なんて注げないわよ、他人なんだし」
「運命の相手て、私そういうのいないと思うのよ。
運命の相手にするの。
意志がなきゃ続かないのは、仕事も家庭も一緒」

前回の最後に投下された、平匡の
「ごめんなさい、無理です!!」爆弾発言。
ブログには書かなかったんだけど
打ちのめされたんですよ。見事に着弾して
心は焼け野原。

みなさん、普通に女性で生きてたら
そんな言葉、投げかけられたことないでしょ?
この世界の片隅にいるゲイは、
ノンケを好きになる同性愛者はあるんですよ。

それも、何回も、何十回も。
もちろんキスさえ「気持ち悪ぇ!」って
拒否されることもありますよ。
でもね、そこはしといて(舌まで入れといて)
抱き合って、いざ、ボタン
いやチャックに手をかけた途端

「あっ、ごめん、それは、やっぱり無理!」
ヾノ´Д`)㍉㍉ 
ムリッ((`д゚☆))三((☆゚д´))ムリッ
と、何度拒否られたことか。
そのラインは果てしなく遠く、深く

なーんてね! (*´∀`*) と、こっちも笑ってごまかし
何度心で泣いたことか!
地球の果てまで逃げたくなったことか!


誰かを誠実に愛し続けることは
本当に大変

何度、自信をなくし、
勝手に別れを決意したことか!
それでも、「一緒にいたい」と
意志を持たせ続けてくれた
彼氏さんに、感謝だよなぁ、と

(向こうがどう思っているかは知らん。
「自分ばかり見ている」僕に嫌気をさしてるかも)
桜お母さんの言葉に、涙。

百合ちゃんの
「あなたが思ってるより
ずっーーと遠くに行けるのよ」
も良かった!
久々に車に乗りたくなったもん。
(免許取得以来25年間、ほとんど乗ってない
ゴールドドライバー)

恋愛47kg級の選手インタビューや
あくまで生テレビとか、おふざけもあるんだけど
「みんな違って、みんないい」
いろんな価値観の人が、
(イケメン、コミュニケーション上手の
風見を悪者にせず、
彼の目線で描くのも (゚∇^d) グッ!! 
「自分に自信がないから、自分しか見えてない。」
うがっーーー耳が痛い!)

その距離を測ったり
離れたり、それでも近づこうとする姿


そんな王道の人間愛を描いているから
多くの人が、このドラマを好きなんじゃないかなぁ。