(」°ロ°)」お姫様になりたーーいっ!!

元来のネガティブ思考発動中。
そんなときにかぎって
「いつも幸せそうでいいね!」と
幾人にも声をかけられ、
「誰もわかってくれない!!」と
思春期モード。

メンドクセェ━━q(*′Д`)p━━ェエ!!

女友だちには

「幸せには、自分が幸せって思えば
なれるから、簡単なのよ!
孤独はごまかせないけど…」


『アリー my Love』のセリフを送られ

期待していた
華原朋美と小室哲哉の久々の新曲の
前向きさはちょっと嘘くさいっていうか
朋ちゃんひとり時計が止まってる…

(もうふたりで稼ごうとするの
止めようよ、フジテレビの歌番組!)
ヤバい、ヤバい、飲み込まれると
彼女の歌で一番好きな
『as A person』を
ひとり夜中に大熱唱ですよ。
ヤバい、ヤバい、これもダメか。
誰か、僕の心の時計の針を進めて!!

もう、こうなったら最終手段だ!!

誰もが、ポジティブになれる
まっすぐスクスク健やかで素直になれる
ディズニー映画だ!!

観る気これっぽちもなかった

シンデレラ

いやーーー、純度100%
捻りも、現代的解釈もなく
もう誰もが知ってる
(ディズニーアニメだけど)
ストーリーを
オーソドックスに作ってきましたね。

(どぶ)ネズミをヒロインのお友だちに
設定してきたのは
この王国の主(ミッキー&ミニー)に
気を遣ったのか。

ネズミと寝食共にして
襲われたらどうすんのよっ!
(『その女、アレックス』参照)

いじわるな継母を演じる
ケイト・ブランシェットは
期待通りの素晴らしさ。

(こういう悪役を嬉々として引き受ける
彼女やシャーリーズ・セロンを観ちゃうと
好感度いい役にしようと改変マレフィセント
自我が強いアンジェリーナ・ジョリーって
なんだかなぁ、フゥ(o´Å`)=зと)

ケイトにこそ、内館牧子ドラマに
出てもらいたい!

『週末婚』の松下由樹さんや
『年下の男』の麻生祐未さんと
いい勝負できるよ!

そして風吹ジュンさんかと思った
ヘレナ・ボナム・カーターの
ビビデバビデブーの魔法使い。

それ以上にね、雑誌やプレミアの写真で
観たとき、なんだ、この冴えないふたりは…

もういい加減『ダウントン・アビー』や
『ゲーム・オブ・スローンズ』の
人気ドラマからの英国俳優青田買い
やめようよ!って、
僕こそ継母並にいじわる目線だった
主演ふたり!!
シンデレラ役のリリー・ジェームズさん
王子役のリチャード・マッデン
それこそ映画の魔法!!
スクリーンのふたりは
とてもキラキラ眩しい!

そして、詰め物した?王子様の
白タイツ、若干左寄りのふくらみが
気になって、気になって
(ディズニーは夢の王国)

シンデレラも「お母さんのこのドレスで
舞踏会に行きたい!」と訴えてたけど
魔法で、跡形もなく、変わってるじゃん!!
色も変わってるし!
でも、あのブルー
舞踏会の中でも映える!映える!

ターンで、ひるがえる裾が美しい!
「すそ」の美しさに('ロ')ホ--ッッ!!
ため息つくの、初めてだよ。

さすが、アカデミー賞衣装デザイン賞
3度受賞のサンディ・パウエル!
ケイト・ブランシェットのドレスも
どれも美しいし、今回もノミネート確実じゃ?!

そう、ドレスもだけど、
白鳥のシャンデリアやら
花火舞い散るお城とか
セットデザインもかわいいいのだ!

もう気分はガラスの靴で
階段を駆け下りるシンデレラ
ですよ。

♪幸せは誰かがきっと
運んでくれると信じてるね♪

「将来、何になりたいか?」聞かれたら
ディズニーのお姫様!!」って
即答するね!!
(44歳・男性会社員)

やっぱりスゴイよ、ディズニー映画!
絶対的な善と愛と勇気。
そんな気恥ずかしさも忘れて
「お姫様になりたーーいっ!」て
叫びたくなるもの。

(もっと大切なおとなの尊厳を
忘れちゃいけない…)


ポジティブっすよ!
希望全開!!夢の国!!

(躁うつ病の人が躁になってるときみたい)
あぁ、この前向きな魔法が(クスリが)
ずっと続けばいいのに。