あたしは、仕事のためなら
信頼できる誰かのためなら
なんだってやります。

社畜とバカにされようが
言葉で傷つけようが
風見鶏と言われようが
誰かに嫌われようが

好きな人が出世の階段を昇っていくなら
あたしは、裏の道を歩いて行こう。
本末転倒な行為や
保身のために動く
理不尽で邪魔な人間は、告げ口したり
貶める悪評を流したりしますよ。

(あたしも、手がせこい!)

いや、すみません、
そういうことで、心が折れることはあり
今週は、業務の量よりも
精神的に疲れた。


でも、管理職になるとき
上司に、言われたんだ。
一度きりの会社人生
いろんな立場から会社を見れば
良くも悪くもみんなのいろんな顔を
見られて面白いよ!
って。

どんなに愛想が良くても
みんなの顔色を窺って
仕事をしない人や
偉そうなことばかり“批評”して
責任やトラブルから逃げる人
人間の表や裏の顔は多彩。

うちみたいな会社でこうなんだから
日本中を網羅する
“警察”という組織
一筋縄で仕事はできないだろうなぁ。


もちろん『踊る大捜査線』の青島も
大切だけど、いまは『相棒』や
ほかの刑事ドラマでも悪役に置かれる
「上層部」や「公安」のほうに興味あるわ~。

面白いんだか、面白くないんだか
分からないのが、面白い!

MОZU
まずは小日向さん演じる津城さんが
明星(真木よう子)の夢の中の達磨ではなく
実在の人物のようですね……
もうね、なにがなんだか分からなくて
原作を読んじゃいたいけど
あの民家に忍び込む葵美(有村架純)のように
ハラハラドキドキ
んぎゃっーーーーーヽ(゚Д゚;)ノ゙!!!

幼いころ『Gメン’75』を観てた時のような感覚
おとなになるとなかなか味わえないもん。
それに、一字一句、ワンシーン
すべてを見逃さないように、
眉をひそめて、チョー真剣に観てるんですけど。

追跡を巻いたかと思ったクルマが
激突してきた展開は、
思わず(||゚Д゚)ひぃぃッ


いや、今回、待望の切望の
西島さん脱ぎシーン

あたしは「血まみれでくるんじゃねぇ!」
白いソファも、白い服も
血で汚れるじゃないよっ!!

「欲望」より「清潔感」のほうが
勝ってしまったのだ。

いや、潔癖症でもないし
西島くんの裸を一時停止しながら拝む覚悟で
テレビの前で正座してたけど、

あれは迷惑だってば!!

それより、うざい倉木(西島)を
動けなくするよう指示する東(長谷川)
「頼むぞ、中上っ!!」
「ハイ!!!!」って
忠誠を誓う中川の力強い返事
その任務を全うしたら
ご褒美に何が待ってるの?!

東(長谷川博己)×中上(吉田綱太郎さん)
このカップルも、アリ
頭の中で中上のア×ルをグリグリと凌辱している
東の姿をBL妄想
…ジュン!としちゃったわ。

あたし、やっぱり疲れてるのか。