あたしはいまやドラマ好き!と言えないくらい
あんまりドラマを観ていません。
人によってドラマを観るポイントは違うけど
あたしはそもそも刑事物、医者ものが
そんなに好きじゃないし

仕事はできるけど、偏屈で社交的じゃないクセ者とか
日常ドラマで、セリフも秀逸だけど
『最高の離婚』のように、
身近にいたら、不快なキャラも苦手。

もちろん人間だもの。
イヤなところも、汚かったりズルいところもある。
そういうマイナス部分を、
チャーミングに見せてくれる
お話や、俳優さんの力があるドラマが観たい。


スペシャルドラマ
『時は立ちどまらない』
震災をテーマにした作品だけど
いまを生きている人たちの
弱さや強さ、息づかいも聞こえて来て良かった!

いつのまにやら『ニューヨーク恋物語』の
柳葉敏郎&岸本加世子コンビも
結婚する子どもを持つ親役なのね~。
なんていっても、中井貴一さん!!!
『ふぞろいの林檎たち』から変わらない
1:9の黄金比率の横分け!

中学生の頃、同級生だったギバちゃんを
高校生にお願いして袋叩きしたっていう
とんでもなくセコい奴なんだけど
それを奥さんの樋口可南子を同じように
愛おしく思わせちゃう
小市民ぶりが良かったよ~。

神木くんが、兄の婚約者に接近していく
漁師志望の海の男には見えなかったけど
橋爪さんも、吉行和子さんも誰もが良かった。
(倍賞美津子さん、姉の千恵子さんと
CMで共演してるのにビックリ!)

殺人者や典型的な悪役がいなくても
どこにでもいるようなささやかな家族を描いても
(震災に遭ってるけど)
登場人物たちに惹きつけられたら
ドラマって、面白いのだ!!

ディカプリオの映画を撮ったスコセッシでも
思ったけど、年齢じゃない、やっぱり才能。
「脚本家・山田太一」と名前が出るだけのことある。
「脚本家」として、みんなが認知するだけの力。
生きていれば、またやり直せる。笑い合える。
そんな当たり前の「生」の力を感じたドラマだったよ。