じつに、面白い!!

そもそも東野圭吾さんのガリレオシリーズ
短編は原作も苦手だし
今回のテレビドラマも観たり観なかったりだったし
しまいには『聖女の救済』のヒロインを
天海祐希ですってっ!!
ヾ(。`Д´。)ノ┌┛【チガ──ゥ!!!】
あたしのなかのイメージと対極なんだけど
ってことで、最終エピソードも観なかった。
そんなテンションだったので
じつはこの原作も読んでなかったのだ。
そしたら「原作通り」って感想書かれてる人
多かったので、映画で済ましちゃおう!と観てきました

『真夏の方程式』

有楽町では、初日舞台挨拶があったらしく
オフ会? 実際喋ったら仲良くなれるんだろうけど
傍目には、「あっ、ヤバいおばさんいっぱい」(笑)

でも、そんな彼女たちをバカにできないっていうか
「先輩、すみません!!!今さらながら気づきました!!」
福山、かっけぇーーーーー!!!

話自体は、極端な話
先が読めるストーリー
いや、二転三転するんだけど
それが東野さんらしい展開で。
ネタバレになるからあまり書けないけど
そもそも最初の事件の動機が……

でも、でも、それを凌駕するほどの
F!U!K!U!Y!A!M!A!

浴衣姿やウェットスーツ姿に
焦らしやがって!「脱いじまえっ!」
何度も思い
ピッタリしたスーツの股間に
「やっぱり、自己申請している粗チンって
本当なんだぁ」

逆に、ダイビングして海中で揺れる髪に
「ヅラっていうのは、嘘なんだ…
いやいや、増毛って手段もあるなぁ」と
凝視したり。

でもね、身長が高くスタイルがいいと
やっぱり映画館のスクリーンに映えるわ。


それとこれも彼のプロデュース力なんだろうけど
最後のカットは俺で!とか主題歌は俺の歌声で!とか
どっかの誰かさん(Oさん)やジャニーズのように
なんでもかんでも俺!俺!!、じゃなく
ちゃんと自己愛をSAVEしてるのがスゴいなぁ、と。
(ついでに映画の吉高由里子ちゃんはキッチリと
刑事の仕事もしてて、好感度高かったのだ。
なんでドラマはあんなにウザい設定にしたんだろ?)

福山だけでなく、阿部寛さん、堤真一さん
上川隆也さんと映画の主役をはり
大沢たかおさん、仲村トオル
西島秀俊、竹野内豊みたいに
テレビや映画でもバンバン魅力的な役を演じて
【男優】は、年を取っても活躍できる場があって
羨ましいなぁ。


うん、内容は書けないけど
ちゃんと「理由」がある犯罪だったから良かった。
(良かったのか?でも最近の愛されなかったトラウマだとか
動機なき無差別な事件は、イヤなのだ)
そして、すべてを知って「考え」「選択する」
答えは見つかってなかったり
人それぞれでも、自分で「選択する」て湯川の教え。
ハイ!あたし、今日から、福山好きに転向します!!
さっきから裸画像を漁ったり
(悲しいかな、大河の時のみ。ちぇっ。)
YouTube回覧しております。
あなたをもっと知りたいのであります!!