某雑誌の連載テレビドラマ評に
「最近のフジテレビの挑戦的
ドラマ作りを評価したい
と書かれてて
エェエェエェ((゚゚Д゚゚ノ))ノ゛エェエェエェ

『最高の離婚』が好きだったんだろうなぁ。
=(イコール)フジテレビのドラマになってるよね。
『ガリレオ』『家族ゲーム』
夏からは『救命病棟24時』に、『ショムニ』
極めつけは『抱きしめたい!』っだよっーー!
面白いかどうか、好き嫌いは別にして、
昔のヒットドラマ焼き直しで視聴率狙うのが
挑戦的???


まぁ、ハリウッド映画もリメイクの嵐で
マイケル・ケインとシャーリー・マクレーンの
オリジナル『泥棒貴族』は観たことないんだけど
今回、この映画を観て、興味を持ったから
それはそれで成功なのかな?

『モネ・ゲーム』

あたしは、物語の流れには寛容(?)で
細かいことが正しくなくても、
それこそオチがビシって決まらなくて全然OK!
『シックス・センス』『ファイトクラブ』
『ライフ・オブ・パイ』に、
おぉぉぉお━━ヾ(*゚Д゚*)ノ゙━━て
ビックリして、喜んじゃうもの。

ただ、ラブストーリーには厳しいっす!
主役のふたり、コリン・ファースと
キャメロン・ディアス

……どう見ても、惹かれ合わないでしょ!!
恋のケミストリーが、
A液とB液を混ぜ合わせ
ブクブクと煙が立ち昇っても
むせて終わりって感じなんだもーーーん。
ドキドキが発生しないよ~。

「あっ、このふたり実際ヤッてんじゃね?」
観ているこっちがドキドキするくらいじゃないと!

キャメ子があんな紳士然とした
コリン・ファースを好きになるはずないもん!

(って、あたしの思い込みだけど)

でも、人の好みってさまざまだよね~。
自分の好き嫌いはハッキリしてるけど
矢印が両極端に向かってるんだ。
岡田(准一)くんみたいに、
あんまり社交的じゃなさそうな美形か
金子賢みたいに、この人なにやってんだろ?
(危ない人たちと繋がってんじゃね?)
近くにいたらヤケドしそうな人が好き。
(ハリウッドなら、ライアン・フィリップとか)

でも、最近、今さらながら
ゴールデンボンバーの樽美酒研二さんがいいなぁ、と。
昔だったら、カッコいいこと自覚してるのに
「こんなバカもできるんですよ~」てな人
苦手だったのに…
あたしの男話は聞き飽きましたね。ハイ。

で、キャメロン・ディアスはすごいなぁ。
40過ぎても、徹底して軽いアメリカン・ギャールを
演じるんだもん。潔い。

乳がん予防のために乳房切除をしたのを機に
「ずっと看病してサポートしてくれてた」
「病室でラブレターを書きつつ涙した」とか
最近、プラピ&アンジーが異常なほど
夫婦愛や「いい人」アピールしだしてるじゃない?
(ブラピはさらに「人の顔を覚えられない」失顔症のことを
告白したけど、40過ぎたら、それってみんなそうじゃないの??)
こういうの見聞きすると、
芸能人ってイメージ操作「大変だな~」と
思うのだけど(ブラピは夏の大作映画が控えてるしぃ)
キャメ子って、そういうの一切無頓着っていうか
(それも計算?)品のなさを全開だし(笑)
その潔さが、清々しい!