いまや旅行に行く前に
ネットで調べれば、いろんな情報が手に入るけど
さすがにセイシェルはあまりなかったので
もし、もし、この先誰かの役に立てれば…と。

今回セイシェルで5日間泊まったのは
プララン島
【パラダイス・サン】

$妄想特急

地球の歩き方では「ファミリー層にも人気」
書いてあって…男2人、ロマンチックな宿よりは
いいだろうって、予約したんだ。

セイシェルはヤシの木より高い建物を
つくっちゃいけない
と法律で決まっているらしく
結局どのホテルも、コテージタイプで似ていたよ。
(フォーシーズンズとか高級ブランドは知らん)
ここは2部屋で1棟だったり、それが2階建てだったり。

$妄想特急
$妄想特急
$妄想特急

どの部屋からもビーチが目の前

$妄想特急
$妄想特急

陽光も燦々と入ってくるんだけど
逆にね、中庭から部屋が丸見え!
まぁ、あたしの場合2日目くらいから
「露出狂だよね…」と彼に冷たい目で見られつつ
素っ裸で歩き回っていたけどね!

だって、ビーチに出れば
欧米人女性がトップレスでいんだよ?!
それに較べたら、あたしのなんて……。
もうなんなら、このまま裸でビーチに
飛び出したかったもん。
(じつは、一度写真を撮るために
オールヌードで出た(ノ∇≦*) 変態か)

$妄想特急

食事は前にも書いたけど、朝だけじゃなく
夕食つき。


波打ち際のレストラン

$妄想特急


結局、ホテルが快適で居心地がよくて
ずっといて…昼食も食べてたけど
正直、アラカルト料理は
そ、そんなに美味しくなかった、Σ(●>Д<ノ)ノ

醤油かこしょう持ってこい!味にパンチがない!!

でも、夜のビュッフェは種類も豊富だし
(安っぽい食べ放題じゃなく、
ちゃんとしたレストランの料理!)
毎晩「フィッシュナイト」(魚介類いっぱい)
「インターナショナルナイト」
(ピザとかラザニアなどイタリアン)
「アジアンナイト」
(トムヤムクンからフルーツののり巻まで!)
長期滞在のゲストを飽きさせないようにしてるんだよね。
(ドリンクが別料金だったんが痛かったケド(>Д< ;)

$妄想特急

なんども往復するほど、あたしは満足だったよ!
特にね、海に囲まれた島国、お魚料理が(°∀°)b

$妄想特急
$妄想特急
$妄想特急


ほかの方のブログでセイシェルの食事をめぐって
夫婦喧嘩されてた方がいたんだけど
おめぇ、どんだけグルメなんだよっ!
(あとさ、羽田に飛行機が着いた瞬間、
もう非常ベルト外すサインが出るか出ないかのうちに
ケータイの電源入れてチェックしてる人って
どんだけ危篤の親族いるんだよっ!(`ε´)
そういう奴には、友人からのメールなんて
きてないと思うのだが…と意地悪な心)

なによりもデザートの量が半端ない!
この写真の何倍もあるんだよ!
水着姿で座ると、お腹に段々ができてて
( ゚-゚)( ゚ロ゚)(( ロ゚)゚((( ロ)~゚ ゚
や、やばい…

$妄想特急

あとね、ロビーで毎日夕方4時から
ティータイムがあって
コーヒーや紅茶、ドリンクが飲み放題。
軽い焼き菓子が出るのだ。
それは宿泊客以上に、ホテルの彼らのほうが知ってて

$妄想特急

っていうか、なぜかあたしの皿にばかりたかってきて、
白人の女の子がジーーーとあたしのこと
「怪しい人…」て訝しんで見てた…。
違うのよ、あたしは新沼謙治じゃないのよ!って
言っても、彼女は平成生まれ、知らんか。
(そもそも、外国人じゃ千昌夫止まりね←違う、違う)

この場所でネットも無料で繋ぎ放題(有効活用しなかった)

$妄想特急

先日書いたサンセット・クルーズだけでなく
ヨガだったり、サイクリングだったり
企画もたくさんあって
誰もが笑顔になるホテルだったよ。


日本人はもちろん、アジアの人に会うこともなかった。
ブラックビューティーなホテルの人たち。
みなさん、ご妊婦なの?て杞憂するくらい
下半身豊かな欧米人の宿泊ゲスト。


あたしらは謎のアジア男ふたり組。
どっぷり♪ちょっと、振り向いてみただけの異邦人♪

$妄想特急