海外旅行の楽しみのひとつが
現地のスーパーマーケット!!!


日本じゃ絶対売らないような
着色料のお菓子や、種類豊富な果物
バカでかい精肉や鮮魚、調味料や生活用品
見てるだけで楽しいし
お土産も、空港で買うより格安だしね。

んで、んで、実家の近くのスーパー
Costcoにようやく行ってきました!
アメリカのスーパーのまんまなんだね。
もうテンションあがる。
このまんまチキンを頬張り、アメリカに行きたい!

ギブ・ミ―・チョコレート!!
プリーズ・バイ・ミー!!

てな訳で、ザ・ハリウッド・サマームービーな
『ソルト』で、
思いきりアメリカンby杏里(古い?)

これ、本当はトム・クルーズが演るハズが
彼が『ナイト&デイ』を選んじゃって
アンジー(ヒロイン)用に脚本が書き直された作品。
うん、この役をトムは演じたがらないだろう。
(映画会社としてはトム主演作よりヒットしてるから
役の交代はめっけもん)

確かに話もアクションシーンもありきたりだったけど
アンジーって、すごい!
ここ近年のシリアスものでは、アカデミー賞に
ノミネートされるほど演技して
こういった、ブロックバスター・ムービーでも
堂々と主役張れちゃうんだもん。
そして見事な暴れっぷり。

きっと水野美紀ちゃん、
昭和時代なら志穂美悦子が演りたくて
悔しがるんじゃないかな。

彼女みたいな血まみれ肉食獣には
ブラッド・ピットみたいに
そんな主張の激しくなさそうな男はお似合いだぁーー
改めて思ったよ。

なーーーんも考えずに
映画館のジェットコースターに乗る気分を
味わうのに、ぴったりの映画だよ。

(褒めてるんだか、けなしてるんだか?)
確実に言えるのは、アンジェリーナ・ジョリーは
“絶対無二”の女優さんだ。

こんなに暗殺者やスパイを、人を殺める役を
信ぴょう性持って演れる人はいないよ。


で、この映画と先日読んだ浦沢直樹さんの
マンガ『BILLY BAT』の新刊
奇しくもケネディ暗殺犯と言われてる
オズワルドのことが描かれてた。
彼って、日本にいたり、ロシアに亡命してたんだね。
知らなかったよ。歴史の大きな闇がグルグルと。